スティード400とエリミネーター250Vの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

スティード400とエリミネーター250Vの違いを比較

 

ホンダ スティード400の歴史

1988年1月20日に「スティード400」と「スティード400 フラットバータイプ」が新登場。型式は、NC26
ホンダ初の本格的アメリカンとして開発。スティード600と共通の車体を使用。エンジンは、新設計の水冷・4サイクル・SOHC・3バルブ・52度V型2気筒を搭載。CV型キャブレターやスリムなエキゾーストマフラーを装備。「スティード400」は、ワイドレシオの5段ミッション(600は4段)を採用。フレームは、新設計のダブルクレードル・フレームを採用。ハンドル形状は、手前に引きぎみのティラーバー型とフラットバー型がラインナップ。
スティード400とスティード600の違いの比較は、こちら。
1990年6月1日に「スティード400」と「スティード400 フラットバータイプ」がカラーチェンジ。
カラーリングが一新され、後席にバックレストを標準装備。フラットバーハンドル・タイプは、受注生産。
1992年3月11日に「スティード400」と「スティード400 フラットバータイプ」がカラーチェンジ。
フラットバーハンドル・タイプは受注生産。
1993年1月25日に「スティード400」と「スティード400 フラットバータイプ」がマイナーチェンジ。
燃料タンクのデザイン・イメージはそのままにタンク容量を従来モデルの9Lから11Lに拡大。
1994年1月20日に「スティード400」と「スティード400 フラットバータイプ」がカラーチェンジ。
車体色は、3色(ブラック/キャンディワインベリーレッド、ブラック/グラニットブルーメタリック、パールコーラルリーフブルー/パールフェイドレスホワイト(新色))。
1994年7月20日に「スティード400」と「スティード400 フラットバータイプ」がカラーチェンジ。
車体色は、4色(キャンディプエブロレッド/パールフェイドレスホワイト、パールコーラルリーフブルー/パールフェイドレスホワイト、ブラック/キャンディワインベリーレッド、ブラック/グラニットブルーメタリック)。
1995年7月10日に「スティード400 VCL」をタイプ追加。
「VCL」は、シンプルな装備で本体価格を3万円安くしたモデル。シート表皮は滑らかなソリッドタイプとなり、ハンドルは、フラットバーのみ。バックレストは、オプション設定となった。
スティード400とVCLの違いの比較は、こちら。

1996年1月20日に「スティード400 VCL」がマイナーチェンジ。また「スティード400 VLX」と「スティード400 VSE」をタイプ追加。
マイナーチェンジでは、ミッションのギア比とキャブレターのセッティングとマフラーの内部構造を変更し、低・中回転域で力強い出力特性となり、燃費も向上。「VLX」は、「VCL」の登場に合わせて、従来モデルに「VLX」のサブネームが与えられた。「VSE」は、後輪にVツイン・マグナと同様のアルミ製ディッシュホイールを追加。リアフェンダーとテールランプ周りを変更。大型のハンドルを採用するなどした。
1997年1月15日に「スティード400 VCL」と「スティード400 VLX」と「スティード400 VSE」をカラーチェンジ。
1998年3月24日に「スティード400 VLS」をタイプ追加。型式は、NC37
「VLS」は、Vツイン・ローダウン・スプリンガーの頭文字。クラシカルなスプリンガー・フロントフォークを採用。大径21インチのフロントタイヤを採用。タンク下端の継ぎめが目立たないフランジレス燃料タンクを採用。「VSE」と「VCL」と600ccモデルの製造が終了。
1998年3月24日に「スティード400 VLX」をタイプ追加。型式は、NC26
従来のVLX(ラグジュアリータイプ)とVCL(シンプルなクラシックタイプ)を融合させたモデルで前後のサスペンションを変更し、最低地上高を10mm低く設定。ロー&ロングのプロポーションをさらに強調。ギア比を変更し、低中速域での鼓動感が増した。
スティード400の「VCL」と「VLX」と「VSE」と「VLS」の違いの比較は、こちら。
2001年2月10日にマイナーチェンジした「スティード400」を発売。型式は、BC-NC26
2002年の国内排ガス規制強化で「VLS」は生産を中止。「VLX」だけ排ガス規制対応措置(エアの二次導入)を採用し、名称はアルファベット表記を用いない「スティード」になった。新たに幅広のワイドハンドルを採用。これがスティードシリーズの最終モデルとなり、同じ系列のエンジンを搭載するシャドウシリーズに吸収された。
スティード400の「NC26」と「BC-NC26」の違いの比較は、こちら。

 

 

カワサキ エリミネーター250Vの歴史

1998年1月に「エリミネーター250V」が新登場。型式は、BA-VN250A
これまで並列2気筒エンジンのエリミネーター250シリーズだったが、新設計の249ccV型2気筒エンジン「VN250AE」を搭載した「エリミネーター250V」が新発売。従来のドラッグレーサー(ドラッガー)コンセプトからクルーザースタイルに転換。車体色は、3色(メタリックブルーバイオレット、エボニー×ギャラクシーシルバー、メタリックシャンパンゴールド)。
1999年7月に1999年モデルを発売。
車体色は、2色(キャンディパーシモンレッド×エボニーorエボニー×パールコスミックグレー、メタリックシャンパンゴールド)。
2000年4月に2000年モデルを発売。
2001年1月に2001年モデルを発売。
車体色は、2色(エボニー×キャンディサンゴッドオレンジ、キャンディライトニングブルー×ギャラクシーシルバー)。
2002年2月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールミスティックブラック、ポーラホワイト)。
2003年12月にカラーチェンジ。
車体色にエボニーを採用。エンジン色とマフラーの色を一新。
2004年12月に2005年モデルを発売。
2004年モデルから変更無し。車体色は、エボニー。
2005年12月に2006年モデルを発売。
2005年モデルから変更無し。車体色は、エボニー。
2006年12月にカラーチェンジ。

車体色は、2色(エボニー、パッションレッド)。これが最終モデル。平成18年排出ガス規制が継続生産車に適用される2007年モデルをもって、インジェクション化されずにキャブ仕様のまま生産終了。

 

 

ここでは、
2001年2月10日発売のホンダ スティード400 (型式 BC-NC26)と
2001年1月発売のカワサキ エリミネーター250V (型式 BA-VN250A)
の違いを比較しました。

 

 

スティード400とエリミネーター250Vのスペック表の違いを比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

スティード400

エリミネーター250V

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

-

型式

BC-NC26

BA-VN250A

発売日

2001年2月10日

2001年1月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2310

2355

全幅 (mm)

890

775

全高 (mm)

1120

1075

ホイールベース (mm)

1600

1620

最低地上高(mm)

130

150

シート高 (mm)

670

690

乾燥重量 (kg)

203

171

車両重量 (kg)

215

186

最小回転半径(m)

3.1

3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

36

33

原動機型式

NC25E

VN250AE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

52

90

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

398

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

気筒あたりバルブ数

3

4

内径(シリンダーボア)(mm)

64

62

行程(ピストンストローク)(mm)

62

41.4

圧縮比(:1)

10.3

12

最高出力(kW)

23

26

最高出力(PS)

31

35

最高出力回転数(rpm)

7500

12500

最大トルク(N・m)

33

24

最大トルク(kgf・m)

-

2.4

最大トルク回転数(rpm)

6000

9500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

VDD0G

KEIHIN CVKR32×2

燃料タンク容量 (L)

11

13

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

-

3.2

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

396

429

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DPR7EA-9

CR9E

点火プラグ必要本数・合計

4

2

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YTX7L-BS

バッテリー容量

-

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.8

2.1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

-

1.5

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

-

1.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

-

10W-40

ドレンボルト呼び径(mm)

-

12

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.058

3.44

2次減速比

2.75

2.933

変速比

1速 3.165/2速 2.000/3速 1.500/4速 1.172/5速 1.041

1速 2.857/2速 1.842/3速 1.409/4速 1.159/5速 1.037/6速 0.927

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

15

スプロケット歯数・後

44

44

チェーンサイズ

525

520

標準チェーンリンク数

120

116

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

35°00

35°00

トレール量 (mm)

164

154

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

-

2

タイヤ(前)

100/90-19

120/80-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

57

61

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

-

チューブレス

タイヤ(後)

170/80-15

160/80-15

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

77

74

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

-

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.15

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

4

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

-

21W/5W

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

599,000円(税込) 
ブラック

559,000円(税込) 
エボニー×キャンディサンゴッドオレンジ、
キャンディライトニングブルー×ギャラクシーシルバー

 

スティード400とエリミネーター250Vの違いを比較

 

スティード400とエリミネーター250Vの違いを比較

 

 

高速道路では、スティードよりエリミネーター250Vの方が上だよ。

 

 

エリミネーター250Vに跨った時は250なのにスティード400よりでかく感じた。

 

 

エリミネーター250Vは、スティードよりシートがフカフカだよ。

 

 

●スティード400の良い点
・トルクがあって坂道が楽。
・パーツが多いからオリジナルが作れる。
・パーツが多いから代用しやすい。
・価格が手頃。

 

●スティード400の悪い点
・年式が古い
・車検があるし、維持費も250より高い。
・タンク容量がエミリより小さい。
・車重がエミリより30kgぐらい重い。

 

●エリミネーター250Vの良い点
・250ccなのに400ccに劣らない出力。加速は中型アメリカンで最高。
・スティード400より年式が新しい。
・車重が軽い
・車検がないし、任意保険料も少し安い。

 

●エリミネーター250Vの悪い点
・社外パーツがほとんど無い。
・マフラー音がカブ並で他の原付より静か。
・制動距離が長い。
・250ccの中では燃費が悪い。
・低トルク高回転エンジン。
・台数が少ないし、価格が高い。

 

スティード400とエリミネーター250Vの買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら