CBR400Rの「NC23」と「NC47」の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CBR400Rの「NC23」と「NC47」の違いを比較

 

ホンダ CBR400Rの歴史

1986年7月15日にCBR400Rが新登場。型式は、NC23
フルカウルを装着するスーパースポーツモデル。車体色は、シャスタホワイト/ファイティングレッド。
1986年9月にカラーを追加。
車体色にシャスタホワイト/ミクロネシアンブルーメタリックを追加して2色の設定となった。
1987年4月にカラーチェンジ。
車体色は、ブラックのみ。
2013年4月23日にCBR400Rが新登場。型式は、EBL-NC47
「CBR400R」「CB400F」「400X」で新開発のエンジンと車体を共用。エンジンは、NC47E型水冷4ストローク4バルブDOHC直列2気筒を搭載。CBR400Rは、フルカウル仕様で少し低めのセパハンを採用。ABSをタイプも設定。車体色は、どちらも3色(グラファイトブラック、ヴィクトリーレッド、ロスホワイト)の設定。車体組立は、熊本製作所。
2016年2月26日に「CBR400R」と「CBR400R<ABS>」をマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC47
CBRシリーズのフラッグシップモデル「CBR1000RR」のDNAを受け継ぐ、スピード感を強調した外観にリニューアル。被視認性に優れる新設計のLEDデュアルヘッドライトとテールランプを採用。前方にスラントさせたフロントカウルから跳ね上げたリアカウルまでエッジの効いたキャラクターラインにより個性的なフォルムに。車体色は、どちらも3色(グラファイトブラック、ヴィクトリーレッド、ロスホワイト)の設定。
CBR400Rの「EBL-NC47」と「2BL-NC47」の違いの比較は、こちら。
2017年4月7日に「CBR400R」と「CBR400R<ABS>」をカラーチェンジ。
車体色は、どちらも3色(グラファイトブラック、ヴィクトリーレッド、パールグレアホワイト)の設定。
2018年4月20日に「CBR400R」のマイナーチェンジ。
カラーチェンジされ、ABSが標準装備となった。車体色は、3色(グラファイトブラック、グランプリレッド、パールグレアホワイト)の設定。
2019年3月22日に「CBR400R」をマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC56

外装を一新。セパレートハンドルの位置がトップブリッジ上から下側となり、ポジションがよりスポーティに。エンジンは、バルブのタイミングとリフト量などを最適化。新たにアシストスリッパークラッチを採用。急ブレーキでハザードランプを高速点滅させる「エマージェンシーストップシグナル」を装備。ウインカーがLEDとなり、メーターにギアポジション表示を追加。車体色は、3色(グランプリレッド、マットアクシスグレーメタリック、パールグレアホワイト)の設定。
CBR400Rの「2BL-NC47」と「2BL-NC56」の違いの比較は、こちら。
2020年7月31日に「CBR400R」をカラーチェンジ。
CBR1000RR-Rと共通の「CBR」ロゴデザインを採用。車体色は、3色(グランプリレッド、マットアクシスグレーメタリック、パールグレアホワイト)。

 

 

ここでは、
1986年7月15日発売のホンダ CBR400R(NC23)と
2013年4月23日発売のホンダ CBR400R(EBL-NC47)
の違いを比較しました。

 

 

CBR400Rの「NC23」と「NC47」のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CBR400R

CBR400R

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

NC23

EBL-NC47

発売日

1986年7月15日

2013年4月23日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2015

2075

全幅 (mm)

685

740

全高 (mm)

1095

1145

ホイールベース (mm)

1380

1410

最低地上高(mm)

140

140

シート高 (mm)

765

785

乾燥重量 (kg)

165

-

車両重量 (kg)

184

192

最小回転半径(m)

-

2.7

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

43

39.7

原動機型式

NC23E

NC47E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

399

399

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

55

67

行程(ピストンストローク)(mm)

42

56.6

圧縮比(:1)

11

11

最高出力(PS)

59

46

最高出力回転数(rpm)

12500

9500

最大トルク(kgf・m)

3.8

3.8

最大トルク回転数(rpm)

10000

7500

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

-

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

16

15

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

688

595.5

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

C9EH-9

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

2

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YTZ10S

バッテリー容量

-

12V-8.6Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.5

3.2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

-

2.5

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

-

2.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

-

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

-

2.029

2次減速比

-

3

変速比

-

1速 3.285/2速 2.105/3速 1.600/4速 1.299/5速 1.149/6速 1.042

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

44

45

チェーンサイズ

525

520

標準チェーンリンク数

108

114

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

-

25°30

トレール量 (mm)

-

102

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

100/80-17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

52

58

タイヤ(前)速度記号

H

(W)

タイヤ(後)

130/70-18

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

63

69

タイヤ(後)速度記号

H

W

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

669,000円 シャスタホワイト/ファイティングレッド

669,900円 グラファイトブラック、ヴィクトリーレッド
701,400円 ロスホワイト

販売計画(国内・年間)

24,000台

2,000台

 

CBR400Rの「NC23」と「NC47」の違いを比較

 

CBR400Rの「NC23」と「NC47」の外観のサイドの違いを比較

 

CBR400Rの「NC23」と「NC47」の違いを比較

 

CBR400R(型式NC23)が新登場したのは、1986年7月15日。1980年代後半のレーサーレプリカモデル人気がピークを迎えようとしていた時。アルミツインチューブのフレームに水冷直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、高回転時での正確なバルブ作動をねらったカムギヤトレーンなどにより、最高出力59psを12,500rpmで発生。他にもトリプルディスクブレーキ(前輪ダブルディスク・後輪ディスク)を採用するなどしたスーパースポーツだった。

 

しかし1988年1月19日に型式名を引き続き「CBR400RR(型式NC23)」へ車名を変更。CBR400R(型式NC23)はラインナップから消えた。

 

その後、2013年4月23日に、再びCBR400Rが新登場した。このCBR400R(型式NC47)は、スタイルこそ、かつてのNC23型と同じフルカウルスポーツだが、幅広いユーザーが楽しめるファンライドスポーツモデルだった。エンジンは、NC47E型水冷4ストローク4バルブDOHC直列2気筒を搭載。CBRシリーズ初の2気筒エンジン搭載車でホンダの400ccクラス2気筒エンジンとしてはホークシリーズ以来だった。燃料供給は電子制御式燃料噴射装置(PGM-FI)を採用。バランサー付180°クランクながら低中回転域を中心に全回転域においてスムーズな出力を発揮する特性。前面横2灯式ヘッドライトを採用。

 

CBR400R(型式NC47)が発売された翌月からネイキッドのCB400Fとクロスオーバーの400Xが立て続けに発売されたが、この2モデルは、CBR400R(型式NC47)とエンジンやフレームなど多くの構成要素を共有していた。これはホンダのNCシリーズなどで使われてた手法だった。

 

その後、CBR400R(型式NC47)は、2016年2月26日のマイナーチェンジで平成28年排出ガス規制に適合し、LEDヘッドライトとテールランプを採用。型式が2BL-NC47になった。

 

2018年4月20日のマイナーチェンジからABSがこれまでのタイプ設定から標準装備となった。

 

2018年秋に行われたEICMA(ミラノショー)では、CBR400Rの海外向けモデルのCBR500Rがモデルチェンジし、2019年3月22日に発売された日本国内仕様からCBR400Rも新型(型式2BL-NC56)となり、外観が一新され、ポジションがよりスポーティになり、アシストスリッパークラッチやエマージェンシーストップシグナルなどが装備された。

 

 

CBR400Rの「NC23」と「NC47」のスペックの違う部分

 

●発売日
1986年7月15日 → 2013年4月23日

 

●型式
NC23 → EBL-NC47

 

●全長 (mm)
2015 → 2075

 

●全幅 (mm)
685 → 740

 

●全高 (mm)
1095 → 1145

 

●ホイールベース (mm)
1380 → 1410

 

●シート高 (mm)
765 → 785

 

●車両重量 (kg)
184 → 192

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)
43 → 39.7

 

●原動機型式
NC23E → NC47E

 

●気筒数
4 → 2

 

●内径(シリンダーボア)(mm)
55 → 67

 

●行程(ピストンストローク)(mm)
42 → 56.6

 

●最高出力(PS)
59 → 46

 

●最高出力回転数(rpm)
12500 → 9500

 

●最大トルク回転数(rpm)
10000 → 7500

 

●燃料供給方式
キャブレター → フューエルインジェクション

 

●燃料タンク容量 (L)
16 → 15

 

●満タン時航続距離(概算・参考値)
688 → 595.5

 

●点火プラグ標準搭載・型式
C9EH-9 → CPR8EA-9

 

●点火プラグ必要本数・合計
4 → 2

 

●搭載バッテリー・型式
YTX9-BS → YTZ10S

 

●エンジンオイル容量※全容量 (L)
3.5 → 3.2

 

●スプロケット歯数・後
44 → 45

 

●チェーンサイズ
525 → 520

 

●標準チェーンリンク数
108 → 114

 

●ブレーキ形式(前)
油圧式ダブルディスク → 油圧式ディスク

 

●タイヤ(前)
100/80-17 → 120/70ZR17

 

●タイヤ(前)構造名
バイアス → ラジアル

 

●タイヤ(前)荷重指数
52 → 58

 

●タイヤ(前)速度記号
H → W

 

●タイヤ(後)
130/70-18 → 160/60ZR17

 

●タイヤ(後)構造名
バイアス → ラジアル

 

●タイヤ(後)荷重指数
63 → 69

 

●タイヤ(後)速度記号
H → W

 

●メーカー希望小売価格
669,000円 → 669,900円

 

●販売計画(国内・年間)
24,000台 → 2,000台

 

CBR400Rの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら