バーグマン200とNMAX155の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

バーグマン200とNMAX155の違いを比較

 

スズキ バーグマン200の歴史

2014年2月28日より新登場。型式は、JBK-CH41A
車体色は、4色(ホワイト、シルバー、マットグレー、マットブラック)の設定。
2015年7月31日よりカラー追加。
新色の「マットムーンシルバーメタリック」を追加。フロントカバーを車体色と同色にし、シート表皮を全面革シボにした。
2016年4月27日よりカラーチェンジ。
フロントカバーが車体色と同色に。ホイール色とインナーカバー色を黒に変更。
車体色は、3色(ホワイト、マットグレー、マットブラック)の設定。
2017年4月17日にマイナーチェンジ。型式は、2BK-CH41A
平成28年国内排出ガス規制に対応。
車体色は、3色(ホワイト、マットグレー、マットシルバー)の設定。
2018年4月26日よりカラーチェンジ。
新色の「マットプラチナムシルバーメタリック」(銀)、「マットブラックメタリックNo.2」(黒)と継続色のホワイトの3色の設定。
2019年4月11日よりカラーチェンジ。
車体色は、新色の「マットフィブロイングレーメタリック」と継続色の「マットブラックメタリックNo.2」と「ブリリアントホワイト」の3色の設定。

 

 

ヤマハ NMAX155の歴史

2017年4月25日にNMAX155が新登場。型式は、2BK-SG50J
車体色は、ホワイト、マットレッド、マットグレーの3色の設定。
2018年3月20日にカラーチェンジして発売。
車体色は、新色2色のマットブラック2とビビッドパープリッシュブルーカクテル5と従来色のホワイトをあわせた全3色。元からABSが付いていたが名称を「NMAX155」から「NMAX155 ABS」に変更した。

 

 

ここでは、
2018年4月26日発売のバーグマン200(2BK-CH41A)と
2018年3月20日発売のヤマハ NMAX155(2BK-SG50J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

バーグマン200

NMAX 155 ABS

発売年日

2018年4月26日

2018年3月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2055

1955

全幅 (mm)

740

740

全高 (mm)

1355

1115

軸間距離 (mm)

1465

1350

最低地上高 (mm)

130

135

シート高 (mm)

735

765

車両重量 (kg)

163

128

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

199

155

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

69

58

行程(ピストンストローク)(mm)

53.4

58.7

圧縮比(:1)

11

10.5

最高出力(kW)

13

11

最高出力(PS)

18

15

最高出力回転数(rpm)

8000

8000

最大トルク(N・m)

16

14

最大トルク(kgf・m)

1.6

1.4

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料タンク容量 (L)

10

6.6

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

満タン時航続距離(概算・参考値)

410

329.3

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7EK

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTX9-BS

YTZ7V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.5

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

0.9

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

2.75

1

2次減速比

2.923

10.208

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

27°00

26°

トレール量 (mm)

93

92

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 60km/h走行時(km/L)

41

49.9

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

30.3

41.7

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/90-13

110/70-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

55

48

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-12

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

57

タイヤ(後)速度記号

L

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3

3.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

LED

テールライトタイプ

-

LED

メーター表示

エンジン回転計 有

時計 有

ツイントリップ 有

時計 有

ツイントリップ 有

 

車両装備

DCソケット 有

アンチロックブレーキ(ABS)有

可変バルブ機構 有

メーカー希望小売価格

523,800円(消費税抜き 485,000円)

378,000円 (消費税抜き 350,000円)

 

バーグマン200とNMAX155の違いを比較

 

バーグマン200とNMAX155の装備の違いを比較

バーグマン200とNMAX155の比較の口コミ

 

 

シート下トランクは容量がNMAX155は、24リットル。バーグマン200は、41リットルでヘルメットが2個入るし、シート開けると同時に点灯する照明付きだから夜開けるとき便利。

 

 

バーグマン200は、高いけど、スクリーン付いてるし、メットインが大きいからリアボックス買わなくていい。NMAX155でスクリーンやリアボックス付けるとかなり金がかかる。

 

 

通勤の時、渋滞があるならすり抜けできるNMAX155の方が良い。エンジンが最新のブルーコアだし、ライトもLEDで満足できると思う。でもツーリングの時は、あまり高速つかいたくないから下道走るスタイルになると思う。

 

 

バーグマン200は、安い店なら40万円切るからNMAX155と悩むな。

 

 

NMAX155とバーグマン200で迷ってる。バーグマン200は、タンク容量は10リットルとメットインが大きいのが魅力。燃費も30km/L前後で走るし、人気ないから値段が下がってる。

 

 

NMAX155だと124km/hまで出た。バーグマン200の時は132km/hまで出た。8km/hの差しかないけど、高速での再加速は、バーグマンの方がすごく楽だし、横風にも強い。

 

 

俺は、NMAX155で2時間乗り続けるのは、腰が痛いから無理。でも社外サスに交換したら腰の痛みがかなり改善されて2時間なら根性で行けそう。でも加速とメットイン容量とタンク容量とタイヤの選択肢とかでバーグマン200の方がいいから高速乗る事が多いならバーグマン200をオススメする。

 

 

バーグマン200は、ABS付いてないし、片目点灯でハロゲンだし、街乗りで使うには、サイズが微妙にデカい。俺は、NMAX155の方がいい。

 

 

NMAX155は、メットインスペースが原付並だね。実物見たらリアボックス必須だと思った。でもリアボックス付けると箱付けてないバーグマン200より長くなる。

 

 

バーグマン200が欲しいけど、定価でNMAX155より15万円も高いね。

 

 

バーグマン200のメーカー小売価格は、50万円ぐらいするけど、実売価格は45万円ぐらいだし、PCX150やNMAX155より少し高いぐらいだ。

 

 

バーグマン200とNMAX155は、バーグマンのスクリーンを除く全高と全幅が同じで全長が握りコブシ1個分(10cm)しか違わないから、大きさは似たようなもんだよ。

 

 

バーグマン200 全長2055mm×全幅740mm×全高1355mm
NMAX125/155 全長1955mm×全幅740mm×全高1115mm
バーグマン200は、ロングスクリーンが標準装備だから全高は、長い。

 

 

NMAXとバーグマン200を並べて見たら、明らかにバーグマン200の方が車格が上ででかい。特にシートがでかい。

 

 

下道ばかり走るならNMAXで充分。

 

 

●タンク容量
バーグマン200 10.0L
NMAX155 6.6L

 

●燃費WMTCモード値
バーグマン200 30.3km/L
NMAX155 41.7km/L

 

●航続距離
バーグマン200  10.0L × 30.3km/L = 303.00km
NMAX155 6.6L × 41.7km/L = 275.22km

 

 

NMAX155の発電容量は、バーグマン200の半分ぐらいしかない。

 

 

NMAX155は、シートが固いし、リアサスの突き上げが酷くて腰に来るからせいぜい1時間程度乗るのが限界。ロンツーが目的の人は、バーグマン200を買った方がいいと思う。

 

 

 

加速は、NMAX155よりバーグマン200の方が満足できるよ。

 

 

加速もタンク容量もバーグマン200の方が上。

 

 

俺は、バーグマン200を買った。250スクより小さく、原二スクよりは大きく、丁度良いサイズ。燃費がそこそこ良くてタンク容量も大きく巡航距離が長い。大型ロングスクリーンが標準装備されてるし、メットインの容量がでかいし、リアシートの形状がタンデムがしやすいからにタンデマーにも好評。バッテリーも一般的なYTX9-BSでNMAXみたいな特殊なバッテリーじゃないから安い。互換バッテリーだと4000円以下で買えるし、ユアサ純正でも11000円。NMAX155だと純正で18000円でいまのところ互換バッテリーが売ってない。あとNMAXは、ヘッドライトが暗くて夜は怖いって評判だし、乗り心地がガタガタ。

 

 

普段バーグマン200に乗ってて、NMAX155を試乗したけど、加速が遅い。45cc差あるだけあって全然違う。

 

 

最小回転半径は
NMAX155が2.0m。
バーグマン200が2.5m。
ちなみに250ビッグスクは、2.7m〜2.9mぐらい。

 

バーグマン200とNMAX155の中古車価格と買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら