400XとNC750Xの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

400XとNC750Xの違いを比較

 

ホンダ 400Xの歴史

2013年6月7日に「400X」と「400X<ABS>」が新登場。型式は、EBL-NC47
エンジンは、水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列2気筒400ccを搭載。「CBR400R」「CB400F」「400X」の3車種で新開発のエンジンと車体を共用。「400X」のデザインのキーワードは、「Modern & Stylish」。400X専用の17Lのフューエルタンクを採用。専用のダブルシートやウインドスクリーンを採用。車体色は、どちらも3色(パールサンビームホワイト、マットガンパウダーブラックメタリック、キャンディープロミネンスレッド)の設定。
2016年2月19日に「400X」と「400X<ABS>」をマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC47
「VFR1200X」のDNAを受け継ぎ「FEEL THE ADVENTURE FORM」を踏襲したデザインに一新。LEDヘッドライトとクリアインナーレンズを新たに取り入れたLEDテールランプを採用。高さを100mm伸長させた大型のウインドスクリーンで防風効果を上げ、存在感を醸し出すスタイリングに。車体色は、どちらも3色(マットバリスティックブラックメタリック、マグナレッド、パールサンビームホワイト)の設定。
400Xの「EBL-NC47」と「2BL-NC47」の違い
2017年4月17日に「400X」と「400X<ABS>」をマイナーチェンジ。
新型の小型異型マフラーを採用。小型のメインステップホルダーを採用。アンダーカバーが廃止。車体色は、どちらも3色(キャンディープロミネンスレッド、ソードシルバーメタリック、パールサンビームホワイト)の設定。
2018年4月20日に「400X」をマイナーチェンジ。
これまではABSは、タイプ設定だったが全車にABSを標準装備とした。車体色は、2色(キャンディークロモスフィアレッド、マットバリスティックブラックメタリック)の設定。
2019年3月22日に「400X」をフルモデルチェンジ。型式は、2BL-NC56
大規模なデザイン変更、パワーユニットの吸排気系の見直し、フロントに19インチタイヤを採用、ホイール形状を変更、アシストスリッパークラッチを採用、新設計LCDメーターの採用などが行われた。車体色は、2色(マットバリスティックブラックメタリック、グランプリレッド)の設定。
400Xの2BL-NC47と2BL-NC56の違いを比較
2020年7月31日に「400X」をカラーチェンジ。
車体色は、新色の「パールグレアホワイト」と、タンクシェル部分のカモフラージュ柄がレッドに変更された継続色の「マットバリスティックブラックメタリック」の2色。

 

 

ホンダ NC750Xの歴史

2014年1月24日に新登場。型式は、EBL-RC72
「NC750X」、「NC750X TypeLD」、「NC750X<ABS>」、「NC750X TypeLD<ABS>」、「NC750X DCT<ABS>」、「NC750X TypeLD DCT<ABS>」を発売。今回のモデルは、「NC700X」の排気量アップを図りつつ、燃費の向上を実現し、装備の充実も図った。車体色は、全タイプに新色の3色(マットパールグレアホワイト、パールスペンサーブルー、ソードシルバーメタリック)の設定。
NC750XとタイプLDの違いの比較は、こちら。
NC750XとNC750X DCTの違いの比較は、こちら。
2014年4月21日に「E Package」タイプを設定し発売。
NC750XのE Packageは、Type LD、DCT搭載車にタイプ設定した。ETC車載器やスポーツグリップヒーター、DCTチェンジぺダルを装備。車体色は、3色(マットパールグレアホワイト、ソードシルバーメタリック、パールスペンサーブルー)の設定。
2016年1月26日にフルモデルチェンジ。型式は、2BL-RC90
NC750Xはスタイリングを一新。LEDヘッドライト、LEDテールランプを採用し、導光タイプのポジションランプをヘッドライト輪郭に縁取った。ラゲッジボックスの容量を拡大した。フロントサスペンションに「デュアルベンディングバルブ」を採用。リアクッションにはプリロード調整機構を追加。DCT搭載モデルは、Sモードに3種類のレベルを設定できる機能を追加。心地のよいパルス感を向上させる異形断面マフラーや防風効果をさらに高めた大型ウインドスクリーンを採用。車体色は、4色(キャンディーアルカディアンレッド、グリントウェーブブルーメタリック、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリック)の設定。
NC750Xの「EBL-RC72」と「2BL-RC90」の違いを比較
2017年2月17日にカラーチェンジ。
新色のキャンディープロミネンスレッドを各タイプに追加。従来色の3色(マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイト、グリントウェーブブルーメタリック)とあわせて全4色の設定。
2018年4月20日にマイナーチェンジ。
これまでNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>のみの設定だった、グリップヒーターとETC車載器を標準装備したE Packageタイプを、新たにマニュアルトランスミッションタイプのNC750X<ABS>にも設定。またNC750X<ABS>E PackageとNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>E Packageに、2段階のトルクコントロールとトルクコントロールを必要としないOFF状態の選択が可能なHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を採用。シート高は、全タイプ800mmの設定とした。車体色は、3色(キャンディークロモスフィアレッド(新色)、マットガンパウダーブラックメタリック(新色)、パールグレアホワイト)の設定。
2018年11月22日にマイナーチェンジ。
「NC750X」の全タイプにABSとグリップヒーターとHondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)を標準装備。「NC750X」全タイプにETC2.0車載器を標準装備。車体色は、3色(マットバリスティックブラックメタリック(新色)、キャンディークロモスフィアレッド、パールグレアホワイト)の設定。
2021年2月25日にフルモデルチェンジ。型式は、8BL-RH09

よりアクティブなイメージを強調したスタイリングに一新。エンジン内部は、令和2年の規制に適合するため、パワーユニットに軽量化された新設計のピストンを採用やエアクリーナー構造の刷新すると共に吸排気系を刷新。フレームは軽量化が図られた。ラゲッジスペースを拡大。新たにスロットルバイワイヤシステムを採用。マニュアルミッション車のみににアシストスリッパークラッチを採用。新デザインの液晶メーターには、バッテリー電圧や平均車速などの表示情報を追加。ETC2.0車載器、グリップヒーターは引き続き搭載。車体色は、3色(グランプリレッド、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリック)。
NC750Xの2021年2月25日のフルモデルチェンジ前後の違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、
2016年2月19日発売のホンダ 400X(型式 2BL-NC47)と
2016年1月26日発売のホンダ NC750X(型式 2BL-RC90)
の違いを比較しました。

 

 

400XとNC750Xのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ 400X

ホンダ NC750X

発売日

2016年2月19日

2016年1月26日

型式

2BL-NC47

2BL-RC90

全長

2085mm

2230mm

全幅

830mm

845mm

全高

1335mm

1350mm

ホイールベース

1410mm

1535mm

シート高

795mm

830mm

最低地上高

145mm

165mm

総重量

194kg

218kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°55´

27°

トレール(mm)

105

110

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

160/60ZR17 M/C 69W

160/60ZR17 M/C 69W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒

水冷4ストロークOHC4バルブ並列2気筒

総排気量

399cc

745cc

圧縮比

11.0

10.7

ボア

67mm

77mm

最高出力(kW/rpm)

34(46PS)/9500

40(54PS)/6250

最大トルク(N・m/rpm)

37(3.8kgf・m)/7500

68(6.9kgf・m)/4750

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

17.0L

14.0L

燃料消費率(km/L)

39.7(60km/h)・28.2(WMTCモード)

42(60km/h)・28.3(WMTCモード値)

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

709,560円(消費税抜き本体価格 657,000円)
マットバリスティックブラックメタリック

731,160円(消費税抜き本体価格 677,000円)
マグナレッド/パールサンビームホワイト

743,040円(消費税抜き本体価格 688,000円)
キャンディーアルカディアンレッド、
グリントウェーブブルーメタリック、
パールグレアホワイト、
マットバリスティックブラックメタリック

国内年間計画販売台数

900台
ホンダ 400Xの販売台数の推移は、こちら。

2,200台

 

400XとNC750Xの違いを比較

 

400XとNC750Xの動画

 

ホンダ 400X

 

クロスオーバースタイル 2016 HONDA 400X

 

ホンダ NC750X

 

新型 Honda NC750X 試乗インプレッション/レビュー

 

ホンダ NC750X DCT ABS (2016) バイク試乗レビュー

 

 

400XとNC750Xの比較の口コミ

 

 

パワーウェイトレシオ
NC750X 72万円 217kg/54ps=4.02
400X 70万円 192kg/46ps=4.17

 

 

デザインは、似てるけどNC750Xより400Xの方がシャープな感じでいいね。

 

 

NC750Xと400Xは、ほとんど価格差ないけど、大型免許ないから400Xにした。

 

 

400Xは、このクラスで見たらこんなもんだけどNCと比べたら割高に感じるな。

 

 

NCでも良かったけど大型免許いるからなぁ。。。

 

 

価格は、ほとんど変わらないし、タイヤサイズも一緒だね。まあ大型二輪免許を持ってるなら400Xを選ぶ理由はないかな。

 

 

車体色は、赤、白、黒は、共通だけどNC750Xは青がラインナップされてる。

 

 

ギアチェン好きなら400X。

 

 

メットインが必要ないなら確かに400Xのが乗りやすかったし、カラーも400Xの方が好き。でも絶対リアボックス付けたくなかったから、メットインの利便性のためにNC750Xにした。

 

 

NC700XもNC750Xも試乗したけど、400Xに決めた。理由は、NCは、積載性を高めたせいで運動性能をかなり犠牲にしてる。自分は、ワィンディングが楽しめる程度の運動性はほしいと思った。それにNCは、カウルが無いし、出力を低回転に振り過ぎてて高速の伸びがない。

 

 

400XとNC750Xは、数万円しか変わらないのが凄いな。

 

 

NC750Xより確実に400Xの方が足つき性はいいよ。

 

 

安さだけに惹かれて他を妥協してNC750Xを選んだら後悔するよ。

 

 

実燃費は、NC750Xは、30km/Lぐらい。
400Xが35km/Lぐらい。

 

 

NC750Xは、車で言えばカローラで、スポーツ車ではない。だから値段の安さだけで決めると後悔する。400Xと味付けが全然違う。乗ってて楽しいのは400X。ツーリングと街乗りだけならNC750Xでいいと思う。

 

 

大型と一緒に高速走ることがあるならNC750Xの方がいい。ついていけないことは無いけど、400とのパワー、トルクの差は歴然だから。

 

 

ワインディングを軽快に走りたい人には、400Xがオススメ。

 

 

NC750は、排気量とロングストロークのおかげで低回転のトルク感がそこそこある。でも上は回らない。400Xのツインカムエンジンは、上までスカッと回って気持ちいい。

 

 

街乗りしか走らないなら400Xでもいいけど、そうでないならNC750Xを強く勧める。

 

 

NC750Xのエンジンは、極端な低回転で振動をツインの味として残した。400Xのエンジンは、高回転まで伸びやかに回る徹底したバランス化が図られた。ツインとしては、凄く低振動。のんびり走る人は、NC750X。エキサイティングに走る人は、400Xって感じかな。

 

 

速さを求める人は、400X。
のんびり乗る人は、NC750でいいと思う。
最高速や加速では400Xに敵わないし。

 

 

400Xが0km発進で7000回転ぐらいのミート発進して、10000回転毎にシフトアップされたらNC750Xがどのようなシフト操作をしても追いつくことはできない。峠で10000回転しっかり回して走る400XをNC750Xで追うのは無理。回るエンジンというのは、そんなもん。でも3000〜6500回転までの加速感を比較すればNC750Xの方が速いけど。

 

 

400Xは、10000回転まで回してもNC750Xより馬力が低いから引き離すなんて無理でしょ。

 

 

400XとNC750Xは、減速比とミッションのギア比配分と車両重量が違う。でも流しているような低い回転数からの再加速は、NC750Xの方が圧倒的。400Xの方がくるっと曲がるからNC750Xとは見た目が似ててもターゲットが異なるバイク。

 

 

400Xは、NC750Xより一回り小さくて細身。市街地だと400Xの方が扱いやすいけど、高速はNC750Xの方が安定してる。NC750Xのタンク部分のメットインは、便利だけど給油が面倒くさい。

 

 

エンジンは、400XがDOHCとNC750XがSOHC。

 

 

NC750X乗りだけど、400Xに乗ったこともある。400Xは、ホンダらしい良いバイクだと思ったし、完成度も高いと思った。でもトータルでホンダらしい普通の400ccって感想で、それ以上の印象は無かった。400ccを買うって決めてるならいい選択肢だと思うけど、NC750Xと比べられるものではない。

 

 

俺もNC750X乗りで400X試乗したけど、他のバイクに乗るとNC750Xってかなり濃い味付けのバイクなんだなって思った。NC750Xと比べると、400Xは良くも悪くも普通すぎる。

 

 

NC750X乗ってるけど、400Xに乗る機会があった。400Xに跨がって車格感はNC750Xより少し小さいかなって思うぐらい。車重は、重くないけど、そう軽いって印象も受けなかった。視界に入る部品の質感は、NC750Xと似たような感じ。走り出したらエンジンは普通に吹けるし、半クラッチのフィーリングも普通に使いやすかった。でも車速のノリが。もちろん400だからだけど、NC750Xの普段のように走らせようとしたら当然より回してしまうからなんかせかせかして落ち着かない感じだった。

 

 

400Xのがスカッと上まで回るし、振動も少ないから乗りやすかった。パワーもそんなに変わらないし、リセールバリューを考えたら400Xの方がいいかな。

 

 

400Xは、NC750Xと比べてマイルドなエンジン。エンジン音は400Xのが好き。

 

 

NCの魅力は、メットインとDCTだよ。

 

 

400XもDCTにしてくれれば嬉しいけど、400ccは日本でしか売れないから、新開発の日本専用のDCTエンジンを作るわけない。仮に400XをDCTにするとしたらNCと同じぐらいの重さになるし、値段が20万円くらい高くなる。

 

 

2018年5月にNC750Xと400Xで悩んだ結果、スタイルとDOHCが理由で2017年モデルの400Xのパールホワイトを買った。自分が買った店では、実売価格は、NC750Xより400Xの方が高かったよ。

 

400XとNC750Xの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら