「KATANA」の「型式 2BL-GT79B」と「型式 8BL-EK1AA」の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

「KATANA」の「型式 2BL-GT79B」と「型式 8BL-EK1AA」の違いを比較

 

スズキ KATANAの歴史

2019年5月30日がKATANAが新登場。型式は、2BL-GT79B
新型「KATANA」は、角形のLEDヘッドランプ、刀の切先をイメージした造形の車体先端下部に装着されたLEDポジションランプによって「GSX1100S KATANA」に着想を得た特徴的な顔つき。スズキ初となるターンシグナル付スイングアームマウントリアフェンダーを採用し、車体後部のシート下をすっきりとさせた外観に。軽量アルミフレームの車体に「GSX‐R1000」の998cm3直列4気筒エンジンをベースに改良して搭載、エンジン出力を効率良く路面に伝えることができるトラクションコントロールを装備。ワンプッシュでエンジン始動が可能なスズキイージースタートシステムや、スムーズな発進を補助するローRPMアシスト機能を採用。車体色は、2色(ミスティックシルバーメタリック、グラススパークルブラック)。
2021年1月11日にKATANAの特別色を発売。
スズキのECサイト「S-MALL」で限定100台の特別色モデルが2021年1月11日午後3時から先着順の予約が受け付け開始。車体色は、1色(キャンディダーリングレッド)。
2022年2月25日にKATANAをマイナーチェンジ。型式は、8BL-EK1AA
電子制御スロットルシステムの採用や吸排気の機構変更で平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応。最高出力が向上。電子制御スロットルやS.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)、クラッチレバーを操作しなくてもシフトアップ/ダウンできる双方向のクイックシフターを装備。タンクサイドのSUZUKIロゴはブラックに変更。車体色は、2色(ミスティックシルバーメタリック、マットステラブルーメタリック)。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2019年5月30日発売のスズキ KATANA(型式 2BL-SC82)と
2022年2月25日発売のスズキ KATANA(型式 8BL-SC82)
の違いを比較しました。

 

 

「KATANA」の「型式 2BL-GT79B」と「型式 8BL-EK1AA」のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

KATANA

KATANA

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ

型式

2BL-GT79B

8BL-EK1AA

発売日

2019年5月30日

2022年2月25日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2130

2130

全幅 (mm)

835

820

全高 (mm)

1110

1100

ホイールベース (mm)

1460

1460

最低地上高(mm)

140

140

シート高 (mm)

825

825

車両重量 (kg)

215

215

最小回転半径(m)

3.4

3.4

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

23.8

21.2

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

19.1

16.6

原動機型式

T719

DTB1

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

998

998

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73.4

73.4

行程(ピストンストローク)(mm)

59

59

圧縮比(:1)

12.2

12.2

最高出力(kW)

109

110

最高出力(PS)

148

150

最高出力回転数(rpm)

10000

11000

最大トルク(N・m)

107

105

最大トルク(kgf・m)

10.9

10.7

最大トルク回転数(rpm)

9500

9250

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

12

12

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

285.6

254.4

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

バッテリー容量

12V-8Ah

12V-8Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.4

3.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.8

2.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.2

3.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.553

1.553

2次減速比

2.588

2.588

変速比

1速 2.562/2速 2.052/3速 1.713/4速 1.500/5速 1.360/6速 1.269

1速 2.562/2速 2.052/3速 1.713/4速 1.500/5速 1.360/6速 1.269

動力伝達方式

チェーン

チェーン

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

116

116

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

25°00

トレール量 (mm)

100

100

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

フロントフォーク径(φ)

43

43

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

190/50ZR17

190/50ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6

6

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.5

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.9

2.9

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
シフトアシスト機構(クイックシフター) 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

1,512,000円(消費税抜き本体価格 1,400,000円)
ミスティックシルバーメタリック、
グラススパークルブラック

1,606,000円(消費税抜き本体価格 1,460,000円)
ミスティックシルバーメタリック、
マットステラブルーメタリック

販売計画台数(国内・年間)

1,000台

-

 

「KATANA」の「型式 2BL-GT79B」と「型式 8BL-EK1AA」の違いを比較

 

「KATANA」の「型式 2BL-GT79B」と「型式 8BL-EK1AA」の違いを比較

 

 

2022年2月25日のマイナーチェンジの主な変更点

 

  • 吸排気の機構変更により、2022年10月までの適合が必要だった平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応しながら、最高出力の向上を実現。
  •  

  • 従来モデルでは、ABSと3モード選択式のトラクションコントロールを装備していたが、新型では電子制御システムS.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)を新たに搭載。新搭載の電子制御システムS.I.R.S.には、選択幅を広げ5モード+動作オフを選択可能となったSTCS(スズキトラクションコントロールシステム)と、出力特性を3つのモードから選択できるSDMS(スズキドライブモードセレクター)を装備し、より扱いやすさとスポーティーなライディングを両立。
  •  

  • クラッチレバーを操作しなくてもシフトアップ/ダウンできる双方向クイックシフトシステムやクラッチアシストシステム(SCAS)を採用。
  •  

  • タンクサイドのSUZUKIロゴはブラックに変更された。
  •  

  • 車体色は、ブルーとシルバーの2色の設定。「マットステラブルーメタリック」は、カタナの歴史上初めてのマットカラーでモノトーンのブルーも史上初。また、「KATANA」のイメージカラーであるシルバー(ミスティックシルバーメタリック)も継続採用された。
  •  

 

 

 

「KATANA」のベースモデルの「GSX-S1000」が2021年にモデルチェンジされたから「KATANA」も電子制御デバイスの面で大きく進化したね。

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら