NINJA400とYZF-R3の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。

高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

 

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

 

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA400とYZF-R3の違いを比較

 

カワサキ Ninja400の歴史

2013年12月1日にNinja400が新登場。型式は、EBL-EX400E
旧モデルのNinja400Rをフルモデルチェンジし、「Ninja400」の車名に変更された。車体は2011年モデルのNinja650と共通化し、よりシャープなスタイルに。カウルのデザインやマフラーエンドの跳ね上がりなど印象が大きく変わった。399ccの水冷4スト並列2気筒エンジンは、Ninja400R(ER-4n)をベースにレスポンスアップ。ウインドスクリーンは、上下3段階で高さを変更可能。新作のアナログ+液晶タイプの多機能メーターを採用。タイで日本向けに生産。
2013年12月1日に「Ninja400 Special Edition」と「Ninja400 ABS Special Edition」を発売。
ライムグリーンのグラフィックを採用したスペシャルエディション。Ninja400からの変更点は、カラーリングとエンブレムの変更とABSの装備。ABS搭載モデルと非搭載を設定。
2014年4月15日にNinja400 ABS Special Editionをカラーチェンジ。
2015年2月1日に「Ninja400」と「Ninja400 Special Edition」と「 Ninja400 ABS Special Edition」をカラーチェンジ。
2015年6月1日にNinja400 ABS Limited Editionを発売。
アッパーカウル、アンダーカウル、タンクカバー、シートカウルに水転写によるカーボングラフィックを施した。サイドカウルとタンクカバーにKawasakiとNinjaの立体エンブレムが貼付。
2015年12月1日に「Ninja400」と「Ninja400 ABS Special Edition」をカラーチェンジ。
2016年10月15日に「Ninja400」と「Ninja400 ABS Special Edition」をカラーチェンジ。
2017年4月15日にNinja400 ABS Limited Editionを発売。
2018年2月1日にNinja400をフルモデルチェンジ。型式は、2BL-EX400G
Ninja250と同時にフルモデルチェンジ。Ninja400RもNinja400もERシリーズ(海外向け)がベースでNinja250とは姉妹的な関係はなかったが2018年モデルからベースが同じの排気量違いのモデルとなった。ボディデザインは、同時代のNinja ZX-10Rと同様のテイスト。トレリスフレームなどはNinjaH2をイメージさせる。398ccの水冷並列2気筒のエンジンを搭載。2017年モデルと別物で、10000rpm時に48psを発生。LEDヘッドライトやアシスト&スリッパークラッチを装備。メーターにギアポジションが付いた。ABSは標準装備となり車名からABSがなくなる。
NINJA400のEBL-EX400Eと2BL-EX400Gの違いの比較はこちら。
2018年2月1日にNinja400 KRT Edition発売。
Ninja400の2018年モデルがベースの特別外装モデル。KRTカラーバージョンとしてスーパーバイク世界選手権に参戦するNinja ZX-10RRをイメージしたカラーリングが設定。

2018年10月1日に「Ninja400」と「Ninja400 KRT Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、「Ninja 400」が2色(エボニー×メタリックマグネティックダークグレー、キャンディパーシモンレッド×メタリックマグネティックダークグレー)。「Ninja 400 KRT EDITION」が1色(ライムグリーン×エボニー)。
2019年9月1日に「Ninja400」と「Ninja400 KRT Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、「Ninja 400」が2色(メタリックスパークブラック×メタリックマットグラファイトグレー、パールブリザードホワイト×メタリックスパークブラック)。「Ninja 400 KRT EDITION」が1色(ライムグリーン×エボニー)。
2020年10月1日に「Ninja400」と「Ninja400 KRT Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、「Ninja 400」が2色(パールナイトシェードティール×メタリックスパークブラック、メタリックスパークブラック)。「Ninja 400 KRT EDITION」が1色(ライムグリーン×エボニー)。
2021年9月10日に「Ninja400」と「Ninja400 KRT Edition」をカラーチェンジして発売。
車体色は、「Ninja400」が1色(メタリックマグネティックダークグレー×メタリックスパークブラック)。「Ninja400 KRT Edition」は、継続色の1色(ライムグリーン×エボニー)。
2021年10月15日に「Ninja400」をカラーチェンジして発売。
車体色は、1色(メタリックマットトワイライトブルー×メタリックグラファイトグレー)。
2022年9月20日に「Ninja400」と「Ninja400 KRT Edition」をマイナーチェンジして発売。型式は、8BL-EX400L
カラーリングの変更と平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合。車体色は、「Ninja400」が2色(パールブリザードホワイト×メタリックカーボングレー、エボニー×メタリックマグネティックダークグレー)。「Ninja400 KRT Edition」は、継続色の1色(ライムグリーン×エボニー)。
Ninja400の「型式2BL-EX400G」と「型式8BL-EX400L」の違いの比較は、こちら。

 

 

ヤマハ YZF-R3 ABSの歴史

2015年4月20日に新登場。型式は、EBL-RH07J
YZF-R25をベースにエンジンをボアアップし(ストロークは同じ)、排気量を320ccにし、出力のセッティングも変更された水冷・直列2気筒エンジンを搭載。YZF-R25と異なりABS仕様のみとなり、タイヤも高速域向けにラジアルタイヤ(R25はバイアスタイヤ)に換装された。車両重量は、169kg。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)。製造は、インドネシア。
2016年2月1日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(マットグレーメタリック3、ホワイトメタリック6、ディープパープリッシュブルーメタリックC)。
2017年3月15日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(マットブラック2、ホワイトメタリック6、ディープパープリッシュブルーメタリックC)。
2017年9月15日に特別限定「YZF-R3 ABS Movistar Yamaha MotoGP Edition」を300台限定発売。
MotoGPマシン「YZR-M1」のカラーイメージを再現した300台限定モデル。
2018年1月20日にカラーチェンジ。型式は、2BL-RH13J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ホワイトメタリック6)。
2019年6月10日にマイナーチェンジ。
新形状のフロントフェアリング&スクリーン、新デザインの燃料タンク&タンクカバー、倒立式フロントサス、視認性の高いフル液晶メーター、LEDヘッドランプ、ラジアルタイヤの採用などが行われた。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック 2、マットディープレッドメタリック)。
2019年10月20日に「YZF-R3 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition」を発売。
スタンダードモデルをベースに「YZR-M1」をイメージさせるモンスターエナジーヤマハのグラフィックとカラーリング。ゴールドカラーの音叉エンブレム。ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー。イエロースプリングの専用リアサスペンションなどを採用。車体色は、1色(ブラックメタリック12)。
2020年2月14日に「YZF-R3 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、一新された3色(マットシルバー1、ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2)。

2021年1月15日に「YZF-R3 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(シアンメタリック6(新色)、マットダークグレーメタリック8(新色)、ディープパープリッシュブルーメタリックC)。
2022年6月15日に「YZF-R3 ABS WGP 60th Anniversary」を発売。型式は、8BL-RH21J
ヤマハによるWGP参戦60周年を記念した特別カラーモデルを240台限定で発売。1980年のレーシングマシン「YZR500」をモチーフとしたグラフィックとカラーリング(シルキーホワイト)を採用。また、エンジンが平成32年排ガス規制に対応し、LED式の前後ウインカーを採用。オプションには、クイックシフターが用意された。
YZF-R3の「型式 2BL-RH13J」と「型式 8BL-RH21J」の違いの比較は、こちら。
2023年5月10日に「YZF-R3 ABS」にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ダークブルーイッシュパープルメタリック3(新色)、ディープパープリッシュブルーメタリックC(新色)、ブラックメタリック12(新色))。

 

 

 

 

 

ここでは、まず最初に
2013年12月1日発売のカワサキ NINJA400(型式 EBL-EX400E)と
2015年4月20日発売のヤマハ YZF-R3 ABS(型式 EBL-RH07J)
の違いを比較しました。

 

 

NINJA400(型式 EBL-EX400E)とYZF-R3(型式 EBL-RH07J)のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名 NINJA400 YZF-R3 ABS
モデルチェンジ区分 新登場 新登場
発売日 2013年12月1日 2015年4月20日
型式 EBL-EX400E EBL-RH07J
仕向け・仕様 国内向けモデル 国内向けモデル
全長 (mm) 2110 2090
全幅 (mm) 770 720
全高 (mm) 1180 1135
軸間距離 (mm) 1410 1380
最低地上高 (mm) 130 160
シート高 (mm) 805 780
車両重量 (kg) 209 169
乗車定員(名) 2 2
原動機種類 4ストローク 4ストローク
気筒数 2 2
シリンダ配列 並列(直列) 並列(直列)
冷却方式 水冷 水冷
排気量 (cc) 399 320
4スト・カム駆動方式 DOHC DOHC
4スト・気筒あたりバルブ数 4 4
内径(シリンダーボア)(mm) 68.4 68
行程(ピストンストローク)(mm) 54.3 44.1
圧縮比(:1) 11 11.2
最高出力(kW) 32 31
最高出力(PS) 44 42
最高出力回転数(rpm) 9500 10750
最大トルク(N・m) 37 30
最大トルク(kgf・m) 3.8 3
最大トルク回転数(rpm) 7500 9000
燃料タンク容量 (L) 15 14
燃料(種類) レギュラーガソリン レギュラーガソリン
燃料供給方式 フューエルインジェクション フューエルインジェクション
エンジン始動方式 セルフスターター式 セルフスターター式
点火装置 フルトランジスタ式 フルトランジスタ式
搭載バッテリー・型式 YT12A-BS GTZ8V
エンジンオイル容量※全容量 (L) 2.3 2.4
クラッチ形式 湿式・多板 湿式・多板
変速機形式 リターン式・6段変速 リターン式・6段変速
1次減速比 2.095 3.043
2次減速比 3.066 3.071
変速比 1速 3.0000/2速 2.1660/3速 1.6400/4速 1.3600/5速 1.1920/6速 1.0400 1速 2.5000/2速 1.8230/3速 1.3470/4速 1.0860/5速 0.9200/6速 0.8000
動力伝達方式 チェーン チェーン
スプロケット歯数・前 15 14
スプロケット歯数・後 46 43
チェーンサイズ 520 520
標準チェーンリンク数 114 112
フレーム型式 ダイヤモンド ダイヤモンド
キャスター角 25° 25°
トレール量 (mm) 110 95
懸架方式(前) テレスコピックフォーク テレスコピックフォーク
懸架方式(後) スイングアーム式 スイングアーム式
燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L) 37.5 34.6
燃料消費率 WMTCモード値(km/L) 24 24.4
ブレーキ形式(前) 油圧式ダブルディスク 油圧式ディスク
ブレーキ形式(後) 油圧式ディスク 油圧式ディスク
タイヤ(前) 120/70ZR17 110/70-17
タイヤ(前)構造名 ラジアル バイアス
タイヤ(前)荷重指数 58 54
タイヤ(前)速度記号 (W) H
タイヤ(前)タイプ チューブレス チューブレス
タイヤ(後) 160/60ZR17 140/70-17
タイヤ(後)構造名 ラジアル バイアス
タイヤ(後)荷重指数 69 66
タイヤ(後)速度記号 (W) H
タイヤ(後)タイプ チューブレス チューブレス
ホイールリム形状(前) MT MT
ホイールリム幅(前) 3.5 2.75
ホイールリム形状(後) MT MT
ホイールリム幅(後) 4.5 4
ヘッドライトタイプ(Hi) H7 H7
テールライトタイプ - LED
メーター表示 燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有
ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有
車両装備 ハザードランプ 有 アンチロックブレーキ(ABS) 有
メーカー希望小売価格/カラーバリエーション 649,950円(本体価格619,000円、消費税30,950円)
キャンディバーントオレンジ×メタリックスパークブラック (ORG)、
メタリックムーンダストグレー×メタリックスパークブラック(GRY)
631,800円(本体価格585,000円/消費税46,800円)
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/シルバー)、
ブラックメタリックX(ブラック)、
ビビッドレッドカクテル1(レッド/ホワイト)
販売計画台数(国内・年間) - 1,000台
ヤマハ YZF-R3の年間販売計画台数の推移は、こちら。
製造国 タイ インドネシア

 

NINJA400とYZF-R3の違いを比較

 

NINJA400とYZF-R3の比較の口コミ

 

 

NINJA400の方が40kg重い。重さの分だけ横風に強いし、高速道路での巡航で有利。逆にYZF-R3は、軽いから取り回しが楽。

 

 

YZF-R3は、NINJA400と比べたら見た目が安っぽい。でもヤマハだけあって排気音が良い。

 

 

スポーツ走行メインならYZF-R3。
長距離旅やキャンプ連泊するならNINJA400。
まだ用途が決まってないならそつのないNinja250。

 

 

NINJA400は、YZF-R3より79cc排気量が大きいし、車重があるから高速巡航は楽。峠でヒラヒラとかはYZF-R3の方が有利。

 

 

ツーリング重視の人には、NINJA400のが向いてると思うけど日帰りや一泊程度のツーリングならYZF-R3でも問題無いし、コーナーをヒラヒラとかでは、断然YZF-R3。

 

 

NINJA400の方がトルクがある。

 

 

Ninja400が44馬力、YZF-R3が42馬力だけど、40kgも違ったら別のバイクだよ。中忍なんか下手したらフルパワー250ccにも負ける。

 

 

YZF-R3に太ってる人が乗ってるの見たけど全然似あってなかった。車体が細いから横のはみ出し感が半端なかった。太ってる人は、Ninja400の方が似合うかも。

 

 

ツーリングでの高速走行性や積載性は、Ninja400の方が上。

 

 

NINJA400は、速さを求めるバイクじゃなくて、長距離走るのに向いてるツアラータイプのバイク。速さを求めてフルカウル縛りだとYZF-R3あたりのほうがいい。

 

 

そもそもYZF-R3を検討してる人は、軽量+車格に対して十分な排気量を求めてるだろうし、普通二輪免許の範囲でどっしりしたツアラーが欲しい人は、Ninja400に流れる。

 

 

最近の400は、Ninja400みたいなツアラーっぽいのが多いから250の車体に320ccエンジンを搭載したYZF-R3は、なかなか良いバランスと思う。

 

 

パワーウェイトレシオ的には、YZF-R3は、Ninja400より速くワインディングも楽しいと思う。でも見た目は、Ninja400の方が美しし、重厚感がある。

 

 

YZF-R3もライポジは、楽だけど、Ninja400は、完全にツアラーなんで排気量が少なくてもYZF-R3にした方が幸せになれると思う。

 

 

このページのメニューに戻る

 

 

次に
2018年2月1日発売のカワサキ NINJA400(型式 2BL-EX400G)と
2018年1月20日発売のヤマハ YZF-R3 ABS(型式 2BL-RH13J)
の違いを比較しました。

 

 

NINJA400(型式 2BL-EX400G)とYZF-R3(型式 2BL-RH13J)のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種 Ninja 400 YZF-R3 ABS
モデルチェンジ区分 フルモデルチェンジ カラーチェンジ
発売日 2018年2月1日 2018年1月20日
型式 2BL-EX400G 2BL-RH13J
仕向け・仕様 国内向けモデル 国内向けモデル
全長 (mm) 1990 2090
全幅 (mm) 710 720
全高 (mm) 1120 1135
軸間距離 (mm) 1370 1380
最低地上高 (mm) 140 160
シート高 (mm) 785 780
車両重量 (kg) 167 170
乗車定員(名) 2 2
原動機種類 4ストローク 4ストローク
気筒数 2 2
シリンダ配列 並列(直列) 並列(直列)
冷却方式 水冷 水冷
排気量 (cc) 398 320
4スト・カム駆動方式 DOHC DOHC
4スト・気筒あたりバルブ数 4 4
内径(シリンダーボア)(mm) 70 68
行程(ピストンストローク)(mm) 51.8 44.1
圧縮比(:1) 11.5 11.2
最高出力(kW) 35 31
最高出力(PS) 48 42
最高出力回転数(rpm) 10000 10750
最大トルク(N・m) 38 29
最大トルク(kgf・m) 3.9 3
最大トルク回転数(rpm) 8000 9000
燃料タンク容量 (L) 14 14
燃料(種類) レギュラーガソリン レギュラーガソリン
燃料供給方式 フューエルインジェクション フューエルインジェクション
エンジン始動方式 セルフスターター式 セルフスターター式
点火装置 フルトランジスタ式 フルトランジスタ式
点火プラグ標準搭載・型式 LMAR9G CR8E
点火プラグ必要本数・合計 2 2
搭載バッテリー・型式 FTX9-BS GTZ8V
エンジンオイル容量※全容量 (L) 2.3 2.4
エンジンオイル量(オイル交換時) (L) 1.6 1.8
エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L) 2 2.1
推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-40 10W-40
クラッチ形式 湿式・多板 湿式・多板
変速機形式 リターン式・6段変速 リターン式・6段変速
1次減速比 2.218 3.043
2次減速比 2.928 3.071
変速比 1速 2.9280/2速 2.0550/3速 1.6190/4速 1.3330/5速 1.1530/6速 1.0370 1速 2.5000/2速 1.8230/3速 1.3470/4速 1.0860/5速 0.9200/6速 0.8000
動力伝達方式 チェーン チェーン
スプロケット歯数・前 14 14
スプロケット歯数・後 41 43
チェーンサイズ 520 520
標準チェーンリンク数 106 112
フレーム型式 トレリス ダイヤモンド
キャスター角 24°70 25°00
トレール量 (mm) 92 95
ブレーキオイル適合規格 DOT 4 DOT 4
懸架方式(前) テレスコピックフォーク テレスコピックフォーク
懸架方式(後) スイングアーム式 スイングアーム式
燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L) 32 41.3
燃料消費率 WMTCモード値(km/L) 24.8 27.6
ブレーキ形式(前) 油圧式ディスク 油圧式ディスク
ブレーキ形式(後) 油圧式ディスク 油圧式ディスク
タイヤ(前) 110/70R17 110/70-17
タイヤ(前)構造名 ラジアル バイアス
タイヤ(前)荷重指数 54 54
タイヤ(前)速度記号 H H
タイヤ(前)タイプ チューブレス チューブレス
タイヤ(後) 150/60R17 140/70-17
タイヤ(後)構造名 ラジアル バイアス
タイヤ(後)荷重指数 66 66
タイヤ(後)速度記号 H H
タイヤ(後)タイプ チューブレス チューブレス
ヘッドライトタイプ(Hi) LED H7
テールライトタイプ LED LED
メーター表示 ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有
ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有
車両装備 アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
メーカー希望小売価格/カラーバリエーション 699,840円(本体価格648,000円、消費税51,840円)
メタリックスパークブラック

716,040円(本体価格663,000円、消費税53,040円)
キャンディバーントオレンジ×メタリックマグネティックグレー
642,600円(本体価格595,000円/消費税47,600円)
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)、
ブラックメタリックX(ブラック)、
ホワイトメタリック6(ホワイト)
販売計画台数(国内・年間) - 1,000台
生産国 タイ インドネシア

 

NINJA400(型式 2BL-EX400G)とYZF-R3 ABS(型式 2BL-RH13J)の違いを比較

 

NINJA400(型式 2BL-EX400G)とYZF-R3 ABS(型式 2BL-RH13J)の比較の口コミ

 

●2018年2月のヤングマシン
「カワサキ2018新型Ninja400/250 vs ライバル」の0-1000m全開加速テスト
旧Ninja400 28秒533
新Ninja400 26秒161
YZF-R3 28秒155

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
NINJA400 167kg | 35kW/10000rpm | 38N・m/8000rpm
YZF-R3 ABS 170kg | 31kW/10750rpm | 29N・m/9000rpm

 

 

●シート高
NINJA400 785mm
YZF-R3 ABS 780mm

 

 

●タンク容量
NINJA400 14L
YZF-R3 ABS 14L

 

●燃費WMTCモード値
NINJA400 24.8km/L
YZF-R3 ABS 27.6km/L

 

●航続距離
NINJA400  14L × 24.8kkm/L =347.2km
YZF-R3 ABS 14L × 27.6km/L =386.4km

 

NINJA400とYZF-R3の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

 

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと

 

 

また、「バイクの一括査定」を利用すれば

業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。

何社も査定してもらう手間はかかりますが

バイクを高く売る一番確実な方法です。

 

 

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら