GSX-S1000とGSX-S1000Fの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GSX-S1000とGSX-S1000Fの違いを比較

 

スズキ GSX-S1000とGSX-S1000Fの歴史

2015年7月6日に海外向けに少し遅れてGSX-S1000の国内仕様「GSX-S1000 ABS」、「GSX-S1000F ABS」が新登場。「GSX-S1000F ABS」には高速走行や長距離ツーリング時の快適性を高めるフルカウル(風防)を装着。型式は、EBL-GT79A
2017年3月30日にマイナーチェンジ。排出ガス規制(平成28年)に適合。型式は、2BL-GT79B
2018年2月15日にカラーチェンジ。
[GSX-S1000 ABS]は、新色として 「パールグレッシャーホワイト/グラススパークルブラック」を設定。
[GSX-S1000F ABS]は、新色として 「グラススパークルブラック」を設定。

 

 

ここでは、
2017年3月30日発売のスズキ GSX-S1000(2BL-GT79B)と
2017年3月30日発売のスズキ GSX-S1000F(2BL-GT79B)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

GSX-S1000 ABS

GSX-S1000F ABS

発売年月

2017年3月

2017年3月

全長 (mm)

2115

2115

全幅 (mm)

795

795

全高 (mm)

1080

1180

軸間距離 (mm)

1460

1460

最低地上高 (mm)

140

140

シート高 (mm)

810

810

車両重量 (kg)

209

214

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

998

998

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73.4

73.4

行程(ピストンストローク)(mm)

59

59

圧縮比(:1)

12.2

12.2

最高出力(kW)

109

109

最高出力(PS)

148

148

最高出力回転数(rpm)

10000

10000

最大トルク(N・m)

107

107

最大トルク(kgf・m)

10.9

10.9

最大トルク回転数(rpm)

9500

9500

燃料タンク容量 (L)

17

17

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

FT12A-BS

FT12A-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.4

3.4

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.553

1.553

2次減速比

2.588

2.588

変速比

1速 2.5620/2速 2.0520/3速 1.7140/4速 1.5000/5速 1.3600/6速 1.2690

1速 2.5620/2速 2.0520/3速 1.7140/4速 1.5000/5速 1.3600/6速 1.2690

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

17

スプロケット歯数・後

44

44

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

116

116

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25.00°

25.00°

トレール量 (mm)

100

100

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

25.3

23.8

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

18.7

18.7

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

190/50ZR17

190/50ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6

6

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有

メーカー小売価格(税込)

1,131,840円(消費税抜き1,048,000 円)

1,185,840円(消費税抜き1,098,000 円)

 

GSX-S1000とGSX-S1000Fの違いを比較
GSX-S1000とGSX-S1000Fの比較

 

GSX-S1000とGSX-S1000Fの比較の口コミ

 

 

デザインは、好みがかなり分かれるね。いくつかバイク屋を回ったけど、多くの店員がGSX-S1000のデザインは、褒めてたけど、GSX-S1000Fのデザインは、あまり良くないって言ってた。GSX-S1000の黒赤は、ほとんどの人が良いと言ってた。

 

 

俺は、GSX-S1000買ったけど、GSX-S1000F買うならNINJA1000の方がいいと思った。GSX-S1000とGSX-S1000Fのどちらも試乗したけど、操縦性はGSX-S1000のロール感に好感が持てたし、整備性もGSX-S1000の方が良いと思った。高速道路でも法定速度+10〜20%ぐらいならGSX-S1000でも風は気にならない。でもそれ以上の速度を出すならカウル付のGSX-S1000Fの方が良さそう。

 

 

試乗会で無印とFに乗ってきた。基本的にどちらも同じハンドリングで、無印のが少し軽め。防風性やスタイリングで選んでいいと思う。

 

 

無印とFを乗り比べた。走りは無印の方が良かった。どうしてFも同じセッティングにしてくれなかったんだろう。

 

 

無印は、フロントが軽過ぎるからふり迴して乗るには、おもしろい。無印乗った直後にFに乗るとフロントがかなり粘っこい。落ちつきがあって疲れないから、俺は高速で楽できるFにした。

 

 

自分は、無印の方が圧倒的に好き。カウル有り無しの一番の違いはハンドリング。カウルを外すと見た目以上に別のバイクになる。高速安定性はFだから用途の違いで選べばいい。発熱に関しては、無印最大の美点かもしれない。

 

 

俺は、ハンドルにライトが付いてたら振られそうだからFを買った。今までネイキッドに乗ったことが無いから若干抵抗がある。

 

 

GSX-S1000Fは、カウル付きだけど、GSX-S1000よりはマシな程度だし、カウルが付いた分、操縦性の犠牲もミニマムになった感じ。それが中途半端に感じる人は、GSX-S1000を買えばいいし、丁度良いと感じる人は、GSX-S1000Fを買えばいい。

 

GSX-S1000は、バランスが取れててカッコイイね。GSX-S1000Fは、少しやっつけ感がある。まあ、プラス5万円だからこれが限界だったんだと思う。Z1000からNinja1000みたいに本気で手を入れてたらまた違ったんだろうけど。そうしてたらかなり値段が高くなっただろうね。

 

 

GSX-S1000とGSX-S1000Fに試乗してきた。GSX-S1000Fのウインカーがほとんどハンドル幅と同じぐらい飛び出てるのが嫌。あとGSX-S1000は、数値以上にGSX-S1000Fより軽く感じた。

 

 

春夏秋はGSX-S1000、冬はGSX-S1000Fがいい。

 

 

GSX-S1000にして社外スクリーンつければいい。

 

 

俺は、試乗で高速道路も走って乗り比べたけど、たいして違いを感じなかったからGSX-S1000を買った。おそらく俺が高身長で高座高だったのが原因かもしれない。

 

 

ツーリングで俺のGSX-S1000と友達のGSX-S1000Fを交換して乗り比べたけど、やっぱりGSX-S1000Fは、防風効果が全然違った。

 

 

両方乗ってみたけど、やっぱりGSX-S1000Fは、風圧が結構違った。長時間乗るならGSX-S1000Fのが疲労度が少ないはず。GSX-S1000のがフロントが軽く感じたけど、俺は、GSX-S1000Fの挙動の方が好みだった。

 

 

無印の方がポジションがしっくりきた。Fは、ポジションに違和感があった。まあ、Fでもハンドルを変えればいいと思うけど。

 

GSX-S1000とGSX-S1000Fの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら