Z125プロとZ250SLの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

Z125プロとZ250SLの違いを比較

 

カワサキ Z125プロの歴史

2016年4月に新登場。バリエーションとして自動遠心クラッチ仕様の Z125 とハンドマニュアルクラッチ仕様の Z125プロ があり、日本では、2016年4月15日のZ125プロ が正規輸入により発売。型式は、 2BJ-BR125H
2016年11月にZ125 PRO KRT Editionを発売。
2017年1月に2017年モデルを発売。「Z125 PRO」は、メタリックカレッジグレー、「Z125 PRO Special Edition」は、キャンディプラズマブルー×メタリックスパークブラックを発売。

 

カワサキ Z250SLの歴史

2016年3月に新登場。2016年3月15日から日本仕様も正規輸入により発売。先に発表されていたNinja250SLのネイキッドバージョン。型式は、 JBK-BR250E
2017年5月に2017年モデルのメタリックグラファイトグレー×エボニーを追加。

 

 

ここでは、
2017年1月発売のカワサキ Z125プロ(2BJ-BR125H)と
2017年5月発売のカワサキ Z250SL(JBK-BR250E)
の違いを比較しました。

 

 

Z125プロとZ250SLのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車名(通称名)

Z125 PRO

Z125 PRO Special Edition

Z125 PRO KRT Edition(2016年モデル)

 

Z250SL

年式

2017年モデル

2017年モデル

型式

2BJ-BR125H

JBK-BR250E

全長×全幅×全高

1,700mm×750mm×1,005mm

1,935mm×700mm×1,015mm

軸間距離

1,175mm

1,330mm

最低地上高

155mm

180mm

シート高

780mm

785mm

キャスター/トレール

26°/69mm

24°/ 90mm

エンジン種類/弁方式

空冷4ストローク単気筒/SOHC 2バルブ

水冷4ストローク単気筒/DOHC 4バルブ

総排気量

124cm3

249cm3

内径×行程/圧縮比

56.0mm×50.6mm/9.8:1

72.0mm×61.2mm/11.3:1

最高出力

7.1kW(9.7PS)/8,000rpm

21kW(29PS)/9,700rpm

最大トルク

9.6N・m(0.98kgf・m)/6,000rpm

22N・m(2.2kgf・m)/8,200rpm

始動方式

セルフスターター

セルフスターター

点火方式

バッテリ&コイル(トランジスタ点火)

バッテリ&コイル(トランジスタ点火)

潤滑方式

ウエットサンプ

ウエットサンプ

エンジンオイル容量

1.0L

1.3L

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

トランスミッション形式

常噛4段リターン

常噛6段リターン

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

ギヤ・レシオ 1速

3.000(36/12)

3.000(33/11)

ギヤ・レシオ 2速

1.937(31/16)

1.933(29/15)

ギヤ・レシオ 3速

1.350(27/20)

1.444(26/18)

ギヤ・レシオ 4速

1.086(25/23)

1.217(28/23)

ギヤ・レシオ 5速

 

1.045(23/22)

ギヤ・レシオ 6速

 

0.923(24/26)

一次減速比/二次減速比

3.409(75/22)/2.142(30/14)

2.800(84/30)/3.000(42/14)

フレーム形式

バックボーン

ダイヤモンド

懸架方式 前

テレスコピック(インナーチューブ径 30mm)

テレスコピック(インナーチューブ径 37mm)

懸架方式 後

スイングアーム

スイングアーム(ユニ・トラック)

ホイールトラベル 前

100mm

110mm

ホイールトラベル 後

104mm

116mm

タイヤサイズ 前

100/90-12 49J

100/80-17M/C 52S

タイヤサイズ 後

120/70-12 51L

130/70-17M/C 62S

ホイールサイズ 前

12×MT2.50

17M/C×MT2.75

ホイールサイズ 後

12×MT3.50

17M/C×MT3.50

ブレーキ形式 前

シングルディスク 200mm(外径)

シングルディスク 290mm(外径)

ブレーキ形式 後

シングルディスク 184mm(外径)

シングルディスク 220mm(外径)

ステアリングアングル (左/右)

42°/ 42°

36°/ 36°

車両重量

102kg

148kg

使用燃料

無鉛レギュラーガソリン

無鉛レギュラーガソリン

燃料タンク容量

7.4L

11L

乗車定員

2名

2名

燃費

50.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)

39.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)

燃費

56.0q/L(WMTCモード値 クラス1、1名乗車時)

31.3km/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)

最小回転半径

2.1m

2.4m

カラー

Z125 PRO

メタリックカレッジグレー

Z125 PRO Special Edition

キャンディプラズマブルー×メタリックスパークブラック

Z125 PRO KRT Edition(2016年モデル)

ライムグリーン×エボニー

 

メタリックグラファイトグレー×エボニー

メーカー希望小売価格

Z125 PRO

345,600円

(本体価格320,000円、消費税25,600円)

Z125 PRO Special Edition

353,160円

(本体価格327,000円、消費税26,160円)

Z125 PRO KRT Edition(2016年モデル)

356,400円

(本体価格330,000円、消費税26,400円)

 

437,400円

(本体価格405,000円、消費税32,400円)

 

生産国

タイ王国

タイ王国

 

Z125プロとZ250SLの違いを比較

 

 

【Kawasaki Z125 Pro 試乗インプレ/レビュー】

 

【Kawasaki Z250SL 試乗インプレッション/レビュー/ulasan】

 

 

Z125プロとZ250SLの比較の口コミ

 

 

そもそもZ250SLが凄く小さい。店でZ125と並んでるのを見た時、「これだけしか違わないならZ250SLでいいかも」って思った。

 

 

Z125かZ250SLで迷うな。どちらも特有のものを持ってるから。

 

 

Z125かZ250SLは、似てる。軽い、細い、ケツ痛い、振動凄い、積載無し、楽しい。

 

 

Z250SLは、安いからZ125と販売価格が変わらないんだよな。31万円とかで売ってたし、エンジンだけZ125のにして売ってくれないかな?

 

 

今、Z125プロに乗ってて、これはこれでありだけど、やはりパワーの無さがつらく感じることがある。Z250SLの方が良かったかも。

 

 

メーターは、Z125の方がいいね。Z250SLに移植してほしい。

 

 

アナログタコにギヤポジでZ125の方がいいメーターが付いてる。

 

 

俺は、カラーがZ125の方がいいと思う。

 

Z125プロとZ250SLの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら