CBR250RRとCB400SFの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CBR250RRとCB400SFの違いを比較

 

ホンダ CBR250RRの歴史

1990年3月19日CBR250RRが新登場。型式は、MC22
1989年発売のCBR250R(MC19型)からのフルモデルチェンジ車。車体色は、ホワイト/レッド、ブラック/シルバーの2色。
1990年6月にカラーチェンジ。
車体色は、ホワイト/ブルーの1色。
1991年1月にカラーチェンジ。
車体色は、ブラック/シルバーの1色。
1992年5月28日にカラーチェンジ。
車体色は、トリコロール、ブラックの2色。
1994年6月24日にマイナーチェンジ。
バルブタイミングや排気管の構造を変更し、中低速域での出力向上。最高出力が45ps/15,000rpmから40ps/14,500rpmに。最大トルクが2.5kg-m/12,000rpmから2.4kg-m/11,500rpmに変更。車体色は、トリコロールとメタリックレッドの2色。
2000年に生産終了。
2017年5月12日に「CBR250RR」と「CBR250RR ABS」が新登場。型式は、2BK-MC51
2016年12月にインドネシアをはじめタイなどの東南アジア諸国で販売開始。日本国内仕様(2BK-MC51)は、熊本製作所で製造。エンジンは、249tMC51E型水冷4ストローク4バルブDOHC2気筒で250tクラスで初のドライブ・バイ・ワイヤを採用。車体色は、3色(マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック、ヴィクトリーレッド)の設定。
CBR250RRの「MC22」と「MC51」の違いを比較は、こちら。
2018年4月20日にカラーチェンジして発売。
2018年4月からABS搭載モデルにだけ、新色のパールグレアホワイトを追加。従来色の3色とあわせて4色の設定。

2018年11月22日にカラーチェンジして発売。
車体色は、新色のグランプリレッドと従来色のマットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイトをあわせた3色の設定。パールグレアホワイトのアンダーカウルのカラーをグレーからブラックに変更。
2018年12月14日にカラーチェンジして発売。
レッドに躍動感のあるストライプを組み合わせることでレーシングイメージをより高めたグランプリレッド(ストライプ)を追加。従来色とあわせて4色の設定。
2020年9月18日にマイナーチェンジ。
新形状のピストン採用やマフラー内部構造の変更などで最高出力と最大トルクが向上。アシスト&スリッパークラッチを採用。純正オプションでクイックシフターを用意。ABSは、標準搭載となった。車体色は、4色(グランプリレッド(ストライプ)、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイト、グランプリレッド)。
CBR250RRの2020年9月18日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。

 

 

ホンダ CB400SFの歴史

1992年4月23日に新登場。型式は、NC31
CB400SFは、PROJECT BIG-1のコンセプトの下に開発。PROJECT BIG-1のコンセプトとは、心臓部に4ストローク・DOHC・水冷直列4気筒エンジンを採用。ワイルド&セクシーなスタイル。走る者の心を魅了する感動性能を有することの3つ。車体色は、5色(ブラック、イエロー、レッド、シルバー/ブルー、ブラック/グレー)。
1994年3月14日にマイナーチェンジ。
左右のサイドカバーに質感の高いサチライトメッキの立体エンブレムを採用。新しく燃料計を装備した、新設計の3眼メーターを採用。スピードメーター、タコメーターのケースリング部にクロームメッキ処理を施し、文字盤の目盛り配置と各種表示灯のレイアウトを変更、メーター照明もグリーンにするなどの機能性とグレード感をさらに向上。前後ウインカー兼用のハザードランプも新しく採用。車体色は、5色(モーリタニアバイオレットメタリック、ピュアブラック、パールシャイニングイエロー、キャンディトランスパレントレッド、バーメタリック)。
1994年7月20日にカラー追加。
車体色は、5色(キャンディトランスパレントレッド、ピュアブラック、パールシャイニングイエロー、キャンディトランスパレントレッド、ラピスブルーメタリック/スパークリングシルバーメタリック)。
1995年3月10日にマイナーチェンジ。
シリンダー下部の側面部分に冷却フィンを新しく追加し、シリンダーヘッドカバーを大型化し、エンジン全体をブラック基調とし、より精悍で力強いエンジン外観に。車体色は、3色(ブラック、レッド、ブルー)。
1995年7月15日にカラー追加。
車体色は、4色(スターライトシルバー、ブラック、レッド、ブルー)。
1996年1月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(レッド、ブルー)。
1996年12月15日にマイナーチェンジ。
シートカウルをよりスポーティーな形状に変更し、制動フィーリングに優れた異径4ポット対向ピストンキャリパーを採用した。車体色は、2色(レッド、ブラック)。
1999年2月23日にフルモデルチェンジ。型式は、BC-NC39
新開発の「HYPER VTEC」は、吸排気効率や燃焼効率の向上を目指し、ホンダ独自のVTEC技術をさらに進化させたもので、「直押しタイプ」としては、量産車世界初の機構。排出ガス浄化システムとして、エキゾーストエアインジェクションシステム(二次空気導入装置)を採用。車体色は、3色(キャンディフェニックスブルー、ブラック、フォースシルバーメタリック(ストライプパターン))。

CB400SFの「NC31」と「NC39」の違いの比較は、こちら。
2000年2月1日にマイナーチェンジ。
リアサスペンションスプリングは従来のブラックからレッドに変更。盗難抑止に効果的な、強化コンビネーションスイッチを新しく採用。車体色は、3色(イタリアンレッド、キャンディフェニックスブルー、フォースシルバーメタリック)。
2001年1月23日にマイナーチェンジ。
ソリッドタイプとストライプタイプの2タイプを設定。
2002年1月31日にマイナーチェンジ。
HYPER VTECをより熟成させたHYPER VTEC SPECIIを採用。また約130点のパーツを見直し、さらに操縦安定性や制動性能の向上を図った。400ccクラスでは初めてH・I・S・Sを搭載し、盗難抑止にも配慮。
CB400SFの「VTEC SPEC1」と「VTEC SPEC2」の違いの比較は、こちら。
2002年12月25日にカラー追加。
2003年12月25日にマイナーチェンジ。
バルブの可変タイミングなどの設定変更を施し、扱いやすさの向上を図った「HYPER VTEC SPECIII」エンジンを搭載。シート高を5mm下げ、左右のサイドカバー部でそれぞれ約10mmの幅を狭め、ライダーの足つき性を向上させた。
CB400SFの「VTEC SPEC2」と「VTEC SPEC3」の違いの比較は、こちら。
2005年3月30日にマイナーチェンジ。
フロントフォークに幅広いセッティングを可能にする無段階調節が可能なプリロードアジャスター機構を採用。シートクッションに高密度ウレタン素材を採用。
2006年4月6日にマイナーチェンジ。
イグニションコイルを大型化し、より安定した火花を供給することにより、特に低回転域での扱いやすさを向上。前後のウインカーレンズには、質感の高いスモーククリアレンズを採用。

2007年12月25日にマイナーチェンジ。型式は、EBL-NC42
新しく電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)を採用。「HYPER VTEC」機構は、さらなる進化を遂げ、「HYPER VTEC Revo(レボ)」として新たに搭載。
CB400SFの「VTEC SPEC3」と「VTEC Revo」の違いの比較は、こちら。
2008年12月19日にカラー追加。また特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo Special Edition」を限定で発売。
2010年2月18日にカラーチェンジ。
2010年3月15日に特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo 限定カラー」を発売。
2011年2月4日にカラーチェンジ。また特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo Special Edition」を発売。
2012年1月13日にカラーチェンジ。また特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo Special Edition」を発売。
2012年11月9日に特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo Special Edition」を発売。
2014年3月20日にマイナーチェンジ。
開発コンセプトは、「CB相伝・継承の外観進化。一人でも二人でももっと遠くへ快適に」。スタイリングは、新デザインのサイドカバー、リアカウルなどを採用。車体は、シートレールを変更、新たに純正アクセサリーに設定したリアキャリアとトップボックスの装着に対応。新デザインの10本スポークのアルミダイキャストホイールを採用。
2014年5月23日に「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo ABS E Package」をタイプ追加。
「E Package」には、ETC車載器とグリップヒーターと専用インジケーターランプを標準装備。
2015年2月27日にABS仕様の特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo ABS Special Edition」を発売。
2016年3月18日にカラー追加。
2016年4月18日に特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo Special Edition」を発売。

2017年10月20日にマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC42
平成28年度排出ガス規制に対応。2017年は、「プロジェクト BIG-1」の成果としてCB400スーパーフォアが誕生して25年目、タンク上部に記念のマークが配された。LEDヘッドライトなどを採用。前後ホイールのエアバルブがL字型になった。
CB400SFの「EBL-NC42」と「2BL-NC42」の違いを比較はこちら。
2018年6月15日にカラーチェンジ。
2018年11月26日にマイナーチェンジ。
新色としてブルーとホワイトのツートンカラーにレッドのストライプを配したアトモスフィアブルーメタリックと、ダークネスブラックメタリックを設定。このモデルから、ABS無しのモデルが消え、ABS搭載モデルだけとなった。同年のCB400スーパーボルドールにはグリップヒーターやETC車載器が標準装備となったが、姉妹モデルのCB400スーパーフォアは、標準装備でなかった。
2020年1月17日に特別仕様の「CB400 SUPER FOUR」を受注期間限定で発売。
主体色のマットベータシルバーメタリックに合わせて燃料タンクとシートカウルにローコントラストのストライプを採用。シリンダーヘッドカバーと前後ホイールの色は、ブラウンゴールド。

 

 

ここでは、
2017年5月12日発売のホンダ CBR250RR(2BK-MC51)と
2017年10月20日発売のホンダ CB400SF(2BL-NC42)
の違いを比較しました。

 

 

CBR250RR(2BK-MC51)とCB400SF(2BL-NC42)のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CBR250RR

CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ

型式

2BK-MC51

2BL-NC42

発売日

2017年5月12日

2017年10月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2065

2080

全幅 (mm)

725

745

全高 (mm)

1095

1080

ホイールベース (mm)

1390

1410

最低地上高(mm)

145

130

シート高 (mm)

790

755

車両重量 (kg)

165

199

最小回転半径(m)

2.9

2.6

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40.1

31

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

26.7

21.2

原動機型式

MC51E

NC42E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

399

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

62

55

行程(ピストンストローク)(mm)

41.3

42

圧縮比(:1)

11.5

11.3

最高出力(kW)

28

41

最高出力(PS)

38

56

最高出力回転数(rpm)

12500

11000

最大トルク(N・m)

23

39

最大トルク(kgf・m)

2.3

4

最大トルク回転数(rpm)

11000

9500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

14

18

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

SILMAR8C9

CR8EH-9

点火プラグ必要本数・合計

2

4

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ10S

バッテリー容量

12V-6.0Ah (10HR)

12V-8.6Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

3.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.9

3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.1

3.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

ドレンボルト呼び径(mm)

-

14

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.781

2.171

2次減速比

2.928

2.933

変速比

1速 3.272/2速 2.187/3速 1.726/4速 1.421/5速 1.222/6速 1.067

1速 3.306/2速 2.293/3速 1.750/4速 1.421/5速 1.240/6速 1.129

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

15

スプロケット歯数・後

41

44

チェーンサイズ

520

525

標準チェーンリンク数

112

108

フレーム型式

ダイヤモンド

ダブルクレードル

キャスター角

24°30

25°5

トレール量 (mm)

92

90

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

2

タイヤ(前)

110/70R17

120/60ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

54

55

タイヤ(前)速度記号

H

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70R17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

66

69

タイヤ(後)速度記号

H

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.9

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

アナログ

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

走行モード切り替え 有

ハザードランプ 有
可変バルブ機構 有

メーカー希望小売価格

756,000円〜

815,400円〜

 

CBR250RR(2BK-MC51)とCB400SF(2BL-NC42)の違いを比較

 

CBR250RR(2BK-MC51)とCB400SF(2BL-NC42)の外観の比較のGIF動画

 

CBR250RR(2BK-MC51)とCB400SF(2BL-NC42)の外観のサイドの比較のGIF動画

 

CBR250RR(2BK-MC51)とCB400SF(2BL-NC42)の違いを比較

 

 

CBR250RRは、値段が高すぎる。CB400SFが買える値段だもんね。

 

 

CB400SFは、フルカウルスーパースポーツじゃないから比較が成立しない。

 

 

日本では、CBR250RRみたいなバイクを買う人が少ないから値段が高くなるのは当前。海外では、モータースポーツが人気あるしバイクを買う人多くて250あたりがメインだし。

 

 

CB400SFのメーカー小売価格が81万円くらい。CBR250RRは、クラス最高の新型エンジン、倒立フォーク、ガルアーム、スロットルバイワイヤ。それに日本販売分だけは、熊本製作所で製造だから75万円は、妥当な価格だと思う。

 

 

自分は、CB400SFを買うつもりだったけど、CBR250RRを選んで良かった。250は、取り回しの良さが素晴らしい。それにこの加速感と30km/L切らない燃費の良さ。CB400SFは、燃費悪すぎ。

 

 

CB400SFの方がツーリング向き。

 

 

長距離ツーリングで重要なのは適度なポジションと風圧をいかに防ぐか。CBR250RRは、ハンドル位置が低いから手が痛くなるけど、その分尻の負担は減る。逆にハンドルが高いと手は痛くならないけど、その分尻への負担が多くなる。高速使った長距離ツーリングだとCB400SFは、まともに風圧を受ける。よくツーリング行くならカウル付きのCB400SBにしたほうがいい。

 

 

俺は、初めて買ったバイクがCBR250RRだけど軽いし、足つきも良いよ。教習所のCB400SFとしか比較できないけど、スロットのレスポンスは教習所のCB400SFの方がいい。あとCBR250RRは、ある程度回さないと加速しない。4速で7000rpm超えたぐらいからは、慣れてない自分には少し怖い。10000rpm超えたらいきなり「グワーン」って加速するからビビる。ライディングモードは、街乗りは、「Sport」一択。加速感を楽しみたい時は、「Sport+」って感じで乗ってる。400ccについていけるから楽しい。

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
CBR250RR 165kg | 38ps/12500rpm | 23N・m/11000rpm
CB400SF 199kg | 56ps/11000rpm | 39N・m/9500rpm

 

 

CB400SFは、車検費用がかかる。

 

 

CB400SFは、ネイキッドで速さより乗りやすさを重視して作られてる。CBR250RRは、フルカウルで乗車姿勢も前傾で空力を考えた作りのスポーツバイク。でもCBR250RR(MC51)は、250ccの2気筒エンジンだから、400ccの4気筒エンジンのCB400SFと比べるとトルクも違うし、高回転になると2気筒エンジンは振動が凄い。車体剛性もCB400SFの方がより重い車体構成なのでブレも少ない。

 

 

CB400SFの方が速いけど、CB400SFはカウルないから加速すると風が邪魔する。CBR250RRは、2気筒だけどフルカウルだから身体に受ける風の量はとても少なくなるし、ポジションが前傾だから重心を車体に近づけることになり安定性が上がる。だから高速域ではCBR250RRの方が安定して走れる。

 

 

●シート高
CBR250RR 790mm
CB400SF 755mm

 

 

●タンク容量
CBR250RR 14L
CB400SF 18L

 

●燃費WMTCモード値
CBR250RR 26.7km/L
CB400SF 21.2km/L

 

●航続距離
CBR250RR 14L × 26.7km/L =337km
CB400SF 18L × 21.2km/L =381.6km

 

CBR250RRとCB400SFの買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら