GSR250とCB250Fの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GSR250とCB250Fの違いを比較

 

スズキ GSR250の歴史

2012年7月30日にGSR250が新登場。型式は、JBK-GJ55D
車体色は、3色(パールネブラーブラック、サンダーグレーメタリック、キャンディカーディナルレッド)の設定。
2013年4月30日にGSR250のカラーを追加。
車体色は、新色1色(パールグレッシャーホワイト)と既存色3色(パールネブラーブラック、サンダーグレーメタリック、キャンディカーディナルレッド)の全4色の設定。
2013年7月25日にGSR250のカラーの追加。
新色のトリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイトが追加され、価格を2万円弱のアップ。
2013年12月27日にGSR250をマイナーチェンジ。
主な変更点は、ミラーステー形状の変更とタンク上のSエンブレムの変更。車体色は、単色3色(パールグレッシャーホワイト、キャンディカーディナルレッド、パールネブラーブラック)とツートン1色(トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト)の全4色の設定。
2014年1月10日にGSR250Sをタイプ追加。
GSR250Sは、GSR250のハーフカウル仕様。ハンドル形状をGSR250より高く手前の位置に変更し前傾の少ない乗車姿勢に。左手元にはハザードランプスイッチを設置。車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック)の設定。
2014年7月31日にGSR250をマイナーチェンジ。
サイドカバーに「SUZUKI」デカールを追加。車体色は、単色が新色のトリトンブルーメタリックと既存色のパールネブラーブラックの2色の設定。ツートン色が新色のキャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラックと既存色のトリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト2色の設定。ツートン色が7月31日発売、単色が9月9日発売。
2014年9月18日にGSR250Fをタイプ追加。
GSR250Fは、GSR250のフルカウル仕様。フロントスクリーンを装備。専用のハンドルポジション。ハンドル周りにブラックの専用塗装を施した。車体色は、2色(パールネブラーブラック、トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト)の設定。
2015年1月26日にGSR250Sをカラーチェンジ。
サイドアッパーカウルをシルバー色に変更、ロゴデカールカラーの変更。車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック)の設定。

2017年3月30日にGSR250をカラーチェンジ。
車体色は、4色(パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラック、トリトンブルーメタリックNo.2/パールネブラーブラック、キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック、パールネブラーブラック)の設定。この2017年モデル(L7)をもって生産終了となった。

 

 


ホンダ CB250Fの歴史

2014年8月1日に新登場。型式は、JBK-MC43
マイナーチェンジしたCBR250R(MC41)のストリートファイタールックのネイキッドとして登場した。249ccの水冷単気筒エンジンやフレームた足回りもCBR250Rゆずり、ネイキッドらしい外装とバーハンドルが主な違い。ABS搭載モデルも設定された。車体色は、ABSタイプも含めて「ミレニアムレッド」と「ブラック」の2色の設定。
2015年12月7日に特別仕様の「CB250F Special Edition」発売。車体色はレモンアイスイエローの1色。
2016年1月15日にカラーチェンジ。
車体色は、ABSタイプも含めて「ミレニアムレッド」と「ブラック」の2色。ミレニアムレッドのカラーパターンが変更され、ヘッドライト下のフロントカウルもレッドとなる。リアカウルはブラックとなった。ABS搭載モデルも同様。
2017年2月10日にカラーチェンジ。
車体色は、ABSタイプも含めて「ミレニアムレッド」と「ブラック」の2色。ミレニアムレッドとブラックにそれぞれラジエターシュラウドとシートカウルにグラフィックパターンを採用。シリンダーヘッドカバーとクランクケースカバーはブロンズ色になった。平成28年排出ガス規制をクリアせず、最終モデルとなる。

 

 

 

ここでは、
2014年9月発売のスズキ GSR250(JBK-GJ55D)と
2016年1月発売のホンダ CB250F(JBK-MC43)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

スズキ GSR250

ホンダ CB250F

発売

2014年9月

2016年1月

型式

JBK-GJ55D

JBK-MC43

全長

2145mm

2035mm

全幅

760mm

760mm

全高

1075mm

1045mm

ホイールベース

1430mm

1380mm

シート高

780mm

780mm

最低地上高

165mm

150mm

総重量

183kg

158kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

26°

25°30´

トレール(mm)

105

98

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/80-17 M/C 57H

110/70-17 M/C 54S

タイヤサイズ(後)

140/70-17 M/C 66H

140/70-17 M/C 66S

エンジン種類

水冷4ストロークSOHC2バルブ並列2気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

総排気量

248cc

249cc

圧縮比

11.5

10.7

ボア

54mm

76mm

最高出力(kW/rpm)

18(24PS)/8500

21(29PS)/9000

最大トルク(N・m/rpm)

22(2.2kgf・m)/6500

23(2.3kgf・m)/7500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

13.0L

13.0L

燃料消費率(km/L)

40(60km/h)

50.1(60km/h)・32.1(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥456,840 トリトンブルーメタリック
¥456,840 パールネブラーブラック
¥476,280 キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック
¥476,280 トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト

¥464,400 ミレニアムレッド
¥464,400 ブラック

 

GSR250とCB250Fの違いを比較

 

 

GSR250とCB250Fの比較の口コミ

 

 

レンタルでCB250Fに乗ったけどそんなに速さとか考えて乗るバイクじゃないね。初めは、高回転型で扱いにくかったけど乗ってるとすぐ慣れるよ。GSR250は、大きくて重いからクルーザーとしては、良いバイクだと思う。

 

 

GSR250とCB250Fで悩んだがスズキの正規代理店が家の近くになかったからドリームでCB250Fを買うことにした。

 

 

デカくて重いのは、安定するからGSR250も悪くない。でももう少しヒラヒラ走りたい人は、CB250Fでもいいと思う。

 

 

GSR250シリーズはネイキッドが一番人気あるのにCB250FやZ250では、逆だね。日本のネイキッド市場の好みや傾向がわかるね。上のクラスでも最新のストファイ系は、販売台数でそれほど上位にいるわけじゃない。

 

 

速さの面では間違いなくCB250Fの方が上。最高速は、CB250Fが160km/hぐらい。GSR250が140km/hちょっと出る。でもそこまでスピード出すことは、ほとんど無いし、エンジンの振動の少なさは、GSR250が250の中で一番みたい。マッタリ乗るならGSR250がいいね。

 

 

GSR250は重すぎ。250でマフラー二本出しとか冗長すぎ
GSRは若干クルーザー寄りのイメージがある

 

 

レンタバイクでGSR250に乗ったけどエンジンはフィーリングは、良かったし、低速からフラットにトルクが出てるから運転は楽だった。6速30km/h以下からもスムーズに伸びて行くのには驚いた。良い悪いは別にしてもCB250Fとは別物。

 

 

GSR250で良いと思ったのは、シフトポジションインジケータとセンタースタンドだけ。

 

 

CB250Fより60q/h以下だと速いし、乗り心地は、ライバル車と比較しても断然良い。GSR250が売れてる理由がわかるわ。

 

 

CB250Fでも300km位までなら楽に走れる。でもGSR250なら400〜450km位までは楽に走れる。

 

 

GSR250の加速の動画のタイムを見るとビッグスクーター変わらないくらい遅い。

 

 

GSR250のことを最初は、馬鹿にしてたけどレンタルで乗って考えが変わった。スペック上の馬力は低いが下からのピックアップ良いので気持ち良く加速してくれる。大きくて重いけどその分、高速での安定は250の中ではトップクラス。それでも俺は、CB250Fを買う予定。

 

 

若いならCB250FでいいけどおじさんならGSR250でいいだろ。

 

 

GSR250は、絶対的にはCB250Fより遅いけど常用域では十分速い。

 

 

デザインはCB250Fの方が好みだけど実用面では、GSR250の方がいいから迷うな。

 

 

ツーリングで使うなら180キロあるGSR250の方が全然楽。CB250Fは、軽量化したいのか安定性を求めるか中途半端だからツーリング用途じゃなければ違う車種にするわ。

 

 

CB250Fは、メーターが本当に残念。タコメーターがデジタルなのが嫌。GSR250は、タコメーターがアナログだからいいね。

 

 

CB250Fを予約した後でツーリングならGSR250Sが一番楽ラクだなと思った。

 

 

GSRは、スペック的には、250SSでは、ビリだよね。なのに実用域で速いし乗り心地良くて高速安定性も高い。実用域だけならCB250Fより上。

 

 

GSR250FとCB250Fで悩んでる。試乗したけど決定的な差がなかった。ポジションはCB250Fだけど、GSR250Fは、風防がいいよね。エンジンは、単発の方が古くなった時に良い。

 

 

CB250FとGSR250の違いは、単気筒か二気筒、車重の差20kg、absオプションの有無、マフラーの数、メーターはGSR250、燃費はCB250Fといったところ。

 

 

燃費が気になるなら単気筒にすればいい。単気筒の方が燃費がいいに決まってる。

 

 

身長190cm近くあるがガラスに映った姿を見たらGSR250がジャストサイズだった。
他の車種も迷ったけど小さいかったし、装備が充実してて安いGSRにして良かった。

 

 

燃費も維持費もほとんど同じでしょ。のんびりツーリングをするならGSR250。スポーティーに走るならCB250F。

 

 

GSR250は、まったりしたバイクだけど空冷単発250と比較すれば十分走る。

 

 

CB250Fの変速比が6速で1.038、GSR250が0.807。CB250Fのエンジンは単気筒だしGSR250の対抗馬としては、VTRの方かな。

 

 

燃費の差は、微々たるもんだね。キャンプに行くとかでリアシート広めの大きな荷物載せるならGSR250の方が良い。

 

 

最初はCB250Fにするつもりだったけど2本出しマフラー見たらGSR250を即決してしまった。

 

 

個人的には、見た目、速さは、CB250F。乗りやすさは、GSR250。GSRはエンジンがSOHCなのが一番の残念なところ。CB250Fは、音がカブだけどそこが気にならないならCB250Fだな。

 

 

GSR250がツーリング寄りでCB250Fがスポーツ寄り。

 

 

GSR250は、デカくて重いからCB250Fの方が気楽に乗れそう。

 

 

250なら単気筒で十分という人もいるからCB250Fは、GSR250の強力なライバルになりそう。シートからリア廻りは、GSR250の方が好きだけど、その他はCB250Fも捨てがたい。CB250Fは、ABSのタイプ設定があるのもいいね。

 

 

CB250Fのデザインは、Z250とGSR250を足して2で割ったような感じだね。後出しのホンダは、その辺を狙って作ったのだろう。

 

 

CB250Fは、GSR250とは比較にならない程スリムだった。CB250Fで気になった部分が液晶メーター。小さすぎるし、オモチャっぽかったからメーターは、GSR250の方がいい。

 

 

CB250Fは、なんか中途半端。HONDAが後出しでいいとこ取りで、無難にカッコ良く作った感じがする。GSR250の方が見た目が個性的で好き。

 

 

最高速はCB250Fの方が上。でもGSR250は、高速走行する時の振動の少なさはマルチ並みらしいからGSR250の方が疲れない。

 

 

GSR250とCB250Fは、メーカー希望小売価格だと同じくらいなんだよね。でもスズキの値引きには勝てない

 

 

GSR250は、オプションでグリップヒーターとETCとエンジンガードを付けてもCB250Fより安いはず。

 

 

とにかく安いのがほしい人には、CB250FかGSR250のどっちかをオススメする。

 

 

CB250F 単気筒、DOHC
GSR250 2気筒、SOHC

 

 

両方試乗したほうがいい。性格が全く違うよ。

 

 

CB250Fのタンクの盛り上がりが嫌。造形のタイプがGSR250と違ってノンカウルのSSに見える。

 

 

GSR250を買いたかったけど、駐車スペースが理由でCB250Fにした。

 

 

初バイクでCB250FとGSR250で迷ってる。身長180cmだから車体がデカイGSR250の方が楽そうだけど、燃費が良いCB250Fも捨てがたい。

 

 

GSR250とCB250とFMT-25で悩んだ。消去法でMT-25は小さ過ぎるし、CB250Fは単気筒だし、って選んでGSR250を買った。今振り返ってもベストな選択だと思う。

 

GSR250とCB250Fの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら