VTRとジクサーの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ジクサーとCB250Rの違いを比較

 

ホンダ CB250Rの歴史

2018年5月22日に「CB250R」と「CB250R ABS」が新登場。CB300Rをベースに排気量を249ccに落とした国内向け軽二輪モデルでMC43型CB250Fの実質的なフルモデルチェンジ車。型式は、2BK-MC52
車体色は、3色(ブラック、キャンディークロモスフィアレッド、マットクリプトンシルバーメタリック)の設定。
2019年4月19日に「CB250R」をマイナーチェンジして発売。
足つき性を向上させるため、メインステップバーの形状と前後サスを変更。また前モデルで新採用された急制動時の後輪の浮き上がりを抑制する「IMU」(車体姿勢推定システム)付ABSを全車に標準装備。車体色は、新色のマットパールアジャイルブルーを追加。従来色の3色とあわせて全4色の設定。全色ともフロントフォークのアウターをブロンズ色とした。また、マットパールアジャイルブルーとキャンディークロモスフィアレッドは、シュラウドやヘッドライトリム、フロントフェンダーをマットブラックとし、前後ホイールはブラウンを採用。

 

 

スズキ ジクサーの歴史

2014年8月にインドを中心としたアジア、中南米で先行販売した。
2015年にフルカウルを装着した SFが発表。
2017年1月27日に日本向けの仕様が正規輸入により発売。型式は、2BK-NG4BG
車体色は、ブルー、パークルブラック、ブラック×レッドの3色。
2018年6月11日にカラーチェンジ。
車体色は、ブラック×ブルー、レッド×シルバー、ブラックの3色。

 

 

ここでは、

 

2017年1月27日発売のスズキ ジクサー(2BK-NG4BG)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

 

 

ジクサーとCB250Rの比較の口コミ

 

 

自分は、スズキのエンジンが好きなんでジクサーにした。高速道路もたまにしか走らないから低中速もあるジクサーで十分。CB250Rは、軽くて高回転ではジクサーよりパワーあるけど、ホンダのバイクは、良いエンジンで良いバイクだけどなぜか響かない。スズキのエンジンのフィーリングの方が好き。まあ、好みの問題だろうけど。

 

迷ったら上位の車種を買う方が後で後悔しない。CB250Rの方がカッコいいし。

 

 

ジクサーとCB250Rの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら