NINJA400とZZR400の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA400とZZR400の違いを比較

 

カワサキ Ninja400の歴史

2013年12月1日にNinja400が新登場。型式は、EBL-EX400E
旧モデルのNinja400Rをフルモデルチェンジし、「Ninja400」の車名に変更された。車体は2011年モデルのNinja650と共通化し、よりシャープなスタイルに。カウルのデザインやマフラーエンドの跳ね上がりなど印象が大きく変わった。399ccの水冷4スト並列2気筒エンジンは、Ninja400R(ER-4n)をベースにレスポンスアップ。ウインドスクリーンは、上下3段階で高さを変更可能。新作のアナログ+液晶タイプの多機能メーターを採用。
2013年12月1日に「Ninja400 Special Edition」と「Ninja400 ABS Special Edition」を発売。
ライムグリーンのグラフィックを採用したスペシャルエディション。ABS搭載モデルと非搭載を設定。
2014年4月15日にNinja400 ABS Special Editionをカラーチェンジ。
2015年2月1日に「Ninja400」と「Ninja400 Special Edition」と「 Ninja400 ABS Special Edition」をカラーチェンジ。
2015年6月1日にNinja400 ABS Limited Editionを発売。
アッパーカウル、アンダーカウル、タンクカバー、シートカウルに水転写によるカーボングラフィックを施した。サイドカウルとタンクカバーにKawasakiとNinjaの立体エンブレムが貼付。
2015年12月1日に「Ninja400」と「Ninja400 ABS Special Edition」をカラーチェンジ。
2016年10月15日に「Ninja400」と「Ninja400 ABS Special Edition」をカラーチェンジ。
2017年4月15日にNinja400 ABS Limited Editionを発売。
2018年2月1日にNinja400をフルモデルチェンジ。型式は、2BL-EX400G
Ninja250と同時にフルモデルチェンジ。Ninja400RもNinja400もERシリーズ(海外向け)がベースでNinja250とは姉妹的な関係はなかったが2018年モデルからベースが同じの排気量違いのモデルとなった。ボディデザインは、同時代のNinja ZX-10Rと同様のテイスト。トレリスフレームなどはNinjaH2をイメージさせる。398ccの水冷並列2気筒のエンジンを搭載。2017年モデルと別物で、10000rpm時に48psを発生。LEDヘッドライトやアシスト&スリッパークラッチを装備。メーターにギアポジションが付いた。ABSは標準装備となり車名からABSがなくなる。
2018年2月1日にNinja400 KRT Edition発売。
Ninja400の2018年モデルがベースの特別外装モデル。KRTカラーバージョンとしてスーパーバイク世界選手権に参戦するNinja ZX-10RRをイメージしたカラーリングが設定。
2018年10月1日にカワサキ「Ninja400」と「Ninja400 KRT Edition」をカラーチェンジ。

2019年9月1日にカワサキ「Ninja400」と「Ninja400 KRT Edition」をカラーチェンジ。

 

 

カワサキ ZZR400の歴史

1990年に「ZZR400」が新登場。型式は、ZX400K
車体色は、2色(キャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラ、エボニー×パールコスミックグレー)。
1991年11月にカラーチェンジ。
車体色に新色のエボニー×メタリックソニックブルーと継続色のキャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラの2色。車体名デカール色が変更。
1992年にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラ、エボニー×メタリックソニックブルー)。車体名デカール色を変更。
1993年3月にフルモデルチェンジ。型式は、ZX400N
これまでのK型からN型へ変更。馬力規制に対応、馬力が58PS→53PSへダウン。ツインラムエアシステムを導入。最終減速比が少し低くなり、よりツアラーらしい設定に。カウル形状を一新。フレームの見直し、ホイールベースが10mm短縮。燃料計を追加装備し、燃料警告灯廃止。燃料リザーブが追加。ヘッドランプが常時点灯に。メンテナンスフリー・バッテリーを採用。シートがメインキーで着脱可能に。車載工具入れを装備。車体色は、新色のエボニー×ジュピターグレーマイカと継続色のキャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラの2色。車体名デカール位置を変更。
1994年3月にカラーチェンジ。
車体色は、新色のエボニー×パールティールグリーンと継続色のキャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラの2色。
1995年3月にカラーチェンジ。
電気系統を変更。ジャンクションボックスとイグニションの位置を変更。車体色は、新色2色(キャンディワインレッド、パールパープリッシュブラックマイカ。
1996年2月にカラーチェンジ。
車体色は、新色のルミナスウインザーグリーンと継続色のキャンディワインレッドの2色。
1997年2月にマイナーチェンジ。
メーターにデジタル時計を追加。積算計が2個→1個に変更。メーター内のウィンカーの色も緑色へ変更。車体色は、新色2色(キャンディアマランスレッドマイカ、パールジェントリーグレー)。

1998年2月にマイナーチェンジ。
フロントフォークインナーチューブガードを装備し、フォークアウター変更。車体色は、新色2色(パールコスミックグレー×メタリックシャンパンゴールド、エボニー×パールジェントリーグレー)。
1999年1月にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(キャンディパーシモンレッド、エボニー)。
2001年3月にマイナーチェンジ。型式は、BC-ZX400N
平成11年排出ガス規制に対応し、若干馬力が低下。排出ガスの再燃焼とパイプ触媒を組みあわせた「KLEEN」を装備し、重量が2kg増。アクセル開度連動点火進角システムK-TRICの追加。クランク変更で減速比が変更。ドリブン×ドライブが「15丁×52丁」から「17丁×46丁」へ。車体色は、新色2色(ルミナスビンテージレッド、ブラックパール)。フレーム色がシルバーからコスミックグレーに変更。ホイール色も変更。タンクのエンブレムが立体エンブレムとなった。
2003年3月にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(キャンディサンダーブルー、ムーンライトシルバー)。
2004年1月にマイナーチェンジ。
放熱効果を高めるためにフロントブレーキのディスクの穴が放射状からウェーブ状に変更。フロントブレーキキャリパーを変更。車体色は、前と同じ2色(キャンディサンダーブルー、ムーンライトシルバー)。
2004年12月にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(メタリックオーシャンブルー、ギャラクシーシルバータイプ2)。スイングアームを黒に変更。アンダーカウルが別色となり、車体名デカール位置を変更。
2005年12月にカラーチェンジ。
車体色は、新色のパールメテオグレーと継続色のメタリックオーシャンブルーの2色。
2007年1月にカラーチェンジ。
これが最終モデル。エアクリーナーボックスが熱で歪んで2次エアを吸い込む対策として異形ワッシャーを導入。車体色は、新色のメタリックマジェスティックレッドと継続色のメタリックオーシャンブルーの2色。

 

 

ここでは、
2013年12月発売のカワサキ NINJA400(EBL-EX400E)と
2007年1月発売のカワサキ ZZR400(BC-ZX400N)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

Ninja400

ZZR400

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

発売年日

2013年12月1日

2007年1月

型式

EBL-EX400E

BC-ZX400N

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2110

2070

全幅 (mm)

770

695

全高 (mm)

1180

1175

軸間距離 (mm)

1410

1430

最低地上高 (mm)

130

120

シート高 (mm)

805

780

車両重量 (kg)

209

197

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

399

399

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

68.4

57.5

行程(ピストンストローク)(mm)

54.3

38.5

圧縮比(:1)

11

11.2

最高出力(kW)

32

39

最高出力(PS)

44

53

最高出力回転数(rpm)

9500

11000

最大トルク(N・m)

37

37

最大トルク(kgf・m)

3.8

3.8

最大トルク回転数(rpm)

7500

9000

燃料タンク容量 (L)

15

18

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

キャブレター

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9E

点火プラグ必要本数・合計

2

4

搭載バッテリー・型式

YT12A-BS

YTX12-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.3

3.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.6

2.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.8

3.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.095

2.441

2次減速比

3.066

2.705

変速比

1速 3.0000/2速 2.1660/3速 1.6400/4速 1.3600/5速 1.1920/6速 1.0400

1速 3.1660/2速 2.1250/3速 1.6660/4速 1.3750/5速 1.2170/6速 1.0830

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

17

スプロケット歯数・後

46

46

チェーンサイズ

520

530

標準チェーンリンク数

114

112

フレーム型式

ダイヤモンド

アルミツインチューブ

キャスター角

25°

24°30

トレール量 (mm)

110

96

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

37.5

35

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

24

-

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/60ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

55

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

H4

メーカー小売価格

649,950円

728,700円

 

NINJA400とZZR400の違いを比較

 

NINJA400とZZ-R400の比較の口コミ

 

 

Ninja400は、2気筒。
ZZR400は、4気筒。

 

 

女でZZR250に乗ってて400に乗り換えようと思ってバイク屋行ったら、女性にはZZR400は重いからとNinja400を勧められた。

 

 

確かにZZR400は400クラスで最重量のバイクだから重い。でも取り回しは慣れだし、女性で乗ってる人もいるし、走り出せば気にならない。

 

 

Ninja400で100kmぐらい走ってみたけど、ZZR400の方が走りに徹したバイクだね。Ninja400は、乗車姿勢が立っててツアラーに近い感じだった。

 

 

Ninja400とZZR400は、10kgぐらいの差だから重さはそこまで違わない。ZZR400に思い入れがあるとか4気筒がいいならZZR400。今250に乗ってて、パワーが物足りないと思ってるだけならNinja400がおすすめ。

 

 

峠とかは、Ninja400のが速いと思う。高速道路では、4発で50ps越えのZZR400のが有利。高回転、高出力が好きならZZR400。小型で軽量で扱いやすいのが好きならNinja400。

 

 

210kgのNinja400に乗った後で220kgのZZR400Nに乗っても重たく感じるけど、重たいというより最大トルクの回転数の違いによる加速感だと思う。車で言えばスロコン外した後のような感覚。

 

 

Ninja400は、見た目がバランス悪い。フロントに対してリアのボリュームが少なすぎる。バランス悪いのは、シートカウルの形状が原因だと思う。ZZR400は、全体のバランスが良くてカッコイイ。

 

 

俺もNinja400は、頭でっかちに見える。今風のデザインなんだろうけど、ZZR400のが全体のバランスは取れてる。でもZZR400のヘッドライト回りは、古臭いけど。

 

 

俺は、ZZR400乗りで友達がNinja400乗ってて交換して乗ったけど、全くジャンルが違うと思った。軽さと燃費はNinja400だけど、走りはZZR400。

 

 

●車両重量と馬力
NINJA400 209kg 44ps
ZZR400 197kg 53ps

 

 

●タンク容量
NINJA400 15L
ZZR400 18L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
NINJA400 37.5km/L
ZZR400 35km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
NINJA400 15L × 37.5km/L =562.5km
ZZR400 18L × 35km/L =630km

 

 

初心者には、そりゃNinja400をオススメする。まあ、いろいろ乗ってる奴らは、4発マルチで気持ちいいZZR400の方が楽しいかも。それに古いからトラブルもZZR400の方が多いし。

 

NINJA400とZZ-R400の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら