TW225EとFTR223の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

TW225EとFTR223の違いを比較

 

ヤマハ TW225Eの歴史

2002年06月24日に新登場。型式は、BA-DGO9J
現行TW200の優れた基本構成をベースに、新たに13kW(18PS)・223cm3エンジン、130mm大径リアブレーキ、スリムな外観を強調する新シートカウル、丸型メーター、小型で操作し易いタンクキャップなどを採用。車体色は、3色(ダークグレイッシュリーフグリーンメタリック1、ブルーイッシュホワイトカクテル1、レディッシュイエローカクテル2)の設定。
2003年04月1日にカラーチェンジ。
カラーリング(全3色)を一新した2003年モデルを発売。新色「ニューホワイト」は、ヘッドライトカバーにも同色を採用して、シンプル感と素材感を強調したカラーに。さらにシートは、ブラック&ブラウンのツートン、リムとハブはシルバー色でまとめ、素材感を強調。この他にも「シルバー3」、「ビビッドレッドカクテル1」を設定(シルバーとレッドのヘッドライトカバーはブラックに)。シンプルなスタイルをより強調するソリッドタイプ2色と存在感を際立たせるストライプタイプ1色。ソリッドタイプは、新色のコルチナホワイトと、グラファイトブラックを採用。シートには燃料タンクにマッチしたカラーのパイピングを施した。グラファイトブラックは、前後ホイールとフロントサスペンションのボトムケースにブラック塗装を施。ストライプタイプには、新色のキャンディーグレイスフルレッドを採用。燃料タンクにはシルバーのストライプが入り、シート表皮はグレーとブラックのツートーンに。
2004年3月29日にカラーチェンジ。
全色カラーリングの設定を変更し2004 年モデルを発売。
「ビビッドオレンジメタリック2」は、オレンジを基調としつつ、水張り転写によるトライバル模様のグラフィックを初採用。また定番のブラックにつや消しのマット感をプラスしてワイルドな力強さを加えた「マットブラック2」、シンプルかつシティユースでの軽快感を主張する「ニューホワイト」の3色の設定。
2005年4月1日にマイナーチェンジ。
新色を採用し、一部を変更した2005年モデルを発売。新色の「ブルーメタリックC」に加え、現行色の「マットブラック2」と「ニューホワイト」は継続設定。更にメインスイッチとハンドルクラウンを変更した。
2006年3月30日にカラーチェンジ。
全色カラーリング及びグラフィックを変更した2006年モデルを発売。新色の「ディープレッドメタリックK」(レッド)は、サーフスポーツテイストを表現するグラフィックを燃料タンクに採用してストリート感を強調。ブラック、ホワイトの各色については、新たにカジュアル感を印象づける「ブラックメタリックX」と、シックで軽快なイメージをもつ「ブルーイッシュホワイトカクテル1」を採用。各色とも燃料タンクにワンポイントアクセントのニューグラフィックを施す。
2007年3月30日に特別仕様の「TW225E 20th Anniversary Special Edition」2007年モデルを発売。
車体色に「ビビッドオレンジメタリック2」(オレンジ)と「ベリーダークバイオレットメタリック1」(コン/シルバー)の2色設定。オレンジ車はトラッカーイメージとパワー感を表現し、コン/シルバー車はチェッカーフラッグをモチーフとしたデザインをタンクに施しスピード感を主張。塗装仕上げの外装(フロントフェンダー・サイドカバー・リアカウル)、専用色塗装フレーム、メッキヘッドライトカバー(コン/シルバー車のみ)、オレンジ車・コン/シルバー車それぞれ専用デザインを施したピンストライプ入り前後ホイール、ホワイト塗装リアアーム(オレンジ車のみ)、フレームと同一色塗装の前後ハブ(コン/シルバー車のみ)など、20周年に相応しい仕上げを施した。なお、標準の2007年モデルは「ブラックメタリックX」(ブラック)と「ブルーイッシュホワイトカクテル1」(ホワイト)の2色設定で継続し、2007年2月27日に発売。
2008年に国内仕様車の生産終了が公表された。

 

 

ホンダ FTR223の歴史

2000年9月8日に新登場。
型式は、BA-MC34
2001年6月29日にカラーチェンジ。
燃料タンク、フレーム、フロントフェンダーの3ヶ所に設定した色を組み合わせた70タイプの中から、自分に合った色の組み合わせを選択し注文できるカラーオーダープランを採用。
2002年2月15日にマイナーチェンジとスペシャルモデルの「FTR223D」を限定発売。
スペシャルモデルFTR223Dは、1986年に発売したFTR250を彷彿させる赤白ツートンシートとマグネシウムカラーのクランクケースを採用。マイナーチェンジでは、新たに採用した前後アルミリムにクリアアルマイトを施し、ダートでの走行性能を一段と高めてた。また、盗難抑止システムとして別売の「アラームキット」(ホンダアクセス製)が装備できるプレワイヤリングを装備。
2003年3月24日にマイナーチェンジ。
フラットトラッカーイメージの強いトリコロールカラータイプのスタイリングは継続し、モノトーンタイプのスタイリングをストリートイメージに変更。モノトーンタイプは、これまでのゼッケンプレート型サイドカバーを小型のものに変更。ハンドル幅の短縮とハンドルの形状を見直し、街中での扱いやすさを向上。また全タイプでメーターカバー、ヘッドライトカバー、バックミラー、タンクキャップにシルバークロームメッキを施し、高級感を高めた。標準色には、モノトーンカラータイプ3色にトリコロールカラータイプを併せた4色を設定。さらに、カラーオーダープランも。
2004年1月30日にカラーを追加。
スタンダードプランのカラーリングに、現行色のキャンディタヒチアンブルー、ブーンシルバーメタリック、トリコロールに加え、新たにキャンディブレイズオレンジを採用し、合計4色を設定。さらに、カラーオーダープランで11タイプを設定。
2005年1月28日にカラーリングを変更。
前後ホイールとフロントフォークケースにブラックを採用。トリコロールカラータイプでは、1984年にアメリカのフラットトラックレースに参戦し、シリーズチォンピオンを獲得したHonda「RS750D」イメージのパールヘロンブルーとキャンディルシッドレッド、シャスタホワイトの3色をタンクに配したカラーリングに変更。また、ホワイトのリアフェンダーとブラックのハンドルバーを採用し、スポーティーなイメージを強調。ソリッドカラータイプでは、タンクストライプを廃して、鮮やかなキャンディタヒチアンブルーと精悍なブラック、落ち着きのあるバージンベージュを採用。トリコロールタイプと合わせスタンダードプランとして合計4色を設定。さらに、ソリッドカラータイプには、タンクとサイドカバーの組み合わせとフレームで、カラーリングを9タイプから選択できるカラーオーダープランを採用。合計で13通り(内4タイプはスタンダードプランで設定)のカラーリングから選べる。
2006年11月17日にカラーリングを変更。
ヘッドライトケースとメーターケースをブラックとし、精悍さを強調。さらにトリコロールカラーは、ツートーンカラーのシートを採用し、タンクマークの色をイエローに変更、モノトーンカラーは、フロントフェンダーとバックミラーをブラック、リアサスペンションとプラグキャップをイエローとしてスポーティーなイメージを演出。車体色は、新色のグラファイトブラックとキャンディーブレイズオレンジに加え、現行色のキャンディータヒチアンブルーの3色を設定し、トリコロールカラーと合わせて合計4色を設定。
2007年11月20日にマイナーチェンジ。
型式は、JBK-MC34

キャブレターのセッティング変更により、より適正な混合気の供給を可能とし、排気ガスを浄化する触媒装置をエキゾーストパイプ内とマフラー内にそれぞれ採用し、平成18年国内二輪車排出ガス規制に適合。排出ガスのクリーン化とより低・中速域を重視した出力特性とし、市街地において力強い走りを実現。タイプ設定は、ソリッドカラーのスタンダードタイプ、燃料タンクにストライプを配しメッキヘッドライトケースなどを採用したデラックスタイプ、大型のサイドカバーや幅広のハンドルなどで、フラットトラッカースタイルを強調したトリコロールカラータイプの3つのバリエーション。スタンダードとデラックスタイプには、車体色とコーディネートさせたツートーンカラーのシートを新たに採用し、よりスポーティーなスタイリングとした。
2016年に生産終了を公表。

 

 

ここでは、
2006年3月30日発売のヤマハ TW225E(BA-DGO9J)と
2007年11月20日発売のホンダ FTR223(JBK-MC34)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

FTR トリコロールタイプ

TW225E

発売日

2007年11月20日

2006年3月30日

全長 (mm)

2080

2025

全幅 (mm)

910

820

全高 (mm)

1115

1110

軸間距離 (mm)

1395

1330

最低地上高 (mm)

175

255

シート高 (mm)

780

790

車両重量 (kg)

128

127

エンジン

空冷4ストロークOHC単気筒

空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

排気量 (cc)

223

223

内径(シリンダーボア)(mm)

65.5

70

行程(ピストンストローク)(mm)

66.2

58

圧縮比(:1)

9

9.5

最高出力(kW)

16

13

最高出力(PS)

16

18

最高出力回転数(rpm)

7000

7500

最大トルク(N・m)

18

17.26

最大トルク(kgf・m)

1.8

1.76

最大トルク回転数(rpm)

5500

6000

燃料タンク容量 (L)

7.2

7

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

満タン時航続距離(概算・参考値)

309.6

350

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

DPR8EA-9

DR8EA

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

GM7CZ-3D

エンジンオイル容量 (L)

1.2

1.3

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

スプロケット歯数・前

13

15

スプロケット歯数・後

42

45

チェーンサイズ

520

428

標準チェーンリンク数

110

120

フレーム型式

セミダブルクレードル

ダイヤモンド

キャスター角

25.45

26.05

トレール量 (mm)

84

96

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率(60km/h走行時)(km/L)

43

50

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

120/90-18

130/80-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

65

66

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/90-18

180/80-14

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

65

78

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

2.5

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3

4.5

メーカー希望小売価格

430,500円(消費税抜き本体価格 410,000円)

358,050円(消費税抜き本体価格 341,000円)

 

TW225EとFTR223の違いを比較

 

TW225EとFTR223の比較の口コミ

 

 

キックがある方が安心だからTW225EEにしようか迷ったけ試乗したFTR223のエンジンの元気の良さが気に入ってFTR223を買った。乗ってよし、弄ってよしで買って良かった。

 

 

街乗りでは、TW225Eの方が快適だと思う。

 

 

FTR223とTW225Eの速さは、良い意味で目くそ鼻くそだから見た目で好きな方を買ったらいい。どっちも乗ってみたけど、TW225Eの方が運転した感じが軽過ぎてバイクに乗っている感じがしなかった。

 

 

FTR223とTW225Eでツーリング行くなら80〜90km/h巡行がオススメ。ペース的にちょうどいいトラックを見つけて後ろをついていけばいい。

 

 

どちらも単気筒だからある程度の振動はつきもの。満足する形にするには、FTR223もTW225Eも結構な額をかけないといけないので覚悟しといた方がいい。中古で買うならFTR223の方が少しマシかな。

 

 

ガンガンとオフっぽい走りをするならFTR223はやめとけ。絶対TW225Eの方がいい。街乗り程度だったらどっちも変わらないからデザインで選べばいい。

 

 

エンジンは、FTR223とTW225Eでは、体感が同じくらいだと思う。TW200だと若干遅く感じるかもしれない。ホンダ好きかヤマハが好きで選べばいいんじゃない?自分は、TW225Eのリアタイヤが好みではなかった。あとTW225EよりFTR223の純正シートの方がタンデムしやすい。

 

 

フェンダー付けてるとTW225Eは本当に締まらないね。FTR223だとあまり変わらないのに。

 

 

FTR223乗ったけどこれもスムーズだね。でもツーリングでは、TW225Eの方が楽だった。

 

 

中古相場は、FTR223よりTW225Eの方が高いね。玉数が少ないからかな?

 

 

TW225Eの方がカッコイイ。太いリアタイヤが全てだね。ノーマルでもカスタムでも太いリアタイヤは、魅力的に見える。

 

 

TW225Eは、人気あるから諸経費を盛ってくるね。FTR223の方が諸経費が安いバイク屋が多い。

 

 

FTR223とTW225Eは、80km/h超えたらいろんな意味で大変だった。この手のバイクは、80km/h以下で走るものと割り切ってる。

 

 

TW225Eは、鼓動感が非常に薄味。FTR223のエンジンの方が鼓動感が明確。

 

 

TW225Eは、バイク屋にとって売りやすいバイクなんで、それなりの価格で売ってる。人気は、今でもあるし、デザイン的なフックがある。構造も単純で修理対応しやすい。バイク屋のおじさんが「タイヤのせいでFTR223より売れやすい」って言ってた。初めての1台という人から、昔乗ってた人まで選り好みしない稀有なバイクだから、相場が上がってもおかしくない。

 

 

俺は、TW225Eを買ったけど正直リアタイヤにこだわりがあって買ったわけじゃない。フォルムは、FTR223の方が好きだし、TW225Eのタイヤは、どんくさそうに見える。

 

 

TW225EとFTR223の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら