MT-09の「EBL-RN34J」と「2BL-RN52J」の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

MT-09の「EBL-RN34J」と「2BL-RN52J」の違いを比較

 

 

ヤマハ MT-09の歴史

2014年4月10日に「MT-09」が新登場。型式は、EBL-RN34J
ABS標準装備の「MT-09A」も発売。
2015年3月10日に「MT-09 ABS」に新色を設定し発売。
新色は、「マットシルバー1」。「MT-09 ABS」はホイールとフォークアウターチューブをレースブルーとした。
2016年2月10日に「MT-09」の新色を発売。
車体色に新色のディープレッドメタリックKを設定。 
2016年3月1日にABSを装備する「MT-09 A」にTCS(トラクションコントロールシステム)を新たに採用するともに、「MT-09A」の新色を発売。
車体色に新色のマットシルバー1とディープレッドメタリックKを設定。 
2017年2月15日に「MT-09 ABS」をマイナーチェンジし発売。型式は、2BL-RN52J
レバー操作荷重を低減するアシスト&スリッパークラッチを採用。滑らかにシフトアップできるクイック・シフト・システムを採用。圧側減衰の調整機能を追加したフロントサスペンションを採用。フローティング風懸架のLED4灯ヘッドランプで軽快さを印象づけるフロントビューに。塊感&力感のあるサイドビュー。ショートテールを実現するライセンスプレート懸架を兼ねたアルミ鍛造製ステーの片持ちリアフェンダーなどを採用。
2018年3月20日に「MT-09 ABS」の上級仕様として「MT-09 SP ABS」を設定し発売。また、「MT-09 ABS」のカラーリングを変更し発売。
「MT-09 SP ABS」の主な特徴は、スペシャル仕様のKYB製フロントサスペンションの装備。OHLINS製フルアジャスタブルリアサスペンションの装備。質感を感じるダブルステッチ入りシートの採用。引き締まった印象を与えるブラックバックのデジタルメーターの採用。上級仕様としての存在感を強調したカラーリングの採用。
2019年4月1日に「MT-09 ABS」と「MT-09 SP ABS」をカラーチェンジし発売。
車体色は、「MT-09 ABS」が新色のマットライトグレーメタリック4と従来色のディープパープリッシュブルーメタリックCとマットダークグレーメタリック6をあわせた3色の設定。「MT-09 SP ABS」がブラックメタリックXの1色の設定。

 

 

ここでは、
2016年3月1日発売のヤマハ MT-09 ABS(EBL-RN34J)と
2017年2月15日発売のヤマハ MT-09 ABS(2BL-RN52J)
の違いを比較しました。

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

MT-09 ABS

MT-09 ABS

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

発売年月

2016年2月

2017年2月

型式

EBL-RN34J

2BL-RN52J

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2075

2075

全幅 (mm)

815

815

全高 (mm)

1135

1120

軸間距離 (mm)

1440

1440

最低地上高 (mm)

135

135

シート高 (mm)

815

820

車両重量 (kg)

191

193

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

3

3

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

846

845

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

78

78

行程(ピストンストローク)(mm)

59

59

圧縮比(:1)

11.5

11.5

最高出力(kW)

81

85

最高出力(PS)

110

116

最高出力回転数(rpm)

9000

10000

最大トルク(N・m)

88

87

最大トルク(kgf・m)

8.9

8.9

最大トルク回転数(rpm)

8500

8500

燃料タンク容量 (L)

14

14

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR9EA-9

CPR9EA-9

点火プラグ必要本数・合計

3

3

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.4

3.4

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.68

1.68

2次減速比

2.812

2.812

変速比

1速 2.6660/2速 2.0000/3速 1.6190/4速 1.3800/5速 1.1900/6速 1.0370

1速 2.6660/2速 2.0000/3速 1.6190/4速 1.3800/5速 1.1900/6速 1.0370

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

16

スプロケット歯数・後

45

45

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

110

110

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

25°00

トレール量 (mm)

103

103

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

19.4

19.7

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
盗難防止装置 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
シフトアシスト機構(クイックシフター) 有
盗難防止装置 有

メーカー小売価格

915,840円

1,004,400円

 

MT-09の「EBL-RN34J」と「2BL-RN52J」の違いを比較

 

MT-09の「EBL-RN34J」から「2BL-RN52J」への主な変更点

 

@ヘッドランプとの一体感ある配置のメーターパネル(傾斜角調整、パネル本体変更なし)
Aフローティング風懸架LED4灯ヘッドランプ ・ LED6灯ポジションランプ
B圧側減衰力調整追加
C大型エアスクープ ・ 左スクープエア内にDC コネクタ2個(2A/5A)追加/右側は従来通り1個(2A)
Dラジエターのサイドフィン
EA&Sクラッチ ・ QSS
MT-09の「EBL-RN34J」から「2BL-RN52J」への主な変更点
F蒸発ガソリンの大気放出を抑止するキャニスター採用
Gフィット性に優れた新シート(クッション形状最適化)
Hボディ側にインテグレートしたテールランプ(リアフレーム後端は30oショート化)
Iグリルを追加した新テールカウル
Jアルミ鍛造ステーのリアフェンダー(ライセンスプレート懸架)
K新デザインのフラットなサイレンサーカバー ・ 新デザインのサイレンサーエンドカバー ・ 前フラッシャー取り付け位置変更

 

MT-09の「EBL-RN34J」と「2BL-RN52J」の違いの口コミ

 

 

新型より旧型の方が顔が好きだけど、新型はスクリーンが似合いそう。

 

 

新型は、
スリッパークラッチ有り
クイックシフター有り
ヘッドライトがLEDライト有り

 

 

新型は、後方のドライブレコーダーを付ける場所がないね。

 

 

旧型と新型でメーカー小売価格が88560円の差だね。

 

 

最高出力は、110psから116psが上がってるね。

 

 

シート高
旧型  815mm
新型  820mm

 

 

YSPで質問したら新型のサスはオプションのカヤバのが入るわけではなくXSRに近いセッティングの締め上げたやつが入るみたい。旧型は、フワフワするのが評判悪かったから改良したのかも。それに合わせてFIのマッピングも変更されたみたい。aモードは、ほぼ変わらないみたいだけど、bモードとスタンダードが少しマイルドに振ったと言ってた。全体的に XSRみたいな味付けになったということなんだろうね。

 

 

新型は、リアフェンダーが気に入らない。シートの後ろについてるのと違って、死角になりそうだから後ろの壁や車両に当てちゃいそう。

 

 

MT-09 新型と旧型を試乗比較

 

 

一般人で新旧乗り比べてる動画

 

 

新型試乗したけど、シートが良かった。ふかふかで前下がりもかなりマシだった。まあ、旧型にもポン付けできるし、コンフォートシートを買うよりは、新型のシートの方がいいかも。

 

 

新型のメーターは位置だけではなく、表示も少し変更されてて、ウインカーランプが左右別に表示されるように変わってた。

 

MT-09の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら