バリオスとバリオス2の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

バリオスとバリオス2の違いを比較

 

カワサキ バリオスの歴史

1991年4月にバリオスが新登場。型式は、ZR250A
カワサキのレーサーレプリカ「ZXR250」の249ccの水冷4スト直列4気筒DOHC4バルブエンジンを中低速重視にリセッティング、シリンダーに空冷風のフィンを加え、左右のクランクケースカバーの形状などを変更。最高回転数は19000rpmで甲高い排気音が特徴。ネイキッドで軽量な車体と低いシート高、高いハンドルポジション、大径ディスクブレーキを採用、モノショック式リアサスペンションを採用、メッキされた砲弾型のメーターを採用。
1992年3月にバリオスをカラーチェンジ。
1993年2月にバリオスをマイナーチェンジ。
エンジンの出力が43psから40psに変更。
1994年3月にバリオスをマイナーチェンジ。
ハザードランプが追加されるなどした。
1995年3月にバリオスをマイナーチェンジ。
メーターに燃料計が追加された。
1996年3月にバリオスをカラーチェンジ。
赤白のツートーンカラーが1000台限定で販売。翌年の1997年には、後継モデルのバリオス2が発売。
1997年2月にバリオス2が新登場。型式は、ZR250B
バリオスの発展モデルとして1997年にバリオス2が登場。バリオスとの違いは、リヤサスペンションがモノショックから2本ショックへ変更された。この変更で外観のトラッドさがより強調。新たにスロットルポジションセンサー付きのキャブレターを採用し、エンジンレスポンスが向上した。
1998年7月にバリオス2をカラーチェンジ。
2000年4月にバリオス2をマイナーチェンジ。型式は、BA-ZR250B
平成11年排出ガス規制に対応し、タンク容量が14Lとなった。

2001年12月にバリオス2をカラーチェンジ。
2002年12月にバリオス2をカラーチェンジ。
2003年12月にバリオス2をカラーチェンジ。
2004年12月にバリオス2をカラーチェンジ。
2005年3月に特別・限定仕様のバリオス2イモビアラームセレクションを発売。
イモビライザー付き盗難抑止アラームがつき、200台限定で発売された。
2005年12月にバリオス2をマイナーチェンジ。
マルチリフレクターヘッドランプを採用。
2007年3月にバリオス2をカラーチェンジ。
自動車排出ガス規制の強化で2007年8月末に生産を終了。

 

 

ここでは、
1996年3月発売のカワサキ バリオス(ZR250A)と
1997年2月発売のカワサキ バリオス2(ZR250B)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

バリオス

バリオス2

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

発売年

1996年3月

1997年2月

型式

ZR250A

ZR250B

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2005

2070

全幅 (mm)

730

735

全高 (mm)

1055

1055

軸間距離 (mm)

1380

1400

最低地上高 (mm)

150

150

シート高 (mm)

745

745

乾燥重量 (kg)

141

147

車両重量 (kg)

163

-

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

49

49

行程(ピストンストローク)(mm)

33.1

33.1

圧縮比(:1)

12.2

12.2

最高出力(PS)

40

40

最高出力回転数(rpm)

15000

15000

最大トルク(kgf・m)

2.4

2.4

最大トルク回転数(rpm)

10000

10000

燃料タンク容量 (L)

15

15

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9E

CR9E

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.6

2.6

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.1

2.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.55

2.55

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルトサイズ(呼び径)

12

12

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.291

3.291

2次減速比

3.428

3.428

変速比

1速 2.6000/2速 1.7890/3速 1.4090/4速 1.1600/5速 1.0000/6速 0.8920

1速 2.6000/2速 1.7890/3速 1.4090/4速 1.1600/5速 1.0000/6速 0.8920

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

48

48

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

110

112

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

25°00

25°00

トレール量 (mm)

93

93

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

51.5

42

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/70-17

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

140/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有

燃料計 有
エンジン回転計 有

車両装備

ハザードランプ 有

ハザードランプ 有

メーカー小売価格

499,000円

509,000円

 

バリオスとバリオス2の違いを比較

 

バリオスとバリオス2の比較の口コミ

 

 

エンジンやフレームなどは同じ。バリオス2になって、リアのモノサスが2本サスに変更されたのと新たにスロットルポジションセンサー付きのキャブレターを採用して、エンジンレスポンスが向上した。

 

 

ぱっと見で判断するならリヤサスを見ればいい。バリオスは、性能の高いモノリンクサスだったが、バリオス2になって見た目重視のツインショック(2本)にダウングレードされた。

 

 

バリオスは、リアサスが1本のモノサス。
バリオス2は、リアサスがツインサス。

 

 

●バリオス
サスが1本
規制される前の初期のモデルは、バリオスの方が馬力があった。バリオスの後期型は、バリオス2と同じ馬力に下がってる。

 

●バリオス2
サスが2本
バリオスの初期のモデルより馬力が小さい。
メーターがバリオスと少し違う。

 

●バリオス
1991年式(A1)… ZR250A-000001
1992年式(A2)… ZR250A-016001〜
1993年式(A3)… ZR250A-035001〜
1994年式(A4)… ZR250A-055001〜
1995年式(A5)… ZR250A-062001〜
1996年式(A6)… ZR250A-075001〜
●バリオス2
1997年式(B1)… ZR250B-000001〜
1998、99年式(B2)…(B3は存在しない)
ZR250B-007001〜
2000年式(B4)… ZR250B-014001〜
2001年式(B5)… ZR250B-017001〜
2002年式(B6)… ZR250B-021001〜
2003年式(B7)… ZR250B-025001〜
2004年式(B8)… ZR250B-028001〜
2005年式(B9)… ZR250B-031001〜
2006年式(B6F)… ZR250B-035001〜
2007年式(B7F)… ZR250B-038001〜

 

 

バリオスは、1991〜1992年モデルは、45馬力。1993年モデルから40馬力。
バリオス2は、40馬力だけ。

 

 

バリオスは、バリオスという車名のみでカワサキから販売されてた。
バリオス2は、2002年2月〜2005年まで、スズキへOEM供給されて、カラーリングを少し変えてバンディット250の後継モデルとして、GSX250FXの車名で販売されていた。

 

 

昔、バリオスとバリオス2を所有してた。
リアサスが違う。
キャブセッティングが違う。
フロントフォークのセッティングが違う。
2型の途中からキャブにクーラント。
2型の途中からエキパイにバイパス、触媒追加。
カム下のタペットの形状が違う。
パルシングプレートとイグナイター、そこに繋がる配線が違う。
フロントブレーキキャリパーの形状も年式で違ってた気がする。

 

●バリオス

●バリオス2

燃料計無し

燃料計有り

カウルの上にシートオープンキーがあって、タンデムバーを付けたらキーが差しづらくなる。

左サイドにシートオープンキーがある

シート下に収納ボックス無し

シート下に収納ボックス有り

リアサスペションが1本(モノサス)

リアサスペションが2本

規制前 45ps

規制で45ps→40psに下がった

フロントスプロケットを10mmナット2本で留めてる。

フロントスプロケットを27mmナット1本で留めてるので交換の時、かなり力が要る。エーインパクトが必要。

リヤブレーキサポートのフックがスイングアームの外側。

リヤブレーキサポートのフックがスイングアームの内側。

タンデムステップがステップと別れてる。

タンデムステップがステップと一体。

-

キャブレターにスロットルセンサーが付いて、点火時期ができ低回転域が改良。

-

排気ガス規制のため第2次エアー装置がある。(社外マフラーに交換すると、アフターファイヤーが出る時がある)

 

 

バリオスとバリオス2の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら