GSR250SとGSR250Fの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GSR250SとGSR250Fの違いを比較

 

スズキ GSR250の歴史

2012年7月30日に「GSR250」が新登場。型式は、JBK-GJ55D
GSR250は、248ccの水冷4スト並列2気筒エンジンを搭載したロードスポーツモデル。ロングストローク型で、中低速域での扱いやすさを重視したモデル。車体色は、3色(パールネブラーブラック、サンダーグレーメタリック、キャンディカーディナルレッド)の設定。
2013年4月30日に「GSR250」のカラーを追加。
車体色は、新色1色(パールグレッシャーホワイト)と既存色3色(パールネブラーブラック、サンダーグレーメタリック、キャンディカーディナルレッド)の全4色の設定。
2013年7月25日に「GSR250」のカラーの追加。
新色のトリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイトが追加され、価格を2万円弱のアップ。
2013年12月27日に「GSR250」をマイナーチェンジ。
主な変更点は、ミラーステー形状の変更とタンク上のSエンブレムの変更。車体色は、単色3色(パールグレッシャーホワイト、キャンディカーディナルレッド、パールネブラーブラック)とツートン1色(トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト)の全4色の設定。
2014年1月10日に「GSR250S」をタイプ追加。
GSR250Sは、GSR250のハーフカウル仕様。ハンドル形状をGSR250より高く手前の位置に変更し前傾の少ない乗車姿勢に。左手元にはハザードランプスイッチを設置。車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック)の設定。
GSR250とGSR250Sの違いの比較は、こちら。
2014年7月31日に「GSR250」をマイナーチェンジ。
サイドカバーに「SUZUKI」デカールを追加。車体色は、単色が新色のトリトンブルーメタリックと既存色のパールネブラーブラックの2色の設定。ツートン色が新色のキャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラックと既存色のトリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト2色の設定。ツートン色が7月31日発売、単色が9月9日発売。
2014年9月18日に「GSR250F」をタイプ追加。
GSR250Fは、GSR250のフルカウル仕様。フロントスクリーンを装備。専用のハンドルポジション。ハンドル周りにブラックの専用塗装を施した。車体色は、2色(パールネブラーブラック、トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト)の設定。
2015年1月26日に「GSR250S」をカラーチェンジ。

サイドアッパーカウルをシルバー色に変更、ロゴデカールカラーの変更。車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック)の設定。
2017年3月30日に「GSR250」をカラーチェンジ。
車体色は、4色(パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラック、トリトンブルーメタリックNo.2/パールネブラーブラック、キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック、パールネブラーブラック)の設定。この2017年モデル(L7)をもって生産終了となった。

 

 

ここでは、
2014年1月10日発売のスズキ GSR250S(型式 JBK-GJ55D)と
2014年9月18日発売のスズキ GSR250F(型式 JBK-GJ55D)
の違いを比較しました。

 

 

GSR250SとGSR250Fのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

GSR250S

GSR250F

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

JBK-GJ55D

JBK-GJ55D

発売日

2014年1月10日

2014年9月18日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2145

2145

全幅 (mm)

790

790

全高 (mm)

1305

1255

ホイールベース (mm)

1430

1430

最低地上高(mm)

165

165

シート高 (mm)

780

780

車両重量 (kg)

188

189

最小回転半径(m)

2.5

2.7

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

40

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

29.2

29.2

原動機型式

J509

J509

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

248

248

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

53.5

53.5

行程(ピストンストローク)(mm)

55.2

55.2

圧縮比(:1)

11.5

11.5

最高出力(kW)

18

18

最高出力(PS)

24

24

最高出力回転数(rpm)

8500

8500

最大トルク(N・m)

22

22

最大トルク(kgf・m)

2.2

2.2

最大トルク回転数(rpm)

6500

6500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

13

13

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

4

4

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

520

520

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7E

CR7E

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YTX9-BS

バッテリー容量

12V 28.8kC (8Ah)/10 HR

12V 28.8kC (8Ah)/10 HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

2.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.1

2.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.4

2.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.238

3.238

2次減速比

3.285

3.285

変速比

1速 2.415/2速 1.529/3速 1.180/4速 1.042/5速 0.908/6速 0.806

1速 2.415/2速 1.529/3速 1.180/4速 1.042/5速 0.908/6速 0.806

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

46

46

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

116

116

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°00’

26°00’

トレール量 (mm)

105

105

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントサスペンションストローク(mm)

115

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

110/80-17

110/80-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

57

57

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

140/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.5

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

センタースタンド 有

センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

478,800円(消費税抜き 456,000円) トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック

514,080円(消費税抜き 476,000円) パールネブラーブラック、トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト

 

GSR250SとGSR250Fの違いを比較
GSR250SとGSR250Fの外観のサイドの違いを比較

 

GSR250SとGSR250Fの違いを比較

 

 

2014年9月18日に新発売された「GSR250F」は、GSR250シリーズのバリエーションモデルのフルカウル仕様。2014年1月10日に新発売されたハーフカウル仕様の「GSR250S」と同様、GSR250をベースに大型のフルカウル、専用のハンドルポジションが与えられた。他にもフルカウル仕様の「GSR250F」には、ハンドル周りにブラックの専用塗装が施され、ハンドル周りが精悍なイメージとなった。「GSR250F」の車体色は、「黒」と「青×白ツートーン」の2色の設定。

 

 

「GSR250F」の主な装備
  • 専用のフルカウルを装備。防風効果によって快適性を高めた。
  • スポーティーな印象を与えるデザインのフロントスクリーンを装備。
  • ハンドル位置を高速走行や長距離ツーリングなどで快適な位置にした。
  • ハンドル周りに専用の黒色塗装を施し、精悍な印象を与えた。
  • 車体色は、黒「パールネブラーブラック」と青/白「トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト」の2色。

 

 

「GSR250S」の主な装備
  • コンパクトでシャープな造形のハーフカウルを装備。250ccクラスを超えた堂々としたスタイリングをより強調しながら、防風性と快適性を高めた。
  • ハンドル形状を「GSR250」より高く手前の位置に変更し、高速走行や長距離ツーリングなどでより快適な前傾の少ない乗車姿勢に。
  • 左手元にはハザードランプスイッチを設置。
  • 車体色は、青「トリトンブルーメタリック」と黒「パールネブラーブラック」の2色。

 

GSR250SとGSR250Fのハンドルの違いを比較

 

 

2012年7月30日にネイキッドの「GSR250F」が発売。
2014年1月10日にハーフカウルの「GSR250S」が発売。
2014年9月18日にフルカウルの「GSR250F」が発売。

 

 

「GSR250F」は、ハーフカウル仕様の「GSR250S」に、アンダーカウルまで装備したフルカウル仕様だったが、「GSR250S」と比べるとアッパーカウルのスクリーン形状が異なり、「GSR250F」の方が少し低めでスポーティな印象だった。他にもハンドル位置が少し低い。つまりフルカウル仕様の「GSR250F」がGSR250シリーズで一番ツアラー向きというわけではない。。

 

 

「GSR250S」と「GSR250F」は、ホイールの色が違うね。

 

 

「GSR250F」のフレームにある、ペダルの少し前あたりのネジ穴が無印にはないね。「GSR250S」にもそれっぽいのはあるけど穴はふさがってるし。

 

 

「GSR250S」と「GSR250F」のフロントカウルも別物だしハンドルの高さも違う。

 

 

アンダー400の2014年10月号?を見たけど、「GSR250F」の紹介ページに「GSR250S」と「GSR250F」ではスクリーンの互換が難しいみたいな解説があった。ハンドル周りが当たるとか何とかで。

 

 

ゆったり乗るには、「GSR250S」の方がいいでしょ。ハンドル位置が高いし、スクリーンも長い。

 

 

楽なポジションは「GSR250S」だよ。
Webカタログによると

 

「GSR250S」は、
ハンドル位置が「GSR250」と比べ、上方に約48mm上げ、タンク側に約66mm引き寄せた。

 

「GSR250F」は、
ハンドル位置が「GSR250S」より24mm下げた。
スクリーンは「GSR250S」と比べて49mm低く、約10度寝かせた。

 

 

「GSR250S」と「GSR250F」のカタログが届いた。「GSR250S」を買うつもりだったけど、気持ちがぐらつく。「GSR250S」と「GSR250F」の違いなんてスクリーン、ハンドルの高さ、カウル、舵取り角くらいだけど、この違いが俺を迷わせる。

 

 

俺は、「GSR250S」買った。「GSR250S」は「GSR250F」よりエンジン回りの掃除がしやすいし、オイル交換の工賃が少し安いってことで自分を納得させた。

 

 

「GSR250S」のがスクリーン立ってるから風はこないよ。

 

 

俺は、「GSR250F」乗ってるけど、風は、肩から上にかかる感じ。

 

 

俺は、「GSR250S」乗ってるけど風が顔に当たる感じはあまりしない。身長や座高で違いはあると思うけど、俺は、首から下はほぼシャットアウト。ジャケットの首元にあるジッパーが揺れることもないからかなり防風効果は高いと思う。

 

 

この2つの動画を参考にして決めればいい。

 

 

 

 

 

俺は、「GSR250F」乗ってるけど、何人か「GSR250S」乗りの人と話す機会があった。「GSR250S」乗りの人が後悔してたのは、ポジションが起き過ぎてるから腰が痛いとか、膝に風が来るところ。「GSR250F」は前傾にも起き気味にもしやすいから風が強くても少し伏せればOK。

 

GSR250SとGSR250Fの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら