CBR250RRとNINJA250SLの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CBR250RRとNINJA250SLの違いを比較

 

ホンダ CBR250RRの歴史

1990年3月19日CBR250RRが新登場。型式は、MC22
1989年発売のCBR250R(MC19型)からのフルモデルチェンジ車。車体色は、ホワイト/レッド、ブラック/シルバーの2色。
1990年6月にカラーチェンジ。
車体色は、ホワイト/ブルーの1色。
1991年1月にカラーチェンジ。
車体色は、ブラック/シルバーの1色。
1992年5月28日にカラーチェンジ。
車体色は、トリコロール、ブラックの2色。
1994年6月24日にマイナーチェンジ。
バルブタイミングや排気管の構造を変更し、中低速域での出力向上。最高出力が45ps/15,000rpmから40ps/14,500rpmに。最大トルクが2.5kg-m/12,000rpmから2.4kg-m/11,500rpmに変更。車体色は、トリコロールとメタリックレッドの2色。
2000年に生産終了。
2017年5月12日に「CBR250RR」と「CBR250RR ABS」が新登場。型式は、2BK-MC51
2016年12月にインドネシアをはじめタイなどの東南アジア諸国で販売開始。日本国内仕様(2BK-MC51)は、熊本製作所で製造。エンジンは、249tMC51E型水冷4ストローク4バルブDOHC2気筒で250tクラスで初のドライブ・バイ・ワイヤを採用。車体色は、3色(マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック、ヴィクトリーレッド)の設定。
CBR250RRの「MC22」と「MC51」の違いを比較は、こちら。
2018年4月20日にカラーチェンジして発売。
2018年4月からABS搭載モデルにだけ、新色のパールグレアホワイトを追加。従来色の3色とあわせて4色の設定。

2018年11月22日にカラーチェンジして発売。
車体色は、新色のグランプリレッドと従来色のマットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイトをあわせた3色の設定。パールグレアホワイトのアンダーカウルのカラーをグレーからブラックに変更。
2018年12月14日にカラーチェンジして発売。
レッドに躍動感のあるストライプを組み合わせることでレーシングイメージをより高めたグランプリレッド(ストライプ)を追加。従来色とあわせて4色の設定。
2020年9月18日にマイナーチェンジ。
新形状のピストン採用やマフラー内部構造の変更などで最高出力と最大トルクが向上。アシスト&スリッパークラッチを採用。純正オプションでクイックシフターを用意。ABSは、標準搭載となった。車体色は、4色(グランプリレッド(ストライプ)、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイト、グランプリレッド)。
CBR250RRの2020年9月18日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。

 

 

カワサキ Ninja250SLの歴史

2015年4月15日に新登場。型式は、JBK-BX250A
海外で2014年2月にNinja250SL(Ninja RR mono)を発表。当初は、マレーシア仕様、フィリピン仕様、中国仕様、タイ仕様と、インドネシア仕様となるNinja RR monoだけで日本向けの販売は無かったが2015年4月15日からNinja250SLとして日本仕様も正規輸入により発売。エンジンは、KLXシリーズに搭載されている単気筒エンジンを改良したもので高回転域寄りのセッティングで最高出力を向上。生産はタイ。車体色は2色(グリーンとレッド)。
2016年5月15日にマイナーチェンジ。
フレームの一部を変更。
車体色は1色(ブルーとエボニー)。
2016年5月15日に特別・限定仕様の「Ninja 250SL ABS KRT Edition」を発売。
2015年ワールドスーパーバイク選手権シリーズで戦うNinja ZX-10Rと同イメージのカラーリングを採用した「Ninja 250SL ABS KRT Edition」を発売。スタンダードモデルとの違いは、カラー&グラフィック、ABSの装備、装着タイヤの変更、ウィンドシールド(スモーク)の装着。
車体色は1色(ライムグリーン×エボニー)。

 

 

ここでは、
2017年5月12日発売のホンダ CBR250RR(型式 2BK-MC51)と
2016年5月15日発売のカワサキ Ninja250SL(型式 JBK-BX250A)
の違いを比較しました。

 

 

CBR250RRとNINJA250SLのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CBR250RR

Ninja 250SL

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ

型式

2BK-MC51

JBK-BX250A

発売日

2017年5月12日

2016年5月15日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2065

1935

全幅 (mm)

725

685

全高 (mm)

1095

1075

ホイールベース (mm)

1390

1330

最低地上高(mm)

145

165

シート高 (mm)

790

780

車両重量 (kg)

165

149

最小回転半径(m)

2.9

2.4

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40.1

43

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

26.7

31.3

原動機型式

MC51E

BX250AE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

1

シリンダ配列

並列(直列)

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

62

72

行程(ピストンストローク)(mm)

41.3

61.2

圧縮比(:1)

11.5

11.3

最高出力(kW)

28

21

最高出力(PS)

38

29

最高出力回転数(rpm)

12500

9700

最大トルク(N・m)

23

22

最大トルク(kgf・m)

2.3

2.2

最大トルク回転数(rpm)

11000

8200

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

-

燃料タンク容量 (L)

14

11

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

SILMAR8C9

MR8CI-8

点火プラグ必要本数・合計

2

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTX9-BS

バッテリー容量

12V-6.0Ah (10HR)

12V-8Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

1.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.9

1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.1

1.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.781

2.8

2次減速比

2.928

3

変速比

1速 3.272/2速 2.187/3速 1.726/4速 1.421/5速 1.222/6速 1.067

1速 3.000/2速 1.932/3速 1.444/4速 1.217/5速 1.044/6速 0.922

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

41

42

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

112

104

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

24°30

24°

トレール量 (mm)

92

90

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

110/70R17

100/80-17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

52

タイヤ(前)速度記号

H

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70R17

130/70-17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

62

タイヤ(後)速度記号

H

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

3.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライト定格(Hi)

-

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

H4

テールライトタイプ

LED

-

テールライト定格(制動/尾灯)

-

21/5W

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

走行モード切り替え 有

-

メーカー小売価格/カラーバリエーション

756,000円 マットガンパウダーブラックメタリック
ソードシルバーメタリック
777,600円 ヴィクトリーレッド

459,000円 エボニー
キャンディプラズマブルー

国内年間目標販売台数

3,500台

-

製造国

日本国内仕様は、熊本製作所

タイ

 

CBR250RRとNINJA250SLの違いを比較
CBR250RRとNINJA250SLの外観のサイドの比較のGIF動画

 

CBR250RRとNINJA250SLの違いを比較

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
CBR250RR 165kg | 28kW/12500rpm | 23N・m/11000rpm
NINJA250SL 149kg | 21kW/9700rpm | 22N・m/8200rpm

 

 

●シート高
CBR250RR 790mm
NINJA250SL 780mm

 

 

●タンク容量
CBR250RR 14L
NINJA250SL 11L

 

●燃費WMTCモード値
CBR250RR 26.7km/L
NINJA250SL 31.3km/L

 

●航続距離
CBR250RR 14L × 26.7km/L =373.8km
NINJA250SL 11L × 31.3km/L =344.3km

 

 

安さと軽さならNinja250SL。

 

 

セカンドなら125cc並みのNinja250SLがぴったり。でも小さい車体で1台だけ所有なら用途に困るから1台だけで行くならCBR250RR。

 

 

CBR250RRは、ハイスペックでカッコイイけど、NINJA250SLの特性を理解して求める層にとっては、そそられないコンセプト。

 

 

2020年7月11日に京都の同じバイク屋で
CBR250RR ABSの新車(2019年式)のグランプリレッドの
車体価格が72.6万円
乗り出し価格が78.3万円

 

Ninja250SLの2019年式の走行距離2590kmのグリーンの
車体価格が37.9万円
乗り出し価格が43.4万円

 

 

俺は、同じ予算で楽しむならNINJA250SLにして、マフラーを交換して、バックステップ入れて、サスいじって、ツナギ買って、サーキットに行く。

 

 

半額まではいかないけど、かなりの価格差だね。NINJA250SLなら差額をカスタムや用品に回せるけど、問題は、NINJA250SL用の社外品が少ないのと、今後も開発されない可能性が高いこと。

 

 

CBR250RRとNinja250SLの一番の違いは、安定感と安心感。ここが全く違う。Ninja250SLも気持ちいいハンドリングマシンだけど、CBR250RRと乗り比べたら、クラスが違うんじゃないか?とさえ思えるよ。

 

 

街乗りならNinja250SLで十分でしょ。

 

CBR250RRとNINJA250SLの買取価格の相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら