NINJA650とZ650の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA650とZ650の違いを比較

 

カワサキ Ninja650の歴史

2012年1月に「Ninja650」が海外で新登場。
欧州で「ER-6n」のフルカウル版が「ER-6f」。その北米仕様のネーミングが「Ninja650R」。2012年にフルモデルチェンジし、よりスポーティな外観となってエンジンやフレームなどのパッケージングが進化し、北米仕様の車名を「Ninja650」に変更。
2013年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2014年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2015年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2016年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2017年5月15日に「Ninja650 ABS」をフルモデルチェンジして日本国内で発売。型式は、2BL-ER650H
日本国内で2017年の新型モデルが発売。これまでの海外向け「Ninja650」と同じく並列2気筒エンジンを搭載するがフレームなどは、異なる。多機能メーターにギアポジションも表示。ETC車載器キットを標準装備。
2017年5月15日に「Ninja 650 ABS KRT Edition」を発売。
「Ninja 650 ABS KRT Edition」は、KRTのカラーリングレプリカ。ワールドスーパーバイク選手権の「Ninja ZX-10RR」のイメージをモチーフにしたもの。
2017年8月1日に「Ninja650」をカラーチェンジ。
この年から車名表記からABSの文字が消えたがABSは標準装備。
2017年10月1日に「Ninja 650 KRT Edition」を発売。
「Ninja 650 KRT Edition」もABSが標準装備となり、車名表記からABSの文字がなくなった。
2019年2月1日に「Ninja650」と「Ninja650 KRT EDITON」をカラーチェンジ。

 

 

カワサキ Z650の歴史

2017年5月15日に気軽に乗れる扱い易さと優れたスポーツ性能を両立したライトウェイトスーパーネイキッド新型「Z650 ABS」が新登場。型式は、2BL-ER650H
車体色は、2色(パールフラットスターダストホワイト×メタリックスパークブラック、メタリックフラットスパークブラック×メタリックスパークブラック)の設定。
2017年8月1日にカラーチェンジして発売。
車体色は、2色(メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック、パールシャイニングイエロー×メタリックフラットスパークブラック)の設定。この2018年モデルからABS装着車であってもモデル名から「ABS」が除かれて「Z650」となった。
2019年2月1日にカラーチェンジして発売。
車体色は、2色(メタリックフラットスパークブラック×メタリックスパークブラック、ストームクラウドブルー×パールストームグレー)の設定。

 

 

ここでは、
2017年5月15日発売のカワサキ Ninja650 ABS(2BL-ER650H)と
2017年5月15日発売のカワサキ Z650 ABS(2BL-ER650H)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Ninja 650 ABS

Z650 ABS

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

新登場

発売日

2017年5月15日

2017年5月15日

型式

2BL-ER650H

2BL-ER650H

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2055

2055

全幅 (mm)

740

775

全高 (mm)

1135

1080

軸間距離 (mm)

1410

1410

最低地上高 (mm)

130

130

シート高 (mm)

790

790

車両重量 (kg)

193

187

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

649

649

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

83

83

行程(ピストンストローク)(mm)

60

60

圧縮比(:1)

10.8

10.8

最高出力(kW)

50

50

最高出力(PS)

68

68

最高出力回転数(rpm)

8000

8000

最大トルク(N・m)

65

65

最大トルク(kgf・m)

6.6

6.6

最大トルク回転数(rpm)

6500

6500

燃料タンク容量 (L)

15

15

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.3

2.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.6

1.6

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.8

1.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルトサイズ(呼び径)

12

12

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.095

2.095

2次減速比

3.066

3.066

変速比

1速 2.4370/2速 1.7140/3速 1.3330/4速 1.1110/5速 0.9650/6速 0.8510

1速 2.4370/2速 1.7140/3速 1.3330/4速 1.1110/5速 1.0900/6速 0.9560

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

46

46

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

114

114

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

24°00

24°00

トレール量 (mm)

100

100

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

32.1

32.1

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

24

24

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

W

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

W

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

H4

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
バックトルクリミッター機構 有
ETC 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有
ETC 有

メーカー小売価格

807,840円

786,240円

 

Ninja650 ABS(2BL-ER650H)とZ650 ABS(2BL-ER650H)の比較

 

左がNinja650 ABS(2BL-ER650H) 右がZ650 ABS(2BL-ER650H)
Ninja650 ABS(2BL-ER650H)とZ650 ABS(2BL-ER650H)の装備の比較

 

Ninja650 ABS(2BL-ER650H)とZ650 ABS(2BL-ER650H)の比較の口コミ

 

 

俺は、Ninja650にしたけど、高速をよく走るなら確実にカウルがある方がいい。

 

 

NINJA650は、Z650よりポジションが前傾になるからスポーティな走りをしたい人は、NINJA650がおすすめ。

 

 

ハンドルの切れ角は、
Ninja650 → 32°
Z650 → 35°

 

 

見た目は、Z650のが好きだけど、カウル付きのが楽だから迷うね。

 

 

●カウル無しのバイクの良い点
・視界が良い
・カウル付きより軽い
・ハンドリングが軽い
・ステアリング切れ角が大きいく小回りがきく
・ハンドル交換が容易(ポジションの変更)
・カウルを外さなくていいので整備がしやすいし、工賃が安い
・カウルありより値段がやすい
●カウルありのバイクの良い点
・風防効果があって、高速で疲れにくい。
・雨でまともに濡れない。
・洗車が楽(エンジン周辺の隅々まで洗うならカウル無しのが楽)

 

 

冬場は、カウルがありがたいよ。

 

 

NINJA650は、二眼の片目点灯だけど、ハイビームにしたら両目点灯になる。ウインカーは、カウル内の埋め込みタイプ。Z650は、単眼。

 

 

ポジションは結構違うよ。NINJA650は少し前傾で、Z650はかなりアップライ。

 

 

NINJA650はスポーティな車両でカウル付きで、ハンドルポジションがセパレート風なの
少し下がり気味なポジション。エンジン周りは、ブラック。Z650は、バータイプのアップハンドルでネイキッド風なルックスでエンジン周りは、シルバーになってる。

 

 

タコメーターの表示のしかたがZ650とNINJA650で違うね。

 

 

テールランプは、NINJA650が「X」になってて、Z650が「Z」になってる。

 

 

NINJA650とZ650の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら