FJR1300AS FJR1300Aの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

FJR1300AS FJR1300Aの違いを比較

 

ヤマハ 「FJR1300AS」と「FJR1300A」の歴史

2013年12月10日より「FJR1300AS」及び「FJR1300A」が日本仕様が新登場。型式は、EBL-RP27J
2015年1月7日より新色を設定した「FJR1300AS」及び「FJR1300A」の2015年モデル発売。新色は、「ダークグレーメタリックN」(ダークグレー)。
2016年7月25日に「FJR1300AS」及び「FJR1300A」をマイナーチェンジして発売。
主な変更点特徴は、@6速トランスミッション、AA&Sクラッチ(1300Aのみ)、B立体感あるフロントビューとLEDヘッドランプ、Cコーナリングランプ(1300ASのみ)、D新デザインマルチファンクションメーターなど。
2018年2月20日よりFJR1300AS」及び「FJR1300A」のカラーリングを変更し発売。新色は、「マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)」。

 

2013年12月10日発売の「FJR1300AS」と「FJR1300A」の違い

 

「FJR1300AS」のみの装備

 

@YCC-S(ヤマハ電子制御シフト)を採用。
クラッチレバー装備はなく、シフトチェンジは、左足のシフトペダルか左ハンドルスイッチで行う。停止際に自動的に1速になる「STOP MODE」機能の選択も可能。

 

A電動調整サスペンションを採用。
走行環境変化や好みに応じた調整の手間を低減。前後を統合的にバランスさせて調整するシステムで、荷重設定は「1名乗車」「1名乗車+荷物」「2名乗車」「2名乗車+荷物」の4種。この中でそれぞれ「ソフト」「スタンダード」「ハード」と減衰力が選択可能。更に減衰力は各7段階の微調整が可能。

 

 

「FJR1300AS」は、標準モデル「FJR1300A」をベースに、
クラッチ操作なしでシフトチェンジが可能なYCC-S(ヤマハ電子制御シフト)と
電動調整サスペンションなどを採用した上級モデル。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

FJR1300AS

FJR1300A

発売年

2013年12月

2013年12月

全長 (mm)

2230

2230

全幅 (mm)

750

750

全高 (mm)

1325

1325

軸間距離 (mm)

1545

1545

最低地上高 (mm)

125

130

シート高 (mm)

805

805

車両重量 (kg)

296

289

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

1297

1297

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

79

79

行程(ピストンストローク)(mm)

66.2

66.2

圧縮比(:1)

10.8

10.8

最高出力(kW)

108

108

最高出力(PS)

147

147

最高出力回転数(rpm)

8000

8000

最大トルク(N・m)

138

138

最大トルク(kgf・m)

14.1

14.1

最大トルク回転数(rpm)

7000

7000

燃料タンク容量 (L)

25

25

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

満タン時航続距離(概算・参考値)

615

615

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

CPR8EA-9

搭載バッテリー・型式

GT14B-4

GT14B-4

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4.9

4.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.8

3.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

4

4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板・遠心

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

26°00

26°00

トレール量 (mm)

109

109

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 60km/h走行時(km/L)

24.6

24.6

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

16.3

16.3

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

W

W

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

W

W

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5.5

5.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

メーカー希望小売価格(税込)

1,732,500円

1,417,500円

 

2013年12月10日発売の「FJR1300AS」と「FJR1300A」の違い

 

2013年12月10日発売の「FJR1300AS」と「FJR1300A」の比較の口コミ

 

 

AとASを試乗してきた。ASの方は、最初クラッチが無い違和感と、操作したことなかったからシフトダウンの時にホーンを鳴らしまくってしまったけど、慣れてきたら「あり」と思った。自動でシフトダウンしてくれるのは、ありがたかった。サスの設定もいろいろ変化があるからおもしろかった。

 

 

YCC-Sの考え方がよくわからない。ライダーの負担を減らすクラッチレスなのは分かるけど、どうしてシフトダウンやシフトアップを自動でできないのかな?停止直前に「STOP MODE」で1速にシフトダウンしてくれるだけで、あとは、シフトレバーかスイッチ操作が必要ってなんか中途半端。

 

 

全部自動がいい人は、AT車乗ればいいじゃん。

 

 

AS乗ってるけど、マニュアルの方がスムーズかつ乗り心地良く走れる。でもこの癖のあるバイクを如何にしてスムーズに乗りこなすかという所が楽しいと思ってる。

 

 

自分は、YCC-Sの故障が心配でAにした。出先で突然動かなくなったら困る。マニュアルだったら故障の兆候が見つけやすい。自分のコントロール下における方を選んだ。Aのクラッチ操作は若干重いかも。乗り始めの時は、手が痛くなった。今は握力がついてほとんど痛くならないけど。レバーの位置でもだいぶ違うみたい。

 

 

Aが普通のクラッチ操作のあるバイクに対して、ASは、クラッチレバーのないセミオートマ。でもホンダのDCTと違って、あくまでクラッチ操作が無いだけで、左ハンドルのスイッチかシフトペダルでシフト操作は、やらなきゃいけない。スイッチで「STOP MODE」にしとけば停止したら自動で1速になる。

 

 

ASの電動調整サスは、羨ましい。俺は、Aに乗ってるけどAで手軽にできるのは、リアサスのプリロードをワンタッチで切り替えられるぐらいだし、二人乗りはほとんどしないから使う機会がほとんどないし、ちょっとはシート高が変わるのかな?と思ってハードに切り替えてみても一人乗りだとたいして変化ない。フロントサスを含めて走りが劇的に変わるぐらいの調整を手軽に楽しみたい。まあ、だクラッチワークは自分で楽しみたいからAにしたんだけど。

 

 

普段Aに乗ってて、ASを試乗してみた。調整機能もあるけど、ハンドリングや倒し込み具合やギャップの拾い方が全然違った。短いショートレバーやペダルがあったからクラッチレバーがなくても気にならなかった。

 

 

俺には、クラッチレスは、違和感あった。バイクとしてはAの方が楽しいと思う。まあ、ASの扱いにくい部分も個性として嫌いじゃないけど。

 

 

ASは、YCC-S(自動クラッチ)が付いてるからセミオートマでシフトチェンジの時にクラッチ操作が不要だからクラッチレバーが無い。シフトダウンだけ自動ですることもできる。あと電動調整付き倒立サスで価格が30万円ぐらい高い。

 

 

大型バイクは、速く走るのは得意だけど遅く走るのは苦手だし苦痛。この弱点と長距離走る時の左手の痛みがASのクラッチレスで克服できると思う。あと電制サスで楽しみが増える。

 

 

ASは、最初は違和感あるけど慣れたらセミオートマの楽さが捨てられなくなるよ。

 

 

ASは、シフトチェンジ操作だけやれば、自動的にクラッチ操作をしてくれる。発進、停止の時もクラッチ操作しなくてよいので、渋滞にあっても左手がパンパンにならなくて済む。

 

 

ASの方は、電動調整サス以外でもフロントフォークが倒立だったり、リアサスの手前に泥はね防止のカバーが付いてあったりとAを買った俺でも羨ましいって思うことがある。

 

 

ASのYCC-Sは、必要無いけど電動調整サスと倒立は羨ましい。

 

 

ASは、YCC-Sでクラッチ操作しなくていいから、ツーリング行く時は、楽。

 

 

2016年7月25日発売の「FJR1300AS」と「FJR1300A」の違い

 

2016年7月25日に「FJR1300AS」と「FJR1300A」がマイナーチェンジされました。

 

マイナーチェンジでの主な変更点

     

  1. 6速トランスミッション
  2.  

  3. A&Sクラッチ※「FJR1300A」のみ
  4. より快適なシフト操作を実現するため、アシストカムとスリッパーカムの2種のカムを設けたA&S(アシスト&スリッパー)クラッチを採用。クラッチレバーの操作荷重を低減するとともに、減速時の穏やかな車体挙動により市街地での軽快な走りに貢献。

     

  5. 立体感あるフロントビューとLEDヘッドランプ
  6.  

  7. コーナリングランプ※「FJR1300AS」のみ
  8. ヤマハ初のコーナリングランプ(LED)を採用。走行中にバンク角に応じてイン側前方を照射する「コーナリングランプ」が順次自動点灯。バンク角の検出は、搭載の「IMU(Inertial Measurement Unit)」の高速演算処理で行い、CAN通信による「コーナリングランプコントロールユニット」で作動する仕組み。ロービーム、ハイビームいずれの場合も、浅いバンク角ではイン側のコーナリングランプの1個が点灯、バンクが深くなるにつれて2個目、3個目が追加点灯。

     

  9. 新デザインマルチファンクションメーターなど
  10.  

 

 

これまでと同じで「FJR1300AS」には、
クラッチ操作なしでシフトチェンジが可能なYCC-S(ヤマハ電子制御シフト)と
電動調整サスペンションが採用されています。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

FJR1300AS

FJR1300A

発売年

2016年7月

2016年7月

全長 (mm)

2230

2230

全幅 (mm)

750

750

全高 (mm)

1325

1325

軸間距離 (mm)

1545

1545

最低地上高 (mm)

125

130

シート高 (mm)

805

805

車両重量 (kg)

296

289

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

1297

1297

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

79

79

行程(ピストンストローク)(mm)

66.2

66.2

圧縮比(:1)

10.8

10.8

最高出力(kW)

108

108

最高出力(PS)

147

147

最高出力回転数(rpm)

8000

8000

最大トルク(N・m)

138

138

最大トルク(kgf・m)

14.1

14.1

最大トルク回転数(rpm)

7000

7000

燃料タンク容量 (L)

25

25

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

満タン時航続距離(概算・参考値)

615

615

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

CPR8EA-9

搭載バッテリー・型式

GT14B-4

GT14B-4

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4.9

4.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.8

3.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

4

4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板・遠心

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

26°00

26°00

トレール量 (mm)

109

109

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 60km/h走行時(km/L)

24.6

24.6

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

16.6

16.6

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

W

W

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

W

W

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5.5

5.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

メーカー希望小売価格(税込)

1,836,000円

1,512,000円

 

2016年7月25日発売の「FJR1300AS」と「FJR1300A」の違いの口コミ

 

 

ASはコーナーライト付いたから、AとASのヘッドランプユニットのリフレクタのデザインが違うね。

 

 

俺は、夜走ることは、めったにないからコーナリングライトを体感する機会はほとんどなさそう。

 

 

FJR1300AとASは、同じ大きさだけど、フロントフェンダーの形が違うからなんとなくASの方が大きく見えるね。

 

 

FJR1300は、ASの熟成にスポットが当てられることが多いけど、スポーツツアラーとして使うなら俺は、Aの方が断然おすすめできる。

 

 

FJR1300ASとFJR1300Aの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら