BOLTとSCR950の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

BOLTとSCR950の違いを比較

 

ヤマハ BOLTの歴史

2013年12月10日に「BOLT」と「BOLT Rスペック」が新登場。型式は、EBL-VN04J
ボルトは、日本国外専用モデルのミッドナイトスター(XVS950)の派生モデルとして登場。クルーザー(アメリカン)ながらもネイキッドに近いスポーティーなモデル。2013年4月に北米向けモデルとして発売され、日本国内モデルは、2013年12月に発売。「BOLT Rスペック」は、ゴールドリザーバータンク付きリアサスペンションや切削ホイールなどを装備した上級モデル。車体色は、「BOLT」が2色(ブラックメタリックX、ブルーイッシュホワイトカクテル1)の設定。「BOLT Rスペック」が2色(ブラックメタリックX、マットグレーメタリック3)の設定。
2014年1月20日に「BOLT」と「BOLT Rスペック」のABS装備車を発売。
車体色は、「BOLT(A)」、「BOLT-R(A)」ともにブラックメタリックXの1色の設定。
2014年7月26日に「BOLT Rスペック ABS YSP 30th Anniversary Edition」を発売。
ゴールドリザーバータンク付きリアサスペンションなどを装備してアップグレードモデルとしたBOLT-Rをベースにオリジナルのグリーンのタンクを採用したYSP誕生30周年記念モデル。
2015年2月14日に「BOLT」、「BOLT-R」、「BOLT-R(A)」をカラーチェンジ。
車体色は、「BOLT」が新色2色(ペールブルーメタリックJ、ディープレッドメタリックK)の設定。「BOLT-R」が2色(ブラックメタリックX、マットグレーメタリック3)の設定。「BOLT-R(A)」が新色2色(マットシルバー1、マットグレーメタリック3)とブラックメタリックXの3色の設定。
2015年3月10日に「BOLT Cスペック」と「BOLT Cスペック(ABS装着車)」を発売。
BOLTのプラットフォームをベースに、よりスポーティな走行が楽しめるライディングポジションへの変更(ハンドルとシート形状、フットレスト位置変更)、クラシカルなイメージのフロントフォークブーツ採用、メーターとウインカー位置の変更、リザーブタンク付きリアサスペンション装備(BOLTRスペックベースでサスペンション全長変更)などを施した。車体色は、「BOLT-C」、「BOLT-C(A)」ともに2色(マットグレーメタリック3とペールブルーメタリックJ)の設定。
BOLTとRスペックとCスペックの違いの比較は、こちら。
2016年2月10日に「BOLT」、「BOLT-R」、「BOLT-R(A)」をカラーチェンジ。
車体色は、「BOLT」が新色のダルパープリッシュブルーメタリックXの1色の設定でタンクの「BOLT」ロゴを刷新。「BOLT-R」が新色2色(イエローイッシュグレーメタリック5、ビビッドレッドカクテル1)の設定。「BOLT-R(A)」が新色2色(イエローイッシュグレーメタリック5、ビビッドレッドカクテル1)の設定でタンクには「Star」のロゴをあしらった。
2016年3月1日に「BOLT Cスペック ABS 60th Anniversary 」を受注生産で限定発売。
イエロー地にブラックの「スピードブロック」のタンク、イエローステッチのシート、ブラック仕上げのヘッドライトリム・メーターリング・テールライトユニットを装備。車体色は、ライトレディッシュイエローソリッド1。
2017年5月25日にBOLTシリーズをマイナーチェンジし「BOLT ABS」と「BOLT Rスペック ABS」を発売。型式は、2BL-VN09J

溶接後の処理が目立たないフランジレス燃料タンク(容量1L増加の13L)の採用。また「BOLT ABS」のみスポークホイールを新採用。車体色は、「BOLT ABS」がブラックメタリックXの1色。「BOLT Rスペック ABS」は、ダルレッドカクテルBとライトグレーメタリックBの2色。
BOLTの「EBL-VN04J」と「2BL-VN09J」の違いの比較は、こちら。
2018年4月20日に「BOLT ABS」と「BOLT R スペック ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「BOLT ABS」がブラックメタリックXの1色。「BOLT Rスペック ABS」が新色2色(ブルーイッシュグレーソリッド4、ビビッドパープリッシュブルーカクテル5)の設定。
2019年5月16日に「BOLT ABS」と「BOLT R スペック ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「BOLT ABS」が新色のブラックメタリックXの1色。「BOLT Rスペック ABS」が新色のマットシルバー1の1色。
2020年6月18日に「BOLT ABS」と「BOLT R スペック ABS」をマイナーチェンジ。
ポジションランプを追加したヘッドランプを採用。車体色は、「BOLT ABS」がブラックメタリックXの1色。「BOLT Rスペック ABS」がダークパープリッシュブルーメタリックUの1色。

 

 

ヤマハ SCR950の歴史

2017年5月25日に「SCR950 ABS」が新登場。型式は、 2BL-VN09J
コンセプトは、「Tough Explorer」。鼓動感のある941cm3空冷4ストロークVツインFIエンジンを搭載。自由度の高いライディングポジションの採用。1960年代のオンロード・オフロードを走行する「スクランブラー」を思わせるスタイリングを再現したモデルとして開発。車体色は、2色(ビビッドレッドカクテル1、ダークブルーイッシュグレーメタリック8)の設定。

 

 

ここでは、
2017年5月25日発売のヤマハ BOLT ABS(2BL-VN09J)と
2017年5月25日発売のヤマハ SCR950 ABS(2BL-VN09J)
の違いを比較しました。

 

 

BOLTとSCR950のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

BOLT ABS

SCR950 ABS

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

2BL-VN09J

2BL-VN09J

発売日

2017年5月25日

2017年5月25日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2290

2255

全幅 (mm)

830

895

全高 (mm)

1120

1170

ホイールベース (mm)

1570

1575

最低地上高(mm)

130

145

シート高 (mm)

690

830

車両重量 (kg)

252

252

最小回転半径(m)

3.3

-

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

30.7

31

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

21.2

21.2

原動機型式

N609E

N609E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

60

-

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

941

941

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

85

85

行程(ピストンストローク)(mm)

83

83

圧縮比(:1)

9

9

最高出力(kW)

40

40

最高出力(PS)

54

54

最高出力回転数(rpm)

5500

5500

最大トルク(N・m)

80

80

最大トルク(kgf・m)

8.2

8.2

最大トルク回転数(rpm)

3000

3000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

13

13

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ14S

YTZ14S

バッテリー容量

12V-11.2Ah 10H

11.2Ah10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4.3

4.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.7

3.7

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

4

4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

1.674

1.674

2次減速比

2.333

2.333

変速比

1速 3.065/2速 2.062/3速 1.577/4速 1.258/5速 1.041

1速 3.065/2速 2.062/3速 1.577/4速 1.258/5速 1.041

動力伝達方式

ベルト

ベルト

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

29°00

29°00

トレール量 (mm)

130

130

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

タイヤ(前)

100/90-19

100/90-19

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

57

57

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

150/80B16

140/80-17

タイヤ(後)構造名

ベルテッドバイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

71

69

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

2.5

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

3.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.8

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

車両装備:アンチロックブレーキ(ABS)

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有

メーカー小売価格/カラーバリエーション

961,200円 ブラックメタリックX

1,060,560円 ビビッドレッドカクテル1
ダークブルーイッシュグレーメタリック8

国内年間目標販売台数

500台

300台

 

BOLTとSCR950の違いを比較

 

BOLTとSCR950の外観のサイドの違いを比較

 

BOLTとSCR950の違いを比較

 

 

SCR950のベースは、BOLTシリーズだが、リアフレーム周りが一新され、ロング&フラットなシートが採用された。他にも幅広のハンドルやフットレストの位置の変更などもされ、ライディングポジションがボバーからスクランブラーへ変わった。足回りも前後にスポークホイールが採用され、リアはサイズも変更され17インチになった。

 

 

「BOLT」は、日本国外専用モデルのミッドナイトスター(XVS950)の派生モデルとして登場。シリーズ第1弾として2013年4月に北米向けモデルとして発売された。日本国内モデルは、2013年12月10日に発売。

 

「SCR950」は、2016年に北米・欧州市場向けに発表されたモデルでエンジンと車体は、「BOLT」がベースだが、アップハンドルに換装し、シートを長くし、前後ホイールをワイヤースポークとしてトレールタイヤを装備。それによって「スクランブラー」をイメージしたデザインとなり、ベースの「BOLT」と同様に「スポーツヘリテージ」として位置づけられてる。「SCR950」の国内仕様は、2017年5月25日に「SCR950 ABS」が発売。

 

 

SCR950とBOLTは、型式が同じだね。

 

 

BOLTとSCR950のスペック表の違う部分

 

●タイプグレード名
BOLT ABS → SCR950 ABS

 

●モデルチェンジ区分
マイナーチェンジ → 新登場

 

●全長 (mm)
2290 → 2255

 

●全幅 (mm)
830 → 895

 

●全高 (mm)
1120 → 1170

 

●ホイールベース (mm)
1570 → 1575

 

●最低地上高(mm)
130 → 145

 

●シート高 (mm)
690 → 830

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)
30.7 → 31

 

●タイヤ(後)
150/80B16 → 140/80-17

 

●タイヤ(後)構造名
ベルテッドバイアス → バイアス

 

●タイヤ(後)荷重指数
71 → 69

 

●メーカー小売価格
961,200円 → 1,060,560円

 

●国内年間目標販売台数
500台 → 300台

 

 

SR400から大型への乗り換えも狙ってCスペック出したけど、アメリカンベースは受けなかったから、SR400に寄せたSCR950を出してきたんじゃない?

 

 

SCR950は、シート高830mmだからチビの俺には、辛いな。

 

 

SCR950は、シート高が上がって、その分バンク角が増えたね。

 

 

SCR950は、ハンドル位置に加えてシート高も上がってた。ハンドルは、オフ車によくあるシンプルなタイプ。跨げなかったけど、かなり楽そうだった、

 

 

SCR950は、カッコイイね。BOLTにカフェレーサースタイル、バンク角を求めればCスペックになるけど、自分には、Cスペックの前傾姿勢は辛かった。SCR950は、立ち姿勢でバンク角もありそうでいいね。

 

 

2020年7月7日に東京の同じバイク屋で
BOLTの新車のブラックの
車体価格が81.07万円
乗り出し価格が88.17万円

 

SCR950の新車のレッドの
車体価格が87.89万円
乗り出し価格が96.76万円

 

BOLTとSCR950の中古車価格と買取価格の相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら