GSX-S1000とGSX-S750の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GSX-S1000とGSX-S750の違いを比較

 

スズキ GSX-S1000の歴史

2015年7月6日に海外向けに少し遅れてGSX-S1000の国内仕様の「GSX-S1000 ABS」が新登場。型式は、EBL-GT79A
車体色は、2色(グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド、トリトンブルーメタリック)の設定。
2017年3月30日にマイナーチェンジ。型式は、2BL-GT79B
平成28年国内新排出ガス規制に対応。最高出力が107kW→109kWへアップ、最大トルクが106N・m→107N・mへアップ。新たにスリッパークラッチを採用。ステップ、ステップブラケット、ハンドルレバー等をブラック化し質感を向上。車体色は、特別色マットブラックメタリックNo.2を新たに設定した全3色(マットブラックメタリックNo.2、グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック、グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド)。
2018年2月15日にカラーチェンジ。
新色のパールグレッシャーホワイト×グラススパークルブラック(特別色)を設定。全3色(パールグレッシャーホワイト/グラススパークルブラック、グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック、マットブラックメタリックNo.2)の設定。
2019年2月21日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック、パールグレッシャーホワイト、マットブラックメタリックNo.2)の設定。

 

 

スズキ GSX-S750の歴史

2017年3月30日にGSX-S750の国内仕様が新登場。型式は、2BL-C533F
車体色は、「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」、「パールミラレッド」、「マットブラックメタリックNo.2」の3色の設定。
2018年2月15日にマイナーチェンジ。
ハンドルバーをアルミに変更。車体色は、「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」、「グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド」の2色の設定。
2018年2月26日に特別色のマットブラックを発売。
「マットブラックメタリックNo.2」(特別色)を追加。
2019年2月21日にカラーチェンジ。
車体色は、「トリトンブルーメタリック」、「パールグレッシャーホワイト」、「マットブラックメタリックNo.2」の3色の設定。

 

 

ここでは、
2018年2月15日発売のスズキ GSX-S1000(2BL-GT79B)と
2018年2月15日発売のスズキ GSX-S750(2BL-C533F)
の違いを比較しました。

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

GSX-S1000 ABS

GSX-S750 ABS

発売年月

2018年2月

2018年2月

全長 (mm)

2115

2125

全幅 (mm)

795

785

全高 (mm)

1080

1055

軸間距離 (mm)

1460

1455

最低地上高 (mm)

140

135

シート高 (mm)

810

820

車両重量 (kg)

209

212

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

998

749

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73.4

72

行程(ピストンストローク)(mm)

59

46

圧縮比(:1)

12.2

12.3

最高出力(kW)

109

83

最高出力(PS)

148

112

最高出力回転数(rpm)

10000

10500

最大トルク(N・m)

107

80

最大トルク(kgf・m)

10.9

8.2

最大トルク回転数(rpm)

9500

9000

燃料タンク容量 (L)

17

16

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

FT12A-BS

FT12A-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.4

3.9

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.553

1.857

2次減速比

2.588

2.529

変速比

1速 2.5620/2速 2.0520/3速 1.7140/4速 1.5000/5速 1.3600/6速 1.2690

1速 2.7850/2速 2.0520/3速 1.6810/4速 1.4500/5速 1.3040/6速 1.1480

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

-

スプロケット歯数・後

44

-

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

116

114

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

25°00

トレール量 (mm)

100

100

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

25.3

29.3

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

18.7

20.1

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

190/50ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6

5.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS)有
トラクションコントロール 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有

メーカー希望小売価格(税込み)

1,131,840円(消費税抜き 1,048,000円)

969,840円(消費税抜き 898,000円)

 

GSX-S1000とGSX-S750の違いを比較

 

左がGSX-S1000  右がGSX-S750
GSX-S1000とGSX-S750の装備の違いを比較

 

GSX-S1000とGSX-S750の比較の口コミ

 

 

GSX-S750
最高出力 83kW(112PS)/10,500rpm
装備重量 212kg

 

GSX-S1000
最高出力 109kW(148PS)/10,000rpm
装備重量 209kg

 

排気量の低いGSX-S750の方が3kg重いし、馬力低い。GSX-S750を選ぶ理由は、値段ぐらいしかない。

 

 

GSX-S750の方が良い点は、燃費と価格の安さとGSR750のほとんどの外装パーツがポン付け出来ること。自分好みにカスタムしたいならGSX-S750。

 

 

GSX-S750は、GSX-S1000より燃費が良いけど、前のGSR750は、ガソリンがレギュラーだったから燃料代が安かったけど、GSX-S750は、ハイオクだから燃料代の差は、たいしてないよ。GSX-S750がレギュラーだったら良かったのに。

 

 

GSX-S750のが軽かったりフレームが共通だったらまだ良かったけど、実際は、GSX-S1000より重いし、鉄フレームだし、ほぼ角材じゃ、キツイわ。これならちょっと頑張ったら最上級のGSX-S1000が買えるからGSX-S1000の引き立て役にしかなってない。GSX-S750のせいでGSX-S1000が値上げされないことを願うわ。

 

 

2つとも試乗してきた。乗り味としてはやっぱりGSX-S1000の方が凄い。小回りではGSX-S750の方が楽だった。どっちか選ぶならGSX-S1000だな。

 

 

足つきは、少しGSX-S750の方が良いと思ったけどたいして違わなかった。乗り心地は、GSX-S1000の方が硬い感じがした。ギャップを拾った時に若干跳ねる感じがあった。

 

 

ぱっと見では、ライト回りは、GSX-S750の方がスッキリしてる。アンダーカウルは、GSX-S1000の方がシャープ。マフラーは、GSX-S1000のアンダーカウルとの一体感が凄い。スイングアームは、造作とグレード感でGSX-S1000の方がいい。ブレーキは、bremboモノブロックの存在感でGSX-S1000の方がいい。GSX-S1000の弱点は、フロントマスクと市街地向けではないエンジン特性ぐらいかな?

 

 

GSX-S1000とGSX-S750を乗り比べたけどGSX-S750のがレスポンスよく回って、扱いやすくて印象良かった。

 

 

GSX-S1000は、ノーマルでも良い音出してるけど、GSX-S750は、ノーマルだと微妙だった。

 

 

GSX-S750は、コストカットで使い回しだからマフラーがGSX-S1000に比べてデカいね。コンパクトな方が似合ってる。

 

 

スズキの人の話では、GSR750とGSX-S750のフレームは同じものみたいでエンジンも少し改良がされた程度だからエンジンフィーリングとか操舵感は、GSR750とほとんど同じと考えていいと言ってた。あとGSX-S750とGSX-S1000では、ハンドリングの味付けが違ってて、GSX-S1000は、ロンツーも想定したドッシリしたハンドリングでヒラヒラ感は、GSX-S750のが優れているみたい。ジムカーナでは、GSX-S750のが速いかもと言っていた。

 

 

GSX-S1000の方が標準装備されているパーツとかおすすめできるポイントが多くある。

 

 

GSX-S750とGSX-SS1000のメーカー小売価格の差は、約16万円。

 

 

GSX-S750は、GSR750をモデルチェンジして性能を良くして価格を上げなかったのに売れないのは、GSX-S1000の存在だと思う。GSX-S1000は、ニューモデルでGSX-S750は、事実上のGSR750のモデルチェンジだからインパクトも小さい。

 

 

GSX-S750とGSX-S1000の車格は、似たようなもんだけど、GSX-S1000のがフレームがゴツくてエンジンが大きい分見た目で圧迫感がある。

 

 

GSX-S750は、16万円差でGSX-S1000の下位互換か。出力が及ばないのは当前だけど、GSX-S750の方が3kg重くて1cmシート高くて、オイルを沢山食う。

 

 

GSX-S1000で評判悪かった眉毛がGSX-S750では、無くなったてるね。

 

 

GSX-S750は、GSX-S1000よりハンドリングが軽いし、GSX-S1000より回して楽しめる。

 

 

GSX-S750は、ほぼGSR750から流用鉄フレーム。
GSX-S1000は、新規設計アルミ車体。

 

GSX-S1000とGSX-S750の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら