X-ADVの2021年3月25日のフルモデルチェンジ前後の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

X-ADVの2021年3月25日のフルモデルチェンジ前後の違いを比較

 

ホンダ X-ADVの歴史

2017年4月14日に「X-ADV」が新登場。型式は、2BL-RC95
水冷・4ストローク・OHC・4バルブ直列2気筒745ccエンジンに、デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を組み合わせ、アドベンチャーモデルの力強さとコミューターモデルの利便性を高次元で融合させた「X-ADV」を発売。車体色は、2色(デジタルシルバーメタリック、ヴィクトリーレッド)。
2018年4月20日にマイナーチェンジ。
ライダーの好みで2段階のトルクコントロールと、トルクコントロールを必要としないOFF状態の選択が可能なHondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)採用。またアクセル操作に対する駆動力変化をダイレクトに後輪へ伝達するよう、クラッチ制御を変更するGスイッチを新たに採用。車体色は、2色(デジタルシルバーメタリック、キャンディークロモスフィアレッド)。
2019年2月21日にカラーチェンジ。
従来から標準装備のETC車載器がETC2.0車載器へバージョンアップ。車体色は、3色(マットビュレットシルバー、グランプリレッド、マットアーマードグリーンメタリック)。
2021年3月25日にフルモデルチェンジ。型式は、8BL-RH10
エンジン内部パーツを軽量化し、吸排気系をブラッシュアップ。平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合。フレームは新設計され、形状の見直しによってラゲッジスペースが22リットルに拡大。電装系にスロットルバイワイヤシステム(TBW)を新採用。これに伴ってライディングモードが導入された。従来モデルのDCソケットがUSBポートに変更。車体色は、2色(パールディープマッドグレー、グラファイトブラック)。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2019年2月21日発売のホンダ X-ADV(型式 2BL-RC95)と
2021年3月25日発売のホンダ X-ADV(型式 8BL-RH10)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違いを比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

X-ADV

X-ADV

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

2BL-RC95

8BL-RH10

発売日

2019年2月21日

2021年3月25日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2230

2200

全幅 (mm)

910

940

全高 (mm)

1345

1340

ホイールベース (mm)

1580

1580

最低地上高(mm)

135

135

シート高 (mm)

790

790

車両重量 (kg)

238

236

最小回転半径(m)

2.8

2.8

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

42.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

27

27.7

原動機型式

RC88E

RH10E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

745

745

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

77

77

行程(ピストンストローク)(mm)

80

80

圧縮比(:1)

10.7

10.7

最高出力(kW)

40

43

最高出力(PS)

54

58

最高出力回転数(rpm)

6250

6750

最大トルク(N・m)

68

69

最大トルク(kgf・m)

6.9

7

最大トルク回転数(rpm)

4750

4750

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

13

13

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

520

552.5

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

IFR6G-11K

IFR6G-11K

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ14S

YTZ12S

バッテリー容量

12V-11.2Ah

12V-11.0Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4.1

4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.2

3.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.4

3.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

電子式・6段自動変速

電子式・6段自動変速

1次減速比

1.921

1.921

2次減速比

2.235

2.235

変速比

1速 2.665/2速 1.904/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.837

1速 2.665/2速 1.904/3速 1.453/4速 1.177/5速 0.967/6速 0.814

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

17

スプロケット歯数・後

39

39

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

118

118

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

27°00

27°00

トレール量 (mm)

104

104

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70R17

120/70R17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60R15

160/60R15

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

67

67

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
グリップヒーター 有
ETC 有
DCソケット 有
可変スクリーン 有
シート下収納(シート下トランク) 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
パーキングブレーキ 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
グリップヒーター 有
ETC 有
Bluetooth 有
USBポート 有
可変スクリーン 有
シート下収納(シート下トランク) 有
緊急制動表示灯 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

1,240,920円(消費税抜き本体価格 1,149,000円)マットビュレットシルバー
1,273,320円(消費税抜き本体価格 1,179,000円)グランプリレッド/マットアーマードグリーンメタリック

1,320,000円(消費税抜き本体価格 1,200,000円)パールディープマッドグレー、グラファイトブラック

販売計画台数(国内・年間)

550台

700台

 

X-ADVの2021年3月25日のフルモデルチェンジ前後の違いを比較

 

X-ADVの2021年3月25日のフルモデルチェンジ前後の外観のサイドの違いを比較

 

 

左が2019年2月21日発売のホンダ X-ADV(型式 2BL-RC95)
右が2021年3月25日発売のホンダ X-ADV(型式 8BL-RH10)
X-ADVの2021年3月25日のフルモデルチェンジ前後の装備の違いを比較

 

X-ADVの2021年3月25日のフルモデルチェンジ前後の違いを比較

 

 

2021年3月25日のフルモデルチェンジの開発コンセプトは、「スマート&エキサイティング ADVENTURE URBAN TRANSPORTER」で動力性能と利便性をさらに高めた。

 

 

X-ADVの2021年3月25日のフルモデルチェンジの主な変更点

 

  • ピストン裏面の肉抜きや、クランクシャフトのカウンターウェイト重量の最適化、バランサー軸径の見直しなどによって、エンジン単体重量で1.4kg軽量化。
  •  

  • エアクリーナーは、ダクト断面積を拡大しダクト内の吸気抵抗を低減させ、クリーンサイドの容積比率を拡大し、出力向上と全回転域でのスロットルリニアリティーを向上。
  •  

  • エアクリーナーカバー内部のダクト出口付近にスロープと整流板を配置し、吸入効率を向上。
  •  

  • スロットルボア径を36mm→38mmに拡大し、最高出力の向上と力強いエンジンフィールを実現。
  •  

  • エキゾーストチャンバーは、形状を最適化し排気の整流効果を向上し、高効率貴金属触媒を採用することでキャタライザーを小型化。平成32年(令和2年)排出ガス規制に対応させながら、出力向上と軽量化を実現。
  •  

  • ギアレシオは、4〜6速ギアを最適化し、加速フィーリングと燃費の向上に寄与。
  •  

  • スチール製パイプの構成を変更した新設計のダイヤモンド形式のフレームを採用。また各部の板厚を最適化して、フレーム単体で約1kg軽量化。
  •  

  • ライディングポジションは、加減速を多用するシチュエーションでの操りやすさからフラットダートでの車体の取り回しやすさを想定し設定。
  •  

  • シート前部の幅をスリム化して足つき性を向上。
  •  

  • ラゲッジスペース容量は、フレーム形状を見直すことで21L→22Lに拡大。ラゲッジスペース内には荷物の確認に便利なラゲッジライトとUSBソケット(TYPE-Cコネクター)を標準装備し、使い勝手をさらに向上。
  •  

  • ライダーのスロットル操作を電気信号に変換し、スロットルバルブの開度制御を行う「スロットルバイワイヤシステム(TBW)」を新たに採用。さらにエンジン出力、Hondaセレクタブルトルクコントロール(HSTC)、エンジンブレーキ、ATモード選択時のシフトスケジュールの各制御レベルを組み合わせることで、さまざまなシーンでライダーが好みの走行フィーリングを任意に選択できるライディングモードを搭載。
  •  

  • 「Honda Smartphone Voice Control system(HSVCS)」を新たに採用。車両とスマホをBluetoothRで接続し、音声入力に対応したヘッドセットからの音声ガイダンスに沿ってハンドル左手のスイッチを操作することで、ハンドルグリップから手を離さずに音楽再生や通話などの操作が可能となった。※HSVCSの利用には専用アプリ(Android端末専用)のインストールが必要。
  •  

  • ヘッドライトにデイタイムランニングライトを採用。日中は、ハイビームとロービームとの中間にある導光部が強く発光し、車両の存在感を強調。夜間は、車両が外部の明るさを検知し自動的にロービームへ切り替える。
  •  

  • 液晶メーターに5インチTFTフルカラー液晶を採用。速度計、回転計、燃料計はライダーの好みによって4パターンのグラフィックに変更可能とし、豊富な情報を直感的にライダーが把握できるよう配慮した。
  •  

  • パーキングブレーキは、右手ハンドルグリップ付近にレバーを配置。
  •  

  • 別売りの純正アクセサリーに新たに「トップボックス50L スマートキーシステムタイプ」を設定。「Honda SMART Key システム」と連動させることでより便利にトップボックスの解錠が可能。このトップボックスは、前モデルのHonda SMART Keyシステムには非対応。
  •  

  • スタイリングは、ボディーパーツ構成を一新し、主体色パーツを従来モデルより車体上側および前方に寄せることで凝縮感を保ちながら一層の軽快感とダイナミックさを表現。エッジの効いた面構成のデザインとなった。
  •  

  • カラーバリエーションは、パールディープマッドグレーとグラファイトブラックの全2色の設定。

 

X-ADVの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら