ST250 EタイプのキャブとFIの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ST250 EタイプのキャブとFIの違いを比較

 

スズキ ST250の歴史

2003年12月12日にST250が新登場。型式は、BA-NJ4AA
ST250は、ボルティーの後継車種として、クラシカルなフォルムを引継ぎ、比較的リーズナブルで乗りやすい250ccネイキッドのスタンダードモデルとして開発。スペックは追求せず、手軽に乗れて日常使用に適した乗りやすい仕様。249cc空冷単気筒4サイクル・SOHC2バルブバルブエンジンは、グラストラッカー/ビッグボーイ(後期型 2バルブモデル)と共通でこれらは兄弟車種にあたる。車体色は、2色(パールグラスホワイト、ソリッドブラック)。
2004年1月15日にST250Eタイプが新登場。型式は、BA-NJ4AA
ST250をベースにセル始動に加えてキック始動を併設した特別仕様のエンジンを搭載し(2004〜2007年モデル)、ヘッドランプ、ウインカー、メーターケース、マフラーなどにメッキ加飾。ガソリンタンクにグラデーション塗装を施した豪華バージョン。車体色は、2色(パールダークスペースブルー、パールネブラーブラック)。
ST250とST250Eタイプの違いの比較は、こちら。
2005年1月にST250とST250Eタイプをカラーチェンジ。
車体色は、ST250が2色(パールクリスタルレッド、ソリッドブラック)。ST250Eタイプが2色(マーブルアステカオレンジ×ファントムグレーメタリック、ソニックシルバーメタリック×ファントムグレーメタリック)。
2006年3月にST250とST250Eタイプをカラーチェンジ。
車体色は、ST250が2色(オールトグレーメタリック、ソリッドブラック)。ST250Eタイプが2色(パールシャイニーベージュ×ファントムブラックメタリック、キャンディインディブルー)。
2008年2月にST250Eタイプをマイナーチェンジ。型式は、JBK-NJ4CA
排出ガス規制対応のため、新たにフューエルインジェクションを搭載。ここからは、セル始動のみのEタイプだけとなった。車体色は、2色(キャンディソノマレッド、パールネブラーブラック)。
2008年6月にST250Eタイプの特別・限定車を発売。
車体色は、パールネブラーブラック×サンダーグレーメタリック。
2009年7月にST250Eタイプをカラーチェンジ。
車体色は、2色(ファントムブラック、ミストグリーンメタリック)。
2012年3月20日にST250Eタイプをカラーチェンジ。

車体色は、2色(グラスミッドナイトブラウン、ミストグリーンメタリック)。
2012年4月25日にST250Eタイプのカラー追加。
車体色は、3色(グラスミッドナイトブラウン、パールネブラーブラック×パールミラージュホワイト、ミストグリーンメタリック)。
2012年8月30日にST250Eタイプをカラーチェンジ。
車体色は、3色(キャンディダークチェリーレッド、 パールミラージュホワイト×パールネブラーブラック、グラスミッドナイトブラウン)。
2014年4月14日にST250Eタイプをカラーチェンジ。
これが最終モデル。車体色は、3色(フォックスオレンジメタリック×グラススパークルブラック、パールミラージュホワイト×グラススパークルブラック、グラスミッドナイトブラウン)。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2006年3月発売のスズキ ST250 Eタイプ(型式 BA-NJ4AA)と
2008年2月発売のスズキ ST250 Eタイプ(型式 JBK-NJ4CA)
の違いを比較しました。

 

 

ST250 EタイプのキャブとFIのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

ST250 E-Type

ST250 E-Type

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

BA-NJ4AA

JBK-NJ4CA

発売日

2006年3月

2008年2月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2070

2070

全幅 (mm)

750

750

全高 (mm)

1075

1075

ホイールベース (mm)

1375

1375

最低地上高(mm)

165

165

シート高 (mm)

770

770

乾燥重量 (kg)

129

-

車両重量 (kg)

-

146

最小回転半径(m)

2.4

2.4

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

55

48

原動機型式

J438

J438

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

72

72

行程(ピストンストローク)(mm)

61.2

61.2

圧縮比(:1)

9.2

9.2

最高出力(kW)

15

14

最高出力(PS)

20

19

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

22

21

最大トルク(kgf・m)

2.2

2.1

最大トルク回転数(rpm)

6000

5500

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

BSR32

-

燃料タンク容量 (L)

12

12

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

660

576

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR8EA

DR8EA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX7L-BS

バッテリー容量

12V-6Ah

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.9

1.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.3

1.3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.4

1.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.238

3.238

2次減速比

2.866

2.866

変速比

1速 2.635/2速 1.687/3速 1.200/4速 0.952/5速 0.818

1速 2.635/2速 1.687/3速 1.200/4速 0.952/5速 0.818

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

43

43

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

108

108

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°55

25°55

トレール量 (mm)

92

92

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

タイヤ(前)

90/90-18

90/90-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

51

51

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(後)

110/90-18

110/90-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

61

61

タイヤ(後)速度記号

S

S

ホイールリム幅(前)

1.85

1.85

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.5

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.75

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W

21/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

397,950円
キャンディインディブルー、
パールシャイニーベージュ/ファントムブラックメタリック

450,450円
パールネブラーブラック、
キャンディソノマレッド

 

ST250 EタイプのキャブとFIの違いを比較

 

ST250 EタイプのキャブとFIの違いを比較

 

 

2008年2月のマイナーチェンジの変更点

 

  • 従来のキャブレター方式を廃止し、インジェクション方式を採用し、始動性の向上・燃焼効率の改善・低排出ガス化を実現。
  •  

  • マフラーは、従来の触媒レスマフラーから触媒付きマフラーに変更。
  •  

  • 2007年9月1日に施行された平成18年自動車排出ガス規制に対応。
  •  

  • 型式が「BA-NJ4AA」 から 「JBK-NJ4CA」に変更。
  •  

  • 従来は、セルフ・キック 併用式だったが、キック始動が廃止され、セル始動のみとなり、点火方式もCDIからフルトランジスタに統一。
  •  

  • フレームのカラーリング変更と全体的な質感を向上し、外観のクオリティが上がった。
  •  

  • 出力は、19PS/7,500rpmに下がったが、実用トルクが若干上がった。
  •  

  • 車両重量表記が、129 kg(乾燥重量)から146 kg(装備重量)へ改められた。
  •  

  • これまでは、「ST250」と「ST250 E type」の2タイプあったが、このマイナーチェンジから「ST250 E type」に統合する形で、2008年モデルからは名称が「ST250 E type」の1車種のみとなった。

 

 

ST250 EタイプのキャブとFIのスペック表の違う部分

 

●モデルチェンジ区分
カラーチェンジ → マイナーチェンジ

 

●型式
BA-NJ4AA → JBK-NJ4CA

 

●発売日
2006年3月 → 2008年2月

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)
55 → 48

 

●最高出力(kW)
15 → 14

 

●最高出力(PS)
20 → 19

 

●最大トルク(N・m)
22 → 21

 

●最大トルク(kgf・m)
2.2 → 2.1

 

●最大トルク回転数(rpm)
6000 → 5500

 

●燃料供給方式
キャブレター → フューエルインジェクション

 

●満タン時航続距離(概算・参考値)
660 → 576

 

●エンジン始動方式
セルフ・キック 併用式 → セルフスターター式

 

●メーカー希望小売価格
397,950円 → 450,450円

 

 

FIエンジンのEタイプは、燃料コックもチョークも無いし、FI部分の見た目もキャブと違うよ。一番の違いは、極寒時の始動性。

 

 

FIが搭載されてるのは、全部Eタイプ。
キックは廃止されたけど。

 

 

俺は、どうしてもキックが欲しくてキャブにした。

 

 

2009年7月時点でインジェクションの中古は乗り出し25万円くらい〜。キャブの新車並みの中古は、20万円くらい〜。インジェクションの新車は、40万円は切るくらい。キャブは、30万円くらい。

 

 

楽に乗りたい人は、FI。冬でも大体一発で始動するし、ガソリン溢れない。あまり詰まらない。調整いらない。自動チョーク。でもマフラーを交換しにくい。アクセルレスポンスやセッティング自由度や弄りやすさはキャブの方が上。

 

ST250Eタイプの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら