CB400SFとCB1300SFの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CB400SFとCB1300SFの違いを比較

 

ホンダ CB400SFの歴史

1992年4月23日に新登場。型式は、NC31
車体色は、5色(ブラック、イエロー、レッド、シルバー/ブルー、ブラック/グレー)。
1994年3月14日にマイナーチェンジ。
左右のサイドカバーに質感の高いサチライトメッキの立体エンブレムを採用。新しく燃料計を装備した、新設計の3眼メーターを採用。スピードメーター、タコメーターのケースリング部にクロームメッキ処理を施し、文字盤の目盛り配置と各種表示灯のレイアウトを変更、メーター照明もグリーンにするなどの機能性とグレード感をさらに向上。前後ウインカー兼用のハザードランプも新しく採用。車体色は、5色(モーリタニアバイオレットメタリック、ピュアブラック、パールシャイニングイエロー、キャンディトランスパレントレッド、バーメタリック)。
1994年7月20日にカラー追加。
車体色は、5色(キャンディトランスパレントレッド、ピュアブラック、パールシャイニングイエロー、キャンディトランスパレントレッド、ラピスブルーメタリック/スパークリングシルバーメタリック)。
1995年3月10日にマイナーチェンジ。
シリンダー下部の側面部分に冷却フィンを新しく追加し、シリンダーヘッドカバーを大型化し、エンジン全体をブラック基調とし、より精悍で力強いエンジン外観に。車体色は、3色(ブラック、レッド、ブルー)。
1995年7月15日にカラー追加。
車体色は、4色(スターライトシルバー、ブラック、レッド、ブルー)。
1996年1月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(レッド、ブルー)。
1996年12月15日にマイナーチェンジ。
シートカウルをよりスポーティーな形状に変更し、制動フィーリングに優れた異径4ポット対向ピストンキャリパーを採用した。車体色は、2色(レッド、ブラック)。
1999年2月23日にフルモデルチェンジ。型式は、BC-NC39
新開発の「HYPER VTEC」は、吸排気効率や燃焼効率の向上を目指し、ホンダ独自のVTEC技術をさらに進化させたもので、「直押しタイプ」としては、量産車世界初の機構。排出ガス浄化システムとして、エキゾーストエアインジェクションシステム(二次空気導入装置)を採用。車体色は、3色(キャンディフェニックスブルー、ブラック、フォースシルバーメタリック(ストライプパターン))。

2000年2月1日にマイナーチェンジ。
リアサスペンションスプリングは従来のブラックからレッドに変更。盗難抑止に効果的な、強化コンビネーションスイッチを新しく採用。車体色は、3色(イタリアンレッド、キャンディフェニックスブルー、フォースシルバーメタリック)。
2001年1月23日にマイナーチェンジ。
ソリッドタイプとストライプタイプの2タイプを設定。
2002年1月31日にマイナーチェンジ。
HYPER VTECをより熟成させたHYPER VTEC SPECIIを採用。また約130点のパーツを見直し、さらに操縦安定性や制動性能の向上を図った。400ccクラスでは初めてH・I・S・Sを搭載し、盗難抑止にも配慮。
2002年12月25日にカラー追加。
2003年12月25日にマイナーチェンジ。
バルブの可変タイミングなどの設定変更を施し、扱いやすさの向上を図った「HYPER VTEC SPECIII」エンジンを搭載。シート高を5mm下げ、左右のサイドカバー部でそれぞれ約10mmの幅を狭め、ライダーの足つき性を向上させた。
2005年3月30日にマイナーチェンジ。
フロントフォークに幅広いセッティングを可能にする無段階調節が可能なプリロードアジャスター機構を採用。シートクッションに高密度ウレタン素材を採用。
2006年4月6日にマイナーチェンジ。
イグニションコイルを大型化し、より安定した火花を供給することにより、特に低回転域での扱いやすさを向上。前後のウインカーレンズには、質感の高いスモーククリアレンズを採用。
2007年12月25日にマイナーチェンジ。型式は、EBL-NC42
新しく電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)を採用。「HYPER VTEC」機構は、さらなる進化を遂げ、「HYPER VTEC Revo(レボ)」として新たに搭載。
2008年12月19日にカラー追加。また特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo Special Edition」を限定で発売。

2010年2月18日にカラーチェンジ。
2010年3月15日に特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo 限定カラー」を発売。
2011年2月4日にカラーチェンジ。また特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo Special Edition」を発売。
2012年1月13日にカラーチェンジ。また特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo Special Edition」を発売。
2012年11月9日に特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo Special Edition」を発売。
2014年3月20日にマイナーチェンジ。
開発コンセプトは、「CB相伝・継承の外観進化。一人でも二人でももっと遠くへ快適に」。スタイリングは、新デザインのサイドカバー、リアカウルなどを採用。車体は、シートレールを変更、新たに純正アクセサリーに設定したリアキャリアとトップボックスの装着に対応。新デザインの10本スポークのアルミダイキャストホイールを採用。
2014年5月23日に「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo ABS E Package」をタイプ追加。
「E Package」には、ETC車載器とグリップヒーターと専用インジケーターランプを標準装備。
2015年2月27日にABS仕様の特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo ABS Special Edition」を発売。
2016年3月18日にカラー追加。
2016年4月18日に特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo Special Edition」を発売。
2017年10月20日にマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC42
平成28年度排出ガス規制に対応。2017年は、「プロジェクト BIG-1」の成果としてCB400スーパーフォアが誕生して25年目、タンク上部に記念のマークが配された。LEDヘッドライトなどを採用。前後ホイールのエアバルブがL字型になった。
2018年6月15日にカラーチェンジ。
2018年11月26日にマイナーチェンジ。

新色としてブルーとホワイトのツートンカラーにレッドのストライプを配したアトモスフィアブルーメタリックと、ダークネスブラックメタリックを設定。このモデルから、ABS無しのモデルが消え、ABS搭載モデルだけとなった。同年のCB400スーパーボルドールにはグリップヒーターやETC車載器が標準装備となったが、姉妹モデルのCB400スーパーフォアは、標準装備でなかった。

 

 

ホンダ CB1300SFの歴史

1998年3月に新登場。型式は、SC40
1999年2月にマイナーチェンジ。
フロントとリアサスペンションにはプリロードの調整機構を装備。ダンピングフォース(フロント/伸び側無段階、リア/伸び側・圧側のそれぞれを4段階)の調整機構を装備。ライダーの体格や走行条件に適したサスペンションセッティングが出来るようにした。また、新しくセンタースタンドを装備し、メンテナンス性にも配慮。
1999年4月にカラーを追加。
2000年2月にマイナーチェンジ。
カラーリングの変更を施し、塗装色をエンジンとラジエターをシルバー、前後のブレーキキャリパーをゴールド、リアブレーキロッドをブラックに変更し、質感を向上。
2000年9月にマイナーチェンジ。型式がSC40からBC-SC40に変更。
排出ガス浄化装置として、エキゾースト・エアインジェクションシステムを採用し、国内の排出ガス規制に適合。またリアホイールとマフラーの肉薄化やバッテリーの小型化などによって、従来モデルと比較して車重で5kgの軽量化し、軽快な走りと取り回しの良さを実現。フロントブレーキキャリパーには、スーパースポーツモデルVTR1000SP-1で採用の高性能なパーツにすることで軽量化と優れたコントロール性を両立。
2003年2月にフルモデルチェンジ。型式がBC-SC40からBC-SC54に変更。
これまでのモデルに比べて乾燥重量で20kgの軽量化を実現。三次元点火時期制御システムやPGM-FIの採用によって全回転域で俊敏かつ的確なスロットルレスポンスとスムーズな出力特性を実現。また、排気システムを一新するなどしてサウンドフィールを全身で体感できる設計に。機能面でも12リットルのシート下の収納スペースや盗難抑止機構「H・I・S・S」を採用。ライダーに必要な情報を提供するインフォメーションメーターの装備などで、さらなる使い勝手の向上を図る。
2003年8月にカラーを追加。
2004年2月にカラーチェンジ。
2005年2月にマイナーチェンジ。
新形状のサイドカバーを採用することで左右10mm合計20mmをスリム化し、足つき性が向上。また、エンジンの点火時期やPGM-FIの設定を変更し、低速時のスロットルレスポンスを向上。シート前後の表皮パターンを異なったものを採用し、ライダー側は動きやすく、パッセンジャー側はホールド性に優れた仕様に。
2005年3月に新たにABS仕様もタイプ設定。
2006年1月にカラーチェンジ。

2007年1月にマイナーチェンジ。
パールサンビームホワイト×キャンディーアルカディアンレッドと、ウェーブブルーメタリックの2色の車体色を設定し、部位によって異なる表面加工を施したリアルステッチシートを採用し、ライダーとパッセンジャーの居住性を向上。計3色の車体色と計2色の前後ホイールカラーから好きなカラーリングが選べるカラーオーダープランを新しく採用。
2008年3月にマイナーチェンジ。型式がBC-SC54からEBL-SC54に変更。
すでに採用している電子制御燃料噴射装置に加え、新しく触媒装置をエキゾーストパイプに配置。それらの相乗効果によって、平成19年国内二輪車排出ガス規制に適合。また、エンジン回転の安定性を向上させるIACVの採用をはじめ、シートやハンドルまわり、エキゾーストシステム、カラーリングなど、細部にわたって熟成させた。
2008年4月にABS仕様で特別仕様を受注期間限定で販売。
2008年6月にカラーオーダープランを追加。
2009年12月にマイナーチェンジ。
外観は、リアカウルを落ち着きのあるデザインに変更し、LEDのテールランプは新しいデザインを採用して奥行きを感じさせる立体的な発光に。ライディングポジションは、スポーティーな走行と快適なクルージングを両立させるようにハンドル形状を変更。既存のモデルと比べて、14mm手前&23mm上方に移動。また、新形状のシートと幅がスリムなサイドカバーを採用し、サスペンションのセッティング変更を施すことによって、座り心地を損なうことなく足つき性を向上。
2010年11月11日にカラーチェンジ。
2012年1月にカラーチェンジ。
2012年11月9日にABS仕様で「CB1000 SUPER FOUR」の誕生20周年を記念したスペシャルエディションを受注期間限定で発売。
2014年3月20日にマイナーチェンジ。
長距離クルージングの快適性の向上のために、トランスミッションを既存のモデルの5速から6速に変更。他にも低回転域で力強く、高回転域では直列4気筒の心地よく吹け上がる特性を追求して、電子制御燃料噴射装置のセッティング変更や新形状で排気効率の高い小型マフラーを採用。更に新しく純正アクセサリーに設定したリアキャリアとトップボックスの他、パニアケースの装着に対応するために、シートレール部の補強やフレーム各部の剛性バランスの見直しを行う。ここからABSを標準装備し、ABSモデルに統合
2016年3月18日にカラーを追加。
2017年10月20日にマイナーチェンジ。型式は、2BL-SC54
最高出力が従来モデルより+7kwの81kwに向上させた直列4気筒エンジン。小型2室構造を取り入れた新型マフラーを採用。アシストスリッパークラッチを採用。よりニュートラルなハンドリング特性にチューニングを施した前後サスペンション。フロントブレーキキャリパーのピストン径を最適化。丸形LEDヘッドライトを採用。小型バータイプLEDウインカーを採用。別体式ETC車載器を標準装備。スポーツグリップヒーターを標準装備。シート下にアクセサリーソケットを装備。前後ホイールにL字型エアバルブを採用。プッシュタイプのヘルメットホルダーを左シートカウルに装備。ウェーブキーを採用。「PROJECT BIG-1誕生25周年記念専用マーク」を燃料タンク上面に配した。

2018年10月26日にカラーチェンジ。また「CB1300 SUPER FOUR SP」をタイプ追加。
「CB1300 SUPER FOUR SP」は、オーリンズ社と共同開発した専用フロントフォークとリアサスペンションを採用。フロントブレーキにはブレンボ社製のラジアルマウント式モノブロック対向4ポットキャリパーを採用。
2019年10月25日に「CB1300 SUPER FOUR SP」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(キャンディクロモスフィアレッド)。

 

 

ここでは、
2016年3月発売のホンダ CB400SF(EBL-NC42)と
2016年3月発売のホンダ CB1300SF(EBL-SC54)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ CB400スーパーフォア

ホンダ CB1300スーパーフォア(ABS)

発売

2016年3月

2016年3月

型式

EBL-NC42

EBL-SC54

全長

2080mm

2200mm

全幅

725mm

795mm

全高

1080mm

1110mm

ホイールベース

1410mm

1520mm

シート高

755mm

780mm

最低地上高

130mm

125mm

総重量

197kg

267kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°5′

25°

トレール(mm)

90

99

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/60ZR17 M/C 55W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

160/60ZR17 M/C 69W

180/55ZR17 M/C 73W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

総排気量

399cc

1284cc

圧縮比

11.3

9.6

ボア

55mm

78mm

最高出力(kW/rpm)

39(53PS)/10500

74(101PS)/7000

最大トルク(N・m/rpm)

38(3.9kgf・m)/9500

115(11.7kgf・m)/5500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

18.0L

21.0L

燃料消費率(km/L)

31(60km/h)

26.8(60km/h)・17.8(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格


¥793,800 チタニウムブレードメタリック
¥793,800 パールサンビームホワイト
¥761,400 キャンディープロミネンスレッド
¥761,400 グラファイトブラック


¥1,293,840 チタニウムブレードメタリック

 

※ちなみにCB400スーパーフォアのABSモデルは、下記の価格となっています。
CB1300スーパーフォアは、現行では、ABSモデルしかありません。

 

2016年3月発売のCB400スーパーフォアABSのカラー/メーカー小売価格

\844,560 チタニウムブレードメタリック
\844,560 パールサンビームホワイト
\812,160 グラファイトブラック
\812,160 キャンディープロミネンスレッド

 

 

CB400SFとCB1300SFの違いを比較

 

CB400SFとCB1300SFの比較の口コミ

 

 

カタログスペックの燃費
CB400SF  31km/L(60km/h)
CB1300SF  26.8km/L(60km/h)

 

みんカラでの燃費
CB400SF  20.62km/L(回答数:570人)
CB1300SF    17.03km/L(回答数:726人)

 

 

CB400SFからCB1300SFに乗り換えるとシート高が25mm高くなって車両重量が70kg重くなるから立ちゴケのリスクが増えるけど集中してれば大丈夫だろう。でも長距離ツーリングとかで集中力が切れてきたらウッカリやらかすから気をつけて。

 

 

大型免許とってCB400SFからCB1300SFに乗り換えた。CB1300SFは、図太いトルクで走るからゆったりしてて楽だけどCB400SFでエンジンを回した時の音や高揚感が全然無くて物足りなさを感じる。

 

 

CB1300よりCB400の方が乗ってて気持ちいいよ。これは間違いない。

 

 

CB400SFもCB1300SFぐらい全長が長かったらスタイルがよく見えてカッコイイのに。

 

 

どっちを選んでもネイキッドは風圧との戦いだよ。

 

 

CB1300SFは、でかすぎるわ。いくらなんでもあの重量の取り回しは耐えられないわ。

 

 

CB400SF乗ってるとCB1300SF乗りが上から目線で話してくるぞ。

 

 

CB400SFからCB1300SFに乗り換えたけどCB1300SFの重さにはすぐに慣れたよ。でも取り回しの時にちょっとでも傾斜があると重さを実感するよ。

 

 

CB1300だけ立体造形ウィングバッジが付いてるのがいいな。

 

 

CB1300は、重すぎて400に戻ってくる人が多い。CB1300の中古をみれば低走行の極上の球数が物語ってる。

 

 

CB400SF買ってもどうせ大型乗りたくなるよ。ツーリング行けば400とリッターの差を感じるし、高速道路でついていけなくて焦るから疲れるよ。

 

 

CB1300SFの友だちとよくツーリング行くけどシートは、CB400SFよりCB1300SFの方がひと回り大きかったよ。特に幅が広かった。

 

 

金があるならいきなりCB1300SFにしといた方が後で後悔しないよ。俺は、CB400SFにしたけどツーリング仲間が出来て気がつくと自分以外は、みんな大型になってた。恥ずかしくて大型に乗り換えたが余計な金がかかって最初からCB1300SFにしとけば良かったと後悔してる。

 

 

自分は、大型は、嫌なのに周りが大型だから仕方ないって仲間内での体裁だけのために大型買う人もいるからね。そんなの気にせずに自分の好き方を買えばいいよ。

 

 

CB400SFを売ってEパケCB1300SBを買ったけどエンジンの排熱がすごいね。それからクラッチが重い。乗り出したら楽という意味がよく分かる。

 

 

俺は、CB400SFに7年乗って教習所で大型免許取ってCB1300SFを買った。納車されて少し乗ったら慣れた感じがしたし、結局それから7年乗ってるけど立ちゴケしたことない。ちなみに身長170cm、体重66kg。

 

 

400は、音が軽い。

 

 

CB400からCB1300に乗り換えようと思ってCB1300に試乗したら想像してたより軽かったし、トルクがあるから発進・加速ともに楽だし、窮屈さが無くてポジションが楽だったからかなり気に入った。

 

 

俺は、ドリームで最初中古のCB400SF買うつもりで行ったけど、CB1300SFの高級感と存在感に圧倒されて、結局新車のCB1300SFを買った。

 

 

CB400SFがパワーバンドで全開中でもCB1300SFがアクセルを開け始めた瞬間に置いて行かれるよ。

 

 

CB1300SBとCB400SFの2台持ちだけど、いずれか1台を処分しなければいけないとすれば迷わずCB400SFを残す。それだけCB400SFは良いバイク。

 

 

通勤も考えてるならCB400SFの方がいいよ。俺は、CB1300SF乗ってるけど、正直、
このめちゃ重いバイクで毎日通勤は、さすがに面倒くさい。

 

 

CB1300SF乗りだけどたまにCB400SFに乗るとCB1300SFに慣れてるせいでギヤチェンジが忙しい。ぶん回して峠とか走るなら楽しそうだけど、ゆったり走るにはCB1300SFの方が圧倒的に楽。

 

 

バイク屋でCB400SFとCB1300SFが並んであったけどあまりの大きさの違いにビックリした。CB400SFが貧弱に見えた。

 

 

カラーが黒だと小さく見えるから黒は、400に見えるね。

 

 

俺は、CB1300SF買ったけど、あまりに重くてそれが苦痛だったから結局CB400SFに乗り換えた。

 

 

良くも悪くもCB1300SFは、CB400SFをでかくしただけのバイク。それがわかってる人だけ乗ればいい。軽さとか速さとか言う人は、他のバイクに乗ればいい。

 

 

CB400SFで苦労なく扱えてる人ならCB1300SFも大丈夫だよ。正直慣れだから。俺は、身長160cm股下73cmで厚めのトレッキングシューズ履いてCB1300SFに乗ってるけど、問題ない。

 

 

重さ以外は、CB400SFと変わらないよ。CB1300SFは、クソ乗りやすいバイクだから、普通に走ってると違いに気づかないかも。

 

 

俺は、CB400SBからCB1300SBに乗り換えたけど、CB400SBは、回した時の爽快感が快感だった。CB1300SBは気に入ってるけど、またCB400SBに乗りたいという気持ちもある。

 

 

俺は、CB400SFからCB1300SFに乗り換えたけど400SFはVTECに切り替わった時の音が最高だった。CB1300SFにしてからエンジンを回さない走りに変わったな。

 

 

俺は、CB400SFからCB1300SFへの乗り換えたけど、乗り味はかなり違う。回しておもしろのはCB400SF。H-VTECのバルブ切り替わり音が良かった。でも長距離走る時は、断然CB1300SFの方がいいけど。

 

CB400SFとCB1300SFの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら