CB1100RSとCB1100EXの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CB1100RSとCB1100EXの違いを比較

 

ホンダ CB1100RSの歴史

2017年1月20日に「CB1100RS」が新登場。型式は、2BL-SC65
スポークホイールのCB1100、CB1100EXと異なり、17インチホイールを採用。ハンドル、軽量アルミ製スイングアームは、CB1100RS用の新設計。フロントフォークは、ショーワ製SDBVを搭載し、軽快なハンドリング・ライディングを実現。車体色は、2色(グラファイトブラック、キャンディープロミネンスレッド)。
2017年12月21日に「CB1100RS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(ヘビーグレーメタリック-U、グラファイトブラック、キャンディープロミネンスレッド)。
2018年3月20日に「CB1100RS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(ヘビーグレーメタリック-U、グラファイトブラック、デジタルシルバーメタリック)。
2019年1月11日に「CB1100RS」をマイナーチェンジ。
リアサスペンションを減衰力調整機能付きのに変更。標準搭載するETC車載器はバージョン2.0に変更。車体色は、3色(ダークネスブラックメタリック、マットベータシルバーメタリック、パールホークスアイブルー)。車体色ブラックは、各部をブラックで統一。車体色ブルーとシルバーは、クランクケースカバーやフォークのボトムケースなどをシルバーとした。

 

 

ホンダ CB1100EXの歴史

2014年2月20日に「CB1100EX」と「CB1100EX ABS」が新登場。型式は、EBL-SC65
アルミリムのワイヤースポークホイールや2本出しマフラー、新形状の17Lの燃料タンク、専用シートの採用などにより、トラディショナルイメージを深めたモデル。車体色は、どちらも4色(パールサンビームホワイト、ダークネスブラックメタリック、インディーグレーメタリック、キャンディアリザリンレッド)。
2014年4月18日に「CB1100EX ABS E Package」を発売。
「CB1100EX ABS」をベースにツーリングの利便性を高めたモデルでETC車載器とグリップヒーターを生産工程で組み付けた。メーターには、E Package専用のETC表示ランプと、グリップヒーターのレベルを5段階で表示する機能を設けた。車体色は、4色(パールサンビームホワイト、ダークネスブラックメタリック、インディーグレーメタリック、キャンディアリザリンレッド)。
2015年1月26日に「CB1100 EX ABS・特別仕様」を発売。
前後にアルミキャストホイールを採用し、トラディショナルなイメージと軽快さを融合させ、前後にチューブレスタイヤを採用。足回りの軽量化で「CB1100 EX ABS」より2kgの軽くなった。車体色は、1色(キャンディアリザリンレッド)。
2016年4月18日に「CB1100 EX ABS Special Edition」を発売。
主体色にチタニウムブレードメタリックを採用。燃料タンクにダークネスブラックメタリックの新ストライプを採用。シリンダー、クランクケースにブラックを採用し、ハブ仕上げのエンジンカバー類がアクセントとなって全体を引き締めて落ち着いた印象を演出。
2017年1月20日に「CB1100 EX」をマイナーチェンジ。型式は、2BL-SC65
ABS、ETC車載器、グリップヒーターなどを標準装備。新たにアシストスリッパークラッチを採用し、レバーの操作荷重は約16%低減。2017年モデルから、アップライトハンドルが採用された「タイプI」とローハンドルでスポーツライディング向きの「タイプU」の2車種を展開。車体色は、3色(キャンディープロミネンスレッド、パールシャイニングイエロー、パールサンビームホワイト)。
2018年3月20日に「CB1100 EX」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディークロモスフィアレッド、パールホークスアイブルー)。
2019年1月11日に「CB1100 EX」をマイナーチェンジ。
前後のフェンダーとサイドカバーをボディ同色に変更し、エンジンをシルバーに変更。エアクリーナーカバーがアルミ製となった。フロントフォークに蛇腹のブーツを装着。標準搭載するETC車載器をバージョン2.0に変更。車体色は、2色(キャンディクロモスフィアレッド、パールホークスアイブルー)。

 

 

ここでは、
2017年1月20日発売のホンダ CB1100RS(2BL-SC65)と
2017年1月20日発売のホンダ CB1100EX(2BL-SC65)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CB1100RS

CB1100EX Type 1

CB1100EX Type 2

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

2BL-SC65

2BL-SC65

2BL-SC65

発売日

2017年1月20日

2017年1月20日

2017年1月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2180

2200

2200

全幅 (mm)

800

830

800

全高 (mm)

1100

1130

1110

ホイールベース (mm)

1485

1490

1490

最低地上高(mm)

130

135

135

シート高 (mm)

785

780

780

車両重量 (kg)

252

255

255

最小回転半径(m)

2.7

2.7

2.7

乗車定員(名)

2

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

31.1

31.3

31.3

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

18.9

18.9

18.9

原動機型式

SC65E

SC65E

SC65E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

空冷

空冷

空冷

排気量 (cc)

1140

1140

1140

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73.5

73.5

73.5

行程(ピストンストローク)(mm)

67.2

67.2

67.2

圧縮比(:1)

9.5

9.5

9.5

最高出力(kW)

66

66

66

最高出力(PS)

90

90

90

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

7500

最大トルク(N・m)

91

91

91

最大トルク(kgf・m)

9.3

9.3

9.3

最大トルク回転数(rpm)

5500

5500

5500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

16

16

16

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

LMAR8A-9

LMAR8A-9

LMAR8A-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

4

搭載バッテリー・型式

YTZ14S

YTZ14S

YTZ14S

バッテリー容量

12V-11.2Ah10HR

12V-11.2Ah10HR

12V-11.2Ah10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4.9

4.9

4.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.8

3.8

3.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.9

3.9

3.9

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

10W-30

ドレンボルト呼び径(mm)

14

14

14

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.652

1.652

1.652

2次減速比

2.222

2.222

2.222

変速比

1速 3.082/2速 1.940/3速 1.478/4速 1.240/5速 1.074/6速 0.963

1速 3.082/2速 1.940/3速 1.478/4速 1.240/5速 1.074/6速 0.963

1速 3.082/2速 1.940/3速 1.478/4速 1.240/5速 1.074/6速 0.963

動力伝達方式

チェーン

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

18

18

18

スプロケット歯数・後

40

40

40

チェーンサイズ

530

530

530

標準チェーンリンク数

110

110

110

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

26°00

27°00

27°00

トレール量 (mm)

99

114

114

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

2

タイヤ(前)

120/70ZR17

110/80R18

110/80R18

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

V

V

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

180/55ZR17

140/70R18

140/70R18

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

67

67

タイヤ(後)速度記号

(W)

V

V

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム形状(前)

MT

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

2.5

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5.5

4

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

2.5

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.9

2.9

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

LED

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

アナログ

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
グリップヒーター 有
ETC 有
盗難防止装置 有
センタースタンド 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有
グリップヒーター 有
ETC 有
盗難防止装置 有
センタースタンド 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有
グリップヒーター 有
ETC 有
盗難防止装置 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格

1,378,080円

1,338,120円

1,338,120円

 

CB1100RSとCB1100EXの違いを比較

 

左がCB1100RS 右がCB1100EX
CB1100RSとCB1100EXの装備の違いを比較

 

CB1100RSとCB1100EXの外観の違いを比較

 

CB1100RSとCB1100EXのサイドの違いを比較

 

CB1100RSとCB1100EXの違いを比較

 

CB1100 EXの特徴
  1. トラディショナルな姿と軽量化を目指し、新設計した前後18インチのアルミ製リムや小径ハブ。
  2. トラディショナルな印象のバルブ式大径丸型メッキウインカーを採用。(CB1100と共通)。
  3. 美しい輝きと手入れのしやすいステンレス製40本スポークを採用。
  4. 「Type I」と「Type II」を設定。「Type I」は、アップライトなライディングポジションのハンドルを採用。「Type II」は、スポーティなライディングポジションのローハンドルを採用。

 

 

CB1100 RSの特徴
  1. 軽快なライディングフィールの専用の足周りの装備とキャスター角26度の専用ディメンション。
  2. 新設計のローハンドルを採用した前傾のライディングポジション。
  3. スポーティーさを演出するアルミキャスト製17インチホイールと幅広タイヤを採用。
  4. コンパクトでスタイリッシュなLEDウインカーを採用。
  5. 軽快なハンドリングを実現するφ43oのインナーパイプや2ピースボトムケースを採用したショーワ製SDBVフロントフォーク、リザーバータンク付きリアクッション、新設計の軽量アルミ製スイングアームを採用。
  6. スポーティな印象を強調する樹脂製フロントフェンダーやラジアルマウントブレーキキャリパーを採用。
  7. エアチェック時のメンテナンス性を向上させたL字バルブを採用。(CB1100と共通)。

 

 

「CB1100 EX」と「CB1100 RS」の共通の特徴
  1. 手作り感のある曲面基調の彫の深いフォルムと手塗りを重ねたような平滑度の高い高品位な塗装のフランジレスフューエルタンクを採用。
  2. トラディショナルなフォルムを守りつつ洗練さを印象付けるLED仕様のヘッドライトとコンパクトなLED仕様のテールランプを採用。
  3. 素材の質感を引き出す手仕上げのヘアライン加工を施したアルミプレス製サイドカバーを採用。
  4. バフ仕上げの美しさを引き立てるアルミダイキャスト製ステップホルダーを採用。
  5. ステップホルダーの輝きと協調させたアルミ鍛造のチェンジペダルやブレーキペダルを採用。
  6. それぞれの特性に合わせた仕様でよりスムーズな減衰力特性を発揮し、上質な乗り心地に寄与するショーワ製SDBV(ショーワデュアルベンディングバルブ)フロントフォークを採用。
  7. 質感を高めるアルミプレス製チェーンケースを採用。
  8. メーター中央のインジケーター部に質感を高めるサチライトメッキを施したカバーを採用。
  9. ETC車載器とグリップヒーターを標準装備とし、それらのインジケーターランプを装備。
  10. 盗難抑止性を高めるウェーブキーを採用。

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら