SV650とVストローム650の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

SV650とVストローム650の違いを比較

 

スズキ SV650の歴史

2016年8月11日に新型「SV650 ABS」の日本国内仕様が新登場。型式は、2BL-VP55B
「SV650」は、650ccV型2気筒エンジンを搭載したスリムで軽量なロードスポーツバイク。エンジンはグラディウス650に搭載のものを欧州EURO4排出ガス規制(日本の平成28年規制と同等)対応のため改良。また極低回転域での補助を行う「ローRPMアシスト」を搭載。車体もグラディウスからの改良で大幅に軽量化。車体色は、3色(パールグレッシャーホワイト、パールミラレッド、マットブラックメタリックNo.2)の設定。
グラディウス650とSV650の違いを比較は、こちら。
2018年1月26日に「SV650 ABS」をマイナーチェンジ。
変更点は、カラーリングの変更、ハンドルレバー色を黒に変更、タイヤの銘柄をDUNLOP ROAD SMART IIIへ変更。車体色は、3色(トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト、グラススパークルブラック、マットブラックメタリックNo.2)の設定。
SV650の2018年1月26日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2018年1月26日に「SV650X ABS」を発売。
「SV650X ABS」は、「SV650 ABS」をベースにしたカフェレーサーカスタムの日本向けモデル。先行した欧州向けモデルと基本的に同じだがカラーグラフィックが異なり、モデル名も「SV650X ABS」とされた。車体色は、1色(オールトグレーメタリックNo.3)の設定。
SV650とSV650Xの違いの比較は、こちら。
2019年1月23日に「SV650 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(グラススパークルブラック/パールグレッシャーホワイト、オールトグレーメタリックNo.3、グラススパークルブラック)の設定。
2019年1月29日に「SV650X ABS」をマイナーチェンジ。
ブレーキキャリパーの変更(2ピストンから4ピストンへグレードアップ)、マフラーカバーの変更、シート色の変更(ブラック×グレーからブラウン×ブラック)。車体色は、1色(オールトグレーメタリックNo.3)の設定。
2020年3月18日に「SV650 ABS」と「SV650X ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「SV650 ABS」が3色(ミスティックシルバーメタリック、マットブラックメタリックNo.2、グラススパークルブラック)の設定。「SV650X ABS」がグラススパークルブラックのみ。
2021年1月28日に「SV650 ABS」と「SV650X ABS」をカラーチェンジ。

車体色は、「SV650 ABS」が3色(グラススパークルブラック×ブリリアントホワイト、グラススパークルブラック、マットブラックメタリック No.2)。「SV650X ABS」が1色(グラススパークルブラック)。
2022年1月26日に「SV650 ABS」と「SV650X ABS」をマイナーチェンジ。型式は、8BL-VP55E
平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合し、認定型式が「8BL-VP55E」に変更。規制適合に伴い、エンジンの出力やトルクが若干下がり、燃費数値も変わった。車体色は、「SV650 ABS」と「SV650X ABS」ともに2021年モデルのカラーを継続。「SV650X ABS」は、2022年1月28日発売。
SV650の「型式 2BL-VP55B」と「型式 8BL-VP55E」の違いの比較は、こちら。

 

 

スズキ Vストローム650ABSの歴史

2013年1月8日に欧州・北米を中心に好評を得てきた「Vストローム650 ABS」を国内導入。型式は、EBL-VP56A
「Vストローム650」は、スズキが製造しているツアラーおよびデュアルパーパスタイプのオートバイ。2003年に「DL650」の名称で欧州・アメリカ・オーストラリアで販売。エンジン、燃料噴射装置ともに「SV650」のものを採用。2011年7月にABSを搭載。2013年に日本国内仕様として「Vストローム650」の名称で販売開始。車体色は、3色(パールビガーブルー、パールグレッシャーホワイト、サンダーグレーメタリック)。
2013年11月28日に「Vストローム650 ABS」をカラーチェンジ。
タンク両側の「Sエンブレム」を変更。車体色は、3色(キャンディダーリングレッド、パールブレーシングホワイト、サンダーグレーメタリック)。
2014年10月10日に「Vストローム650 ABS」をカラーチェンジ。また「Vストローム650XT ABS」をタイプ追加
車体色は、「Vストローム650 ABS」が3色(トリトンブルーメタリック、マットフィブロイングレーメタリック、パールブレーシングホワイト)。「Vストローム650XT ABS」は、3色(マットフィブロイングレーメタリック、トリトンブルーメタリック、パールブレーシングホワイト)。
Vストローム650とVストローム650XTの違いの比較は、こちら。
2015年9月30日に「Vストローム650 ABS」と「Vストローム650XT ABS」をカラーチェンジ。
マフラーカバーの色をマットチタニウムシルバーに変更。車体色は、どちらも3色(グラススパークルブラック、キャンディダーリングレッド、マットフィブロイングレーメタリック)。
2017年5月30日に「Vストローム650 ABS」と「Vストローム650XT ABS」をフルモデルチェンジ。型式は、2BL-C733A
Vストローム650とVストローム1000でイメージデザインの統一。平成28年国内排出ガス規制に対応した新エンジンの採用で出力とトルクが向上。トラクションコントロールを採用。ワンプッシュでエンジンを始動できるスズキイージースタートシステムや発進時のエンジンの落ち込みを感じくくし安心感を与えてくれるローRPMアシストを採用。スクリーンは、従来より9mm高くなった。12Vのアクセサリーソケットを採用。車体色は、どちらも3色(チャンピオンイエローNo.2、パールグレッシャーホワイト、グラススパークルブラック)。
Vストローム650の 「EBL-VP56A」と「2BL-C733A」の違いを比較
2018年3月16日に「Vストローム650 ABS」と「Vストローム650XT ABS」をカラーチェンジ。
カラーリングとデカールを変更。車体色は、どちらも3色(チャンピオンイエローNo.2、グラススパークルブラック、パールグレッシャーホワイト)。
2019年3月28日に「Vストローム650 ABS」と「Vストローム650XT ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「Vストローム650 ABS」が3色(キャンディダーリングレッド、グラススパークルブラック、パールグレッシャーホワイト)。「Vストローム650XT ABS」が3色(チャンピオンイエローNo.2、キャンディダーリングレッド、パールグレッシャーホワイト)。

2020年3月18日に「Vストローム650 ABS」と「Vストローム650XT ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「Vストローム650 ABS」が3色(パールグレッシャーホワイト、ソリッドアイアングレー、グラススパークルブラック)。「Vストローム650XT ABS」が3色(チャンピオンイエローNo.2、パールビガーブルー、グラススパークルブラック)。
2021年3月12日に「Vストローム650 ABS」と「Vストローム650XT ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「Vストローム650 ABS」が2色(ブリリアントホワイト、オールトグレーメタリック No.3)。「Vストローム650XT ABS」が4色(チャンピオンイエローNo.2、ブリリアントホワイト、グラススパークルブラック×キャンディダーリングレッド、グレー×オールトグレーメタリックNo.3)。
2022年3月28日に「Vストローム650 ABS」と「Vストローム650XT ABS」をマイナーチェンジ。型式は、8BL-C733M
平成32年(令和2年)国内排出ガス規制対応。車体色は、「Vストローム650 ABS」が2色(ブリリアントホワイト、グラススパークルブラック)。「Vストローム650XT ABS」が4色(チャンピオンイエローNo.2、ブリリアントホワイト、パールビガーブルー×マットソードシルバーメタリック、グラススパークルブラック)。
Vストローム650の「型式 2BL-C733A」と「型式 8BL-C733M」の違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、
2018年1月26日発売のスズキ SV650 ABS(型式 2BL-VP55B)と
2017年5月30日発売のスズキ Vストローム650 ABS(型式 2BL-C733A)
の違いを比較しました。

 

 

SV650とVストローム650のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

SV650 ABS

V-Strom 650 ABS

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

2BL-VP55B

2BL-C733A

発売日

2018年1月26日

2017年5月30日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2140

2275

全幅 (mm)

760

835

全高 (mm)

1090

1405

ホイールベース (mm)

1450

1560

最低地上高(mm)

135

170

シート高 (mm)

785

835

車両重量 (kg)

197

212

最小回転半径(m)

3

2.7

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

37.5

35.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

26.6

24.2

原動機型式

P511

P515

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

90

90

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

645

645

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

81

81

行程(ピストンストローク)(mm)

62.6

62.6

圧縮比(:1)

11.2

11.2

最高出力(kW)

56

51

最高出力(PS)

76.1

69

最高出力回転数(rpm)

8500

8800

最大トルク(N・m)

64

61

最大トルク(kgf・m)

6.5

6.2

最大トルク回転数(rpm)

8100

6500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

14

20

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

525

484

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

MR8E-9

MR8E-9

点火プラグ必要本数・合計

4

-

搭載バッテリー・型式

FT12A-BS

FTX12-BS

バッテリー容量

12V 36.0kC(10 Ah)/10 HR

12V-10Ah(10HR)

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3

3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.4

2.4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.75

2.75

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.088

2.088

2次減速比

3.066

3.133

変速比

1速 2.460/2速 1.776/3速 1.379/4速 1.125/5速 0.961/6速 0.851

1速 2.460/2速 1.776/3速 1.379/4速 1.125/5速 0.961/6速 0.851

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

46

47

チェーンサイズ

520

525

標準チェーンリンク数

112

118

フレーム型式

スチール製トラスパイプフレーム

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

26°00

トレール量 (mm)

106

110

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

-

フロントフォーク径(φ)

41

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

110/80R19

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

59

タイヤ(前)速度記号

(W)

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

150/70R17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.25

2.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.8

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H9

ヘッドライト定格(Lo)

-

55W

ヘッドライトタイプ(Lo)

-

H7

テールライトタイプ

LED

-

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
DCソケット 有
可変スクリーン 有
キャリア 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

738,720円(消費税抜き本体価格 684,000円)
トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト(AGQ)、
グラススパークルブラック (YVB)、
マットブラックメタリックNo.2 (YKV)

907,200円(消費税抜き 840,000円)
チャンピオンイエローNo.2、
パールグレッシャーホワイト、
グラススパークルブラック

販売計画台数(国内・年間)

-

シリーズ合計960台(「V-Strom650 ABS」と「V-Strom650XT ABS」と「V-Strom1000 ABS」と「V-Strom1000XT ABS」の合計)

 

SV650とVストローム650の違いを比較

 

SV650とVストローム650の違いを比較

 

 

長距離ツーリングならVストローム650の方が快適。
SV650でロングツーリングは、ケツがきついよ。

 

 

Vストローム650のシートは最高に良かった。
SV650のシートは、薄いからツーリング用ではないってこと。

 

 

SV650は、数少ない国産Vツインスポーツ。Vストロームより万人向けの外観というメリットがある。

 

 

長時間高速走るならカウルによる疲労度の少なさでVストローム650。
街乗りや峠では、フロント17インチの軽快感が魅力なSV650。

 

 

峠やら山道を楽しく楽しみたいに特化させてるのがSV650。
体が小さめの人ならバイザー付ければツーリングもこなせる。
Vストローム650は、跨ったけど足つきがきつい。

 

 

SV650とVストローム650で悩んでる。Vストローム650に決めきれない理由は、車体が微妙にデカイのと足つきの問題。SV650は、凄く軽くて足つきも良いし、取り回しが抜群なのが良い。

 

 

SV650をツーリング仕様にするくらいなら最初からVストローム650にした方が幸せになれると思う。Vストローム650の足つきは太ももが当たる部分のカウルを外して純正ローシート(柔らかめ)にすれば効果ある。最悪ローダウンだけでもSV650と同じシート高だし。重いのは慣れるしかないけど。

 

 

SV650は、Vストローム650以上に普段使い重視と思う。ツーリングに使ってもいいけどね。

 

 

Vストローム650は、でかいし、取り回しが厄介。

 

 

大型の国産スポーツVツインはSV650とVストローム650だけ。

 

 

ヒザスリ命でたまにツーリングの人は、SV650でしょ。170cm以下にVストローム650はキツイ。ローダウンしたの借りたけど、コーナー曲がらない。

 

 

SV650は、一台持ちに向いてるバイク。Vストローム650は、ロンツーでは快適だけど一台持ちには少しデカいし重い。まあ用途次第だね。SV650でもツーリングは、全然いけそうだけど、快適性ではVストローム650だろうね。

 

 

Vストローム650検討してたが普段使いのことを考えたらSV650の方がいい気がしてきた
。積載もタナックスのリヤバッグに全部収まるし。

 

 

Vストローム650に跨がってきた。展示車が ローシートになってたから足つきは何とかなるかなって感じだったけど、前方の視界がかなり圧迫感がある感じ。メーター類もかなり高い位置にあるね。俺の背が低いせいだけどもう数cm視点が高ければ気にならないのかも。SV650のも跨がってみたけど、だいぶ気持ちがSV650に傾いた。

 

SV650とVストローム650の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら