スカイウェイブ250 Type1とType2の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

スカイウェイブ250 Type1とType2の違いを比較

 

スズキ スカイウェイブ250の歴史

1998年2月に「スカイウェイブ250 TypeT」が新登場。型式は、BA-CJ41A
4バルブエンジンを採用。装備では、A3アタッシュケースが収納可能な大型トランク、足つき性向上のフロアボード、前後連動ディスクブレーキ、13インチタイヤ、いたずら防止のシャッター付きメインキーなどを採用。車体色は、3色(フラッシュシルバーメタリック、パールノベルティブラック、キャンディディープグレープマルーン)。
1998年3月に「スカイウェイブ250 TypeU」が新登場。
「TypeU」は、「TypeT」にタンデムバックレスト、メッキミラー、パーキングブレーキを装備したもの。
1999年7月に「スカイウェイブ250」を発売。型式は、BA-CJ42A
スズキ「S」エンブレムをフロントグリルに追加。SBS東日本、SBS大阪の企画で、輸出仕様の金色(シャンパンゴールド)の「スカイウェイブTypeU」が120台限定発売。車体色は、6色(フラッシュシルバーメタリック、パールノベルティブラック、キャンディディープグレープマルーン、パールスティルホワイト、パールスズキディープブルー、シャンパンゴールド)。
1999年9月「スカイウェイブ250」をマイナーチェンジ。
新排ガス規制に対応。スロットルポジションセンサーを装備し、加速性能が向上。バッテリー容量をアップ(6AH→8Ah)。タンデムフットボードを大型化。センタースタンドの形状を変更。メーターデザイン(ハーフミラーから黒地へ)を変更。車体色は、3色(ソニックシルバーメタリック、サターンブラックメタリック、ライトガーニッシュゴールドメタリック)。
1999年12月に「スカイウェイブ250 TypeU」の新色を追加。
車体色にパールスティルホワイトとストームブルーグレーメタリックを追加。
2000年7月1日に「スカイウェイブ250」をマイナーチェンジ。また特別・限定仕様の「スカイウェイブ250 80周年記念モデル」を発売。
マイナーチェンジでは、フルモデルチェンジに近い変更で、シート下トランクの容量を拡大し、トランク内用の照明を採用。前後のシート形状を変更し、着座時の安定感が向上。タンデムスクリーン内部にエアインテークを採用。パーキングブレーキを改良。車体後部デザインの一新(高級四輪車風のリヤコンビネーションランプ)など、質感が増し、実用性も高まった。車体色は、3色(パールフロスティホワイト、ソニックシルバーメタリック、パールストームブルーグレー)。「スカイウェイブ250 80周年記念モデル」は、専用カラー(パールグラスホワイト×チタニウムゴールドメタリック)を採用し、グリップヒーターとナックルガードを標準装備。また、バックレスト、パーキングブレーキ、メッキミラーは標準装備となり、初代に設定されていた「TypeT」と「TypeU」は廃止となった。
2001年10月に「スカイウェイブ250」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールフロスティホワイト、ソニックシルバーメタリック、ギャラクシーシルバーメタリック)。
2002年8月8日に「スカイウェイブ250」をフルモデルチェンジ。型式は、BA-CJ43A
ボリューム感のあるフロントマスクデザインを採用。2灯式マルチリフレクターヘッドライトを採用。フューエルインジェクションの搭載で始動性と燃費を向上。メインキーシートオープン、55リットルの大容量トランク、DC電源ソケット装備など。エンジンやサスペンションなどは、従来と同じ。車体色は、4色(パールグラスホワイト、ソニックシルバーメタリック、カームブルーメタリック、パールノベルティブラック)。

2004年7月に「スカイウェイブ250」をマイナーチェンジ。
盗難抑止効果が高い「イモビライザー」を装備。「トランスポンダー式」のイモビライザーで、オリジナルのキー以外では始動できない仕組み。車体色は、3色(パールグラスホワイト、ソニックシルバーメタリック、パールネブラーブラック)。
2005年6月に「スカイウェイブ250」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(オールドグレーメタリック)。
2006年4月27日に「スカイウェイブ250」をフルモデルチェンジ。型式は、BA-CJ44A
デザインを一新。エンジンがDOHC化され、フレームも新開発。初の全面改良となった。キーレススタートシステムを採用。メットイン容量も拡大。車体色は、1色(オールドグレーメタリック)。
2007年12月に「スカイウェイブ250」をマイナーチェンジ。型式は、JBK-CJ46A
2007年3月にスカイウェイブ250タイプMが新発売され、2007年で「スカイウェイブ250」はラインナップから消えた。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
1998年2月発売のスズキ スカイウェイブ250 TypeT(型式BA-CJ41A)と
1998年3月発売のスズキ スカイウェイブ250 TypeU(型式BA-CJ41A)
の違いを比較しました。

 

 

スカイウェイブ250 Type1とType2のスペック表の違い

数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

スカイウェイブ250 TypeT

スカイウェイブ250 TypeU

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

BA-CJ41A

BA-CJ41A

発売日

1998年2月

1998年3月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2260

2260

全幅 (mm)

765

765

全高 (mm)

1360

1360

ホイールベース (mm)

1590

1590

最低地上高(mm)

125

125

車両重量 (kg)

175

176

乗車定員(名)

2

2

原動機型式

J429

J429

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73

73

行程(ピストンストローク)(mm)

59.6

59.6

圧縮比(:1)

10.7

10.7

最高出力(PS)

23

23

最高出力回転数(rpm)

7000

7000

最大トルク(kgf・m)

2.5

2.5

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料タンク容量 (L)

13

13

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX7A-BS

YTX7A-BS

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

自動変速

1次減速比

2.275

2.275

2次減速比

2.933

2.933

フレーム型式

パイプバックボーン

パイプバックボーン

キャスター角

27°00

27°00

トレール量 (mm)

105

105

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

110/90-13

110/90-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

55

55

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-13

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

57

57

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W

 

スカイウェイブ250 Type1とType2の違いを比較

 

スカイウェイブ250 Type1とType2の違いを比較

 

 

「スカイウェイブ250TypeU」は、「スカイウェイブ250TypeT」にタンデムバックレスト、メッキミラー、パーキングブレーキを装備したもの。

 

スカイウェイブ250 Type1とType2の装備の違い

?装備

スカイウェイブ250 Type1

スカイウェイブ250 Type2

パーキングブレーキ

×

前後連動ブレーキ機構

アンチロックブレーキシステム(ABS)

×

×

フロントサスペンション調整 

×

×

リアサスペンション調整

×

×

ポジションランプ(フロントウインカー兼用)

ハザードランプ

ハイマウントストップランプ

×

×

オートキャンセルウインカー

×

×

タコメーター

×

×

燃料計 

水温計

時計(デジタル)

ツイントリップメーター(デジタル)

シート下トランク(容量33リットル、照明装備)

フロントトランク(3.2リットル)

フロアトランク

×

×

チケットボックス

ライダーバックレスト

タンデムバックレスト

×

盗難防止装置(シャッター付鍵穴)

リアキャリア

オプション

オプション

アイドリングストップ機構

×

×

アクセサリー電源ソケット

×

×

メッキミラー

×

 

 

スズキの「スカイウェイブシリーズの始まりは、1998年2月に発売された「スカイウェイブ250 TypeT」だった。これによりホンダ、ヤマハに続いてスズキもビッグスクーター市場に参入した。「スカイウェイブ250 TypeT」は、排気量249ccの4バルブの水冷単気筒エンジンをバックボーンフレームに搭載。ユニットスイングながらもリンク式モノショックとし、前後13インチホイールを採用するなど、走行性能で他社と差別化を図った。その1ヶ月後に「スカイウェイブ250 TypeT」にタンデムバックレスト、メッキミラー、パーキングブレーキを装備した「スカイウェイブ250 TypeU」が新登場した。

 

2000年前後には、ビッグスクーターブームが起こったが、スカイウェイブ250の発売は、その前のことだった。

 

 

スカイウェイブ250 TypeUだけリミテッドバージョンがある。1999年11月に「スカイウェイブtype2」にグリップヒーター、大型ナックルガード、専用ツートンカラー、専用エンブレムを装備した冬季仕様リミテッドが発売された。

 

スカイウェイブ250 Type1とType2の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら