シャドウクラシック400とシャドウカスタム400の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

シャドウクラシック400とシャドウカスタム400の違いを比較

 

ホンダ シャドウクラシック400の歴史

2008年11月7日に「シャドウクラシック400」が新登場。型式は、EBL-NC44
スティード由来のエンジンに、平成19年排出ガス規制に適合するためにフューエルインジェクションを装備。中低速の出力特性の向上と燃費性能が改善された。車体色は、4色(ボニーブルー×シャスタホワイト、パールサンビームホワイト×デジタルシルバーメタリック、グラファイトブラック×ヘビーグレーメタリック、デジタルシルバーメタリック)。
2016年をもって販売が終了し、日本国内仕様の生産終了が公表された。

 

 

ホンダ シャドウカスタム400の歴史

2008年11月7日に「シャドウカスタム400」が新登場。型式は、EBL-NC45
スティード由来のエンジンに平成19年排出ガス規制に適合するためにフューエルインジェクションを装備。中低速の出力特性を向上し、燃費も改善された。21インチフロントタイヤならびに小型フェンダー装着。車体色は、3色(キャンディータヒチアンブルー×ロスホワイト、キャンディールビジウムレッド×グラファイトブラック、パールサンビームホワイト)。

 

 

ここでは、
2008年11月7日発売のホンダ シャドウクラシック400(EBL-NC44)と
2008年11月7日発売のホンダ シャドウカスタム400(EBL-NC45)
の違いを比較しました。

 

 

シャドウクラシック400とシャドウカスタム400のスペック表の違いを比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

シャドウクラシック400

シャドウカスタム400

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

EBL-NC44

EBL-NC45

発売日

2008年11月7日

2008年11月7日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2510

2445

全幅 (mm)

920

835

全高 (mm)

1125

1130

ホイールベース (mm)

1640

1655

最低地上高(mm)

130

130

シート高 (mm)

660

650

車両重量 (kg)

255

244

最小回転半径(m)

3.3

3.2

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

40

原動機型式

NC44E

NC44E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

52

52

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

398

398

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

3

3

内径(シリンダーボア)(mm)

64

64

行程(ピストンストローク)(mm)

62

62

圧縮比(:1)

10.3

10.3

最高出力(kW)

23

23

最高出力(PS)

31

31

最高出力回転数(rpm)

7000

7000

最大トルク(N・m)

33

33

最大トルク(kgf・m)

3.4

3.4

最大トルク回転数(rpm)

3500

3500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

14

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

560

560

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DPR7EA-9

DPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

バッテリー容量

12V-8.6Ah

12V-8.6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.2

3.2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.5

2.5

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.6

2.6

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.058

2.058

2次減速比

3.09

3.09

変速比

1速 2.571/2速 1.631/3速 1.200/4速 0.959/5速 0.839

1速 2.571/2速 1.631/3速 1.200/4速 0.959/5速 0.839

動力伝達方式

シャフト

シャフト

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

34°00

34°30

トレール量 (mm)

161

158

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

タイヤ(前)

120/90-17

90/90-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

64

54

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

160/80-15

160/80-15

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

74

74

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

2.15

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W

21/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

時計 有
ツイントリップ 有

時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

盗難防止装置 有

盗難防止装置 有

 

シャドウクラシック400とシャドウカスタム400の違いを比較

 

シャドウクラシック400とシャドウカスタム400の違いを比較

 

 

シャドウクラシック400の特徴

 

  • ロー&ロングを徹底的に追求し、ティアドロップ形状のタンクやディープタイプのフェンダーを採用し、風格のあるスタイリングを実現。
  •  

  • 車体全体の設計を見直し、ハンドル形状とステップボードの位置を大幅に変更し、ロングツーリングでも疲れにくい自由度の高いライディングポジションを実現。
  •  

  • シート形状を変更し足つきの良い低いシート高を実現。
  •  

  • フロントディスクブレーキの位置を車体右側に変更し、車体全体の重量配分の最適化を図った。

 

シャドウカスタム400の特徴

 

  • 21インチの大径フロントホイールを採用し、より軽快なハンドリングを実現。前後のショートフェンダーの採用とあいまって車体全体にトライアングルをイメージした美しいスタイリングを実現。
  •  

  • ハンドル、ステップ、シート位置を最適なバランスで設定し、抜群の足着き性に加え、ゆとりのあるライディングポジションが可能となった。

 

 

シャドウクラシック400とシャドウカスタム400のスペック表の違う部分

 

●タイプグレード名
シャドウクラシック400 → シャドウカスタム400

 

●型式
EBL-NC44 → EBL-NC45

 

●全長 (mm)
2510 → 2445

 

●全幅 (mm)
920 → 835

 

●全高 (mm)
1125 → 1130

 

●ホイールベース (mm)
1640 → 1655

 

●シート高 (mm)
660 → 650

 

●車両重量 (kg)
255 → 244

 

●最小回転半径(m)
3.3 → 3.2

 

●キャスター角
34°00 → 34°30

 

●トレール量 (mm)
161 → 158

 

●タイヤ(前)
120/90-17 → 90/90-21

 

●タイヤ(前)荷重指数
64 → 54

 

●ホイールリム幅(前)
3 → 2.15

 

 

シャドウクラシック400は、ステップボードなどの位置が最適化されてる。
シャドウカスタム400は。フロントホイールが21インチの大径ホイール。

 

 

シャドウカスタム400の21インチの大径ホイールは、バイク全体でも珍しいね。

 

 

シャドウカスタム400は、21インチホイールだからギャップを乗り越えた際の緩衝性能がいいし、ハンドリングも軽い。シャドウクラシック400は、雨の日にフロントホイールの水跳ねが少ない。

 

 

シャドウカスタム400の特徴は、全体的にスリムで大径21インチFホイール。シャドウクラシック400の特徴は、外観がクラシック調。でも重量が重い。
エンジンのスペックはどっちも同じ。最大トルクが3500rpmから出るので、他のメーカーの400アメリカン(最大トルク6000〜6500rpm)と比べてアメリカンらしくトコトコ走れる。乗りやすさやツーリングの快適さならシャドウカスタム400の方が上だと思う。

 

 

俺は、HONDAの公式サイトでシャドウクラシックとシャドウカスタムのアクセサリーのページを見たけど、サドルバックとか付けるならシャドウクラシックの方が見栄えが良さそうって思った。

 

 

シャドウカスタムとシャドウクラシックは、重さが11kg違うけど、元々重いバイクだからたいして変わらない。シャドウカスタムとシャドウクラシックは、カウルとフロント周りの重さが違うだけだし、そもそもこの2台は、旋回特性が全然違うから重さの違いを体感することはできないと思う。それよりポジションとか色々違うから自分が好きな方を選んだほうがいい。

 

シャドウクラシック400とシャドウカスタム400の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら