バイクの選び方

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

バイクの選び方(バイクの種類から選ぶ)

 

 

バイクには、様々な種類があり、
初心者の方がバイクを選ぶ時、どれを選んでいいか迷ってしまいます。
そこである程度絞っていくためにおおまかなバイクの分類と
その用途や目的を説明していきます。

 

 

 

まず最初に分けられるのが

 

  1. ロードタイプ
  2. オフロードタイプ

 

この2つです。

 

 

オンロードタイプ

オンロードタイプは、名前の通り舗装された道を走行することをメインに作られたバイクです。特徴としては、サスペンションストローク(サスペンションが最も縮んだところから、最も伸び切ったところまでの車輪が動く距離)が短く、重心が低くなっています。タイヤもグリップを稼ぐために接地面積を大きくとり、雨天走行時の排水性も考慮したものを装着しています。

 

 

 

オフロードタイプ

オフロードタイプは、名前の通り整備されていない山道などを走行する前提で作られたバイクです。特徴としては、サスペンションストロークが長く、重心が高くなっています。シート高が高い位置にあるので足つきは、良くないです。またバイクの車両重量も軽く、スリムな作りになっています。車両重量が軽いため取り回しは容易にできます。

 

 

とりあえずバイクは、大きく分けると
オンロードタイプとオフロードタイプの2つに分類されることを知っておきましょう。

 

 

オンロードタイプの中に含まれるバイク

 

 

次にオンロードタイプには、どんな種類のバイクがあるか見ていきます。整備された道路を走るのがオンロードタイプと説明しましたがスポーツ性やスタイルや長距離走行の快適さなどでオンロードタイプの中でも様々な種類のバイクがあります。

 

 

@ネイキッド
ネイキッドの特徴は、フルカウルを持たず(英語でネイキッドは、裸のという意味)、アップハンドルで少し後退したステップが取り付けられています。乗車時の姿勢が比較的楽なので、ツーリングや街乗りにも適していますし、それなりに速さも持ち合わせているため走りも楽しめます。

 

ネイキッドの人気ランキング

 

 

Aレーサーレプリカ
サーキット走るバイクでつちかわれた性能や技術、スタイリングを市販モデルにフィードバックして作られた高性能なバイクで空気抵抗を少なくするためにさまざまな工夫がされています。例えば、フルカウルを低い位置につけたり、ハンドルは、通常の一本の棒の両端にグリップが付いているバーハンドルではなく、左右で分割されたセパレートハンドルになっています。これによりハンドルポジションが下げられるのでライディングポジションが前傾姿勢になり、空気抵抗を減らせたり、重心が前に移りスポーティなライディングが可能となります。タイヤもサーキットでタイムが出しやすく、路面に食いつくグリップ力が魅力なハイグリップタイヤを装備しています。エンジンも高回転・高出力です。見た目もカラーリングにチームのイメージカラーが使われることが多く雰囲気からしてレーシー。 加速や曲がり安さも抜群ですが乗りこなすには技術と経験が必要。サーキットや峠を走る目的で購入する人には、おすすめ。前傾姿勢で乗るので長時間のツーリングには、向いていない。

 

レーサーレプリカの人気ランキング

 

 

Bツアラー
主に長距離走行でライダーの疲労を少なくすることを考慮し、様々な工夫がされたバイクです。例えばゆったりとした姿勢で快適に高速走行できるように作られていたり、大型カウルを装備していてライダーに走行風が当たらないようにしたり、、スムーズなエンジン特性も持っています。給油回数を少なくするためにタンク容量もそこそこありますし、荷物を固定しやすい作りになっています。車両重量が重いため高速走行で安定しますが取り回しが大変です。400cc以下のタイプが少ない。

 

ツアラーの人気ランキング

 

 

Cアメリカン
ハーレーダビッドソンのダイナ系やソフテイル系などを頂点とする、細身のガソリンタンクに長いホイールベース、プルバックスタイルのアップハンドルと前進して取り付けられたステップなどが特徴を持っています。中低速型のエンジン特性を持ち、そのほとんどが細身の車体にエンジンを搭戦する関係で、V型2気筒エンジンです。V型は、鼓動感のあるエンジンです。乗車姿勢は、手足を前に投げ出し、ゆったりとした姿勢で乗れます。シート高も低く女性でもべったり足が着くほどです。ディメリットとしては、風の抵抗をモロに受けてしまいます。スピードを出さずにゆっくり風を受けながらのツーリングに向いています。

 

アメリカンの人気ランキング

 

 

Dクラシック
1960年代や70年代風に外観をデザインしたバイク。性能よりも、車体の材質やデザインやエンジンの鼓動などの感性の部分を重視しています。BSAやノートンといったかつての古き良き英国車風のデザインが多いですが、古い国産車のデザインを再現したものも増えてきました。エンジンは単気筒もしくは2気筒が多い。シンプルなスチール製のフレーム、丸型のヘッドライト、ツインリアショック、スポークホイールが外観上の特徴。日本では、ヤマハのSR400やカワサキのW800/650、エストレヤが有名。。

 

クラシックの画像

 

 

Eドラッグ
400mの直線を何秒で走りきれるかを競うドラッグレース用バイクのスタイルを取り入れ、低い車高に長いホイールベースを持つ車体に高出力のエンジンを組み合わせたバイクです。

 

ドラッグの画像

 

 

Fカフェレーサー
イギリスのロッカーズ達が行きつけのカフェで、自分のオートバイを自慢し、「速く、カッコ良く」との趣旨で改造したことに端を発するオートバイの改造思想の一つ。ネイキッドやクラシック系のバイクに低いポジションのハンドルや後退したステップを取り付けレーサー風スタイルにしたバイクです。

 

カフェレーサーの画像

 

 

Gビジネスタイプ
燃費や維持費などの経済性や耐久性、荷物の積載が簡単にできるなど実用性が考慮されたバイク。排気量50cc以下の原付バイクが主流です。

 

ビジネスタイプの画像

 

 

Hスクーター
乗り降りが容易なように燃料タンクやエンジンがシート前になく、遠心クラッチと無段変速を組み合わせたオートマチックトランスミッションを採用しています。原付バイクが主流ですが、ツアラーの快適性を追求した250ccや400ccなど中型車もあります。排気量が250cc以上のスクーターは、ビックスクーターと呼ばれます。ホールド性のあるシート形状やスクリーンによる防風、収納スペースが広いなど実用性に優れています。通勤、街乗り、長距離ツーリング、二人乗りと幅広い用途で楽しめます。ただし、走りを楽しみたい人にとっては、加速やコーナリングが他のバイクに劣るので向いていません。

 

スクーターの人気ランキング

 

 

オフロードタイプの中に含まれるバイク

 

 

オフロードタイプは、名前の通り整備されていない山道などを走行する前提で作られたバイクで、ロードタイプに比べ、サスペンションストロークが長く、シート高が高く作られており重心が高くなっているので悪路での走破性が高いです。バイクの重量も軽くスリムな作りなので取り回しが楽です。以前はトレール系とトライアル系の2種類に分類されるだけでしたが、最近はそのスタイルや使用目的によって細かく分けられるようになりました。

 

オフロードの人気ランキング

 

 

@エンデューロレーサー
モトクロッサー並のスタイルやサスペンション性能を持ち、オフロードのレーサーレプリカと呼べるようなタイプです。エンデューロレーサーとは、エンデューロレースへの参戦に対応したオフロードモデルのことでモトクロスは、数十分の競技ですがエンデューロレースは、数時間走るので大きな燃料タンクやワイドなギヤ比、長時間走行時に疲れづらいよう柔らかめの前後サスなどを備えています。タイヤもモトクロッサーが前後21/19インチホイールのものが多いですがエンデューロレーサーは、リヤタイヤが18インチ径が多くなっています。またエンデューロレーサーは、ヘッドライトやテールランプなどの灯火器類を持ちます。

 

 

エンデューロレーサーの画像

 

 

Aトレッキングバイク
最低地上高とシート高を下げて、足つき性を良くし、ゆっくりと林道ツーリングを楽しむことを主な用途として考えたタイプです。

 

 

トレッキングバイクの画像

 

 

Bトライアルタイプ
トライアルは、岩場や垂直に近い斜而に設けられたコースを、バイクで通る競技で地面に足を着くと減点となります。その競技に合わせたバイクがトライアルタイプです。トライアルは競技の性格上、バイクのバランスを取ることが非常に重要になるため、ライダーがバイクのバランスを取りやすいスタイルをしています。構造上、公道走行に適していないバイクなので現在は公道走行用トライアル車というモノは極端に少ないです。

 

 

トライアルタイプの画像

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら