トリッカーとCRF250Lの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

トリッカーとCRF250Lの違いを比較

 

ヤマハ トリッカーの歴史

2004年3月30日にヤマハ トリッカーが新登場。型式は、BA-DG10J
車体色は、3色(シルバー3、マットブラック2、ダークパープリッシュブルーメタリック2)の設定。
2005年4月1日にヤマハ トリッカーを発売。
2005年モデルのトリッカーの車体色は、従来モデルと同じマットブラック2とシルバー3の全2色の設定。
2005年4月1日にヤマハ トリッカーSをタイプ追加。
トリッカーSの車体色は、マットブラック2の1色の設定。
トリッカーSには、オレンジ色のピンストライプ入り専用ホイールやメタリック塗装のタンクカバーを採用。
2006年3月30日にヤマハ トリッカーとトリッカーSをカラーチェンジ。
車体色は、トリッカーが新色の2色(シルバー3、ブラックメタリックJ)の設定。トリッカーSが新色の1色(ビビッドオレンジメタリック2)の設定。
2008年1月30日にヤマハ トリッカーとトリッカーSをマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG16J
F.I.を採用、吸気ポート形状の変更などで環境性能・トルク感向上。タンク容量が1.2Lアップし7.2Lとなる。
シート形状を変更し、快適性が向上。フロントサスのセッティングを変更し、操縦安定性の最適化。車体色は、トリッカーが新色のマットブルーメタリック3と継続色のビビッドオレンジメタリック2の2色の設定。トリッカーSが新色のマットブラック2の1色の設定。
2010年1月15日にヤマハ トリッカーをカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットブラック2と継続色のビビッドオレンジメタリック2の全2色の設定。
2014年1月21日にヤマハ トリッカーをカラーチェンジ。
車体色は、新色の2色(ディープオレンジメタリック7、マットブラック2)の設定。

2018年9月20日にヤマハ トリッカーをフルモデルチェンジ。型式は、2BK-DG32J
平成28年排出ガス規制に適合。環境性能を高めるのにO2フィードバック制御を行うフューエルインジェクションとキャニスターを装備。エンジン出力が少し向上、タンク容量が少し減る。車体色は、2色(ディープオレンジメタリック7、マットブラック2)の設定。

 

 

ホンダ CRF250Lの歴史

2012年5月14日に「CRF250L」が新登場。型式は、JBK-MD38
2012年12月20日に特別仕様の「CRF250L Special Edition」を発売。
2015年2月13日にカラーチェンジ。
2017年2月20日にマイナーチェンジ。型式は、2BK-MD44
スロットルボディーの口径を大径化、コネクティングチューブを100mm延長、エキゾーストパイプの管径を拡大させ、高回転域の出力向上と力強い低速トルクの両立を実現。マフラー内部を3室構造から2室構造に変更、歯切れの良いパルス感を演出し小型軽量化も図られた。スピードメーターには、タコメーターや時計や燃料計や各警告灯などの情報を表示するフルデジタルメーターを採用。
2017年2月20日に「CRF250L Type LD」をタイプ追加。
「CRF250L Type LD」は、2017年モデルのCRF250Lをベースに前後のサスペンションを変更し、シート高を45mm下げ、足つき性を向上させたローダウン仕様。
2019年2月15日にカラーチェンジ。
CRF250Lは、「CRF450R」のイメージを踏襲し、ホイールリムのカラーをブラックに変更。フロントフォークをブロンズとし、トップブリッジ、ボトムブリッジ、ハンドルホルダーをブラック、ヘッドライトカウルを主体色と同色とした。車体色は、2色(エクストリームレッド、ブラック)の設定。


 

 

ここでは、まず最初に
2014年1月21日発売のヤマハ トリッカー(JBK-DG16J)と
2012年5月14日発売のホンダ CRF250L(JBK-MD38)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

トリッカー

CRF250L

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

JBK-DG16J

JBK-MD38

発売日

2014年1月21日

2012年5月14日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1980

2195

全幅 (mm)

800

815

全高 (mm)

1145

1195

ホイールベース (mm)

1330

1445

最低地上高(mm)

280

255

シート高 (mm)

810

875

車両重量 (kg)

125

144

最小回転半径(m)

1.9

2.3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

39

44.3

原動機型式

G370E

MD38E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

74

76

行程(ピストンストローク)(mm)

58

55

圧縮比(:1)

9.5

10.7

最高出力(kW)

14

17

最高出力(PS)

18

23

最高出力回転数(rpm)

7500

8500

最大トルク(N・m)

19

22

最大トルク(kgf・m)

1.9

2.2

最大トルク回転数(rpm)

6500

7000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

7.2

7.7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

SIMR8A9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTX7L-BS

バッテリー容量

12V-6.0Ah

12V-6.0Ah10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1.4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.5

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.083

2.807

2次減速比

3

2.857

変速比

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.034/5速 0.820

1速 3.332/2速 2.117/3速 1.570/4速 1.304/5速 1.115/6速 0.962

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

45

40

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

124

106

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25°10

27°35

トレール量 (mm)

92

113

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

倒立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

80/100-19

3.00-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

49

51

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/90-16

120/80-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

63

62

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.85

1.6

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.75

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W ×1

21/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

デジタル

メーカー小売価格

415,800円

449,400円

 

トリッカー(JBK-DG16J)とCRF250L(JBK-MD38)の比較

 

トリッカー(JBK-DG16J)とCRF250L(JBK-MD38)の比較の口コミ

 

 

トリッカー乗りだけど、CRF250Lに試乗してきた。結構鈍重で驚いた。鈍さは、フルサイズというのもあるけど、その後トリッカー乗ったら軽い軽い。街乗りや峠では、トリッカーの方がいいけど、CRF250Lは、高速域のパワーがあって高速道路走るのが楽そう。

 

 

さっきCRF250Lで市街地を走ってきたけど、低速の出足や粘りはトリッカーのがある。それからタイヤサイズの違いで曲がる時は、トリッカーのがクイックで楽しい。CRF250は、エンジンが凄くマイルドだった。車格が大きいからロングは楽そう。CRF250Lに乗った後でトリッカーに乗ったらめちゃ小さく感じた。あとCRF250Lの足つき性は、踵が浮いたからガレ場での停止は不安かも。

 

 

タイヤの選択肢やサスのことを考えるとオフロード走るつもりならCRF250Lの方がいいと思う。

 

 

トリッカー乗りだけど、CRF250Lに試乗したら、かなり切れ込むハンドリングが怖かった。トリッカーとハンドリングがかなり違うから試乗してみたほうがいい。

 

 

俺は、トリッカーの見た目とCRF250Lのコスパの良さで迷った。でも大型も持ってるから高速は、そっちを使うからちょい乗りに便利そうな軽いトリッカーにした。

 

 

大型のセカンドで買うならトリッカーの良さが際立つ。一台だけでいくならCRF250Lとかなり迷うね。

 

 

自分は、フルサイズが欲しくてCRF250Lを買ったけど、トリッカーのカッコ良さは、羨ましいよ。

 

 

トリッカーの実用速度は、100km/hぐらいまで。もちろん最高速は、もっと出るけど、100km/hぐらいからは、アクセル開けてもあまり加速しないから高速でトラックに囲まれたら怖いことがある。そういうのが嫌ならCRF250Lにしといたほうがいい。

 

 

俺ならトリッカーとCRF250LならCRF250Lを選ぶ。重いと言われてるけど、アタックでもしない限り気にならないし、めちゃコスパが良い。120km/h巡航も全然余裕だし。

 

 

身長が高いならCRF250Lにしとけ。トリッカーは、足つきが良すぎるから背が高い人は、足が窮屈で疲れるよ。

 

 

俺は、CRF250Lからトリッカーに乗り換えたけど、トリッカーのエンジンは、パワー無いけど気持ちいいんだよ。軽快感、シンプルな素のバイクに乗っている感じがとても良い。

 

 

CRF250Lは、シート高が875mmもある。
トリッカーのシート高は、810mm。

 

 

俺は、トリッカー買ったけど正直飽きるよ。パワーないし。CRF250Lにすれば良かったって思うこともある。

 

 

カッコつけて街乗りメインならトリッカーでいい。でも長距離走りたい人は、もう少しパワーに余裕があるCRF250Lの方がいい。

 

 

 

次に
2018年9月20日発売のヤマハ トリッカー(2BK-DG32J)
2017年2月20日発売のホンダ CRF250L(2BK-MD44)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

トリッカー

CRF250L

発売年月

2018年9月

2017年2月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

型式

2BK-DG32J

2BK-MD44

全長 (mm)

1980

2195

全幅 (mm)

800

815

全高 (mm)

1145

1195

軸間距離 (mm)

1330

1445

最低地上高 (mm)

280

255

シート高 (mm)

810

875

車両重量 (kg)

127

144

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

74

76

行程(ピストンストローク)(mm)

58

55

圧縮比(:1)

9.7

10.7

最高出力(kW)

14

18

最高出力(PS)

20

24

最高出力回転数(rpm)

7500

8500

最大トルク(N・m)

20

23

最大トルク(kgf・m)

2

2.3

最大トルク回転数(rpm)

6000

6750

燃料タンク容量 (L)

7

7.8

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.8

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.083

2.807

2次減速比

3

2.857

変速比

1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0350/5速 0.8210

1速 3.3330/2速 2.1170/3速 1.5710/4速 1.3040/5速 1.1030/6速 0.9670

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

45

40

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

124

106

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25°10

27°35

トレール量 (mm)

92

113

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

45.2

44.3

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

38.7

33.1

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

80/100-19

3.00-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

49

51

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/90-16

120/80-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

63

62

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.85

1.6

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

メーカー小売価格

467,640円

497,880円

 

トリッカー(2BK-DG32J)とCRF250L(2BK-MD44)の比較

 

トリッカー(2BK-DG32J)とCRF250L(2BK-MD44)の比較の口コミ

 

 

両方乗ったことあるけど、トリッカーの良い所は、CRF250Lが入れないような道に入って行って楽しく走れることだと思う。CRF250Lは、重さや大きさのせいで融通が効かないネガティブな部分ばかり感じた。でもトリッカーは遅いからそこで不満を感じるけどね。

 

 

トリッカーとCRF250Lの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら