XMAX250とトリシティ300の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

XMAX250とトリシティ300の違いを比較

 

ヤマハ XMAX250の歴史

2018年1月25日に「XMAX ABS」を国内仕様が新登場。型式は、2BK-SG42J
「XMAX ABS」は、「MAXシリーズ」のDNAを継承するスタイリングに新型水冷・4ストローク・249cm3「BLUE CORE」エンジンを搭載し、リアはスクーターで一般的なユニットスイング方式だが、フロントはモーターサイクルタイプの本格的なフロントフォークを採用。製造はインドネシア。車体色は、3色(イエローメタリック6、ホワイトメタリック6、マットグレーメタリック3)。
2019年4月1日にカラーチェンジ。
車体色は、一新され、新色の4色(マットブルーメタリック3、マットディープレッドメタリック3、マットブラック2、マットシルバー1)。
2020年3月25日にカラーチェンジ。
車体色は、5色(マットダークグレーメタリックA(新色)、マットダークパープリッシュブルーメタリック5(新色)、マットブラック2(新色)、マットシルバー1、マットディープレッドメタリック3)。
2021年7月28日にマイナーチェンジ。型式は、8BK-SG70J
エンジンを平成32年排出ガス規制に適合。認定型式を8BK-SG70Jに変更。ヘッドライト光量をアップ。シート表皮やスマートキーの質感を向上。車体色は、4色(マットブルーイッシュグレーメタリック3、パステルダークグレー、マットダークグレーメタリック8、マットダックパープリッシュブルーメタリック5)。
XMAX250の2021年7月28日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。

 

 

ヤマハ トリシティ300 ABSの歴史

2020年9月30日に「トリシティ300」が新発売。型式は、 2BL-SH15J 2020年7月に欧州で「トリシティ300」(MWD300)の販売が開始され、日本では2020年9月30日に発売開始。「NIKEN」で採用の「LMWアッカーマン・ジオメトリ」をトリシティ300に専用設計し採用。292ccBLUE COREエンジンを搭載。LMWアッカーマン・ジオメトリ、スタンディングアシスト、専用開発タイヤ、容量45Lのシート下トランク、スマートキーなどを採用。車体色は、3色(ブルーイッシュグレーソリッド4、マットグレーメタリック6、マットダークグレーメタリックA)。

 

 

ここでは、
2020年3月25日発売のヤマハ XMAX(型式 2BK-SG42J)と
2020年9月30日発売のヤマハ トリシティ300 ABS(型式 2BL-SH15J)
の違いを比較しました。

 

 

XMAX250とトリシティ300のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

XMAX 250ABS

TRICITY 300 ABS

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

2BK-SG42J

2BL-SH15J

発売日

2020年3月25日

2020年9月30日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2185

2250

全幅 (mm)

775

815

全高 (mm)

1415

1470

ホイールベース (mm)

1540

1595

最低地上高(mm)

135

130

シート高 (mm)

795

795

車両重量 (kg)

179

237

最小回転半径(m)

2.6

3.2

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40.7

38.4

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

34.5

31.5

原動機型式

G3H5E

H344E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

292

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

70

70

行程(ピストンストローク)(mm)

64.9

75.9

圧縮比(:1)

10.5

10.9

最高出力(kW)

17

21

最高出力(PS)

23

29

最高出力回転数(rpm)

7000

7250

最大トルク(N・m)

24

29

最大トルク(kgf・m)

2.4

3

最大トルク回転数(rpm)

5500

5750

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

13

13

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

LMAR8A-9

LMAR8A-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

YTZ8V

バッテリー容量

12V-7.0Ah(10HR)

12V-7.0Ah(10HR)

エンジン潤滑方式

セミ・ドライサンプ式

セミ・ドライサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.7

1.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.5

1.5

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.6

1.6

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

自動遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

自動変速

1次減速比

1

1

2次減速比

7.589

7.589

フレーム型式

バックボーン

バックボーン

キャスター角

26°30

20°00

トレール量 (mm)

95

68

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントホイールトラベル(mm)

-

100

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

リアホイールトラベル(mm)

-

84

タイヤ(前)

120/70-15

120/70-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

56

55

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-14

140/70-14

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
前後連動式ブレーキ 有
パーキングブレーキ 有
トラクションコントロール 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

654,500円(本体価格 595,000円/消費税 59,500円)
マットダークグレーメタリックA、
マットダークパープリッシュブルーメタリック5、
マットブラック2、
マットシルバー1、
マットディープレッドメタリック3、

957,000円(本体価格 870,000円/消費税 87,000円)
ブルーイッシュグレーソリッド4、
マットグレーメタリック6、
マットダークグレーメタリックA

販売計画(年間・国内)

1,500台
ヤマハ XMAXの年間販売計画台数の推移は、こちら。

400台

 

XMAXとトリシティ300の外観の違いを比較
XMAXとトリシティ300の外観のサイドの違いを比較
XMAXとトリシティ300を比較

 

XMAXとトリシティ300の装備の違いを比較

 

XMAX250とトリシティ300の違いを比較

 

XMAX250

 

ヤマハのスクーターシリーズを統一する「MAXシリーズ」として海外で展開されていたXMAXの250cc版モデル。2018年1月25日に「XMAX」が日本に導入され、海外名と同じXMAXとして展開された。XMAXは、スポーティなルックスで環境性能と走りの楽しさを兼ね備えた排気量249cc水冷単気筒「ブルーコア」エンジンを搭載。これは、欧州向けのXMAX300の排気量を落としたもの。他にもABS、トラクションコントロール、容量45Lのシート下トランク、前後にLEDライト、DCジャック、スマートキーシステムを搭載。

 

 

トリシティ300

 

トリシティ300は、EICMA2018でコンセプトモデルの「3CT」が展示され、翌年の東京モーターショー2019に「トリシティ300」として登場し、その直後のEICMA2019で、欧州市場で公表され2020年7月に発売。日本では、2020年3月25日に発売された。

 

トリシティ300は、トリシティ125とトリシティ155の上位モデルで、ナイケン/GTを含めたLMW(リーニングマルチホイール)のミドルレンジモデル。トリシティ300だけにチルトロックアシストシステム(スタンディングアシストシステム)を採用。これは、左側グリップのスイッチを操作し、停車時に車両を自立させるシステムで停車中に足を着く必要がなくなった。

 

エンジンは、排気量292ccの水冷単気筒SOHCユニット。欧州向けのXMAX300用のエンジンをベースにセッティングを最適化したもの。ホイールサイズは3輪とも14インチで各輪にディスクブレーキを装備。ABSおよびUSB(前後連動ブレーキ)、トラクションコントロール、容量45Lのシート下トランク、前後LEDライト、大型フル液晶のメーター、DCジャック、スマートキーシステムを搭載。

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら