トリッカーとXT250Xの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

トリッカーとXT250Xの違いを比較

 

ヤマハ トリッカーの歴史

2004年3月30日にヤマハ トリッカーが新登場。型式は、BA-DG10J
車体色は、3色(シルバー3、マットブラック2、ダークパープリッシュブルーメタリック2)の設定。
2005年4月1日にヤマハ トリッカーを発売。
2005年モデルのトリッカーの車体色は、従来モデルと同じマットブラック2とシルバー3の全2色の設定。
2005年4月1日にヤマハ トリッカーSをタイプ追加。
トリッカーSの車体色は、マットブラック2の1色の設定。
トリッカーSには、オレンジ色のピンストライプ入り専用ホイールやメタリック塗装のタンクカバーを採用。
2006年3月30日にヤマハ トリッカーとトリッカーSをカラーチェンジ。
車体色は、トリッカーが新色の2色(シルバー3、ブラックメタリックJ)の設定。トリッカーSが新色の1色(ビビッドオレンジメタリック2)の設定。
2008年1月30日にヤマハ トリッカーとトリッカーSをマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG16J
F.I.を採用、吸気ポート形状の変更などで環境性能・トルク感向上。タンク容量が1.2Lアップし7.2Lに。シート形状を変更し、快適性が向上。フロントサスのセッティングを変更し、操縦安定性の最適化。車体色は、トリッカーが新色のマットブルーメタリック3と継続色のビビッドオレンジメタリック2の2色の設定。トリッカーSが新色のマットブラック2の1色の設定。
トリッカー キャブとFIの違いを比較
2010年1月15日にヤマハ トリッカーをカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットブラック2と継続色のビビッドオレンジメタリック2の全2色の設定。
2014年1月21日にヤマハ トリッカーをカラーチェンジ。
車体色は、新色の2色(ディープオレンジメタリック7、マットブラック2)の設定。

2018年9月20日にヤマハ トリッカーをフルモデルチェンジ。型式は、2BK-DG32J
平成28年排出ガス規制に適合。環境性能を高めるのにO2フィードバック制御を行うフューエルインジェクションとキャニスターを装備。エンジン出力が少し向上、タンク容量が少し減る。車体色は、2色(ディープオレンジメタリック7、マットブラック2)の設定。

 

 

ヤマハ XT250Xの歴史

2006年3月に「XT250X」の日本仕様が新登場。型式は、BA-DG10J
デュアルパーパスのセロー250をベースとしたモタードルックのXT250X。セローとの違いは、前後輪の17インチホイール換装、フロントフォークやブレーキの変更、独自外装の採用など。車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。
2008年5月にマイナーチェンジして発売。型式は、BA-DG11J
フューエルインジェクションを採用。平成18年排出ガス規制に対応。車体色は、1色(パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。これが最終仕様。
2017年6月に生産終了。
平成28年度の排ガス規制等によって2017年6月にヤマハから生産終了が発表。

 

 

ここでは、まず最初に
2006年3月30日発売のヤマハ トリッカー(BA-DG10J)と
2006年3月発売のヤマハ XT250X(BA-DG11J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

トリッカー

XT250X

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

BA-DG10J

BA-DG11J

発売日

2006年3月30日

2006年3月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1980

2040

全幅 (mm)

800

805

全高 (mm)

1145

1110

ホイールベース (mm)

1330

1365

最低地上高(mm)

280

250

シート高 (mm)

790

790

乾燥重量 (kg)

111

118

車両重量 (kg)

120

129

最小回転半径(m)

1.9

1.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

50

45

原動機型式

G340E

G340E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

74

74

行程(ピストンストローク)(mm)

58

58

圧縮比(:1)

9.5

9.5

最高出力(kW)

16

16

最高出力(PS)

21

21

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

21

21

最大トルク(kgf・m)

2.1

2.14

最大トルク回転数(rpm)

6500

6500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

-

MV33×1

燃料タンク容量 (L)

6

9.8

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

-

1.9

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

DR7EA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

バッテリー容量

12V-6.0Ah

12V-6.0Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.3

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.083

3.083

2次減速比

3

3.066

変速比

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.034/5速 0.820

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.034/5速 0.820

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

45

46

チェーンサイズ

428

428

標準チェーンリンク数

124

128

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25°10

24°55

トレール量 (mm)

92

72

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

80/100-19

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

49

54

タイヤ(前)速度記号

P

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/90-16

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

63

62

タイヤ(後)速度記号

P

H

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム形状(前)

-

MT

ホイールリム幅(前)

1.85

3

ホイールリム形状(後)

-

MT

ホイールリム幅(後)

2.15

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.75

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W ×1

LED

スピードメーター表示形式

アナログ

デジタル

メーカー小売価格

421,050円

483,000円

 

トリッカー(BA-DG10J)とXT250X(BA-DG11J)の違いを比較

 

トリッカー(BA-DG10J)とXT250X(BA-DG11J)の比較の口コミ

 

 

ツーリング行くには、XT250Xの方がいい。トリッカーは、タンク容量が小さいから航続距離が短すぎる。

 

 

俺なら未舗装路が入るならトリッカーにするかな。XT250Xでも未舗装路入れるけど楽しめるかどうかは、微妙だと思う。

 

 

タンク容量は、XT250Xとセローが9.8Lで、トリッカーが6Lだけど、トリッカーにXT250Xかセローのタンクをつければいい。

 

 

タイヤのサイズは
トリッカーが80/100-19(F)120/90-16(R)。
XT250Xが110/70-17(F)130/70-17(R)。
市販のタイヤは、XT250Xの方が選びやすそう。

 

 

俺は、XT250Xが発売される前だったからトリッカー買ったけど、今ならXT250Xにしてたと思う。タンク容量が魅力的。トリッカーのスタイルがどうしても良い人以外は、XT250Xでいいと思う。

 

 

同じエンジンだけど、トリッカーとXT250Xは、方向性が全然違うよ。

 

 

XT250Xは、トリッカーやセローと比べるとつまらないデザインと思う。それに空冷にタンクシュラウドが付いてるのがなんか嫌。

 

 

トリッカーとXT250Xだと雰囲気がだいぶ違うね。

 

 

XT250Xとトリッカーは、他のモタードやオフ車と比較してフロントフォークが細いね。大ジャンプのショックは、度外視してるとか、フレームの剛性とのバランスなんかもあると思う。

 

 

バイク屋でXT250Xを見てきた。トリッカーとフロントサスの作りが少し違った。ダウンフェンダー(フォーク間の幅)も広かったから、トリッカーには、ポン付けは無理そう。

 

 

トリッカーで低速で直進してる時に手放したら右に寄っていく。XT250Xに試乗した時は、低速でも真っ直ぐ走った。重心位置とかが違うのかな。

 

 

手放ししてトリッカーが右に寄るのは、キャスター、トレール、タイヤサイズとかの違いでトリッカーのがクイックなハンドリングだからだと思う。

 

 

トリッカーの点検の代車としてXT250Xを借りた。ベースは同じだけど、シート幅とタンク幅が少し広く感じた。それだけで随分乗りやすかった。イメージで言えばトリッカーは自転車、XT250Xはバイクに乗ってる感じ。

 

 

2006年12月15日時点のmixiのコミュニティの参加者数を見るとXT250Xが50人。トリッカーが625人。セローが302人だった。トリッカーって人気あるんだね。

 

 

2006年12月時点でバイク屋の話だとトリッカーとセローは、同じぐらい売れてて、XT250Xだけ苦戦してるんだって。XT250Xは、モタードする人にとってはおもしろいけど、パワーが足りない。モタード風が好きな人にとっては、スタイルが気に入らないらしい。

 

 

俺は、トリッカーにした。XT250Xは割高感があった。

 

 

XT250X買ったけど、XT250Xは、トリッカーよりウイリーサークルやりやすい。

 

 

トリッカー買ったけど、タンク容量でXT250Xにすれば良かったかも。とりあえずタンクとシートのXT250X化を検討してる。でもタンクが高いね。

 

 

兄弟車のトリッカーとセロー250は、見かけるけど、XT250Xは全然見ないね。なんで人気がないかな?XT250Xは、オンロード特化型みたいで街乗りだと一番使いやすそうだけど。

 

 

ヤマハとしては、XT250Xはロードバイクのつもりで発売したと思う。2007年2月時点で日本国内のヤマハの軽二輪は、TWを除いてトリッカーとセローとXT250Xの3兄弟しかない。3車種で同じエンジン・フレームを使って違うジャンルを揃えてるように見える。オフがセロー250。オンがXT250X。トライアル(少し無理があるけど)がトリッカーって感じ。

 

 

街乗りメインでツーリングしない人は、トリッカー。
林道に行かない人は、XT250X。
ツーリング&林道が大好きな人は、セロー250。
3台とも高速走って遠出するには、向いてない。

 

 

 

 

次に
2008年1月30日発売のヤマハ トリッカー(JBK-DG16J)と
2008年5月発売のヤマハ XT250X(JBK-DG17J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

トリッカー

XT250X

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

JBK-DG16J

JBK-DG17J

発売日

2008年1月30日

2008年5月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1980

2040

全幅 (mm)

800

805

全高 (mm)

1145

1110

ホイールベース (mm)

1330

1365

最低地上高(mm)

280

250

シート高 (mm)

810

790

乾燥重量 (kg)

117

-

車両重量 (kg)

125

133

最小回転半径(m)

1.9

1.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

39

39

原動機型式

G370E

G370E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

74

74

行程(ピストンストローク)(mm)

58

58

圧縮比(:1)

9.5

9.5

最高出力(kW)

14

14

最高出力(PS)

18

18

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

19

19

最大トルク(kgf・m)

1.9

1.9

最大トルク回転数(rpm)

6500

6500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

7.2

9.6

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

-

1.9

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

DR7EA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

バッテリー容量

12V-6.0Ah

12V-6.0Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.3

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.083

3.083

2次減速比

3

3.066

変速比

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.034/5速 0.820

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.034/5速 0.820

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

45

46

チェーンサイズ

428

428

標準チェーンリンク数

124

128

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25°10

24°55

トレール量 (mm)

92

72

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

80/100-19

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

49

54

タイヤ(前)速度記号

P

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/90-16

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

63

62

タイヤ(後)速度記号

P

H

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム形状(前)

-

MT

ホイールリム幅(前)

1.85

3

ホイールリム形状(後)

-

MT

ホイールリム幅(後)

2.15

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.75

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W ×1

LED

スピードメーター表示形式

アナログ

デジタル

メーカー小売価格

457,800円

514,500円

 

トリッカー(JBK-DG16J)とXT250X(JBK-DG17J)の違いを比較

 

トリッカー(JBK-DG16J)とXT250X(JBK-DG17J)の比較の口コミ

 

 

トリッカーは、XT250Xより小さいし、軽くて、小回りがきく。だから街中や林道はXT250Xより得意。でもXT250Xのがシートは、低い。あとトリッカーは、タンク容量が小さいから航続距離が150kmぐらい。XT250Xは、200km以上走る。それからトリッカーは、タイヤが選べないXT250Xと比べてサイズが一般的でない。俺としては、乗ってて楽なのはXT250X。乗ってて楽しいのはトリッカー。

 

 

トリッカーとセロー250は、排ガス規制に対応して2018年に復活したが、オンロードオンリーのモデルのXT250Xは復活しなかった。オンロードオンリーは、もう不要ってことだろう。

 

トリッカーとXT250Xの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら