マジェスティのギャブとFIの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

マジェスティのギャブとFIの違いを比較

 

ヤマハ マジェスティの歴史

1995年8月に「マジェスティ」が新登場。型式は、4HC
これまでのスクーターと異なり、大柄の車体に大容量メットインスペースを確保。当時のクラス最強の21psのエンジンを搭載。
1996年7月にマイナーチェンジして発売。
1997年4月にカラーチェンジして発売。
車体下まわりのモール部までボディ同色塗装した。
1998年1月にカラーチェンジして発売。
1998年6月1日に「マジェスティ ABS」をタイプ追加して発売。型式は、SG01J
A.B.S.(アンチロック・ブレーキ・システム)装着モデルを設定。車体色は、3色(ニュ−パールホワイト、マープルシルバー、ニュ−シルバーダスト)の設定。
1998年12月に「マジェスティ ABS」をカラーチェンジして発売。
スクリーン前部へのヤマハ音叉マーク採用。シートには、可変バックレストを採用。ボディと一体の風防及びハンドル部の風よけを装備。
1999年10月15日にフルモデルチェンジして発売。型式は、BA-SG03J
エンジン性能の向上(加速時及び高速走行時)、新設計フレーム採用による剛性感及び走行性能向上、居住性を大幅に向上、スポーティで高級感溢れる外観デザイン、フルフェイス2個収納可能なシート下収納スペースなどの実用機能を施した。排出ガス浄化システムとして、A.I.S.及びマフラー内にヘアピン形状の触媒を採用。車体色は、4色(シルキーホワイト、ビビッドレッドカクテル7、ベリーダークブルーカクテル4、マーブルシルバー)の設定。
マジェスティと「SG01J」と「BA-SG03J」の違いの比較は、こちら。
2001年3月1日にマイナーチェンジして発売。
フィット感が心地よいワディング加工シートを採用。、車体同色のフロントグリルを採用。車体色は、4色(シルバー1、シルキーホワイト、ビビッドレッドカクテル7、ベリーダークグリーンME1)の設定。
2001年8月7日にカラーを追加して発売。

新色のブラック2を追加。これで2001年モデルのカラーは全5色となった。
2002年3月18日にモデルチェンジして発売。
主な変更点は、アンサーバック機能付き・リモコン開閉式キーシャッターの採用、前後サスペンション性能の向上、新作5連メーターやシルバー塗装のヘッドライトエクステンション採用などによる外観の向上、シート形状やリアフートレスト形状変更などによる乗車時のフィット感向上など。車体色は、3色(シルキーホワイト、シルバー3、ダークバイオレットメタリックA)の設定。
2002年5月10日に「マジェスティ ABS」を発売。
信頼性を高めたアンチロックブレーキシステムを装備。ABS専用エンブレムを採用。車体色は、2色(シルキーホワイト、シルバー3)の設定。
2003年3月3日に「マジェスティ」と「マジェスティ ABS」にカラーを追加して発売。
マジェスティの車体色は、3色(ダークパープリッシュブルーメタリックL、シルキーホワイト、シルバー3)の設定。マジェスティABSの車体色は、1色(ダークグレーメタリックA)の設定。
2007年5月31日にフルモデルチェンジして発売。 型式は、JBK-SG20J
排出ガス規制に対応。フューエルインジェクションのSOHC水冷エンジンを低回転域のトルクを重視したセッティングにして搭載。オートマチックの変速特性を3パターンから選べる電子制御式変速装置「YCC-AT」を装備。ヘッドライトを縦目二対に変更。新フレーム、デュアルオープンのシート下収納スペース、ボディパーツが滑らかに繋がるシームレス&ローシェイプデザインなどを採用。車体色は、5色(グリニッシュホワイトカクテル1、ダークパープリッシュブルーメタリックL、ディープレッドメタリックK、ブラックメタリックX、ダークブルーイッシュグレーメタリック8)の設定。
2008年3月20日にカラーの追加して発売。
車体色に新色のシルバー3を追加。従来色の5色をあわせた全6色の設定。
2009年1月30日にカラーチェンジして発売。
車体色に新色のレディッシュブラックメタリック2を追加。従来色の3色(シルバー3、グリニッシュホワイトカクテル、ブラックメタリックX)とあわせて全4色の設定。
2012年2月28日にマイナーチェンジして発売。
変更点は、重厚感漂う精悍な新デザインのフロントカウル、スーパースポーツ「YZF-R1」と同構造のプロジェクターヘッドライト(ポジションライト追加)、調整可能な5段階のアジャスト機能付き左右ブレーキレバー、新デザインメーターパネルなどを採用。車体色は、新色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、ダークグレイッシュブルーメタリックE)と従来色のブラックメタリックXをあわせた3色の設定。
2014年1月21日にカラーチェンジして発売。

車体色は、新色のベリーダークオレンジメタリック1と従来色の2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、ブラックメタリックX)をあわせた3色の設定。
2017年に生産終了が公表された。


 

 

ここでは、上の黄色の部分
2003年3月3日発売のヤマハ マジェスティ(BA-SG03J)と
2007年5月31日発売のヤマハ マジェスティ(JBK-SG20J)
の違いを比較しました。

 

 

マジェスティと「BA-SG03J」と「JBK-SG20J」のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

マジェスティ

マジェスティ

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

BA-SG03J

JBK-SG20J

発売日

2003年3月3日

2007年5月31日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2140

2175

全幅 (mm)

780

780

全高 (mm)

1350

1185

ホイールベース (mm)

1535

1550

最低地上高(mm)

120

110

シート高 (mm)

700

700

乾燥重量 (kg)

-

175

車両重量 (kg)

168

188

最小回転半径(m)

-

2.7

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

41

38

原動機型式

G312E

G359E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

69

68

行程(ピストンストローク)(mm)

66.8

68.6

圧縮比(:1)

10

10.8

最高出力(kW)

16

14

最高出力(PS)

22

19

最高出力回転数(rpm)

7500

6500

最大トルク(N・m)

23

22

最大トルク(kgf・m)

2.3

2.2

最大トルク回転数(rpm)

6000

5000

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

12

12

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR8EA

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GT7B-4

YTZ10S

バッテリー容量

12V-8Ah

12V-8.6Ah 10H

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

-

1.5

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

-

1.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

2.666

2.555

2次減速比

2.533

2.866

フレーム型式

パイプバックボーン

バックボーン

キャスター角

28°00

27°00

トレール量 (mm)

130

106

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

110/90-12

110/90-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

64

55

タイヤ(前)速度記号

L

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-12

140/70-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

65

タイヤ(後)速度記号

L

L

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

35W/35W

55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

H11

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W ×2

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

車両装備

シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

ハザードランプ 有
走行モード切り替え 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格

559,000円

702,450円

 

マジェスティと「BA-SG03J」と「JBK-SG20J」の違いを比較

 

マジェスティと「BA-SG03J」と「JBK-SG20J」の装備の違いを比較

 

マジェスティと「BA-SG03J」と「JBK-SG20J」の違いを比較

 

 

2007年5月31日のフルモデルチェンジでの主な変更点

 

●デザイン
シームレス&ローシェイプのコンセプトによるボディデザインを採用。塗装の継ぎ目が殆んど目につかない一体感のあるボディとなった。メーターやスイッチ類をできるだけマシン中央部分に配したセンターコンソール設計やフロントノーズ部と別体の独立スクリーンや躍動的なプロジェクターヘッドライト(国内スクーター初採用)などが作りだす滑らかなラインが特徴。

 

●エンジン
平成18年国内排出ガス規制に対応。新設計の250cc水冷・4ストローク・SOHC・単気筒・4バルブを採用。フューエルインジェクションと最適化を図ったペントルーフ型4バルブ燃焼室を採用。耐熱強度に優れるアルミ鍛造ピストンを採用し、往復重量低減によるスムーズな出力特性に貢献。シリンダーは、放熱性に優れ、オイル消費低減に貢献するメッキシリンダーを採用。

 

●YCC-AT
新開発のヤマハ電子制御オートマチック・トランスミッション「YCC-AT(Yamaha Chip Controlled Automatic Transmission)」を搭載。走行中のCVT の変速特性をハンドル右のボタンで3つのモードを操作できる。軽快でスムーズな走行性と燃費性を考慮した「DRIVE モード(D モード)」と、低〜中速域を中心に変速比特性を設定し(ローギア化)、エンジンのダイレクト感を楽しめる「ASSIST Iモード」と、変速特性は「ASSIST Iモード」同様だが「I-Shift UP」(インテリジェント・シフト・アップ)」機能が織り込まれ、車速とエンジン回転数に応じ自動的にシフトアップする加速感を楽しめる「ASSIST IIモード」。

 

●フレームとプログレッシブピボットマウント
ローシェイプボディを実現する新設計のフレームを採用。また「プログレッシブピボットマウント」という独自のエンジンユニット懸架構造を採用し、優れた収納力、低シート高、操縦安定性に寄与。「マジェスティYP250C」などの従来の250ccスクーターでは、防振リンクを介しエンジンをフレームに懸架しているのに対して、新型「マジェスティ YP250」は、リンクを廃し、振動によるエンジンユニットの動きの中心点でエンジンを車体へ直接懸架する構造になった。これと新フレームの相乗効果により高い走破性、車線変更やタンデム走行時などの優れた操縦安定性を実現。
●シート下の収納スペース
メットイン容量は、従来モデルの約54リットルから約60リットルへアップ。さらに物の出し入れに便利なデュアルオープンシートを採用。ライダー側(前シート)だけの単独の開閉ができ、タンデム側(後シート)も開けて全開にすれば荷室の全てを見渡せる。さらに床面の凹凸を少なくした。キー操作無しのボタン操作だけでのシートロックを解除ができる。

 

●スマートキー
スマートキーを採用。無線通信での照合でボタン式のメインスイッチで電源オンとなる。メインキーをひねる操作が必要無くなった。スマートキーからのボタン操作でシートロック解除やアンサーバック機能の操作が可能。

 

 

 

2007年5月31日のフルモデルチェンジでのスペックの変更点

 

●型式
BA-SG03J → JBK-SG20J

 

●発売日
2003年3月3日 → 2007年5月31日

 

●全長 (mm)
2140 → 2175

 

●全高 (mm)
1350 → 1185

 

●ホイールベース (mm)
1535 → 1550

 

●最低地上高(mm)
120 → 110

 

●車両重量 (kg)
168 → 188

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)
41 → 38

 

●原動機型式
G312E → G359E

 

●気筒あたりバルブ数
2 → 4

 

●内径(シリンダーボア)(mm)
69 → 68

 

●行程(ピストンストローク)(mm)
66.8 → 68.6

 

●圧縮比(:1)
10 → 10.8

 

●最高出力(kW)
16 → 14

 

●最高出力(PS)
22 → 19

 

●最高出力回転数(rpm)
7500 → 6500

 

●最大トルク(N・m)
23 → 22

 

●最大トルク(kgf・m)
2.3 → 2.2

 

●最大トルク回転数(rpm)
6000 → 5000

 

●燃料供給方式
キャブレター → フューエルインジェクション

 

●点火プラグ標準搭載・型式
DR8EA → CPR7EA-9

 

●搭載バッテリー・型式
GT7B-4 → YTZ10S

 

●バッテリー容量
12V-8Ah → 12V-8.6Ah 10H

 

●エンジンオイル容量※全容量 (L)
1.4 → 1.7

 

●1次減速比
2.666 → 2.555

 

●2次減速比
2.533 → 2.866

 

キャスター角
28° → 27°

 

●トレール量 (mm)
130 → 106

 

●タイヤ(前)
110/90-12 → 110/90-13

 

●タイヤ(前)荷重指数
64 → 55

 

●タイヤ(前)速度記号
L → P

 

●タイヤ(後)
130/70-12 → 140/70-12

 

●タイヤ(後)荷重指数
62 → 65

 

●ホイールリム幅(後)
3.5 → 3.75

 

●ヘッドライト定格(Hi)
35W/35W → 55W

 

●メーカー希望小売価格
559,000円 → 702,450円

 

 

 

●発売日
2003年3月3日

 

●名称
MAJESTY 、MAJESTY C、MAJESTY ABS

 

●車体色
MAJESTY
・ダークパープリッシュブルーメタリックL
・シルキーホワイト
・シルバー3
MAJESTY C
・ライトレディッシュイエローソリッド1
・シルキーホワイト)
・ブラック2
MAJESTY ABS
・ダークグレーメタリックA

 

●販売計画
16,000台(シリーズ合計・国内)

 

●メーカー希望小売価格
MAJESTY 559,000円
MAJESTY C 579,000円
MAJESTY ABS 599,000円

 

●名称
マジェスティ YP250

 

●発売日
2007年5月31日

 

●車体色
・グリニッシュホワイトカクテル1(ホワイト)
・ダークパープリッシュブルーメタリックL(ブルー)
・ディープレッドメタリックK(レッド)
・ブラックメタリックX(ブラック)
・ダークブルーイッシュグレーメタリック8(ガンメタ)

 

●販売計画
10,000台(年間、国内)

 

●メーカー希望小売価格
マジェスティYP250 702,450円

 

 

新型マジェスティは、質感は良いけど、顔が宇宙人だね。

 

 

デザインは、旧型の方がバランスが良くて好き。

 

 

新型マジェのエンジンは、ロングストローク型。馬力は低くなったけど、フラットトルクで街乗りでの扱いやすい。

 

 

新型マジェスティでツーリングに行って来た。箱根や富士スカイラインの上りでは、モードIを、下りはI・Sを使って、帰りの高速で初めてモードIIを使った。モードIは、特に富士スカイラインの3〜5合目の上りは、これが無い旧型マジェスティでは、キツイと思った。モードIIは、高速でのの追い越しが凄く楽で驚いた。旧型マジェスティでは、ありえない加速をする。I・Sは、下り道で使ったけど、街中だとあまり使うことがなさそう。俺としては、モードIIが使いやすくて思いどおりに加速できるから好き。

 

 

新型マジェスティ買って都心の通勤で乗ってるけど、燃費のこれまでの平均は、25km/Lぐらい。

 

 

通勤用に使ってた旧型マジェから新型マジェに乗りかえた。旧型より馬力が下がってるけど、特に加速が悪くなったとかのマイナス面は感じない。エンジン音は、旧型より静かになったし、音も綺麗で心地良くなった。ヘッドライトも明るい。スマートキーシステムは、最初慣れるまで大変だったけど、慣れたらめっちゃ楽。I・Sは、初めて使った時、「ガクン!」って結構強い衝撃がきて驚いた。あと通勤メインの自分にとっては、新型のショートスクリーンより旧型のロングスクリーンの方が良かった。ショートスクリーンの時は、ZENITHのシステムでマウスガードを上げてサングラスで走ってたけど、新型では、それだと70km/hぐらいから涙が出てくる。だからフルフェイスにしたけど、風切り音が凄い。旧型のロングスクリーンの時は、こんなこと無かった。まあ、見た目的には、ショートスクリーンの方がカッコイイけど。

 

 

新型買ったけど、スマートキーは便利。ポケットにキーを入れてシート開のボタンを押してメットを取り出してバイク跨ってメインスイッチ押しせば走り出せる。ただ、スマートキーは、デカイね。100円ライターと比べると厚みが2倍、幅が1.5倍、長さが同じくらいのサイズ。

 

 

旧型を4年乗って新型マジェスティに乗り換えた。ポジションがロングローになって旧型より楽になった。ノーマルとアシストモード1・2の違いは、いまいちわからない。

 

 

旧型が45万円で売ってたからさすがに新型の70万円は、買うのに躊躇する。

 

マジェスティの買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら