ゼファー750の「ZR750C」と「BC-ZR750C」の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ゼファー750の「ZR750C」と「BC-ZR750C」の違いを比較

 

カワサキ ゼファー750の歴史

1989年8月に「ゼファー750」を新発売。型式は、ZR750C
機種コードは、ZR750-C1。
1991年9月に「ゼファー750」をカラーチェンジ。
機種コードは、ZR750-C1。車体色は、キャンディアトランティックブルー。
1992年に「ゼファー750」をカラーチェンジ。
機種コードは、ZR750-C2。
エンブレムステッカー色を変更。車体色は、2色(キャンディアトランティックブルー、ルミナスビンテージレッド)。
1993年1月に「ゼファー750」をカラーチェンジ。
機種コードは、ZR750-C3。エンブレムがゼファー1100と同等のものに。車体色は、2色(キャンディアトランティックブルー、ルミナスビンテージレッド)。
1994年2月に「ゼファー750」をマイナーチェンジ。
機種コードは、ZR750-C4。ハザードランプを新設。車体色は、2色(キャンディアトランティックブルー、ルミナスビンテージレッド)。
1995年に「ゼファー750」をカラーチェンジ。
機種コードは、ZR750-C5。車体色は、2色(キャンディアトランティックブルー、ルミナスビンテージレッド)。
1996年2月に「ゼファー750」をカラーチェンジ。
機種コードは、ZR750-C5。車体色は、2色(キャンディアトランティックブルー、ルミナスビンテージレッド)。
1997年に「ゼファー750」をカラーチェンジ。

機種コードは、ZR750-C5。車体色は、2色(キャンディアトランティックブルー、ルミナスビンテージレッド)。
1998年2月に「ゼファー750」をカラーチェンジ。
機種コードは、ZR750-C5。車体色は、2色(キャンディアトランティックブルー、ルミナスビンテージレッド)。
1999年2月に「ゼファー750」をマイナーチェンジ。
機種コードは、ZR750-C6。ハンドルスイッチの表示方法を変更。車体色は、2色(エボニー、ルミナスウインザーグリーン)。「タイガーパターン」風のグラフィックを採用。
2000年に「ゼファー750」をカラーチェンジ。
機種コードは、ZR750-C6。車体色は、2色(エボニー、ルミナスウインザーグリーン)。
2001年1月に「ゼファー750」をマイナーチェンジ。型式は、BC-ZR750C
機種コードは、ZR750-C7。キャブレターの仕様などを変更し排出ガス規制に対応。車体色は、2色(キャンディアマランスレッドマイカ、メタリックノクターンブルー)。「タイガーパターン」風のグラフィックを採用。
2002年2月に「ゼファー750」をカラーチェンジ。
機種コードは、ZR750-C8。車体色は、3色(パールミスティックブラック、メタリックチェスナットブラウン、エボニー)。「タイガーパターン」風のグラフィックを採用。
2003年2月に「ゼファー750」をカラーチェンジ。
機種コードは、ZR750-C9。車体色は、2色(パールミスティックブラック、メタリックチェスナットブラウン)。パールミスティックブラックは、ブラックのボディカラーにゴールドのホイールを採用。
2004年3月に「ゼファー750」をカラーチェンジ。
機種コードは、ZR750-C10。エンジンの塗装色が従来の銀から黒に変更。
エンブレム意匠がこれまでのタンクの「ZEPHYR」とサイドカバーの「750」がタンクが「Kawasaki」、サイドカバーが「ZEPHYR750」になった。マフラーは、メガフォン形状のサイレンサー部分を延長。車体色は、2色(メタリックマジェスティックレッド、メタリックスパークブラック)。

2004年12月に「ゼファー750」をカラーチェンジ。
機種コードは、ZR750-C11。車体色は、2色(メタリックマジェスティックレッド、エボニー)。ストライプを新たに追加。
2005年12月に「ゼファー750」をカラーチェンジ。
機種コードは、ZR750-C6F。ZR750-C6FA。車体色は、ZR750-C6Fがメタリックオーシャンブルー。ZR750-C6FAがパールソーラーイエロー×エボニー。
2007年1月19日に特別・限定仕様のゼファー750ファイナルエディションを発売。
機種コードは、ZR750-C6S。ZR750-C6SA。グラフィックには、茶色とオレンジ色の「火の玉」パターンを採用。シート表皮の素材を改良し高級感を持たせた。艶有り黒塗装で仕上げられたフレームとホイールを採用。サイドカバーの「750 DOUBLE OVER HEAD CAMSHAFT」エンブレムを採用。車体色は、ZR750-C6Sがメタリックダークグリーン。ZR750-C6SAがキャンディダイヤモンドオレンジ×キャンディダイヤモンドブラウン。

 

 

ここでは、
1999年2月発売のカワサキ ゼファー750(ZR750C)と
2001年1月発売のカワサキ ゼファー750(BC-ZR750C)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

ゼファー750

ゼファー750

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

ZR750C

BC-ZR750C

発売日

1999年2月

2001年1月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2105

2105

全幅 (mm)

770

770

全高 (mm)

1095

1095

ホイールベース (mm)

1450

1450

最低地上高(mm)

150

150

シート高 (mm)

-

780

乾燥重量 (kg)

200

204

車両重量 (kg)

216

220

最小回転半径(m)

-

2.7

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

37

34

原動機型式

ZR750CE

ZR750CE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

738

738

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

66

66

行程(ピストンストローク)(mm)

54

54

圧縮比(:1)

9.5

9.5

最高出力(PS)

68

68

最高出力回転数(rpm)

9500

9000

最大トルク(kgf・m)

5.5

5.5

最大トルク回転数(rpm)

7500

7500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

CVK32

CVK32

燃料タンク容量 (L)

17

17

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

3

3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR9EA

DR9EA

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTX12-BS

YTX12-BS

バッテリー容量

12V-10Ah

12V-10Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.6

3.6

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.55

2.55

2次減速比

2.437

2.312

変速比

1速 2.332/2速 1.631/3速 1.271/4速 1.039/5速 0.875

1速 2.332/2速 1.631/3速 1.271/4速 1.039/5速 0.875

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

16

スプロケット歯数・後

39

37

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

28°00

28°00

トレール量 (mm)

107

107

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

タイヤ(前)

120/70-17

120/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/70-17

150/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W ×2

 

ゼファー750の「ZR750C」と「BC-ZR750C」の違いを比較

 

ゼファー750の「ZR750C」と「BC-ZR750C」の比較の口コミ

 

 

2001年1月のマイナーチェンジでは、排出ガス規制に対応するために、キャブレターの仕様などに変更を受けた(K-TRICやKLEEN)。それにより乾燥重量が4kg増えた。

 

 

2001年の変更点は、 KLEEN。重量4kg増し。 カラーパターン追加。

 

 

KLEENは、「Kawasaki Low Exhaust Emission system」 の略で二輪車排出ガス規制に対応する為の対策部品のこと。

 

 

年式によってクリアすべき排ガス規制値が違う。キャタライザーというのは、蜂の巣をさらに小さくしたようなハニカム構造になってる。排気抵抗という意味では出力落ちるよ。

 

 

年式が新しいゼファー750は、キャタライザー付きでなければ法的にダメだけど、年式が古いのにはキャタライザー無しでもキャタライザー有りでも付けられる。むしろ環境の為にはキャタライザー付きのほうが貢献できる

 

 

リアスプロケは、前期が39丁、中期が37丁、後期が36丁になってる。俺2002年モデルのZR750-C8に乗ってるけど、ノーマルで37丁。

 

 

2001年1月のマイナーチェンジでのスペックの変更点

 

●型式
ZR750C → BC-ZR750C

 

●発売日
1999年2月 → 2001年1月

 

●乾燥重量
200kg → 204kg

 

●車両重量 (kg)
216kg → 220kg

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
37km/L → 34km/L

 

●最高出力回転数
9500rpm → 9000rpm

 

●2次減速比
2.437 → 2.312

 

●スプロケット歯数・後
39 → 37

 

 

C7から触媒変更でパワー特性が変わった。それからC6は、オイル漏れ対策済みなのと、マフラーが好きなのを選べるからファイナルに次いで人気がある。

 

 

俺は、D4乗りだけど、C7乗りの友達とツーリング行った時、C7に乗らせてもらったけど、実用域に顕著な差は、無かったよ。

 

 

マフラーを交換しないのならC7からの高年式のゼファー750に乗ればいい。マフラー好きなの入れて車検に通したいのならC6かな。まあ、車検だけマフラー戻せばいいかもしれないけど、車検で公認されたら堂々と乗れるし。

 

2001年モデルからキャタライザーがついた。
だから社外でもキャタライザーの付いたマフラーだったらC7以降も大丈夫でしょ。

 

ゼファー750の買取価格の相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら