CBR650FとVFR800Fの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CBR650FとVFR800Fの違いを比較

 

ホンダ CBR650Fの歴史

2014年4月21日に「CBR650F」が新登場。型式は、EBL-RC83
新開発の水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒650ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル「CBR650F」を発売。ABSは、標準装備。車体色は、3色(パールグレアホワイト、ヴィクトリーレッド、グラファイトブラック)の設定。
2015年1月16日に「CBR650F」に「トリコロール」イメージのカラーを施した特別カラー仕様を100台限定で発売。
2017年4月14日に「CBR650F」をマイナーチェンジして発売。型式は、2BL-RC83
変更点は、平成28年排出ガス規制に対応、LEDヘッドライトを採用、よりスポーティなデザインに一新。6速ミッションのうち、2速から5速までのギア比をローレシオ化した。車体色は、3色(ヴィクトリーレッド、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイト)の設定。

 

 

ホンダ VFR800Fの歴史

2014年4月18日にスポーツツアラーモデル「VFR800F」が新登場。型式は、EBL-RC79
車体色は、2色(ヴィクトリーレッド、ダークネスブラックメタリック)の設定。
2015年3月13日に新色のパールグレアホワイトを追加。
継続色の2色(赤、黒)と合わせて全3色の設定。
2017年1月16日にフルモデルチェンジして発売。型式は、2BL-RC79
平成28年排出ガス規制に適合。マフラーの内部構造を従来の3室から2室に変更した異形テーパータイプを採用し出力を向上、マスの集中化による操縦性の向上を図った。左カウル部分に定格36W(12V3A)までのアクセサリーソケットを標準装備。車体色に新色のデジタルシルバーメタリックを追加。継続色の3色(白、赤、黒)と合わせて全4色の設定。
※2014年モデルと2017年モデルの違いは、「VFR800F 2014年モデルと2017年モデルの違い」でまとめています。
2018年12月14日にマイナーチェンジして発売。
従来から標準装備されているETC車載器をETC2.0車載器にバージョンアップ。車体色に新色のパールグレアホワイト(ストライプ)を追加。継続色の1色(赤)と合わせて全2色の設定。

 

 

ここでは、
2017年4月14日発売のホンダ CBR650F(2BL-RC83)と
2017年1月16日発売のホンダ VFR800F(2BL-RC79)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

CBR650F

VFR800F

発売年月

2017年4月

2017年1月

全長 (mm)

2110

2140

全幅 (mm)

755

750

全高 (mm)

1145

1210

軸間距離 (mm)

1450

1460

最低地上高 (mm)

130

135

シート高 (mm)

810

809

車両重量 (kg)

213

243

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

V型(L型)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

648

781

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

67

72

行程(ピストンストローク)(mm)

46

48

圧縮比(:1)

11.4

11.8

最高出力(kW)

66

79

最高出力(PS)

90

107

最高出力回転数(rpm)

11000

10250

最大トルク(N・m)

64

77

最大トルク(kgf・m)

6.5

7.9

最大トルク回転数(rpm)

8000

8500

燃料タンク容量 (L)

17

21

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EH-9

IMR9D-9H

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ12S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.5

3.9

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.69

1.939

2次減速比

2.8

2.687

変速比

1速 3.0710/2速 2.3520/3速 1.8880/4速 1.5600/5速 1.3700/6速 1.2140

1速 2.8460/2速 2.0620/3速 1.5780/4速 1.2910/5速 1.1110/6速 0.9650

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

16

スプロケット歯数・後

42

43

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

118

110

フレーム型式

ダイヤモンド

アルミツインチューブ

キャスター角

25°30

25°30

トレール量 (mm)

101

95

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

31.5

28.7

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

21.4

19.2

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5.5

5.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
盗難防止装置 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
可変バルブ機構 有
グリップヒーター 有
ETC 有
盗難防止装置 有
DCソケット 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格(税込み)

CBR650F パールグレアホワイト、マットガンパウダーメタリック 999,000円(税抜き 925,000円)

CBR650F ヴィクトリーレッド 1,031,400円(税抜き 955,000円)

1,382,400円(税抜き 1,280,000円)

 

CBR650FとVFR800Fの違いを比較

 

左がCBR650F   右がVFR800F
CBR650FとVFR800Fの装備の違いを比較

 

CBR650FとVFR800Fの比較の口コミ

 

 

ドリーム行ったらVFR800FとCBR650Fで悩んでる人は、多いと言ってた。

 

 

自分もCBR650FとVFR800Fで悩んだけど、ツーリングで乗りたいからETC必要だし、冬場は、グリップヒーターある方がいいし、トラクションコントロールついてる方が安心だし、ウィンカーオートキャンセラーもあるし、豪華電子デバイスでプラス35万円ならVFR800Fのほうがいい。

 

 

2014年にCBR650FとVFR800Fで迷ってて、レンタルしたり、友達のに乗せてもらったりして結局VFR800Fを買った。決めては、VFR800Fの高回転が特に気持ち良かったから。CBR650Fは、軽いし、6000回転位までモーターみたいで感動したけど、そこから上がビリビリとVFR800Fより振動があった。

 

 

ツーリングがメインの人やワインディングやV4ならではの音やフィーリングやHyper-VTECは、VFR800Fならではの魅力。街乗りなどのちょい乗りもする人は、CBR650Fの方が軽くて楽。あと高級感は、圧倒的にVFR800F。どっちもFコンセプトだし悩むだろうね。

 

 

VFR800Fは、2眼だし、ETCとグリップヒーターが標準装備なのがいい。CBR650FにETCとグリップヒーター付けたら、そこまで価格差ないし悩むな。

 

 

グリップヒーターとETCが必須で、金に少し余裕がある人は、悩むだろうね。

 

 

VFR800Fのマフラーは、ださいけど、CBR650Fの安っぽいマフラーよりはマシ。

 

 

俺は、VFR800Fにしたけど、CBR650Fは、チープさがでてた。メーターが安っぽかったし、ホンダのロゴマークがペラペラのステッカー。でもVFR800Fは800ccクラスなのにリッター並みの値段だね。まあV4は最高だけど。

 

 

同じフルカウルでもCBR650Fは、エンジンがちゃんと見えるからいい。メカの機能美と快適性が両立できてる。

 

 

 

CBR650Fも2017年4月14日のマイナーチェンジでヘッドライトがLEDになった。

 

 

CBR650FとVFR800Fで悩んでる。VFR800Fは、ETC、グリップヒーター、LEDヘッドライトが魅力的。まだ大型免許取ったばかりだけど、両方短いコースで試乗した感想としては、CBR650Fのが圧倒的に乗りやすかった。低速トルクもCBR650Fのがあるような感じだった。VFR800Fはエンストばかりしたし、とにかく重かった。ドリームの店員の話では、VFR800Fは、高速走ったら本領発揮すると言われた。外観やメーター周りの見た目では、VFR800Fのが好みだから迷う。

 

 

ポジションと熱さに耐えられるならVFR800Fでいいと思う。

 

 

VFR800Fは、CBR650Fより先進的で高級感があるし装備も豪華だけど、30万円の差はでかい。

 

 

街乗りや峠をよく走るならCBR650F。
高速道路をよく走るならVFR800F。
それぞれでかなり差がでる。
VFR800Fのトルクは、スペック上でのピークがそこそこだけど、よりフラットに出てるCBR650Fのがトルクフルで乗り易い。車重もVFR800Fのが30kg重い。

 

 

VFR800は、落ち着きのある長距離ツアラーって感じ。普段使いや遊びでのスポーツ走行など汎用性で選んだらCBR650Fのが楽しいと思う。CBR650Fは、4気筒ミドルで低中速からすごく乗りやすかった。

 

 

好きなバイクに乗るべきだけど、初心者には、VFRは難しくはないがイージーでもないからね。最初から自由自在に快楽だけを味わいたい人は、CBR650Fの方がいいかもCBR650Fの方が初バイク向きだと思う。

 

 

VFR800Fは、低速がないし、汚い音のV4エンジンで熱いし、重い。直列4気筒のミドルクラスのCBR650Fの方がいい。

 

 

本心はVFR800Fが欲しいけど、乗りこなせるか心配でCBR650Fにしようとしてる人は、VFR800Fを買って苦労してる自分とCBR650Fを買って後悔している自分を比べてみたら?

 

 

俺もドリームの店員にVFR800は、巡航メインのツアラーと言われた。

 

 

俺は、CBR650FからVFR800Fへ乗り換えだけど、VFR800Fの振動の少なさに驚いた。

 

 

俺は、マフラーやシートカウルの形でCBR650Fを選んだ。

 

 

俺は、身体が小さいから車重でCBR650Fにした。装備やメーター周りは、VFR800Fのが良かったけど。

 

 

直4が好きだからCBR650Fにした。

 

 

CBR650Fは、大型4気筒としては、身近で自由に操れる感じで場所を選ばずどこでも乗りやすいし面白かった。VFR800Fは、普段使いには、重過ぎた。明確なツアラーって感じ。広い道を高速巡航するには、いいと思うけど。ツーリングメインの人は、VFR800Fでいいかも。

 

 

おれは、週末にで長距離ツーリングで使うからVFR800Fにした。CBR650Fより所有感があるし、満足してる。

 

 

俺は、VFR800Fを買った。街乗りでは、重すぎて苦痛だけど広い道を走る時は、凄く気持ちいいよ。でももっと回したくなるから不完全燃焼だな。まあ、CBR650Fみたいな650ccの直4は、どこでも回せて気持ちいいと思う。

 

 

フルカウル4気筒ミドルのCBR650Fは、国内にはライバルがいない。VFR800Fは、30kg重くてでかくてツアラーよりになるしエンジンがV4だからまた違うバイク。

 

CBR650FとVFR800Fの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら