WR250RとCRF250Lの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

WR250RとCRF250Lの違いを比較

 

ヤマハ WR250Rの歴史

2007年11月16日に「WR250R」が新登場。型式は、JBK-DG15J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1、イエローストロボ)の設定。
2008年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。
2009年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ゴールド仕上げのフロントフォークアウターチューブと新グラフィックを採用。
2010年9月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEには、競技用の2011年モデルYZシリーズのイメージを反映した新グラフィックを採用。
2011年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEにはスプラッシュをイメージした新グラフィックとシルバーのマフラーカバーを採用。ヤマハブラックにはWR250Xで好評のカーボンパターンを織り込んだ新グラフィックとブラック&グレーのシートを採用。
2012年8月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEに2013年モデルのYZシリーズに共通する新グラフィックのエアスクープ、ホワイトリアフェンダーを採用。
2013年8月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。今回は燃料タンク側面のシュラウド部分の新グラフィックが特徴。
2014年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、ガソリンタンク側面のシュラウド周りに新グラフィックを採用。リアフェンダーを車体色と同一とした。WRのロゴもYZシリーズに共通するがっちり感のあるボールド系の書体を採用。その下側にはレーサーのテクニカルスポンサーをイメージするロゴを配置。パープリッシュホワイトソリッド1は、継続設定。

2015年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、2016年モデルのYZシリーズをイメージしたこれまでの流れをくむグラフィック。ディープパープリッシュホワイトソリッド1は、ビッグロゴグラフィックを大胆に採用した印象的なボディグラフィックとなる。
2016年9月12日にカラーチェンジ。これが最終モデル。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、2017年版のYZシリーズを彷彿させる「Simple & Bold」デザインにクール感を取り入れた新グラフィックを採用。パープリッシュホワイトソリッド1は、継続設定。
2017年に生産終了。
2017年9月から平成28年排出ガス規制が継続生産車にも適用されるのを前に、販売を終了した。

 

 

ホンダ CRF250Lの歴史

2012年5月14日に「CRF250L」が新登場。型式は、JBK-MD38
2012年12月20日に特別仕様の「CRF250L Special Edition」を発売。
2015年2月13日にカラーチェンジ。
2017年2月20日にマイナーチェンジ。型式は、2BK-MD44
スロットルボディーの口径を大径化、コネクティングチューブを100mm延長、エキゾーストパイプの管径を拡大させ、高回転域の出力向上と力強い低速トルクの両立を実現。マフラー内部を3室構造から2室構造に変更、歯切れの良いパルス感を演出し小型軽量化も図られた。スピードメーターには、タコメーターや時計や燃料計や各警告灯などの情報を表示するフルデジタルメーターを採用。
2017年2月20日に「CRF250L Type LD」をタイプ追加。
「CRF250L Type LD」は、2017年モデルのCRF250Lをベースに前後のサスペンションを変更し、シート高を45mm下げ、足つき性を向上させたローダウン仕様。

 

 

ここでは、
2016年9月12日発売のヤマハ WR250R(JBK-DG15J)と
2017年2月20日発売のホンダ CRF250L(2BK-MD44)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

WR250R

CRF250L

発売年月

2016年9月

2017年2月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2190

2195

全幅 (mm)

810

815

全高 (mm)

1235

1195

軸間距離 (mm)

1425

1445

最低地上高 (mm)

300

255

シート高 (mm)

895

875

車両重量 (kg)

132

144

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

77

76

行程(ピストンストローク)(mm)

53.6

55

圧縮比(:1)

11.8

10.7

最高出力(kW)

23

18

最高出力(PS)

31

24

最高出力回転数(rpm)

10000

8500

最大トルク(N・m)

24

23

最大トルク(kgf・m)

2.4

2.3

最大トルク回転数(rpm)

8000

6750

燃料タンク容量 (L)

7.6

7.8

燃料(種類)

ハイオクガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EK

SIMR8A9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.5

1.8

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.12

2.807

2次減速比

3.307

2.857

変速比

1速 2.6420/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0400/5速 0.8880/6速 0.7850

1速 3.3330/2速 2.1170/3速 1.5710/4速 1.3040/5速 1.1030/6速 0.9670

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

13

14

スプロケット歯数・後

43

40

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

108

106

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

27°20

27°35

トレール量 (mm)

113

113

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

34

44.3

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

-

33.1

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

80/100-21

3.00-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

51

51

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

120/80-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

1.6

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

テールライトタイプ

LED

-

メーター表示

時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

-

ハザードランプ 有

メーカー小売価格

721,440円(税抜き668,000円)

497,880円(税抜き461,000円)

 

WR250RとCRF250Lの違いを比較

 

WR250RとCRF250Lの比較の口コミ

 

 

俺は、用途頻度の割合がオン8:オフ2。オフでやりたいことが林道メインで上達したらコースを走りたい。でもモッサーやトランポに手を出すつもりはない。この用途だとCRF250Lでもそつなくこなせそうだけど、CRF250Lはオン寄りのバイクだし、オフで楽しむには、重量が重い割にパワーがないからWR250Rにしようと思ってる。

 

 

エンジンの内径×行程 比較
WR250R 77.0mm×53.6mm
CRF250L 76.0mm×55.0mm

 

 

最低地上高
WR250R 300mm
CRF250L 255mm

 

 

俺は、CRF250LからWR250Rに乗り換えた。CRF250Lで装備をそろえてガッツリオフ走ってたけど、CRF250Lに限界を感じてWR250Rに乗り換えた。CRF250Lの良いところは、燃費と舗装路が快適なこと。あと軽トラが走れるぐらいの林道なら楽なこと。

 

 

WR250R・・・ある程度の技量を持ってる人 or スペック厨向け
CRF250L・・・オフ車の形をしたオンロードバイクが欲しい人向け
KLX250・・・オンとオフのベストバランス
セロー・・・足付きが良い or 近くに低速林道がある人向け

 

WR250RとCRF250Lの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら