GSX-S1000の平成28年排ガス規制前後の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GSX-S1000の平成28年排ガス規制前後の「EBL-GT79A」と「2BL-GT79B」の違いを比較

 

スズキ GSX-S1000の歴史

2015年7月6日に海外向けに少し遅れてGSX-S1000の国内仕様の「GSX-S1000 ABS」が新登場。型式は、EBL-GT79A
エンジンは、「GSX-R1000」(海外向けモデル)をベースとした水冷直列4気筒998cm3を搭載。車体色は、2色(グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド、トリトンブルーメタリック)の設定。
2017年3月30日にマイナーチェンジ。型式は、2BL-GT79B
平成28年国内新排出ガス規制に対応。最高出力が107kW→109kWへアップ、最大トルクが106N・m→107N・mへアップ。新たにスリッパークラッチを採用。ステップ、ステップブラケット、ハンドルレバー等をブラック化し質感を向上。車体色は、特別色マットブラックメタリックNo.2を新たに設定した全3色(マットブラックメタリックNo.2、グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック、グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド)。
2018年2月15日にカラーチェンジ。
新色のパールグレッシャーホワイト×グラススパークルブラック(特別色)を設定。全3色(パールグレッシャーホワイト/グラススパークルブラック、グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック、マットブラックメタリックNo.2)の設定。
2019年2月21日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック、パールグレッシャーホワイト、マットブラックメタリックNo.2)の設定。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2015年7月6日発売のスズキ GSX-S1000(EBL-GT79A)と
2017年3月30日発売のスズキ GSX-S1000(2BL-GT79B)
の違いを比較しました。

 

 

GSX-S1000の「EBL-GT79A」と「2BL-GT79B」のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

GSX-S1000 ABS

GSX-S1000 ABS

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ

型式

EBL-GT79A

2BL-GT79B

発売日

2015年7月6日

2017年3月30日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2115

2115

全幅 (mm)

795

795

全高 (mm)

1080

1080

ホイールベース (mm)

1460

1460

最低地上高(mm)

140

140

シート高 (mm)

810

810

車両重量 (kg)

209

209

最小回転半径(m)

3.1

3.1

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

23.8

25.3

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

19.2

18.7

原動機型式

T719

T719

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

998

998

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73.4

73.4

行程(ピストンストローク)(mm)

59

59

圧縮比(:1)

12.2

12.2

最高出力(kW)

107

109

最高出力(PS)

145

148

最高出力回転数(rpm)

10000

10000

最大トルク(N・m)

106

107

最大トルク(kgf・m)

10.7

10.9

最大トルク回転数(rpm)

9500

9500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

17

17

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

FT12A-BS

FT12A-BS

バッテリー容量

12V-10Ah(10HR)

12V-10Ah(10HR)

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.4

3.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.8

2.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.2

3.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.553

1.553

2次減速比

2.588

2.588

変速比

1速 2.562/2速 2.052/3速 1.713/4速 1.500/5速 1.360/6速 1.269

1速 2.562/2速 2.052/3速 1.713/4速 1.500/5速 1.360/6速 1.269

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

17

スプロケット歯数・後

44

44

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

116

116

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

25°00

トレール量 (mm)

100

100

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

フロントフォーク径(φ)

43

43

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

190/50ZR17

190/50ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6

6

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.5

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.9

2.9

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ有

メーカー希望小売価格

1,115,640円

1,131,840円

 

GSX-S1000の平成28年排ガス規制前後の「EBL-GT79A」と「2BL-GT79B」の違いを比較

 

GSX-S1000の「EBL-GT79A」と「2BL-GT79B」の違いを比較

 

 

2017年3月30日のマイナーチェンジでの変更点
  • 平成28年国内新排出ガス規制に対応。
  • エンジンの基本構成はそのままに最高出力が「107kw(145ps)→「109Kw(148ps)」へ、最大トルクが「106N・m(10.7kgf.m)」→「107N・m(10.9kgf・m)」に向上。
  • スリッパークラッチを採用。シフトダウン等での過度のエンジンブレーキによる後輪のロックやホッピングを抑制し、後輪から伝達されるバックトルクを制限。
  • ステップとステップブラケットとハンドルレバー等をブラック化し質感向上。
  • 「GSX-S1000 ABS」には、特別色マットブラックメタリックNo.2を設定。マットブラックのサイレンサー、フロントのアウターチューブをブラック化、専用デカール、専用リムストライプを採用。

 

 

2017年3月30日のマイナーチェンジでのスペックの変更点

 

●発売日
2015年7月6日 → 2017年3月30日

 

●型式
EBL-GT79A → 2BL-GT79B

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)
23.8 → 25.3

 

●燃料消費率 WMTCモード値(km/L)
19.2 → 18.7

 

●最高出力(kW)
107 → 109

 

●最高出力(PS)
145 → 148

 

●最大トルク(N・m)
106 → 107

 

●最大トルク(kgf・m)
10.7 → 10.9

 

●メーカー希望小売価格
1,115,640円 → 1,131,840円

 

 

●発売日
2015年7月6日

 

●型式
EBL-GT79A

 

●車体色
GSX-S1000 ABS
・「トリトンブルーメタリック」
・「グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド」
GSX-S1000F ABS
・「トリトンブルーメタリック」
・「グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド」

 

●年間目標販売台数
「GSX-S1000 ABS」、「GSX-S1000F ABS」合計720台

 

●メーカー希望小売価格
「GSX-S1000 ABS」1,115,640円
「GSX-S1000F ABS」1,166,400円

 

●発売日
2017年3月30日

 

●型式
2BL-GT79B

 

●車体色
GSX-S1000 ABS(GSX-S1000AL7)
・「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」(KEL)
・「グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド」(AV4)
GSX-S1000 ABS(GSX-S1000ZAL7)
・特別色 「マットブラックメタリックNo.2」(YKV)
GSX-S1000F ABS(GSX-S1000FAL7)
・「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」(KEL)
・「グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド」(AV4)

 

●メーカー希望小売価格
「GSX-S1000 ABS」1,131,840円(消費税抜き1,048,000 円)
「GSX-S1000F ABS」1,185,840円(消費税抜き1,098,000 円)

 

 

2017年モデルになっての主な変更点は、エンジンをいじってパワーとトルクが若干アップとスリッパークラッチ入れた。

 

 

ステップやステップブラケットやハンドルレバーとかがブラックになったから車体色が青一色が欲しい人は、旧型。青黒や黒一色が欲しい人は、新型がいいね。

 

 

2017年モデルは、ステップの色がブラックになったから、見た目が結構締まって見える。

 

 

スリッパークラッチは、街乗り程度のシフトダウンだと無くても良さそうだね。

 

 

スリッパークラッチは、急激なシフトダウンを多用しない人には、必要ないと思う。それから他にも新型の改良点としてスクリーンに薄くスモーク
がかかって縁取りが追加されてる。

 

 

2017年モデルになってタンクの蓋とキーのツマミの形が変わった。それからスクリーンのライトスモーク処理も。ツーリングメインならスリッパークラッチは、無くてもいいと思うがたまに攻めたい人は、スリッパークラッチ付でもいいね。

 

 

2017年モデルになってハンドルクランプのボルトの頭を隠す蓋の部品が変更されてる。簡単に取れてなくなるという苦情に対応したみたい。

 

 

俺は、旧型乗ってるけど新型が羨ましい。旧型は、低速の排気干渉してる感じのバコバコが酷い。バコバコ回避の為に下道でもギア落として4000rpmは回してる。そのせいでそんな気が無いのに真ん中開くし、開けてもらったから行かなきゃみたいになってる。以前、バイク屋に聞いた時は、ECUの交換は無理って言われた。

 

 

俺も初期型乗りだけど、あのバコバコ酷い。でも対策用のECUが出てるから交換すればいい。俺は、クレーム対応だったから無料だった。バイク屋の話では、最初スズキは、仕様だから対策は出来ないと対応してたらしい。

 

 

俺もバイク屋にスズキに問合せしてもらったら、最初は、仕様だから対策できないと言われたけど、事故で修理に出した時、バイク屋に対策用ECUが出たから交換する?と言われて取り付けてもらった。対策用ECUに以前と同じプログラムを入れてもらったら6000rpm辺りから上がスムーズに回る様になった。あと対策用ECUは品番が違うって言ってた。

 

 

俺は、2016年モデル乗ってるけど、ギクシャクは無いよ。

 

 

俺は、2017年モデルに乗ってる。初期型は、2500回転パーシャルでギクシャクするらしいけど、2017年モデルでもなるよ。でも嫌になる程ではない。

 

 

2017年8月時点で2016年モデルの新古車と2017年モデルの新車が20万円の差。

 

 

俺は、2017年モデルだけど、下道を走ってるとスリッパークラッチが効いてるのかいまいちわからないから20万円も安いなら旧型買うかな。

 

 

2017年モデルは、レバーが黒いのが羨ましい。

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら