スカイウェイブ250タイプSベーシックとフォルツァsiの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。

高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

 

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

 

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

スカイウェイブ250タイプSベーシックとフォルツァsiの違いを比較

 

スズキ スカイウェイブ250タイプSベーシックの歴史

2008年12月に新登場。型式は、JBK-CJ46A
「スカイウェイブ250タイプSベーシック」は、「スカイウェイブ250タイプS」からキーレススタートシステムを省いた代わりにICチップ内蔵のキーとイモビライザーシステムを採用して、メーカー希望小売価格を21000円安くした。車体色は、パールネブラーブラックとパールミラージュホワイトの2色の設定。
2011年1月27日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のグラススパークルブラックと従来色のパールミラージュホワイトをあわせた全2色の設定。
2012年1月31日にマイナーチェンジ。
ブレーキレバー部のゴムカバーを廃止。車載工具の内容を変更。トランスポンダイモビライザーを変更。車体色は、新色のサンダーグレーメタリックと従来色のグラススパークルブラック、パールミラージュホワイトをあわせた全3色の設定。
2013年4月2日にカラーチェンジ。
マフラーリヤカバー・メーターアッパーパネルの色を変更。車体色は、新色のトリトンブルーメタリック、パールブレーシングホワイトと従来色のグラススパークルブラックの全3色の設定と。
2014年4月18日にマイナーチェンジ。
シートにグレーのステッチを施した。Sエンブレムを変更。車体色は、新色のアルバブルーメタリックと従来色のパールブレーシングホワイト、グラススパークルブラックの全3色の設定。

 

 

ホンダ フォルツァSiの歴史

2013年7月19日に新登場で発売。型式は、JBK-MF12
フォルツァSiは、2012年11月12日にイタリアのミラノショーで次期モデルのベースとして「NSS300 FORZA」として先行発表されていたもので、エンジンを279ccから248ccに変更した日本仕様。全体的なスタイリングは、フォルツァZを踏襲しているが、ウインカーがヘッドライトの上部に配置されテールランプは直線的な意匠となった。車体構造とエンジンは全面的に刷新された。スマートキーは採用されず、フォルツァZに設定された疑似MTを廃止し、価格を引き下げた。ABS仕様も同時に発売。車体色は、どちらも3色(パールヒマラヤズホワイト、グローイングレッド、アステロイドブラックメタリック)。生産はタイ。
フォルツァZとフォルツァsiの違いの比較は、こちら。
2017年に生産終了が公表された。

 

 

ここでは、
2014年4月18日発売のスズキ スカイウェイブ250タイプSベーシック(型式 JBK-CJ46A)と
2013年7月19日発売のホンダ フォルツァsi(型式 JBK-MF12)
の違いを比較しました。

 

 

スカイウェイブ250タイプSベーシックとフォルツァsiのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種 スズキ スカイウェイブ250タイプSベーシック ホンダ フォルツァSi
発売日 2014年4月18日 2013年7月19日
型式 JBK-CJ46A JBK-MF12
全長 2270mm 2165mm
全幅 760mm 755mm
全高 1225mm 1185mm
ホイールベース 1585mm 1545mm
シート高 710mm 715mm
最低地上高 125mm 135mm
総重量 214kg 192kg
サスペンション形式(前) テレスコピック テレスコピック
サスペンション形式(後) ユニットスイング ユニットスイング
キャスター角 25°20′ 27°
トレール(mm) 102 89
ブレーキ形式(前) ディスク ディスク
ブレーキ形式(後) ディスク ディスク
タイヤサイズ(前) 120/80-14 M/C 58S 120/70-14 M/C 55P
タイヤサイズ(後) 150/70-13 M/C 64S 140/70-13 M/C 61P
エンジン種類 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 249cc 248cc
圧縮比 11.3 10.2
ボア 69mm 68mm
最高出力(kW/rpm) 19(26PS)/7500 17(23PS)/7500
最大トルク(N・m/rpm) 25(2.5kgf・m)/6000 23(2.3kgf・m)/6000
始動方式 セル セル
点火方式 フルトランジスタ フルトランジスタ
クラッチ形式 乾式自動遠心 自動乾式多板シュー
変速機形式 Vベルト自動無段変速 Vベルト自動無段変速
燃料供給方式 インジェクション インジェクション
潤滑方式 圧送 圧送飛沫併用
燃料タンク容量 13.0L 11.0L
燃料消費率(km/L) 39(60km/h) 41(60km/h)
メーカー希望小売価格/カラーバリエーション 658,800円(消費税抜き 610,000円)
アルバブルーメタリック(YUF)、
パールブレーシングホワイト(AWX)、
グラススパークルブラック(44X)
539,700円(消費税抜き本体価格 514,000円)
パールヒマラヤズホワイト、
グローイングレッド、
アステロイドブラックメタリック
国内年間計画販売台数 - シリーズ合計5,500台(「フォルツァSi」と「フォルツァ Si ABS」の合計)
製造国 - タイ

 

スカイウェイブ250タイプSベーシックとフォルツァsiの違いを比較
スカイウェイブ250タイプSベーシックとフォルツァsiの装備の違いを比較

 

 

スカイウェイブ250タイプSベーシックとフォルツァsiの比較の口コミ

 

 

乗り心地は、スカイウェイブの方がかなり快適。特に荒れた路面を走った時、フォルツァsiとの違いが実感できます。

 

 

スペックを見るとスカイウェイブの方が馬力も最大トルクも上ですが車体が大きくて重いので相殺されてしまいます。ストップアンドゴーが多い街乗りならフォルツァsiの方が扱いやすくて快適です。

 

 

作りは、スカイウェイブの方が断然良い。フォルツァSiは、フォルツァの廉価版だから見た目も安っぽいよ。

 

 

扱いづらく、小回りも効きづらく、車体も重いですので、いくらパワーがあっても相殺されてしまっており、

 

 

出足は、車重が22kg軽いフォルツァsiの方が速いです。取り回しもスカイウェイブは、ボディが大きくて、重いのでフォルツァsiの方がよいです。フォルツァsiは、ハンドリングも軽快で乗りやすいです。

 

 

スカイウェイブ250タイプS(CJ46A)から、フォルツァSiに乗り換えた。スカイウェイブの猫足のようなリアサスと比較すると、フォルツァSiは、一番柔らかく調整しても硬い。加速は、フォルツァSiの方がいい。

 

 

ビッグスクーター自体、整備性が悪いがスカイウェイブは、特に整備性が悪いよ。

 

 

乗り心地は、スカイウェイブ250の方がいい。フォルツァSiは、路面が悪い場所を通るとリアの突き上げが結構くる。スカイウェイブ250は、サスがしなやかでフォルツァSiより高級車に乗ってる感じ。

 

 

スタートダッシュは、フォルツァSiの方が良いね。乗り比べたけど、フォルツァSiは、出足の加速でストレスがない。

 

 

通勤で使うつもりなら走行距離が伸びるから燃費が良くて軽くて扱いやすいフォルツァSiの方がいいと思う。

 

 

スカイウェイブからフォルツァsiに乗り換えたけど、思ってたより荷物が入らなかった。でもエンジンは良い。

 

 

スカイウェイブ250は、車体がでかすぎて、取り回しが大変だし、ハンドリングに軽快感がない。フォルツァSiの方が軽快感があった。

 

 

俺もスカイウェイブ(CJ46A)からフォルツァsiに乗り換えた。快適性は、スカイウェイブの方が断然上。特にリアサスの差がでかい。フォルツァsiだと荒れた路面では、キツイ。でも、フォルツァsiのエンジンはトルク感があるし、気持ち良く加速する。俺も荷物は、入らないと思った。

 

 

スカイウェイブ250タイプMからフォルツァsiに乗り換えた。スカイウェイブ250タイプMとの比較でフォルツァsiの良いところは、軽い、振動が少ない、ぱっと見で安っぽくないとこ。フォルツァsiの悪いところは、シートダンパーが酷い。スカイウェイブ250タイプMも問題ありだったけど、フォルツァsiはさらに酷い。取り付け設計が悪すぎる。他にもメットインが狭すぎるし開口角度もない。ヘッドライトが思ってた以上に暗い。タイヤの接地感薄いし、グリップも悪い。雨の日はやばそう。エンジンの下のトルクが薄い。

 

スカイウェイブ250タイプSベーシックとフォルツァsiの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

 

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと

 

 

また、「バイクの一括査定」を利用すれば

業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。

何社も査定してもらう手間はかかりますが

バイクを高く売る一番確実な方法です。

 

 

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら