MT-07とNC750Xの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

MT-07とNC750Xの違いを比較

 

ヤマハ MT-07の歴史

2014年8月20日に「MT-07」が新登場。型式は、EBL-RM07J
ABS標準装備の「MT-07A」も発売。車体色は、3色(マットグレーメタリック3、ブルーイッシュホワイトカクテル1、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年3月10日に「MT-07 ABS」をカラーチェンジして発売。
車体色は、新色の「マットシルバー1」の1色。「MT-07 ABS」はホイールとフレームをレースブルーとした。
2016年2月15日に「MT-07A」と「MT-07」をカラーチェンジして発売。
車体色は、「MT-07A」が新色2色(マットシルバー1、ディープレッドメタリックK)と継続色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットグレーメタリック3)の全4色。「MT-07」が新色1色(ディープレッドメタリックK)と継続色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットグレーメタリック3)の全3色。
2017年2月15日に「MT-07 ABS」、「MT-07」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、全て新色で「MT-07 ABS」がブルーイッシュグレーソリッド4とディープパープリッシュブルーメタリックCの2色。「MT-07」がブルーイッシュホワイトパール1とマットダークグレーメタリック6の2色。
2018年4月10日に「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし発売。型式は、2BL-RM19J
今回のマイナーチェンジの主な特徴は、バネ定数と減衰力のバランス調整を図って操作に対し、よりリニアに反応する前後サスペンションを装備。ポジションの自由度を高めて、長時間乗車時の疲労を低減する新設計シートの採用。吸排気の流れや塊感を強調し、より力強さを感じさせるスタイリングに変更。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットグレーメタリック3、マットダークグレーメタリック6)の設定。
2019年3月1日に「MT-07 ABS」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、新色のマットライトグレーメタリック4と継続色のディープパープリッシュブルーメタリックCとマットダークグレーメタリック6をあわせた全3色。

 

 

ホンダ NC750Xの歴史

2014年1月24日に新登場。型式は、EBL-RC72
「NC750X」、「NC750X TypeLD」、「NC750X<ABS>」、「NC750X TypeLD<ABS>」、「NC750X DCT<ABS>」、「NC750X TypeLD DCT<ABS>」を発売。車体色は、全タイプに新色の3色(マットパールグレアホワイト、パールスペンサーブルー、ソードシルバーメタリック)の設定。
2014年4月21日に「E Package」タイプを設定し発売。
NC750XのE Packageは、Type LD、DCT搭載車にタイプ設定した。ETC車載器やスポーツグリップヒーター、DCTチェンジぺダルを装備。車体色は、3色(マットパールグレアホワイト、ソードシルバーメタリック、パールスペンサーブルー)の設定。
2016年1月26日にフルモデルチェンジ。型式は、2BL-RC90
NC750Xはスタイリングを一新。LEDヘッドライト、LEDテールランプを採用し、導光タイプのポジションランプをヘッドライト輪郭に縁取った。ラゲッジボックスの容量を拡大した。フロントサスペンションに「デュアルベンディングバルブ」を採用。リアクッションにはプリロード調整機構を追加。DCT搭載モデルは、Sモードに3種類のレベルを設定できる機能を追加。心地のよいパルス感を向上させる異形断面マフラーや防風効果をさらに高めた大型ウインドスクリーンを採用。車体色は、4色(キャンディーアルカディアンレッド、グリントウェーブブルーメタリック、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリック)の設定。
2017年2月17日にカラーチェンジ。
新色のキャンディープロミネンスレッドを各タイプに追加。従来色の3色(マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイト、グリントウェーブブルーメタリック)とあわせて全4色の設定。
2018年4月20日にマイナーチェンジ。
これまでNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>のみの設定だった、グリップヒーターとETC車載器を標準装備したE Packageタイプを、新たにマニュアルトランスミッションタイプのNC750X<ABS>にも設定。またNC750X<ABS>E PackageとNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>E Packageに、2段階のトルクコントロールとトルクコントロールを必要としないOFF状態の選択が可能なHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を採用。シート高は、全タイプ800mmの設定とした。車体色は、3色(キャンディークロモスフィアレッド(新色)、マットガンパウダーブラックメタリック(新色)、パールグレアホワイト)の設定。
2018年11月22日にマイナーチェンジ。
「NC750X」の全タイプにABSとグリップヒーターとHondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)を標準装備。「NC750X」全タイプにETC2.0車載器を標準装備。車体色は、3色(マットバリスティックブラックメタリック(新色)、キャンディークロモスフィアレッド、パールグレアホワイト)の設定。

 

 

ここでは、
2016年2月発売のヤマハ MT-07(EBL-RM07J)と
2016年1月発売のホンダ NC750X(EBL-RC90)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

 

車種

ヤマハ MT-07

ホンダ NC750X

発売

2016年2月

2016年1月

型式

EBL-RM07J

EBL-RC90

全長

2085mm

2230mm

全幅

745mm

845mm

全高

1090mm

1350mm

ホイールベース

1400mm

1535mm

シート高

805mm

830mm

最低地上高

140mm

165mm

総重量

179kg

218kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

24°50′

27°

トレール(mm)

90

110

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

180/55ZR17 M/C 73W

160/60ZR17 M/C 69W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒

水冷4ストロークOHC4バルブ並列2気筒

総排気量

689cc

745cc

圧縮比

11.5

10.7

ボア

80mm

77mm

最高出力(kW/rpm)

54(73.4PS)/9000

40(54PS)/6250

最大トルク(N・m/rpm)

68(6.9kgf・m)/6500

68(6.9kgf・m)/4750

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

強制圧送ウエットサンプ

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

13.0L

14.0L

燃料消費率(km/L)

38.4(60km/h)・24.1(WMTCモード)

42(60km/h)・28.3(WMTCモード値)

カラー/メーカー小売価格


¥699,840 ディープレッドメタリックK
¥699,840 ブルーイッシュホワイトカクテル1
¥699,840 マットグレーメタリック3


¥743,040 キャンディーアルカディアンレッド
¥743,040 グリントウェーブブルーメタリック
¥743,040 パールグレアホワイト
¥743,040 マットバリスティックブラックメタリック

 

 

ヤマハ MT-07とホンダ NC750Xのインプレ動画

 

ヤマハ MT-07

 

ヤマハ MT-07 (2014) バイク試乗レビュー

 

MT-07購入1年レビュー 仙台BIKE LIFE

 

 

ホンダ NC750X

 

新型 Honda NC750X 試乗インプレッション/レビュー

 

ホンダ NC750X DCT ABS (2016) バイク試乗レビュー

 

 

MT-07とNC750Xの比較の口コミ

 

 

質感や性能面ではMT-07の方が上だね。

 

 

最大トルクは、MT-07が「68(6.9kgf・m)/6500」、NC750Xが「68(6.9kgf・m)/4750」。MT-07が高回転型エンジン、NC750Xが低回転域トルク。

 

 

パワーウェイトレシオ
MT-07 70万円 180kg/73ps=2.46
NC750X 72万円 217kg/54ps=4.02

 

 

3000回転だったらNC750Xの勝ち。高回転をばっさり捨てたNCの低回転のトルクは、すごいよ。一方4000回転からモリモリトルクでフラットに高回転まで回るのがMT-07。

 

 

フレームは、MT-07が専用モデルのスチールフレーム。徹底した軽量化と全体のダウンサイジングが図られ、サイズや車重は発売時の日本国内400ccクラス車両と同じ程度のスペック。NC750Xのフレームは、スチール製ダイヤモンド型。14Lの燃料タンクがシート下にあり、通常の燃料タンクの位置にS・Xのフルフェイスが収納できるラゲッジスペースある。

 

 

後出しのMT-07がNCよりマシなのは、当前。NCは、価格に重きをおき過ぎて必要充分を見誤った気がする。だからちょこちょこマイナーチェンジしてつじつまを合わせてるし、その度に価格が上がって本来の良さが消えていってる。

 

 

バイクブーム時代のオーバースペックからユーザーのニーズに合わせて安くしたNCは、いいと思う。スペックより、価格が重要な人の方が多いから。

 

 

MT-07の方がNCより振動が少ないね。

 

 

MT-07に乗ってみたら車体がNCより更に小さく感じた。

 

 

NCの方が良い点は、燃費、積載タンク、dctってとこか。

 

 

ブレーキは、MT-07が車重が179kgでフロントダブルディスクに対し、NC750Xは、車重218kgで前後ともシングルディスクブレーキ。ただし、前輪は直径320oの大口径ローター。

 

 

NCは、ブレーキが手抜きし過ぎ。片押しシングルディスクでMT-07よりかなり重いけどこれじゃダメでしょ。給油口もダメだし。まあ、その分安いけど。

 

 

NCは、片押しキャリパー、リジットシングルディスク。MT-07のブレーキキャリパーは、モノブロック対抗4potキャリパーでディスクもフローティング。しかもダブル。でもNCは、そもそもスピード出すバイクじゃないからそれにあわせたブレーキになってる。

 

 

ブレーキングは、MT-07の方が明らかに良く止まる。

 

 

NCは優しすぎるバイク。全くの初心者や色々乗ってNCのコンセプトに共感した人にはいいけど排気量だけ大型で大型の良さ削ってしまった感じ。MTはパワフルだけど荒い感じ。

 

 

MT-07の旅バイクとしてのライバルだと09トレーサーとNC750XあたりだけどNCは、給油位置が残念だね。

 

 

NC750は、速くないし、性能で語ることはないけど燃費とメットインが素晴らしいし、とても静か。それに値引きが凄くて安い。まあ、バイクを楽しみたいならMT-07の方がいいけど。

 

 

バイク好きには、MT-07を勧める。重量とエンジン性能が特徴でバイクと一体になった時に、この2つが効いてくる。

 

 

収納面では、NC750Xの方が便利。ヘルメット一個がギリギリ入るくらいの容量だがそれだけでぜんぜん違う。NC750XもMT-07もタンクが樹脂製なので磁石のタンクバッグが使えない。

 

 

リアタイヤは、MT-07が「180/55ZR17 M/C 73W」、NC750Xが「160/60ZR17 M/C 69W」。MT-07の方がスポーツ性を全面にだしてる。

 

 

スポーティな走りがしたい人には、MT-07の方が向いてる。走ってる時の楽しさは、断然MT-07。NC750Xは スポーツ車の皮を被ったクルーザー。ゆったり流れに乗って旅を楽しむバイク。長距離ツーリングならNC750Xの方が楽。

 

 

NCは、コストからの理詰めで考えて作った模範解答。MT-07は、さらにコストダウンできる部分があるのに、あえてそれをしていない。バイク好きな人がこだわって作ったと感じる。

 

 

MT-07の足つきは、教習車のNC750と同じぐらいだし、NCより断然軽いから楽。小柄な人にとっての難易度は、CB400SF>NC750>MT-07だと思う。同じぐらいの足つきでもNC750に乗った時は、少しでも傾くと立て直せない感じだったけど、MT-07は少し傾いても足がつくし、支えられる重量だから大丈夫な感じだった。

 

 

乗り安さだけを求めるならNC750が良い。言い方は悪いが誰が乗っても同じバイクだけど一定の安心感がある。だけどせっかく大型に乗るなら面白いバイク乗りたいからMT-07がいいね。

 

2014年度401cc〜車種別年間販売台数
第1位 MT-09/A(-Since2014-) 販売台数3964台
第2位 スポーツスター1200(-Since2013-) 販売台数2276台
第3位 ボルト/R(-Since2013-) 販売台数1983台
第4位 MT-07/A(-Since2014-) 販売台数1813台
第5位 CB1100 Type1/2(-Since2010-) 販売台数1655台
第6位 NC750X(-Since2014-) 販売台数1576台
第7位 CB1300SF/SB/ST(-Since2008-) 販売台数1501台
第8位 883シリーズ(-Since2013-) 販売台数1490台
第9位 ニンジャZX-14R/ZZR1400ABS(-Since2012-) 販売台数1159台
第10位 ZRX1200DAEG(-Since2009-) 販売台数1142台

 

 

回らないNCより軽くてオールマイティーなMT−07の方がいいよ。

 

 

安い大型が欲しくて、NCに興味もったけど大型で54馬力は嫌だからMT-07にした。

 

 

スクーターみたいな利便性や燃費ではNC750。趣味の走りの良さは、絶対にMT-07。自分は、NC750に試乗したらあまりのエンジンの眠たさに数分で無理だなって思った。俺だったらNC750を買うよりTMAXにする。

 

 

快適さで選ぶならNC750+dct。オジサンになったらNC7みたいな気楽なバイクに乗りたい。

 

 

まったり走るならNC750X。元気良く走りたいならMT-07。NC750Xは、マイナーチェンジで見た目もカッコ良くなったから、軽いという理由だけMT-07にしようと思ってるならNC750Xでいいと思う。

 

 

NC750Xのメットインは、始めは便利と思ったが今は、メットインなくしてタンク容量増やしてくれた方がよっぽどありがたいって思う。

 

 

NC750は、流して走ったら快適で楽しい。緊張感とかストレス無しで走れる。MT07は積極的にコントロールするのが楽しい。低速があるから流しても気持ち良く走れるけどね。

 

 

収納と燃費以外は、MT-07の方がいいと思う。用途がまったりツーリングならNC750Xでもいいと思う。MT-07は、軽いから気軽に乗り出せるのがいい。重いと乗り出すのが面倒だから乗らなくなる。

 

 

他のミドルクラスもNC750より加速重視のギア比なのでエンジン単体のスペックだけに限らず絶対的な速さでも負けてる。重量だって全然違う。 NCを買うのにそういう速さを求める時点で間違ってる。 肝心なのは自分に合ってて楽しいかどうか。 MT-07は100km/hで走るのに4000回転以上回さなければいけないからいいや。 重いと安定感も得られるから有利と不利は表裏一体。

 

 

NCに乗った後でMT-07に乗ると加速が凄くて驚いた。それにMT-07は、NCよりハンドリングが軽快な気がした。

 

 

NC750X乗りの人が同じ感覚でMT-07に乗ったらストールさせる。高回転型パラツーは、超低速の粘りが無い。

 

 

MT-07は、本来コストがかかるストファイ風なデザインなのにコストダウンしてるから安っぽさが目立ちやすくなってる。でもNCよりはマシなんだけど。

 

 

MT-07にしたのは、NCより回せるという理由が大きかった。収納は、NCより無いがメットインなくても、特に不便は、感じない。

 

 

パワーが欲しいならMT-07。長距離ツーリングやキャンプもしたいならいっぱい積載できる方がいいから、その辺のパーツの多いNC750X。

 

 

デザインと走りは、明らかにMT-07が上。低価格と収納力と燃費でNCに引かれるけど乗り比べるとMT-07が欲しくなる。

 

 

長距離ツーリングの快適性なら間違いなくNC。

 

 

NC750の長所は、メットイン、燃費が良い、タンデムし易い、DCTの選択肢があり左手と左足が楽。
NC750の短所は、遅い、重い、おじさんバイクで楽だけどつまらない。
MT-07の長所は、速い、軽い、カッコイイ。
MT-07の短所は、収納力が低い、大型感が薄い、タンデムし難い。

 

 

ドコドコ感は、遥かにNCの方がトコトコしてた。MT-07は、コロコロコガロロって感じ。

 

 

積載能力はNCが上でしょ。

 

 

NCは積載性が高いと思われてるけど、NCのシートのリアスペースに荷物積んでロープ締めると給油する毎にいちいちロープを解いてリアシートを外して給油しなきゃだめだよ。タンクがリアシートを外した中にある。本来のタンクのある位置にメットインをつけた弊害が出てる。

 

 

積載はNCだけどNCは、給油口がリアシートの下にあるからパニア前提だね。

 

 

俺は、デザインでMT-07に決めた。NCは腹回りがぼてっとしてるから鳩みたい。MT-09やトレーサーも同じようなもの。

 

 

MT-07に試乗してみたけど印象的なのは軽さだけだった。その後、ホンダのNCに試乗したけどMT-07で感じたチグハグ感が全くない芯の通ったハンドリングが好印象だった。

 

 

俺は、初心者だから誰でも気楽に乗れて、ロンツーが楽にできるバイクを探してたからNCにした。

 

 

どっちも全然タイプが違うバイクだけど荷物を積んで走ることが多いならスポーツ性よりツアラー性のあるNCの方がいい。

 

 

NCに試乗してきた。MT-07比較で良かった点だけ書く。ライディングポジションが楽だった。シートが若干マシな気がした。メットインがかなり便利。クラッチが軽くて操作性が良かった。LD仕様で足付きが同じような感じ。ステップ位置も似たような位置。6速60km/hだと2000回転以下になってギクシャクした。6速は、高速で回転数を抑えるギヤだと思った

 

 

DCTなんてと馬鹿にしてたけど試乗してみたらMT-07と悩むぐらい良かった。MTでは物足りなく感じるNCのエンジンと相性が抜群。

 

 

俺の感想では、同クラスのクラッチの重さはこの順番。
CT(クラッチ無し)>>>NC>MT>SV

 

 

渋滞の時や市街地ではDCTがある方が楽だろうね。高速で観光地とかに行く時は、NC750dctの方が疲労が少なさそう。メットインがあるからお土産買えるし。バイクで走ってて楽しいのとはまた別の話しだけど。

 

 

MT-07がパワーあるというより、NCはパワーなさすぎなんだよ。

 

 

NCの低速トルクは確かに濃密感がある。でもすぐ頭打ちになるし、振動が大きい。高速では、MT-07の方が振動が少ない。

 

 

NC750は、回す人をターゲットにしてない。MT-07は、逆に回したい人向け。

 

 

NC750Xのエンジンは、グッチV7やハーレー883みたいな芳醇なテイスト。MT-07は、不等間隔爆発なのにコストダウンを優先して、二軸バランサーを不採用にした。クランクマスも軽いのでニンジャ250の延長線の単純なアジアンテイスト。

 

 

極低速は、NC750の方がトルクがある。ただし、それもアイドル状態でのこと。それなりにアクセルを開けたらMT-07も同じようなもの。

 

 

低速重視のNC。中速重視のMT-07。

 

 

俺には、NC750でも加速、スピード共に問題無いけどな。特にDCT。アクセルをひねるだけで100km/h超まで瞬時にシフトアップする。NC750のMTは比較対象外だけど。

 

 

どっちも実用速度域で走るべきバイクであって、飛ばして走るバイクじゃない。NCは、飛ばせないエンジンにしてるけど。

 

 

MT-07にシートバックならいいけど、パニアなんかの積載を求めだすなら最初からNC買った方がいいと思う。MT-07は、デザインの完成度が高いから、あとからいろいろ付けるとダサくなるぞ。

 

 

ツーリングがメインの人でスイングアームや車軸が長い方がいい人は、NC750にすればいい。NC750の車軸は、1535mm。MT-07の車軸は1400mmだからこそ軽快なハンドリングで走れる。

 

 

NCは、6000rpm以上をばっざり切っただけで、排気量なりのトルクはある。しかも、同じようなエンジン特性のクルーザーよりも軽い。ブレーキもバイクの特徴にあった十分なものだし、サスペンションを高性能にする必要もないから合理的なコストダウン。NCに試乗して不満な人は、MT-07を検討すればいい。

 

 

バイクを楽しめるのはMT-07だよ。
NC750は、旅を楽しむバイクだから。

 

 

車に例えるなら、NCがプリウスでMT-07が86って感じだな。

 

 

270°クランクなのに「二軸プライマリーバランサーシャフト」をハブってるのは、MT-07だけ。NCは、付けてなかったけど後で付け足した。MT-07は、必用と言うユーザーの声もないからつけてないだけ。

 

 

NCの低回転のトルクは、凄いよ。高回転をばっさり切り捨てて低速トルクがモリモリ。一方MT-07は、4000回転からトルクがモリモリでフラットに高回転まで回る。

 

 

MT-07は、スポーツイメージのモデルなのに足回りが安い。だから自分の使い方では、NC750Xになるな。

 

 

MT-07は、メットインと風防が無いし、燃費とタンク容量がNC750Xより劣ってる。まあ、オフに関しては、MT-07の方が良いだろうけど。

 

 

俺は、NC750Xの給油位置が気に入らなくてMT-07にした。

 

 

NC750Xは、メットインと燃費ぐらいしか誇れないけど、そこがどれだけ有益かを再認識させてくれるし、法定速度で走っててストレスがない。MT-07がどんなに軽くて楽しかろうと自分は、もうメットインの無いバイクに乗り換えられない。

 

 

MT-07は、NC750Xと同じ270度クランクエンジンの高回転版だと思ってたけど、試乗してみたら高回転振動し過ぎで疲れた。ここまで違うと思わなかった。

 

 

MT-07よりNC750の良い点。
低速トルクがある。
回さなくてもいい。(人によっては欠点)
振動が少ない。
燃費が良い。
MT-07より横風に強いし疲れにくい。
高速走行ではMT-07より安定感がある。
メットインがある。
楽をしたくなったらDCTがある。

 

 

ツアラー要素では、NC750Xが負けてる所は無いかな。

 

 

NC750XもメットインやDCT搭載スペースをなくせば、MT-07と同じように200s切るはず。でもNC750Xを買う人は、それを望んでないと思う。

 

 

MT-07に試乗したけどNC750Xとは全然方向性が違うバイクだった。排気量的にはライバルになるけど、ちゃんと棲み分けができてると思った。

 

 

DCTにしたらクラッチ操作忘れそうで迷ったけど結局DCTを買った。おそらくMT-07にしたら最初は楽しいけど、途中からクラッチ面倒くさい、渋滞面倒くさいってなりそう。それにDCTにオプションのチェンジペダルを付けてMT操作して、面倒くさくなったらATモードにすればいい。クラッチ握らなくていいから楽。

 

 

NC750を買うならDCTにした方がいいよ。DCTを味わえるバイクは、少ない。クラッチバイクは、いくらでもあるんだから。

 

 

MT-07の方が回転の伸びがいいし、軽くてハンドルの切れ角が大きい。

 

 

NC750X DCTは、もう少しパワーが欲しかった。MT-07に乗った後で乗ると悲しくなる。せめて400のスポーツバイクぐらいのパワーが欲しかった。

 

 

NC750Xは、低回転でマッタリ走って気持ちのいい高燃費のツーリング向けのバイクだよ。NC750Xにパワー不足を感じるならMT-07を買えばいい。でもそういう人は、MT-07買っても他のバイクとパワーを比べてまた乗り換えたくなるんだろうけど。

 

 

MTの特徴は、エンジン部を限りなく上にして、ホイルベースを限界まで短くして軽量化した。一方、NCは、逆にエンジン部を限りなく下へ下げたせいでホイルベースが長くなって重量もそこそこ重くなった。だからスペックの数字では、MTは軽いけど取り回しは意外と重い。

 

 

NC750XがロングストロークでMT-07がショートストローク。まったり走りたい人は、NC750X。よりきびきび走りたい人は、MT-07。

 

 

NC750XとMT-07のカラー、全く同じで笑った。

 

 

MT-07には、メットインないからにトップボックス付けてもいいけど箱が不要で外した時がダサい。毎回キャリアも外してられないし。

 

 

NC750XとMT-07を乗り比べてみた。MT-07は、4000回転から10000回転まで一気に回る。本当に速い。タンクの幅とシートの先端が狭くなってて、足つきの悪さをシート幅で補ってるのかな。NC750Xは、幅広シートでロンツーに向いてそう。低回転域では、NC750Xの方がいいと思ったけどMT-07も全く無い訳じゃない。2500回転も回せば十分なトルクがある。

 

 

400km走ってみたけどMT-07の方が速くて、気持ち良かった。NC750X DCTもいいバイクだけど、速くて軽いMT-07は魅力的。

 

 

MT-07に高級感は、無いけど他のミドルクラスと比較して安っぽいわけでもない。NC750Xのような露骨なコストダウンは感じられなかった。

 

 

NC750Xの方が乗りやすいし、振動も少ないし、メットインもついてて良いけど、NC750Xはカッコ悪いんだよな。

 

 

乗り安さだけを求めるならNC750の方がいい。誰が乗っても同じ感じの安心感がある。でもせっかく大型に乗るなら面白いバイクの方がいいからMT-07をすすめる。だって乗りやすさだけを求めるなら400cc以下でもいいのがあるし。

 

 

MT-07は、トゥルルルルル。
NC750Xは、ドュルルルル。
軽快なMT-07、重厚なNC750Xという感じ。

 

 

俺が両方試乗した感想。
MT-07は、遊ぶためのバイク。
NC750は、ビジネスバイク。

 

 

走りのMT-07。利便性のNC750X。走りを取るか利便性を取るかってこと。

 

 

MT-07買ったけどNC750Xの街中でメット置きっぱなしにしても安心なのは、羨ましい。

 

 

約4ヵ月でMT-07が1813台、NC700Xが1576台売れた。

 

 

NC系がMT-07より優れている部分は、メットイン、防風、燃費ぐらいだろ。

 

 

NC750X 218kg
MT-07 179kg
ちなみにMT-07は、欧州でも179kg、ABS付きなら182kg。

 

 

NC750Xに乗っててMT-07に乗り換えたけど、NC750Xのメットインが便利すぎて、不便に感じる。箱つければいいけどダサいからな。

 

 

高回転型のエンジンがいい人は、MT-07に乗ればいい。俺は、DCTやメットインやYCC-Sが付いて、普通に燃費30km/L走るNC750Xの方がいいけど。

 

 

NC750Xのシートは、MT-07よりかなり楽なシートだと思う。でもいたって普通のシートだけど。

 

 

速さを求めるならMT-07を買えばいい。CB400SBより速いから。NC750Xは、CB400SFより遅い。まあ、レッドゾーンまで回せば対抗できるけど、NC750Xは、気合を入れずに中低回転域で走ると快適で速いバイク。NCのコンセプトが理解できる人は、NC750Xで満足できるだろう。

 

 

下だけ比べたらNC750Xの方がある。でもMT-07も下が困る程非力じゃないから問題ない。まあ、速さだけ比べたら全くNC750Xに勝ち目は無い。シート形状は、NC750Xの方が良いから長時間乗るなら楽。

 

 

MT-07は、デザインが良いし、軽いのが魅力。でも俺は、収納が欲しかったし、DCTと燃費の良さに魅力を感じてNC750Xにした。

 

 

NC750X乗りでMT-07に試乗したけど、クラッチミートから加速排気音は、NC750Xと一緒だった。クランク角が同じだからと思うけど。加速は、MT-07の方がパンチ効いてる感じで車体が軽いから普段NC750X乗ってる自分からすると急かされてる感じがした。

 

 

実燃費に近いWMTCモードで航続距離を比較すると
MT-07は、313km
NC750Xは、396km

 

 

 

次に
2018年4月発売のヤマハ MT-07(2BL-RM19J)と
2018年4月発売のホンダ NC750X(2BL-RC90)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

MT-07 ABS

NC750X

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

発売年月

2018年4月

2018年4月

型式

2BL-RM19J

2BL-RC90

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2085

2215

全幅 (mm)

745

845

全高 (mm)

1090

1320

軸間距離 (mm)

1400

1520

最低地上高 (mm)

140

140

シート高 (mm)

805

800

車両重量 (kg)

183

218

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

688

745

4スト・カム駆動方式

DOHC

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

80

77

行程(ピストンストローク)(mm)

68.5

80

圧縮比(:1)

11.5

10.7

最高出力(kW)

54

40

最高出力(PS)

73

54

最高出力回転数(rpm)

9000

6250

最大トルク(N・m)

68

68

最大トルク(kgf・m)

6.9

6.9

最大トルク回転数(rpm)

6500

4750

燃料タンク容量 (L)

13

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

LMAR8A-9

IFR6G-11K

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ14S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3

3.7

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.925

1.731

2次減速比

2.687

2.529

変速比

1速 2.8460/2速 2.1250/3速 1.6310/4速 1.3000/5速 1.0900/6速 0.9640

1速 2.8120/2速 1.8940/3速 1.4540/4速 1.2000/5速 1.0330/6速 0.8370

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

17

スプロケット歯数・後

43

43

チェーンサイズ

525

520

標準チェーンリンク数

108

114

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

24°50

27°00

トレール量 (mm)

90

110

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

38.4

42

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

23.9

28.3

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5.5

4.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有

ハザードランプ 有
盗難防止装置 有

メーカー小売価格

777,600円

743,040円※NC750X<ABS>E Packageは、880,200円。NC750X DCT<ABS>E Packageは、946,080円

 

MT-07(2BL-RM19J)とNC750X(2BL-RC90)の比較の口コミ

 

ヤマハ MT-07(2BL-RM19J)とNC750X(2BL-RC90)の比較

 

 

俺は、MT-07買って満足してるけど、飛ばさないからNC750Xでも不満なかったと思う。それに今でもNC750Xのメットインと航続距離は、羨ましい。

 

 

NC750Xに試乗して、バイク便で売れてるのが納得できた。通勤や荷物を運ぶバイクとしては、優秀。特にDCTは楽だし。でも楽しさを求めるならMT-07の方が良い。ギミックは、すぐ飽きるし。

 

MT-07とNC750Xの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら