DトラッカーとDトラッカーXの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

DトラッカーとDトラッカーXの違いを比較

 

カワサキ Dトラッカーの歴史

1998年2月にDトラッカーが新登場。型式は、LX250E
1999年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2001年2月にDトラッカーをマイナーチェンジ。型式は、BA-LX250E
平成11年排出ガス規制の適合のため、カワサキの排気ガス浄化システム「KLEEN」を搭載。一次減速比を変更。
2002年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2003年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
バッテリーをユアサ製から古河電池製に変更した。
2004年5月にDトラッカーをマイナーチェンジ。
リヤフェンダー、タンクシュラウド、メーターバイザーなどのデザインを変更。
2004年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2005年10月に特別・限定仕様のDトラッカースペシャルパッケージを発売。
2005年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2006年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
これがDトラッカーの最終モデル。
2008年4月にDトラッカーXが新登場。型式は、KLX250V8F
Dトラッカーを平成18年排出ガス規制に適合させるためにモデルチェンジして、DトラッカーXが新登場。KLX250をベースにしたスーパーモタード仕様で前後17インチホイールにオンロードタイヤを採用。サスセッティングをオンロードに最適化。DトラッカーXからは、フロントマスク(KLX250共通)がV型ヘッドライトとなった。

2009年4月にDトラッカーXをマイナーチェンジ。型式は、JBK-LX250V
一部仕様変更とカラーリングと価格を変更。
2010年12月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2011年9月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2012年11月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2013年7月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2014年7月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2015年8月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2016年5月15日に特別・限定仕様のDトラッカーX Final Editionを発売。

 

 

ここでは、
2006年12月発売のカワサキ Dトラッカー(BA-LX250E)と
2008年4月発売のカワサキ DトラッカーX(KLX250V8F)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Dトラッカー

DトラッカーX

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

発売日

2006年12月

2008年4月

型式

BA-LX250E

KLX250V8F

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2065

2130

全幅 (mm)

790

795

全高 (mm)

1175

1125

軸間距離 (mm)

1435

1420

最低地上高 (mm)

265

225

シート高 (mm)

865

860

乾燥重量 (kg)

-

129

車両重量 (kg)

119

-

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

72

72

行程(ピストンストローク)(mm)

61.2

61.2

圧縮比(:1)

11

11

最高出力(kW)

21

18

最高出力(PS)

29

24

最高出力回転数(rpm)

9000

9000

最大トルク(N・m)

25

21

最大トルク(kgf・m)

2.5

2.1

最大トルク回転数(rpm)

7000

7000

燃料タンク容量 (L)

7.5

7.7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTX7L-BS

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.5

1.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.3

1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.4

1.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.8

2.8

2次減速比

2.785

2.785

変速比

1速 3.0000/2速 2.0000/3速 1.5000/4速 1.2500/5速 1.0500/6速 0.9040

1速 3.0000/2速 2.0000/3速 1.5000/4速 1.1900/5速 1.0500/6速 0.9520

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

39

39

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

104

104

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25°30

25.5°

トレール量 (mm)

74

73

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

40

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/70-17

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

H

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

130/70-17

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

H

S

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム幅(後)

4

4

メーカー小売価格

518,700円

538,000円

 

DトラッカーとDトラッカーXの違いを比較

 

DトラッカーとDトラッカーXの比較の口コミ

 

 

DトラッカーXは、Dトラッカーを規制を通る様に改悪した印象だな。デザインがいまいちだし、パワーダウンしてる。

 

 

 

2008年4月のガルル誌に新型DトラッカーXと旧型Dトラッカーのパワーチェックが載ってた。最高出力は、ほぼ同じ。中低速域でのトルクは旧型のがかなり勝ってた。ちなみにモトライダーフォースの記事では新型のが勝ってるみたい書いてたけど、5分ぐらいづつだけど、両方乗り比べたら旧型の方が力強く感じたよ。でも新型は、排気音が凄く静かでエンジンの振動が少ないから余計にそう感じるのかも。

 

 

雑誌の計測だと後輪出力は、DトラッカーよりもDトラッカーXの方が上みたい。

 

 

DトラッカーXになってタンク容量が7.5L→7.7Lに増えたね。

 

 

2007年モデルまでがキャブレーター仕様。2008年以降は、インジェクション仕様だけど、自分で燃調したい人は、キャブ車がいい。サスペンションやブレーキなどの足回りは2008年以降のDトラッカーXの方が良い。でもキャブ仕様にして、自分でパーツ集めて組むのも楽しいけど。

 

 

新型のフロントマスクは、ダサいと思ってたけど実物見たら結構良かった。あとミラーがカッコ良くなってる。

 

 

新型のミラーは、旧型より見やすくなってた。
ちなみに旧型が8mmで新型が10mmだから
新型のミラーを旧型に付けるには、
10mm→8mmの変換アダプタが必要。

 

 

新型見てきた。旧型のキャブがあった部分がなんかスカスカだった。

 

 

DトラッカーXになって24馬力にパワーダウンしたけど、FIのおかげで80km/hくらいまでは旧キャブ車よりは速いし、最高速は140km/hは出る。

 

DトラッカーとDトラッカーXの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら