セロー250とWR250Xの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

セロー250とWR250Xの違いを比較

 

 

ヤマハ セロー250の歴史

2005年4月1日に「セロー250」が新登場。型式は、BA-DG11J
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ダークグレーメタリックE)の設定。
2005年4月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 20th Anniversary Special」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から20年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、ライトイエローイッシュグレーメタリック9(レッド/ホワイト)。
2006年3月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。
2006年3月30日に「セロー250S」を新たにタイプ追加。
「セロー250S」は、外装に塗装を施し、質感と高級感を醸し出す上級グレード版。車体色は、ブルーイッシュシルバー4の1色。
2007年2月に2006年モデルのカラーのまま2007年モデルの「セロー250」を発売。
2007年3月30日に「セロー250S」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のイエローイッシュグレーメタリック9(バイオレット)の1色の設定。
2008年1月30日に「セロー250」と「セロー250S」をマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG17J
F.I.を採用、吸気ポート形状変更などによって環境性能・トルク感を向上、フロントフォークアウターチューブの仕様変更によるトレール量の見直しを図る。また、全色に新グラフィックを採用。車体色は、セロー250がパープリッシュホワイトソリッド1(新グラフィック)、ヒートレッド(新色)の2色。 セロー250Sがライトイエローイッシュグレーメタリック9(新色)の1色。
2010年1月15日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と 「ホワイト/ブロンズ」の2色の設定。
2010年7月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 25th Anniversary Special」を発売。

前のモデルのセロー225の登場から25年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、Realtree AP HD/Yamaha Black (Realtree/ブラック)。
2012年1月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と「ホワイト/レッド」の2色の設定。
2012年8月30日に「ツーリングセロー」を新たにタイプ追加。
セロー250に、専用アクセサリーをパッケージ装着した販売店特装車。主な専用装備として大型リアキャリア、エンジン下アルミガード、ハンドルグリップ部のブラッシュガード、フロントガードを備えたアドベンチャースクリーンの4点。
2014年1月21日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のベージュとパープリッシュホワイトソリッド1の2色の設定。
2015年4月15日に特別・限定仕様「SEROW 250 30th Anniversary Special Edition」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から30年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、新色のマットグレーメタリック3(マットグレー)の1色。
2016年2月5日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)とベージュ(ベージュ)の2色の設定。
2016年3月22日に「セロー250」をカラーの追加。
1ヶ月遅れて、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ)を追加。
2017年2月に「セロー250」をカラーチェンジ。
2018年8月31日に「セロー250」をマイナーチェンジ。型式は、2BK-DG31J
平成28年排出ガス規制をクリアして登場。規制の対象となった蒸発ガソリンの外気排出を低減するためのキャニスター(容器)を備えるなどの環境対策が施された。3kgほど車重がアップし、混合気の圧縮比が若干上がり、出力が向上、タンク容量は、少し減ったが燃費は大きく向上。外観上の違いは、リアフェンダーがロングタイプになり、テールランプがLED化された。車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」「ホワイト/オレンジ」「ホワイト/ブルー」の3色の設定。

2018年9月13日に「ツーリングセロー」をタイプ追加。
平成28年排出ガス規制をクリアしたセロー250にも「ツーリングセロー」がタイプ設定された。ツーリングセローは、大型のアドベンチャースクリーンや、ハンドルガード、積載性を向上させるアドベンチャーリアキャリア、アルミダンダーガードの4点を標準装備したアクセサリーパッケージ。

 

 

ヤマハ WR250Xの歴史

2007年11月30日に「WR250X」が新登場。型式は、JBK-DG15J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック、イエローストロボ)の設定。
2008年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。新グラフィックを採用。
2009年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。両カラーともにグラフィックを刷新。
2010年9月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。
2011年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。ヤマハブラックには、カーボンパターンを織り込んだ新グラフィックとブラック&グレーのシートを採用。
2013年8月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ローグロスグレー)の設定。燃料タンク側面のシュラウド部分の新グラフィックが特徴。さらにフロントフォークエンド部と前後ホイールハブがブラック塗装。
2015年9月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。新たな特徴としてタンクサイドからサイドカバーにまたがるビッグロゴグラフィックとゴールドリム。
2016年9月12日にカラーチェンジ。これが最終モデル。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。2016年モデルからの継続カラー設定。2017年に生産終了。

2017年9月から平成28年排出ガス規制が継続生産車にも適用されるのを前に、販売を終了した。

 

 

ここでは、
2016年3月22日発売のヤマハ セロー250(JBK-DG17J)と
2016年9月12日発売のヤマハ WR250X(JBK-DG15J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

セロー250

WR250X

発売年月

2016年3月

2016年9月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2125

全幅 (mm)

805

810

全高 (mm)

1160

1190

軸間距離 (mm)

1360

1435

最低地上高 (mm)

285

260

シート高 (mm)

830

870

車両重量 (kg)

130

134

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

74

77

行程(ピストンストローク)(mm)

58

53.6

圧縮比(:1)

9.5

11.8

最高出力(kW)

14

23

最高出力(PS)

18

31

最高出力回転数(rpm)

7500

10000

最大トルク(N・m)

19

24

最大トルク(kgf・m)

1.9

2.4

最大トルク回転数(rpm)

6500

8000

燃料タンク容量 (L)

9.6

7.6

燃料(種類)

レギュラーガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

CR9EK

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.5

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.083

3.12

2次減速比

3.2

3.307

変速比

1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0350/5速 0.8210

1速 2.6420/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0400/5速 0.8880/6速 0.7850

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

13

スプロケット歯数・後

-

42

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

128

108

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°40

26°00

トレール量 (mm)

105

81

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

34

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

2.75-21

110/70R17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

45

54

タイヤ(前)速度記号

P

H

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

140/70R17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

62

66

タイヤ(後)速度記号

P

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

3

ホイールリム幅(後)

2.15

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライトタイプ

-

LED

メーター表示

時計 有
ツイントリップ 有

時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有

-

メーカー小売価格

507,600円(税抜き470,000円)

753,840円(税抜き698,000円)

 

セロー250とWR250Xの違いを比較

 

セロー250とWR250Xの比較の口コミ

 

 

下道バイパス込みで220km走った結果。
WR250X ハイオク 33km/L タンク容量7.6L 航続距離 250km
セロー250 レギュラー 39km/L タンク容量9.6L 航続距離 374km

 

 

ジムカーナは、WR250Xの方がいい。セロー250は、論外と思う。

 

 

高速巡航するなら
WR250X > WR250R > セロー250

 

 

セロー250売ってWR250X買ったけど、後悔してる。途中まで入って行けてもガレ場で引き返すしかない。

 

 

WR250Xは、基本、回すエンジンだからセロー250みたいにまったりのんびりが好きな人には、向いてない。あと背が低くて、足つきを気にする人には、きついかも。下道でstop&goが面倒くさい。ステップ踏み替えが頻繁にあるから。

 

 

未舗装路も走りたいって言ってる時点で、WR250Xは向かない。

 

 

パワフルに乗りたけりゃWR250X。

 

 

普段使いならセロー250でもいいと思う。でも峠でWR250Xを見ることはあるけど、峠をセロー250で攻めてるのは見たことない。逆にセロー250が得意のオフ系では、WR250Xでは足元に及ばない。

 

 

YSPでWR250Xとセロー250に試乗してきた。WR250Xの方がパワーがあってカーブ曲がる感じがいいと思った。

 

 

セロー250は、峠でも速いぞ。でもタイヤを選べないのでちょっと滑るけど。エンジンはWR250Xのが伸びるけど、あまりパワーを期待すると残念な結果になるぞ。所詮250だから。

 

 

俺は、セロー250でいいと思う。見た目の好き嫌いはあるけど、走りでは後悔しないよ。中古のセロー250買って後悔してる人は、いるけど。

 

 

WR250Xは、ツーリングでセロー250は、林道と街乗りがメイン。セロー250で高速ツーリングは、かなりつらい。それにWR250Xでも山道は、行けるけど未舗装の急勾配はダメ。

 

 

オフに行かない人には、WR250Xをオススメする。

 

 

全くオフに行かないならWR250Xにしとけばいい。所詮250だけど、明らかに体感的に差はある。WR250Xの剛性感と17インチラジアルのグリップ力は、最高。でもたまにセロー250乗ったらいいバイクとは思う。

 

 

WR250Xは、結構ハッピーメーターだった。でもセロー250はそうでもなかったよ。

 

 

俺は、FIのセロー250からWR250Xに乗り換えたけど、どちらも良いバイクだよ。金に余裕があったらセロー250も所有しておきたかった。それぞれ楽しみ方が違うし。

 

 

俺は、通勤専用だからWR250X一択。ブレーキが違い過ぎる。

 

 

バイク歴が無い初心者の人でWR250Xでつま先立ちだったらキツイかも。セロー250は、教習車より少し高いぐらい。

 

 

足付きに問題無くて金があるならパワーのあるWR250Xを買った方が不満が少ないと思う。セロー250は、いろんなバイクに乗った後に楽しみに取っておくのもいいと思う。

 

 

身長168cmでセロー250だと2cmくらい踵が浮く。WR250Xだと両足でつま先で片足でも4cmほど浮いてると思う。ローシートにすれば片足ベタならいける。

 

 

セロー250で峠を走るとWR250Xが欲しくなるね。

 

 

WR250Xは、ハイシート仕様だとシート高が900mmぐらいあって、膝がすごく楽だった。セローより加速がいいし、タイヤが小さいし、前後チューブタイヤ。

 

 

セロー250に跨ると踵が2〜3cm浮くぐらいだけど、WR250Xはバレリーナ状態だった。

 

 

セロー250とWR250Xの値段の差は納得できる。WR250Xに乗った後にセロー250乗ると不安感がある。あとセロー250は、アメリカンって思うぐらいシート高が低い。

 

 

WR250Xは、低速弱い訳ではないよ。単気筒の癖を理解したら、エンストしにくくなるし、低速より少し上の回転域でピークがくるからアクセル開けれるようになってきたら楽しくなるよ。

 

 

WR250Xの弱点は、クランク軽くて低速の粘りがない。すぐケツ痛になる。航続距離が短い。荷物を積むスペースが無いし、キャリアを付けたらブサイクになる。エンジン回さない人には、セロー250の方がいいと思う。でもWR250Xの見た目に惚れたのならWR250Xを買えばいい。

 

セロー250とWR250Xの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら