CRF250LとCRF250Mの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CRF250LとCRF250Mの違いを比較

 

ホンダ CRF250Lの歴史

2012年5月14日に「CRF250L」が新登場。型式は、JBK-MD38
2012年12月20日に特別仕様の「CRF250L Special Edition」を発売。
2015年2月13日にカラーチェンジ。
2017年2月20日にマイナーチェンジ。型式は、2BK-MD44
スロットルボディーの口径を大径化、コネクティングチューブを100mm延長、エキゾーストパイプの管径を拡大させ、高回転域の出力向上と力強い低速トルクの両立を実現。マフラー内部を3室構造から2室構造に変更、歯切れの良いパルス感を演出し小型軽量化も図られた。スピードメーターには、タコメーターや時計や燃料計や各警告灯などの情報を表示するフルデジタルメーターを採用。
2017年2月20日に「CRF250L Type LD」をタイプ追加。
「CRF250L Type LD」は、2017年モデルのCRF250Lをベースに前後のサスペンションを変更し、シート高を45mm下げ、足つき性を向上させたローダウン仕様。
2019年2月15日にカラーチェンジ。
CRF250Lは、「CRF450R」のイメージを踏襲し、ホイールリムのカラーをブラックに変更。フロントフォークをブロンズとし、トップブリッジ、ボトムブリッジ、ハンドルホルダーをブラック、ヘッドライトカウルを主体色と同色とした。車体色は、2色(エクストリームレッド、ブラック)の設定。


 

 

ホンダ CRF250Mの歴史

2013年4月25日に「CRF250M」の国内仕様が新発売。型式は、JBK-MD38
車体色は、2色(エクストリームレッド、ブラック)。
2015年2月13日にカラーチェンジ。
車体色に変更は無いが、シュラウドとサイドカバーにストライプを採用し、フレームとフロントフォークのアウターチューブ、前後のホイールリムをブラックに変更。
2017年2月20日にマイナーチェンジ。型式は、2BK-MD44
型式を「2BK-MD44」に変更。スロットルボディーの口径を大径化し、コネクティングチューブを100mm延長。エキゾーストパイプの管径を拡大。マフラー内部を3室構造から2室構造に変更し、パルス感の演出と小型軽量化した。メーターがタコメーター、時計、燃料計、各警告灯など情報を表示するフルデジタルメーターにグレードアップ。テールランプを新設計。リアフェンダーをシャープなデザインに変更。車体色は、1色(エクストリームレッド)。

 

 

ここでは、
2012年5月14日発売のホンダ CRF250L(JBK-MD38)と
2013年4月25日発売のホンダ CRF250M(JBK-MD38)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CRF250L

CRF250M

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

発売日

2012年5月14日

2013年4月25日

型式

JBK-MD38

JBK-MD38

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2195

2125

全幅 (mm)

815

815

全高 (mm)

1195

1150

軸間距離 (mm)

1445

1445

最低地上高 (mm)

255

225

シート高 (mm)

875

855

車両重量 (kg)

144

146

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

76

76

行程(ピストンストローク)(mm)

55

55

圧縮比(:1)

10.7

10.7

最高出力(kW)

17

17

最高出力(PS)

23

23

最高出力回転数(rpm)

8500

8500

最大トルク(N・m)

22

22

最大トルク(kgf・m)

2.2

2.2

最大トルク回転数(rpm)

7000

7000

燃料タンク容量 (L)

7.7

7.7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

SIMR8A9

SIMR8A9

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.8

1.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.4

1.4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.5

1.5

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.807

2.807

2次減速比

2.857

2.785

変速比

1速 3.3330/2速 2.1170/3速 1.5710/4速 1.3040/5速 1.1150/6速 0.9620

1速 3.3330/2速 2.1170/3速 1.5710/4速 1.3040/5速 1.1030/6速 0.9670

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

40

39

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

106

106

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

27°35

25°45

トレール量 (mm)

113

71

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

44.3

44.3

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

3.00-21

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

51

54

タイヤ(前)速度記号

P

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

P

S

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

2.75

ホイールリム幅(後)

2.15

3.5

メーター表示

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有

ハザードランプ 有

メーカー小売価格

449,400円

489,300円

 

CRF250L(JBK-MD38)とCRF250M(JBK-MD38)の違いを比較

 

CRF250L(JBK-MD38)とCRF250M(JBK-MD38)の比較の口コミ

 

 

CRF250LからCRF250Mへの主な変更点

  • CRF250Mは、CRF250Lをベースに、前・後に17インチのオンロードタイヤを装着。
  • フロントブレーキがCRF250Lのφ256mmからφ296mmへ大径のフローティングタイプのディスクローターを採用し、リアサスペンションのセッティングを変更。
  • 二次減速比がCRF250Lの2.857から2.785へ変更。
  • キャスターがCRF250Lの27°35′から25°45′に変更。
  • トレールがCRF250Lの113mmから71mmに変更。
  • 全長がCRF250Lの2,195mmから2,125mmに変更。
  • 全高がCRF250Lの1,195mmから1,150mmに変更。
  • シート高がCRF250Lの875mmから855mmに変更。
  • 車重がCRF250Lの143kgから145kgに変更。
  • CRF250Mは,オンロードでの操縦安定性を追求し取り回しやすいモデル。

 

 

主な違いがタイヤ、ホイール、ブレーキでメーカー小売価格で4万円差か。

 

 

俺は、CRF250Mにした。オフは、たまにしか行かないし、CRF250Lでしか行けない山は普通の四輪でも通れないから諦めるわ。

 

 

9割オンロード、1割オフロードの使い方ならCRF250Mでいいと思う。

 

 

CRF250Lは、オンロード寄りのタイヤを履いたら舗装路でもそれなりのハイペースで走れるよ。

 

 

CRF250M に純正ローダウンキットが入れられるか聞いたらLとMではローダウンキットに使う部分のパーツが違うらしくて断られた。

 

 

俺は、CRF250LとCRF250Mで迷ったけどCRF250Mにした。家から林道に行くまでが遠いしそのほとんどが舗装路だから。キャンプツーリングが目的で買ったけど車が通れないような林道は行かないから。

 

 

住んでるとこが都会ならCRF250Mでしょ。

 

 

ホンダでCRF250LとCRF250Mの違いを聞いたら、モトクロスのLありきで、ロード仕様に各部の変更をしたものがCRF250Mで、大きな違いは、タイヤとフロントブレーキだって。あとCRF250Mの足つき性が気になってローダウンについて聞いたらローダウンキットは、CRF250L専用だからCRF250Mは、別の足回りとしてセッティングされてるらしく、とりあえずノーマルで乗ってから後で変えましょうってことになった。

 

 

こだわりがなければCRF250Lを買ってタイヤ減ったらオンよりのタイヤに履き替えればいいと思う。

 

 

CRF250LとCRF250Mを乗り比べたら、CRF250Mの方がサス硬く感じがした。

 

 

俺は、ほぼオンロードでたまに砂利道のオフロードを走る目的でCRF250M買ったけど、特に不満はない。

 

 

オンロードメインでまれに砂利道程度なら、見た目で決めても問題ないよ。どちらも普通に公道走れるから。

 

 

CRF250Lの方が砂地の坂や苔で滑りそうな場所も走れる。

 

 

CRF250Lの方が街中で道路工事で砂利道や段差があっても気にせずアクセルをワイドオープンにできる。

 

 

フラットダートならどっちでもいいと思うけど、路面状態がわからない初めて走る林道は、ブロックタイヤが心強いよ。

 

 

俺は、CRF250Lにしたけど、これで十分。オフよりのタイヤでも街中でグリップしない訳ではないから。

 

 

CRF250Lのがオールマイティにこなせそう。
でもカラーは、CRF250Mの方が好き。

 

 

カラーの違いについては、後で外装を買えばいい。
走破性の好みは、後でホイール一式を買えばいい。
俺は、CRF250Lが万能と思う。

 

 

CRF250LとCRF250Mは、フロントディスクの径が違う。だからキャリバーの位置関係を変えなきゃダメ。でもCRF250Lを買って、後でモタード乗りたいって思ったらオン寄りタイヤに履き替えるのが安上がり。

 

 

CRF250Lを17インチ化したらCRF250Mよりケツ上がりになる。リヤショックで調整されてるみたいだね。

 

 

バイクの中古車のサイトの台数みるとCRF250Lの方が圧倒的に多いね。

 

CRF250LとCRF250Mの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら