トリッカーとWR250Xの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

トリッカーとWR250Xの違いを比較

 

ヤマハ トリッカーの歴史

2004年3月30日にヤマハ トリッカーが新登場。型式は、BA-DG10J
どんな場所でもどんな乗り方でも気軽に楽しめる「フリーライド・プレイバイク」というコンセプトの元に開発。車体色は、3色(シルバー3、マットブラック2、ダークパープリッシュブルーメタリック2)の設定。
2005年4月1日にヤマハ トリッカーを発売。
2005年モデルのトリッカーの車体色は、従来モデルと同じマットブラック2とシルバー3の全2色の設定。
2005年4月1日にヤマハ トリッカーSをタイプ追加。
トリッカーSの車体色は、マットブラック2の1色の設定。
トリッカーSには、オレンジ色のピンストライプ入り専用ホイールやメタリック塗装のタンクカバーを採用。
トリッカーとトリッカーSの違いの比較は、こちら。
2006年3月30日にヤマハ トリッカーとトリッカーSをカラーチェンジ。
車体色は、トリッカーが新色の2色(シルバー3、ブラックメタリックJ)の設定。トリッカーSが新色の1色(ビビッドオレンジメタリック2)の設定。
2008年1月30日にヤマハ トリッカーとトリッカーSをマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG16J
F.I.を採用、吸気ポート形状の変更などで環境性能・トルク感向上。タンク容量が1.2Lアップし7.2Lに。シート形状を変更し、快適性が向上。フロントサスのセッティングを変更し、操縦安定性の最適化。車体色は、トリッカーが新色のマットブルーメタリック3と継続色のビビッドオレンジメタリック2の2色の設定。トリッカーSが新色のマットブラック2の1色の設定。
トリッカー キャブとFIの違いを比較
2010年1月15日にヤマハ トリッカーをカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットブラック2と継続色のビビッドオレンジメタリック2の全2色の設定。
2014年1月21日にヤマハ トリッカーをカラーチェンジ。

車体色は、新色の2色(ディープオレンジメタリック7、マットブラック2)の設定。
2018年9月20日にヤマハ トリッカーをフルモデルチェンジ。型式は、2BK-DG32J
平成28年排出ガス規制に適合。環境性能を高めるのにO2フィードバック制御を行うフューエルインジェクションとキャニスターを装備。エンジン出力が少し向上、タンク容量が少し減る。車体色は、2色(ディープオレンジメタリック7、マットブラック2)の設定。
トリッカーの「JBK-DG16J」と「2BK-DG32J」の違いの比較は、こちら。

 

 

ヤマハ WR250Xの歴史

2007年11月30日に「WR250X」が新登場。型式は、JBK-DG15J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック、イエローストロボ)の設定。
2008年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。新グラフィックを採用。
2009年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。両カラーともにグラフィックを刷新。
2010年9月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。
2011年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。ヤマハブラックには、カーボンパターンを織り込んだ新グラフィックとブラック&グレーのシートを採用。
2013年8月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ローグロスグレー)の設定。燃料タンク側面のシュラウド部分の新グラフィックが特徴。さらにフロントフォークエンド部と前後ホイールハブがブラック塗装。
2015年9月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。新たな特徴としてタンクサイドからサイドカバーにまたがるビッグロゴグラフィックとゴールドリム。
2016年9月12日にカラーチェンジ。これが最終モデル。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。2016年モデルからの継続カラー設定。

2017年に生産終了。
2017年9月から平成28年排出ガス規制が継続生産車にも適用されるのを前に、販売を終了した。

 

 

ここでは、
2008年1月30日発売のヤマハ トリッカー(型式 JBK-DG16J)と
2007年11月30日発売のヤマハ WR250X(型式 JBK-DG15J)
の違いを比較しました。

 

 

トリッカーとWR250Xのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

 

タイプグレード名

トリッカー XG250

WR250X

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

JBK-DG16J

JBK-DG15J

発売日

2008年1月30日

2007年11月30日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1980

2125

全幅 (mm)

800

810

全高 (mm)

1145

1190

ホイールベース (mm)

1330

1435

最低地上高(mm)

280

260

シート高 (mm)

810

870

乾燥重量 (kg)

117

125

車両重量 (kg)

125

134

最小回転半径(m)

1.9

2.3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

39

34

原動機型式

G370E

G363E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

74

77

行程(ピストンストローク)(mm)

58

53.6

圧縮比(:1)

9.5

11.8

最高出力(kW)

16

23

最高出力(PS)

21

31

最高出力回転数(rpm)

7500

10000

最大トルク(N・m)

19

24

最大トルク(kgf・m)

1.9

2.4

最大トルク回転数(rpm)

6500

8000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

7.2

7.6

燃料(種類)

レギュラーガソリン

ハイオクガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

280.8

258.4

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

CR9EK

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

バッテリー容量

12V-6.0Ah

12V-6.0Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.5

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1.3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.083

3.12

2次減速比

3

3.23

変速比

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.034/5速 0.820

1速 2.641/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.039/5速 0.888/6速 0.785

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

13

スプロケット歯数・後

45

42

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

124

108

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25°10

26°00

トレール量 (mm)

92

81

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

倒立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

80/100-19

110/70R17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

49

54

タイヤ(前)速度記号

P

H

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/90-16

140/70R17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

63

66

タイヤ(後)速度記号

P

H

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.85

3

ホイールリム幅(後)

2.15

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.75

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W ×1

LED

スピードメーター表示形式

アナログ

デジタル

メーカー小売価格/カラーバリエーション

457,800円(本体価格436,000円/消費税21,800円)
マットブルーメタリック3(マットブルー)、
ビビッドオレンジメタリック2(オレンジ)

732,900円(本体価格698,000円/消費税34,900円)
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)、
ヤマハブラック(ブラック)

国内年間計画販売台数

シリーズ合計 1,000台(トリッカーとトリッカーSの合計)
ヤマハ トリッカーの年間販売計画台数の推移は、こちら。

2,000台
ヤマハ WR250Xの年間販売計画台数の推移は、こちら。

 

トリッカーとWR250Xの違いを比較

 

トリッカーとWR250Xの装備の違いを比較

 

トリッカーとWR250Xの違いを比較

 

 

今更知ったけど、最高出力は、トリッカーが21PSでWR250が31PSなんだね。
同じ250ccでもこんなに差があるんだ。

 

 

トリッカーとWR250Xのエンジンは、DOHCとSOHCで差がある。
ただ、回せない自分にとっては、トリッカーのSOHCの方が扱いやすい。

 

 

WRからトリッカーに乗り換えだけど、WRは回転数で馬力を稼ぐバイクなんでアイドリング付近のトルクはほぼない感じ。回さない人は、トリッカーの方がオフで乗りやすい。でもトリッカーのフロントサスは全然ダメ。

 

 

トリッカー乗ってみて無理!って思う人ならWR250X乗ってもなにかしら不満は出るけど、トリッカー乗ってみて、これはこれで良いなって思える人ならWRはトリッカーの倍くらい良く感じるよ。

 

 

WR250乗ってるけど、低速に不満とかないよ。トリッカーもあるけど、街乗りレベルでもWR250の方がいい。

 

 

WRをバイク屋で借りたけど、低速が粘らないし、まわしても所詮4stの30馬力でつまららなかった。そんな時に知り合いにトリッカーを乗せてもらったら全然パワー無いけどトコトコ走る分には丁度良い感じのエンジンで近場を走り回るにはいいと思った。でもトリッカーのブレーキは、プア過ぎ。

 

 

何を求めるかによるけど、車輌の性能はWR250Xの方が遥かに上。トリッカーは、使い切れそうな能力を使いきれない場所で遊ぶから楽しい。

 

 

トリッカーとWR250Xで迷ってる。極端なバイクだけどモタードの中で選ぶなら250ccで一番良いのが欲しくなるね。トリッカーは、中途半端と言われてるけど、この中途半端さがオンリーワンって感じもする。トリッカーの評判を調べてるとハンドリングが楽しくて最高か、加速遅すぎで最低って感じだね。

 

 

WRは確かに楽しいけど、あまり夢を見すぎずにどこを走りたいかで選んだ方がいいよ。

 

トリッカーとKLX250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら