ニンジャZX-10Rとニンジャ1000の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ニンジャZX-10Rとニンジャ1000の違いを比較

 

カワサキ Ninja ZX-10Rの歴史

2004年に「Ninja ZX-10R」の海外仕様が新発売。
ZX-9Rの後継機として2004年に新登場。ZX1000C型。車体色は、3色(ライムグリーン/メタリックフラットストイックブラック、キャンディサンダーブルー/メタリックフラットストイックブラック、メタリックスパークシルバー/メタリックフラットストイックブラック)。
2005年に「Ninja ZX-10R」の海外仕様をカラーチェンジ。
C型は、ここまで。車体色は、3色(ライムグリーン/メタリックフラットストイックブラック、メタリックスパークブラック/メタリックフラットストイックブラック、メタリックスパークシルバー/メタリックフラットストイックブラック)。
2006年に「Ninja ZX-10R」の海外仕様をフルモデルチェンジ。
ここからD型。倍速ジェネレーターを廃止し、クランクマス40%増加するなどのエンジンの見直し。フレーム剛性のバランスを見直し。キャスター角を見直し。スイングアームを短縮。結果1395mmのショートホイールベースとなった。新形状のブレーキマスターシリンダーやプロジェクターヘッドライトや左右センターアップマフラーを採用した。車体色は、4色(ライムグリーン/エボニー、メタリックロウチタニウム/エボニー(欧州仕様)、パールソーラーイエロー/エボニー(北米/豪州仕様)、エボニー)。
2007年に「Ninja ZX-10R」の海外仕様をカラーチェンジ。
D型は、ここまで。車体色は、4色(ライムグリーン、ブルー、レッド、ブラック×レッド)。
2008年に「Ninja ZX-10R」の海外仕様をフルモデルチェンジ。
ここからE型。外観が大きく変更され、エンジンは188馬力(ラムエアインテークによる加圧で200馬力)となった。ホイールベースが1395mmから1415mmへ変更。センターアップマフラーを廃止。フロントミラーステー部分にウインカーを装備。左右のステアリングスイッチ部分にストップウォッチ機能を装備。ハザードランプスイッチは装備されない。車体色は、4色(ライムグリーン/フラットスーパーブラック、キャンディプラズマブルー/フラットスーパーブラック(USA)、パールワイルドファイヤオレンジ/フラットスーパーブラック(EUR/CAN/AUS/ MYS)、メタリックディアブロブラック)。
2009年に「Ninja ZX-10R」の海外仕様をカラーチェンジ。
E型は、ここまで。車体色は、3色(ライムグリーン/フラットスーパーブラック、メタリックディアブロブラック、ホワイト・アルミニウム・マット・メタリック/ブラック・グレイ/オリーブ)。
2010年に「Ninja ZX-10R」の海外仕様をマイナーチェンジ。
ここからF型。フロントカウルが2ピース構造から1ピースに変更。変速機のタッチが向上した。車体色は、3色(ライムグリーン/パールスターダストホワイト、メタリックスパークブラック/フラットスーパーブラック、メタリックスパークブラック)。
2011年に「Ninja ZX-10R」をフルモデルチェンジ。また「Ninja ZX-10R ABS」も発売。
ここからJ型。ABS搭載モデルは、K型。このフルモデルチェンジでエンジン・車体共に刷新し大きく変わった。軸配置を見直し、マスを集中化したリッターSS初の200ps超の新エンジンを搭載。ツインチューブフレームに変更。「ホリゾンタルバックリンクリアサスペンション」、「加速力を最大限に引き出す予測型トラクションコントロールシステム・S-KTRC」、「LEDを使った弧形のバータイプのタコメーター」、「カセットトランスミッション」、「フロントミラー埋め込み式のウインカー」などを採用。プロジェクターヘッドライトは、廃止。ABS仕様は、エンジン状態も連動する緻密液圧制御式のABSを備えた。車体色は、「Ninja ZX-10R」が2色(ライムグリーン/エボニー、 エボニー)。「Ninja ZX-10R ABS」が2色(ライムグリーン/エボニー、エボニー/フラットエボニー)。

2012年に「Ninja ZX-10R」と「Ninja ZX-10R ABS」をカラーチェンジ。
カウルのサイドのロゴが「Ninja」から「ZX-10R」へ変更。車体色は、「Ninja ZX-10R」が1色(ライムグリーン/メタリックスパークブラック)。「Ninja ZX-10R ABS」が2色(ライムグリーン/メタリックスパークブラック、メタリックフラットプラチナグレー/メタリックスパークブラック)。
2013年に「Ninja ZX-10R」と「Ninja ZX-10R ABS」をマイナーチェンジ。
ステアリングダンパーを電子制御式に変更。車体色は、「Ninja ZX-10R」が1色(ライムグリーン/メタリックスパークブラック)。「Ninja ZX-10R ABS」が2色(ライムグリーン/メタリックスパークブラック、パールフラットスターダストホワイト/メタリックスパークブラック)。
2014年に「Ninja ZX-10R」と「Ninja ZX-10R ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「Ninja ZX-10R」が2色(ライムグリーン×フラットエボニー、パールフラットクリスタルホワイト×フラットエボニー)。「Ninja ZX-10R ABS」が2色(ライムグリーン×フラットエボニー、パールフラットクリスタルホワイト×フラットエボニー)。
2015年に「Ninja ZX-10R」と「Ninja ZX-10R ABS」をカラーチェンジ。また「Ninja ZX-10R Special Edition」と「Ninja ZX-10R ABS Special Edition」を発売。
車体色は、「Ninja ZX-10R」と「Ninja ZX-10R ABS」が1色(メタリックカーボングレー×フラットエボニー)。「Ninja ZX-10R Special Edition」と「Ninja ZX-10R ABS Special Edition」が1色(ライムグリーン×パールスターダストホワイト)の設定。
2015年10月に「Ninja ZX-10R ABS」をフルモデルチェンジ。また「Ninja ZX-10R ABS KRT Edition」と「Ninja ZX-10R ABS KRT Winter Test」を発売。
この2016年モデルから、ABS無しがR型。ABS有りが「S型」となった。エンジンは欧州のEURO4排出ガス規制に対応。フロントサスにショーワ製のバランスフリーフロントフォークを装備。クランクシャフトを軽量化、慣性モーメントを20%軽減。ボッシュ製の慣性計測装置(IMU)を搭載。サイレンサーの素材がチタンとなった。「Ninja ZX-10R ABS KRT Edition」は、スーパーバイク世界選手権に参戦するカワサキレーシングチームの2016年ファクトリーレーサーをイメージさせたカラーモデル。「Ninja ZX-10R ABS KRT Winter Test」は、冬季テスト走行時のカラーリングを再現。ウインドスクリーンに雪の結晶と「冬」の漢字があしらわれた。車体色は、「Ninja ZX-10R ABS」が1色(メタリックマットカーボングレイ)。「Ninja ZX-10R ABS KRT Edition」が1色(ライムグリーン)。「Ninja ZX-10R ABS KRT Winter Test」が1色(フラットエボニータイプ2)。
2017年に「Ninja ZX-10R ABS」をカラーチェンジ。また「Ninja ZX-10R ABS KRT Edition」発売。
車体色は、「Ninja ZX-10R ABS」が1色(パールブリザードホワイト×メタリックフラットロウチタニウム)。「Ninja ZX-10R ABS KRT Edition」が1色(ライムグリーン×エボニー)。
2018年10月に「Ninja ZX-10R」をマイナーチェンジ。また「Ninja ZX-10R KRT Edition」を発売。


2018年モデルからABSが標準となり車名から「ABS」の文字が消えた。エンジンのバルブ駆動にフィンガーフォロワーロッカーアームを採用。クラッチ操作無しでシフトアップとシフトダウンができるクイックシフター(KQS)を採用。車体色は、「Ninja ZX-10R」が1色(メタリックマットフュージョンシルバー×メタリックフラットスパークブラック)。「Ninja ZX-10R KRT Edition」が1色(ライムグリーン×エボニー)。
2019年3月1日に「Ninja ZX-10R KRT EDITION」と「Ninja ZX-10R SE」と「Ninja ZX-10RR」の国内仕様が新発売。型式は、2BL-ZXT02E
「Ninja ZX-10R SE」の「Ninja ZX-10R KRT EDITION」からの主な変更点は、路面状況や走行状況に応じて瞬時に減衰力を最適化するKECSと、軽快感が大きく向上し、俊敏なハンドリングを実現するマルケジーニ製の専用アルミ鍛造ホイールと、傷を自己修復する特殊コーティング塗装「ハイリーデュラブルペイント」が採用されたカラー&グラフィックなどを採用。「Ninja ZX-10RR」は、チタニウム製コネクティングロッド、サスペンションセッティングのファインチューン、マルケジーニ社製鍛造ホイールの採用など、エンジンとシャーシに改良を加え、ベースモデルのサーキットポテンシャルをより向上させた特別なシングルシートモデル。世界限定500台のみが生産。車体色は、「Ninja ZX-10R KRT EDITION」が1色(ライムグリーン×エボニー)。「Ninja ZX-10R SE」が1色(メタリックカーボングレー×メタリックフラットプラチナグレー)。「Ninja ZX-10RR」が1色(ライムグリーン)。

2019年11月15日に「Ninja ZX-10R KRT EDITION」をカラーチェンジ。
カラー&グラフィックの変更のみ。車体色は、1色(ライムグリーン×エボニー)。

 

 

カワサキ NINJA1000の歴史

2011年1月に新登場。Z1000(3代目)をベースに、ツアラーモデルとして誕生。海外市場専用モデルだったが日本国内でも「逆輸入」で販売。ABS搭載モデルも発売。
2012年1月にカラーチェンジ。
2013年1月にカラーチェンジ。
2014年1月フルモデルチェンジした2代目モデルを発売。
パワーモード選択が可能になり、トラクションコントロールも搭載。専用アクセサリーとしてパニアケース(GIVI製)が設定され、左右それぞれにフルフェイスヘルメットが収納できる。
2015年1月にカラーチェンジ。
2016年1月マイナーチェンジ
アシスト&スリッパークラッチを新搭載し、急激なシフトダウンやシフトミスによる過度のエンジンブレーキを抑え、リアタイヤを安定させた。ABS搭載モデルだけになる。
2017年3月15日に国内仕様の「Ninja1000 ABS」を発売。
型式は、2BL-ZXT00W。ETC車載器を標準装備、パニアケースなどの純正オプションを豊富に用意するなどした。海外仕様の2016年モデルからマイナーチェンジし、カウル形状の変更、LEDヘッドライトに変更。欧州向けモデルの基本構成も日本向けの2017年モデルと同様。車体色は、2色(キャンディライムグリーン×メタリックカーボングレー、メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー)。
2017年9月1日にカラーチェンジ。
ABSが標準装備となり、2018年モデルから車名表記からABSの表記を外した。車体色は、2色(メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー、メタリックマットフュージョンシルバー×メタリックフラットスパークブラック)。
2018年8月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックマットグラファイトグレー、メタリックスパークブラック×メタリックマットカーボングレー)。

 

 

ここでは、
2013年発売のカワサキ ニンジャZX-10Rと
2013年1月発売のカワサキ ニンジャ1000
の違いを比較しました。

 

 

ニンジャZX-10Rとニンジャ1000のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

カワサキ ニンジャZX-10R

カワサキ ニンジャ1000

発売

2013年

2013年

全長

2075mm

2105mm

全幅

715mm

790mm

全高

1115mm

1170mm

ホイールベース

1425mm

1445mm

シート高

813mm

820mm

最低地上高

135mm

135mm

総重量

198kg

228kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°

24.5°

トレール(mm)

107

102

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

190/55ZR17 M/C 75W

190/50ZR17 M/C 73W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

総排気量

998cc

1043cc

圧縮比

13.0

11.8

ボア

76mm

77mm

最高出力(kW/rpm)

111(151PS)/10000

101.5(138PS)/9600

最大トルク(N・m/rpm)

106(10.8kgf・m)/10000

110(11.2kgf・m)/7800

始動方式

セル

セル

点火方式

デジタル

デジタル

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

ウエットサンプ

燃料タンク容量

17.0L

19.0L

燃料消費率(km/L)

 

 

カラー/メーカー小売価格

¥1,626,000 ライムグリーン/メタリックスパークブラック

¥1,239,000 キャンディライムグリーン/メタリックスパークブラック ¥1,239,000 パールスターダストホワイト/メタリックスパークブラック

 

 

 

ニンジャZX-10Rとニンジャ1000の動画

 

ニンジャZX-10R

 

カワサキZX-10R バイク試乗レビュー

 

2016 ZX10R 前モデルとの比較インプレ@富士スピードウエイ

 

Kawasaki ZX10R - Top Speed Running 299km/h

 

 

ニンジャ1000

 

やさしいバイク解説:カワサキ Ninja 1000

 

KAWASAKI NINJA 1000 インプレ&雑談モトブログ

 

 

ニンジャZX-10Rとニンジャ1000の比較の口コミ

 

 

カワサキのSSは、ZX-10R。
NINJA1000は、ツアラー。

 

 

簡単に言えば、NINJA1000はツーリングとスポーツ走行を一台で何とかしようとしたバイク。ハンドルが少し高くて姿勢が楽。
ZX-10Rは、スポーツ走行に特化したバイク。ハンドルが低くて前傾姿勢になる。

 

 

ニンジャ1000の良い所は、突出したところはないけど幅広くハイレベルにこなしてくれるとこだと思う。ロンツーもこなすし、コンビニまでの買い物にも使える。ZX-10Rには敵わないけど峠で遊びたい時も応えてくれる。中途半端を極めたバイク。いろんな場面でちょうどいい感じ。

 

 

ニンジャ1000でがんばらなくて出せるは220km/h位までかな?これ以上を望むなら10Rか14R。

 

 

12年式のニンジャ1000だと240km/h届かない、ていうか200km/h超えてから全然伸びない。14年式以降はもうちょっと伸びる。

 

 

ツーリングメインならNINJA1000の方がオススメできる。俺には、ZX-10Rのライポジでツーリングは無理と思ったけど。でもZX-10Rでツーリングしてる人もいるから好きな方を買えばいい。

 

 

ニンジャ1000は、吐出したとこはないけど何にでもそこそこ使える。長距離もかなり快適だし、スポーツもそれなりにこなせて日頃の下駄としてもいける。自分は、スポーツを重視したくなったからZX-10Rに乗り換えるけどいつかニンジャ1000に戻るかもしれない。

 

 

ZX-10Rはいいね。SSのコーナリングは格別。

 

 

ZX-10Rはライポジがキツイし、タンデム出来ないからニンジャ1000にした。

 

 

俺もニンジャ1000にしたけどタンデム需要がなかったらZX-10Rを買ってたかもしれない。

 

 

ニンジャ1000は、ウィンドスクリーンが動くのがいいね。

 

 

●車両重量と馬力
NinjaZX-10R 198kg 151ps
Ninja1000 228kg 138ps

 

 

ZX-10Rはライポジがな。。。
ハンドル高いスポーツバイクが欲しいなら最初から ニンジャ1000かZにした方がいい。

 

 

ZX-10Rで高速を長距離走るとかしんどすぎるでしょ。ニンジャ1000は、高速も峠も一般道も平均点以上のところがいいね。

 

 

ニンジャ1000からZX-10Rに乗り換えたが最初は、かなり腰に来た。セパハンに慣れてなかったら腕から肩にかけて力が入って疲労度がすごい。ニーグリップで上半身に力を入れないようにしたら少しマシになった。

 

 

俺はZX-10Rのポジションで長時間高速道路は、無理。それに積載能力がほぼゼロというのもロンツーにはキツイ。

 

 

俺は、サーキットで走るからZX-10Rにした。ニンジャ1000は、コース走行にはあまり向いてない。

 

 

ZX-10Rは、速さを追求してる設計とライポジだから速さを求めないならZX-14Rかニンジャ1000にでも乗ってればいい。

 

 

ニンジャ1000は、エンジンスペックを気にする人には向いてない。そういうのが気になる人は、10Rや14Rにした方がいい。

 

 

俺は、予算でニンジャ1000にした。金があれば10Rや14Rを買うわ。

 

 

ニンジャ1000は、乗りやすいけどそんなに速くないよ。走行性能はZX-10Rとダエグのどっちに近いかといえばダグエでしょ。

 

 

ZX-10Rは、前傾姿勢だから自然と上目遣いになって視界が狭くなる。SSからニンジャ1000に乗り換えたら
見晴らし一気に変わった。

 

 

サーキット行ったりSSが好き、SBKが好きならZX-10Rでいいと思う。

 

 

1回でもセパレートハンドルのバイクに乗ったことあってZX-10Rを選ぶなら理解できるけど、自分はセパレートハンドルは懲り懲り。

 

 

大型でキャンプツーリングするならNinja1000の方が断然いいよ。全然積載性が違うから。サーキットや峠を走ることの方が多いならZX-10Rだけどキャンプツーリングだと荷物の積載で苦労しそう。

 

 

オールマイティなNinja1000にするか、
一度は所持してみたいZX-10Rにするかで迷う。

 

 

一度、ZX-10R乗ってみて、SSがどんな感じか知っておくのはありと思う。俺も一度はSSを経験しとこうと思ってZX-10Rを買ったけど、結局3000kmぐらいで手放したからとりあえずレンタルでいいと思う。それでSSの辛さに耐えられると思えばZX-10Rにすればいい。

 

 

Ninja1000を買ったばかりの頃は、ツーリングと峠がメインだったけど、今は、サーキットがメインになってる。ZX-10Rが欲しいけど、サーキットを走り終わって家に帰る度に「レースに出るわけじゃないからNinja1000でもいいか」って思う。Ninja1000は、キャンプツーリングとかで荷物が積みやす過ぎる。

 

ニンジャZX-10Rとニンジャ1000の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら