VTRとVTRFの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

VTRとVTR-Fの違いを比較

 

ホンダ VTRの歴史

1998年1月16日に新登場。型式は、MC33
車体色は、3色(イタリアンレッド、フォースシルバーメタリック、ブラック)の設定。
2000年2月2日にマイナーチェンジ。型式は、BA-MC33
国内の排出ガス規制に適合。ユーザーの好みに応じて106タイプの組み合わせが可能な「カラーオーダープラン」を設定。
2002年12月19日にマイナーチェンジ。
シート形状の変更やサスペンションセッティングの見直しなどで従来のモデルより20mm低いシート高に。また、新しくタコメーター、ハザードランプと強化コンビロックを装備し、メーターケース、バックミラーにはクロームメッキを施した。車体色は、スタンダードがキャンディタヒチアンブルーとフォースシルバーメタリックの2色。カラーオーダープランは、54タイプ(内2パターンは、スタンダードカラー)。
2007年1月24日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のパールコスミックブラックと継続色の3色(キャンディータヒチアンブルー、イタリアンレッド、パールシャイニングイエロー)をあわせた全4色の設定。
2009年3月6日にフルモデルチェンジ。型式は、JBK-MC33
新たにPGM-FIを採用。排気系に2つの触媒装置を配置し、O2センサーの採用などにより国内二輪車排出ガス規制に適合。リアカウルをシルバーとし、ブラックのホイールとブレーキキャリパーを組み合わせるSTYLE Iと、リアカウルを車体色と同色にし、ゴールドのホイールとブレーキキャリパーを採用するSTYLE IIを設定。車体色は、5色(イタリアンレッド、グラファイトブラック、パールサンビームホワイト、グリントウェーブブルーメタリック、パール
フラッシュイエロー)の設定。
2010年7月16日に存在感あふれるカラーリングを施したB-STYLEを新たに追加。
B-STYLEは、燃料タンクやフロントフェンダー、テールカウルのカラーリングに光沢感のあるパールコスミックブラックを採用、足回りもブラックで統一。トラスフレームとスイングアームはレッドとした。VTRの車体色は、B-STYLEのパールコスミックブラックの他、従来のパールサンビームホワイトとグリントウェーブブルーメタリックの全3色の設定。
2012年2月16日にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(キャンディーブレイジングレッド、デジタルシルバーメタリック)とパールコスミックブラック(B-STYLE)の全3色の設定。
2013年2月14日にマイナーチェンジ。

電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)と前後のサスペンションのセッティングを変更。今回からエンジンのシリンダーとシリンダーヘッドにもブラック塗装が施された。前・後ホイール、フロントサスペンションのボトムケース、スイングアームをブラックで統一した。車体色は、新色の3色(マグナレッド、グラファイトブラック、パールフェイドレスホワイト)の設定。
2014年7月18日にマイナーチェンジ。
グリップ力と剛性に優れるラジアルタイヤを採用し、コーナリングやブレーキング時のフィーリング向上を図る。また、リアタイヤの偏平率を従来モデルの70%から60%に変更し、トランスミッションのローレシオ化と同様の効果を得ることで、加速フィーリングを向上。リアサスペンションのセッティングにより、乗り心地も向上。車体色は、新色の2色(デジタルシルバーメタリック、パールサンビームホワイト)と継続色のグラファイトブラックをあわせた全3色の設定。フレームには、レッドを施し、ホイールはゴールドカラーを採用。
2016年10月21日にカラーチェンジ。更に特別仕様のVTR Special Editionを発売。
VTRの車体色は、全2色(パールサンビームホワイト、キャンディープロミネンスレッド)の設定。VTR Special Editionは、マットビュレットシルバーの車体色、フレームやヘッドライトリムなど各部のパーツをブラックとし、ホイールをマットグレー、燃料タンクの左右側面にストライプパターンのグラフィックデザインを採用、燃料タンクの立体エンブレムやブラウンのシート表皮。
2017年8月31日に生産終了。

 

 

ホンダ VTR-Fの歴史

2013年2月14日に新登場。型式は、JBK-MC33
VTR-Fは、VTRに新設計のコンパクトなハーフカウルを装備し、ヘッドライトは、Y字デザインのマルチリフレクターを採用。メーターは、専用設計の多機能な液晶ディスプレイを備え所有感も高めた。車体色は、パールサンビームホワイトとパールコスミックブラックの2色の設定。
2014年7月18日にマイナーチェンジ。
グリップ力と剛性に優れるラジアルタイヤを採用し、コーナリングやブレーキング時のフィーリング向上を図る。また、リアタイヤの偏平率を従来モデルの70%から60%に変更し、トランスミッションのローレシオ化と同様の効果を得ることで、加速フィーリングを向上。リアサスペンションのセッティングにより、乗り心地も向上。車体色は、継続色の2色の設定。
2016年10月21日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットガンパウダーブラックメタリックを採用し、フレームを鮮烈なレッドとした。

 

 

ここでは、
2014年7月発売のホンダ VTR(JBK-MC33)と
2014年7月発売のホンダ VTR-F(JBK-MC33)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ VTR

ホンダ VTR-F

発売

2014年7月

2014年7月

型式

JBK-MC33

JBK-MC33

全長

2080mm

2080mm

全幅

725mm

725mm

全高

1055mm

1115mm

ホイールベース

1405mm

1405mm

シート高

755mm

755mm

最低地上高

155mm

155mm

総重量

160kg

163kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°30´

25°30′

トレール(mm)

96

96

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/70R17 M/C 54H

110/70R17 M/C 54H

タイヤサイズ(後)

140/60R17 M/C 63H

140/70R17 M/C 63H

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒

総排気量

249cc

249cc

圧縮比

11.0

11.0

ボア

60mm

60mm

最高出力(kW/rpm)

22(30PS)/10500

22(30PS)/10500

最大トルク(N・m/rpm)

22(2.2kgf・m)/8500

22(2.2kgf・m)/8500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

5段リターン

5段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

12.0L

12.0L

燃料消費率(km/L)

40(60km/h)

40(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥598,320 グラファイトブラック ¥598,320 デジタルシルバーメタリック ¥598,320 パールサンビームホワイト

¥619,920 パールサンビームホワイト ¥619,920 パールコスミックブラック

 

VTRとVTRFの違いを比較

 

 

VTRとVTR-Fの比較の口コミ

 

 

VTR-Fは、VTRにカウルが付いただけだから中身は同じだよ。一応ECUが少しだけ賢くなってる。

 

 

VTR-Fも検討したけど、見た目が中途半端だし、価格が大型買えるぐらい高い。フルカウルにしてくれればよかったんだけど。

 

 

ネイキッドのVTRなら腹まで当たる風がVTR-Fになると胸まで軽減される感じ。

 

 

遠出もするならVTR-Fだね。

 

 

VTRはカッコいいけどVTR-Fはカッコ悪いわ。

 

 

VTR-Fは横から見たらイマイチ。

 

 

VTR-Fの白は、カタログだと微妙だったけど、今日、他の人が乗ってるのを見たらカッコ良かった。

 

 

VTR-F乗りだけどパンツ型ヘッドライトが気に入らなくて正面から写真撮ることがあまりない。

 

 

俺は上半身の風を防ぎたかったからVTRから買い替えた。さすがにメーターバイザーより楽になった。

 

 

VTR-Fは、250でハーフカウル付いててVだしかなり欲しいけど唯一の悪い所はカッコ悪さなんだよね。ドゥカティもハーフカウルのモデルあるけどデザインがものすごく差がある。形的にもう少し何とかなりそうなんだけどな。

 

 

VTR-Fは、カウルがついた分、前に重さがある分の挙動変化は、若干あるだろう。

 

 

ハーフカウルが欲しくてVTRからVTR-Fに乗り換えたがヘッドライトの形状だけが気に入らない。でもそれが分かってても乗り替えたかったからいいけど。まあ乗ってる時は、自分でパンツヘッドライトは、見えないし。

 

 

カウル付はカウル付で問題がある。状況によるけど。

 

 

カウル付きは、転んだ時に修理費高くなるし、黄砂とかの掃除も大変だし、良いことだけではない。

 

 

アッパーサイドカウルは、13000円くらいだったからが修理費もそこまで高くならないと思う。

 

 

VTR-Fで何回か立ちごけしたがカウルは、無事だったし、見た感じではほとんど傷はなかった。その分ハンドルがダメージ受けてるけど。

 

 

今日VTR-Fを見てきたけど画像の印象と違って実物の方が方が全然良かった。カッコいいというよりは愛嬌のあるマスクだね。あと見る角度にもよるけど。 バーハンのネイキッドスタイルでしっかりハーフカウル付いてるから、ツーリングでは楽そう。

 

 

VTR-Fに乗ってカウルついた花粉だか黄砂が気になる。VTRだとこれをそのまま受けてたのか。

 

 

VTRからVTR-F乗り換えたけど風が強過ぎてカウルの効果がわからなかった。乗り味もFIのVTRと違いがわからなかった。

 

 

月刊オートバイにVTRとVTR-Fの違いとしてハーフカウル以外にライトがカウルマウントになったことでハンドルが軽くなって、カウルの重量分が前にかかってるから低速域での安定感が増したと書いてた。

 

 

VTR-Fに跨ってきたけど乗った瞬間は、VTRと同じだけどメーターの位置がカウルで少し奥になったせいかハンドルを握ったら結構印象が違った。

 

 

VTRとVTRFの中古車価格と買取相場

 

 

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら