NINJA H2 SXとNINJA H2 SX SEの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

「NINJA H2 SX」と「NINJA H2 SX SE」の違いを比較

 

カワサキ Ninja H2 SXの歴史

2018年3月1日に「Ninja H2 SX」の日本仕様が新登場。型式は、2BL-ZXT02A
車体色は、1色(メタリックカーボングレー×メタリックマットカーボングレー)の設定。
2019年2月1日に2019年モデルを発売。
2018年モデルからメカニズム、仕様、諸元、カラー&グラフィックともに変更無し。

 

 

カワサキ Ninja H2 SX SEの歴史

2018年3月1日に「Ninja H2 SX SE」の日本仕様が新登場。型式は、2BL-ZXT02A
車体色は、1色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック)の設定。
2019年2月1日に「Ninja H2 SX SE」をカラーチェンジ。また上級モデルの「Ninja H2 SX SE+」を発売。
「Ninja H2 SX SE」は、細かな傷を自己修復する特殊コーティング塗装のハイリーデュラブルペイントを採用。車体色は、1色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック)の設定。
「Ninja H2 SX SE+」は、「Ninja H2 SX SE」のさらに上の最上級モデル。Ninja H2 SX SEの装備に加えて、ソロライディングでも、タンデムライド+荷物フル積載でも、状況に合わせてスマートフォンからも簡単にセッティング変更ができ、挙動変化を最小限に抑えられる「KECS」を採用。各電子制御と連携する包括的なモードセレクト機能「インテグレーテッドライディングモード」、スマートフォン接続機能、そしてブレンボ社製のストリート用モノブロックキャリパー最上級モデル「Stylema」などが採用されたモデル。車体色は、1色(メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック)の設定。
2019年10月15日に「Ninja H2 SX SE」と「Ninja H2 SX SE+」をカラーチェンジ。
どちらもハイリーデュラブルペイントの採用などは変わらずにカラー&グラフィックだけ変更。「Ninja H2 SX SE」は、車体色は、1色(メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック)の設定。「Ninja H2 SX SE+」は、車体色は、1色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック)の設定。

 

 

ここでは、
2018年3月1日発売のカワサキ NINJA H2 SX(2BL-ZXT02A)と
2018年3月1日発売のカワサキ NINJA H2 SX SE(2BL-ZXT02A)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Ninja H2 SX

Ninja H2 SX SE

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

2BL-ZXT02A

2BL-ZXT02A

発売日

2018年3月1日

2018年3月1日

発売月

3

3

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2135

2135

全幅 (mm)

775

775

全高 (mm)

1205

1260

ホイールベース (mm)

1480

1480

最低地上高(mm)

130

130

シート高 (mm)

820

820

車両重量 (kg)

256

260

最小回転半径(m)

3.1

3.1

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

27

27

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

17.9

17.9

原動機型式

ZXT00NE

ZXT00NE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

998

998

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

76

76

行程(ピストンストローク)(mm)

55

55

圧縮比(:1)

11.2

11.2

最高出力(kW)

147

147

最高出力(PS)

200

200

最高出力回転数(rpm)

11000

11000

最大トルク(N・m)

137

137

最大トルク(kgf・m)

14

14

最大トルク回転数(rpm)

9500

9500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

19

19

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

SILMAR9E9

SILMAR9E9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

バッテリー容量

12V-8.6Ah

12V-8.6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4.7

4.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.5

3.5

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

4.3

4.3

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.48

1.48

2次減速比

2.444

2.444

変速比

1速 3.075/2速 2.470/3速 2.045/4速 1.726/5速 1.523/6速 1.347

1速 3.075/2速 2.470/3速 2.045/4速 1.726/5速 1.523/6速 1.347

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

18

18

スプロケット歯数・後

44

44

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

120

120

フレーム型式

トレリス

トレリス

キャスター角

24.7°

24.7°

トレール量 (mm)

103

103

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

W

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

190/55ZR17

190/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

75

75

タイヤ(後)速度記号

W

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6

6

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.9

2.9

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.9

2.9

ヘッドライトタイプ(Lo)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
ETC 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
ETC 有
シフトアシスト機構(クイックシフター) 有
グリップヒーター 有
DCソケット 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格

1,998,000円

2,376,000円

 

「NINJA H2 SX」と「NINJA H2 SX SE」の違いを比較

 

「NINJA H2 SX」と「NINJA H2 SX SE」の違い

  • カラー&グラフィックの変更。
  •  

  • ツーリング・スポーツの2つのモードから表示を選択できるフルカラーTFT液晶メーターパネルの採用。
  •  

  • 車体のバンク角に応じて順番に点灯するLEDコーナリングライトの採用。
  •  

  • 2,500回転以上の回転域であればクラッチ操作無しでシフトアップとシフトダウンが行えるカワサキクイックシフター(KQS)の採用。
  •  

  • 発進時に最も効率的に加速する為の電子制御システム、カワサキ・ローンチ・コントロール・モード (KLCM)の搭載。
  •  

  • ホイールスポーク部切削加工及びクリア塗装の採用。
  •  

  • リヤホイールカップリング切削加工及びクリア塗装の採用。
  •  

  • ステンレスメッシュブレーキホースの装備。
  •  

  • 大型ウインドシールドの装備。
  •  

  • フロントコンフォートシート(ロー)の装備。
  •  

  • リヤコンフォートシートの装備。
  •  

  • グリップヒーターの装備。
  •  

  • DC電源ソケットの装備。
  •  

  • センタースタンドの装備。
  •  

  • タンクパッドの装備。
  •  

  • ニーパッドの装備。
  •  

  • ホイールリムテープの採用。

 

「NINJA H2 SX」と「NINJA H2 SX SE」の比較の口コミ

 

 

「NINJA H2 SX」と「NINJA H2 SX SE」の主な違いは、クイックシフター、コーナーリングライト、TFT液晶メーター、、グリップヒーター、シート、USB、カラーリング、他小物の有無。SEの方が値段が高いけど、装備から見てお得感があるね。

 

 

メーカー小売価格
Ninja H2 SX 1,998,000円
Ninja H2 SX SE 2,376,000円
差額は、378,000円

 

 

「SX」と「SX SE」の比較の動画あった。

 

kawasaki H2 SX & SEの装備違い

 

ここまで全部詰め込んでたらSEがお買い得に見えてくる。

装備

Ninja H2 SX

Ninja H2 SX SE

KLCM

×

KQS(シフトアップ/シフトダウン)

×

液晶スクリーン

白黒

フルカラー

LEDコーナリングライト

×

ブレーキホース

ラバー

ステンレスメッシュ

ホイールスポーク部切削加工+クリア塗装

×

リヤホイールカップリング切削加工+クリア塗装

×

プレミアムカラー&グラフィック

×

プレミアムフロントシート

アクセサリー

プレミアムリヤシート

アクセサリー

DC電源ソケット

アクセサリー

大型ウインドスクリーン

アクセサリー

センタースタンド

アクセサリー

グリップヒーター

アクセサリー

タンクパッド

アクセサリー

ホイールリムテープ

アクセサリー

ニーパッド

アクセサリー

 

 

SE納車されたけど、クイックシフター便利だね。デフォルトだとOFFだから最初は、気がつかなかったけど、人間のクラッチ操作のラグがいらない。

 

 

プラザの人が言ってたけどクイックシフターに慣れるとクイックシフター無しには戻れないって。

 

 

SEのコーナリングライトは、便利だけど光らせるために意味なく傾けたくなるね。

 

 

SEにしたけど、TFT液晶が見やすいから初老の俺にとっては、目が楽。

 

ローンチコントロールの動画

 

NINJA H2 SXとNINJA H2 SX SEの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら