NINJA250とVTRの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA250とVTRの違いを比較

 

カワサキ Ninja250の歴史

2013年2月1日にNinja250が新登場。型式は、JBK-EX250L
2008年から発売のNinja250Rをフルモデルチェンジして発売。デザインがよりシャープとなり、車名を「Ninja250」に変更。スタンダードモデル、グラフィックモデルのスペシャルエディション、ABSを搭載したABSスペシャルエディションの3タイプの設定。「Ninja250 Special Edition」は、2013年モデルのスペシャルカラーバージョン。スタンダードが単色なのに対し、グラフィックを設定。「Ninja250 ABS Special Edition」は、ABSを搭載し、ABS無しのスペシャルエディションと異なるカラー&グラフィックを設定。
2013年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をカラーチェンジして発売。
この年から燃費にWMTCモード値が併記された。車体色は、「Ninja250」が2色(ライムグリーン、エボニー)。「Ninja250 Special Edition」が1色(キャンディバーントオレンジ×エボニー)。「Ninja250 ABS Special Edition」が2色(ライムグリーン×エボニー、パールスターダストホワイト×エボニー)。
2014年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をマイナーチェンジして発売。
新たにアシスト&スリッパークラッチを搭載。車体色は、「Ninja250」が2色(ライムグリーン、パールスターダストホワイト)。「Ninja250 Special Edition」が1色(キャンディプラズマブルー×エボニー)。「Ninja250 ABS Special Edition」が2色(メタリックムーンダストグレー×エボニー、ライムグリーン×パールスターダストホワイト)。
2015年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をカラーチェンジして発売。
カラーリングの変更とメーターパネルのデザインを変更。車体色は、「Ninja250」が2色(メタリックカーボングレー、キャンディバーントオレンジ)。「Ninja250 Special Edition」が1色(ライムグリーン×パールスターダストホワイト)。「Ninja250 ABS Special Edition」が1色(キャンディプラズマブルー×メタリックグラファイトグレー)。
2015年11月15日に特別限定仕様のNinja 250 ABS KRT Editionを発売。
2015年のワールドスーパーバイク選手権シリーズで、KRT所属のジョナサン・レイ選手が年間ワールドチャンピオンになったのを記念し設定。カラーリングのモチーフは、スーパーバイク選手権の2016年シーズン用マシンのニンジャZX-10R。ABS搭載モデル。車体色は、1色(ライムグリーン×エボニー)。
2016年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 ABS Special Edition」と「Ninja250 ABS KRT Edition」をカラーチェンジして発売。
車体色は、「Ninja250」が2色(メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー、キャンディプラズマブルー)。「Ninja250 ABS KRT Edition」が1色(ライムグリーン×エボニー)。「Ninja250 ABS Special Edition」が1色(キャンディパーシモンレッド×メタリックスパークブラック)。
2016年11月1日にNinja 250 ABS KRT Winter Test Editionをカラーチェンジして発売。
従来のNinja250のバイアスタイヤから前後共にラジアルタイヤに変更。フロントホイールリムを2.75インチから3インチに拡大。リアタイヤを140mmから150mmまで拡大。スモークタイプとなったスクリーンも、スタンダードタイプよりも高くなった。ABS搭載モデルで限定600台で販売。車体色は、1色(フラットエボニー)。
2018年2月1日にNinja250がフルモデルチェンジして発売。「Ninja250 KRT Edition」も発売。型式は、2BK-EX250P
ボディデザインは、同時代のニンジャZX-10Rと同様のテイストで、トレリスフレームなどはニンジャH2をイメージさせる。エンジンは、248cc水冷並列2気筒でレイアウトが同じだが出力が31psから37psに。ABSは標準装備となり、車名から「ABS」の表記がなくなる。アシスト&スリッパークラッチやLEDヘッドライトユニット、ギヤポジションインジケーターなども装備。車体色は、2色(キャンディプラズマブルー、パッションレッド×メタリックフラットスパークブラック)。

「Ninja250 KRT Edition」は、2018年モデルで一新されたNinja250をベースにしたKRTカラーバージョン。車体色は、ライムグリーン×エボニー。
2019年1月15日にNinja250をカラーチェンジして発売。
車体色は、2色(メタリックスパークブラック、メタリックファントムシルバー×メタリックスパークブラック)。ABSは標準装備。
2019年9月1日「Ninja250」と「Ninja250 KRT Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、「Ninja250」が2色(メタリックスパークブラック×メタリックマットグラファイトグレーとパールブリザードホワイト×メタリックスパークブラック)。「Ninja250 KRT Edition」は、ライムグリーン×エボニーの1色。

 

 

ホンダ VTRの歴史

1998年1月16日に新登場。型式は、MC33
車体色は、3色(イタリアンレッド、フォースシルバーメタリック、ブラック)の設定。
2000年2月2日にマイナーチェンジ。型式は、BA-MC33
国内の排出ガス規制に適合。ユーザーの好みに応じて106タイプの組み合わせが可能な「カラーオーダープラン」を設定。
2002年12月19日にマイナーチェンジ。
シート形状の変更やサスペンションセッティングの見直しなどで従来のモデルより20mm低いシート高に。また、新しくタコメーター、ハザードランプと強化コンビロックを装備し、メーターケース、バックミラーにはクロームメッキを施した。車体色は、スタンダードがキャンディタヒチアンブルーとフォースシルバーメタリックの2色。カラーオーダープランは、54タイプ(内2パターンは、スタンダードカラー)。
2007年1月24日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のパールコスミックブラックと継続色の3色(キャンディータヒチアンブルー、イタリアンレッド、パールシャイニングイエロー)をあわせた全4色の設定。
2009年3月6日にフルモデルチェンジ。型式は、JBK-MC33
新たにPGM-FIを採用。排気系に2つの触媒装置を配置し、O2センサーの採用などにより国内二輪車排出ガス規制に適合。リアカウルをシルバーとし、ブラックのホイールとブレーキキャリパーを組み合わせるSTYLE Iと、リアカウルを車体色と同色にし、ゴールドのホイールとブレーキキャリパーを採用するSTYLE IIを設定。車体色は、5色(イタリアンレッド、グラファイトブラック、パールサンビームホワイト、グリントウェーブブルーメタリック、パール
フラッシュイエロー)の設定。
2010年7月16日に存在感あふれるカラーリングを施したB-STYLEを新たに追加。
B-STYLEは、燃料タンクやフロントフェンダー、テールカウルのカラーリングに光沢感のあるパールコスミックブラックを採用、足回りもブラックで統一。トラスフレームとスイングアームはレッドとした。VTRの車体色は、B-STYLEのパールコスミックブラックの他、従来のパールサンビームホワイトとグリントウェーブブルーメタリックの全3色の設定。
2012年2月16日にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(キャンディーブレイジングレッド、デジタルシルバーメタリック)とパールコスミックブラック(B-STYLE)の全3色の設定。
2013年2月14日にマイナーチェンジ。

電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)と前後のサスペンションのセッティングを変更。今回からエンジンのシリンダーとシリンダーヘッドにもブラック塗装が施された。前・後ホイール、フロントサスペンションのボトムケース、スイングアームをブラックで統一した。車体色は、新色の3色(マグナレッド、グラファイトブラック、パールフェイドレスホワイト)の設定。
2014年7月18日にマイナーチェンジ。
グリップ力と剛性に優れるラジアルタイヤを採用し、コーナリングやブレーキング時のフィーリング向上を図る。また、リアタイヤの偏平率を従来モデルの70%から60%に変更し、トランスミッションのローレシオ化と同様の効果を得ることで、加速フィーリングを向上。リアサスペンションのセッティングにより、乗り心地も向上。車体色は、新色の2色(デジタルシルバーメタリック、パールサンビームホワイト)と継続色のグラファイトブラックをあわせた全3色の設定。フレームには、レッドを施し、ホイールはゴールドカラーを採用。
2016年10月21日にカラーチェンジ。更に特別仕様のVTR Special Editionを発売。
VTRの車体色は、全2色(パールサンビームホワイト、キャンディープロミネンスレッド)の設定。VTR Special Editionは、マットビュレットシルバーの車体色、フレームやヘッドライトリムなど各部のパーツをブラックとし、ホイールをマットグレー、燃料タンクの左右側面にストライプパターンのグラフィックデザインを採用、燃料タンクの立体エンブレムやブラウンのシート表皮。
2017年8月31日に生産終了。

 

 

ここでは、
2015年9月発売のカワサキ ニンジャ250(JBK-EX250L)と
2014年7月発売のホンダ VTR(JBK-MC33)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

カワサキ ニンジャ250

ホンダ VTR

発売

2015年9月

2014年7月

型式

JBK-EX250L

JBK-MC33

全長

2020mm

2080mm

全幅

715mm

725mm

全高

1110mm

1055mm

ホイールベース

1410mm

1405mm

シート高

785mm

755mm

最低地上高

140mm

155mm

総重量

172kg

160kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

26°

25°30´

トレール(mm)

82

96

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/70-17 M/C 54S

110/70R17 M/C 54H

タイヤサイズ(後)

140/70-17 M/C 66S

140/60R17 M/C 63H

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒

総排気量

248cc

249cc

圧縮比

11.3

11.0

ボア

62mm

60mm

最高出力(kW/rpm)

23(31PS)/11000

22(30PS)/10500

最大トルク(N・m/rpm)

21(2.1kgf・m)/8500

22(2.2kgf・m)/8500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

5段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

17.0L

12.0L

燃料消費率(km/L)

40(60km/h)・25.7(WMTCモード)

40(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥553,500 キャンディバーントオレンジ ¥553,500 メタリックカーボングレー ¥569,160 ライムグリーン/パールスターダストホワイト(スペシャルエディション)

¥598,320 グラファイトブラック ¥598,320 デジタルシルバーメタリック ¥598,320 パールサンビームホワイト

 

NINJA250とVTRの違いを比較

 

 

NINJA250とVTRの比較の口コミ

 

 

 

ninja250は、250の中ではかなり楽しかったバイク。同時に所有してたVTR250よりもよっぽど走った。

 

 

候補にした250車種の中でメーターだけなら一番かっこいいと思ったのがGSR。その次がVTR-Fで3位がNinja250。

 

 

VTRとNINJA250に試乗したけどスムーズ感は格段にVTRの方が上だった。でもNINJA250の方がメカメカしくて好き。

 

 

NINJA250やYZF-R25は、140km/hでもまだ余裕ある。VTRは馬力に余裕あっても速度維持する気にならない。

 

 

NINJA250の方が速いし、フルカウルで高速も楽。エンジン、フレーム、足回り、全て設計が新しいからNINJA250の方がおすすめ。でも背が低くて足つきが気になる人は、VTR。

 

 

最高速度は、VTRよりNinjaの方が速い。

 

 

俺は、Ninja250の音聞いてVTRにした。

 

 

VTRはコンセプトからしてやる気で走るバイクではない。エンジン出力もわざわざ街中で頻繁に使う中速域重視にしてる。攻めたつもりになりたかったらNINJA250がYZF-R25のどちらかと思うよ。

 

 

VTRは、どちらかと言えば初心者や身長が低い人用。VTRに飽きたらYZF-R25やNinja250に乗り換えればいいんじゃない?

 

 

ギアが何速であろうが高速巡航の回転数はトップギアでの変速比次第。6速でもNINJA250・GSR250・YZF-R25の方が回転数は高い。250ツインではVTRが一番低回転数で巡航できる。100km/hで6速の回転数はNINJA250が約7300回転。GSR250が約7200回転。YZF-R25が約7200回転。VTR(扁平率60)の5速が約7000回転。VTR(扁平率70)の5速が約6700回転。同クラスの250cc2気筒の中ではVTRのトップギアの回転数が一番低い。

 

 

パラツインとVツインの違いだけど加減速の楽しさはV型の下からモリモリ盛り上がるトルク感。パラツインは、エンジンの癖がなく高回転まで吹け上がりトルク感が薄い。排気量が上がればこの限りではないが。ちなみにVツインは、振動少ないけど、VTRは演出でブルブルさせてる。

 

 

VTRとNinja250を並べて見比べたらNinja250の方が存在感があって各部の造りが綺麗。VTRは、ちょっと古い感じのデザインで貧相に見える。

 

 

高速乗るならNINJA250にしといた方がいい。カウル無しで高速は、かなり辛い。

 

 

VTRとNINJA250は、初めての一台には、どちらも遜色なく素晴らしいバイクだよ。カウルかネイキッドかという話になるが自分としては、ネイキッドの風圧を楽しんで欲しいからVTR。

 

 

Ninja250とYZF-R25とVTR-Fを乗り比べたけど最高速以外ではVTR-Fが一番印象良かった。

 

 

250だと、Ninja250、CBR250R、VTR、GSR250あたりが候補かな。
個人の感想だとGSR250は論外で、単気筒だったらCBR250RよりカワサキのWシリーズか、SR400がいいと思う。VツインだったらVTR。パラレルツインならNinja250。

 

 

タンデムをするつもりなら、VTRの方がいいと思う。Ninja250でタンデムするとすぐお尻が痛くなる。

 

 

俺もNinja250とVTRで迷ったけど、VTRはデザイン的におじさんになってからでも乗れそうだから、若いうちにNinja250乗っとこうと思って契約した。

 

 

俺のイメージでは、Ninja250の方がバイクを売る時に高く売れそう。でもVTRの方が丈夫そう。

 

 

ツーリングと高速重視では、Ninja250がおすすめ。カウル付きだし、燃料タンク容量も5リットル違うから航続距離がかなり違ってくる。丈夫さと街乗りでのストップアンドゴー重視ならVTRかな。Ninja250より12kg軽いし。

 

 

俺は、バイク初心者には、VTRを勧める。初心者は、セルフステアを感じやすいからアップハンドルがいい。初心者がNinja250の性能を扱いきれるには数年かかると思う。

 

 

VTRは、壊れにくいって言う人が多いね。オールマイティだし安心して乗れる。一方でNinja250は、カワサキの特有の異音やクーラント漏れとかあるけど、VTRより見た目が断然カッコイイ。

 

 

パワーバンドで走行続けたり、渋滞にはまると250ccでもそれなりに熱くなる。Ninja250よりVTRの方が熱くなる。

 

 

Ninja250とVTR250Fで迷ったけど、VTR250Fの5速までなのとカウル形状が気に入らなかった。VTR250Fの跨った印象は、Ninja250より良く、内股への干渉が無く長時間乗れそうだった。あとVTRは、しっかりメンテナンスをすれば10万km以上乗っても壊れにくいって言われたのが好印象。

 

 

短足ならVTRにしとけ。

 

 

Ninja250は、ツーリングに出かける時の最高の相棒。オンロードだったらNinja250かVTRにしとけば間違いはない。

 

 

俺は、Ninja250に決めた。いろいろ試乗してみたけど、エンブレはVTRが一番きつかった。試乗の最後の方では、無意識にブリッピングしてしまうぐらいだった。

 

NINJA250とVTRの中古車価格と買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら