YZF-R25とZ250の違いの比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

YZF-R25とZ250の違いの比較

 

ヤマハ YZF-R25歴史

2014年12月15日に「YZF-R25」が新登場。型式は、JBK-RG10J
249ccの水冷直列2気筒エンジンを搭載。新設計ダイヤモンド型フレーム、41o径インナーチューブ採用フロントサスペンション、2眼逆スラントヘッドライト、フロント2ポットキャリパー採用ディスクブレーキ、マルチファンクションメーター、アルミ鋳造10本スポークホイールなどを採用。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)の設定。製造は、インドネシア。
2015年4月20日に「YZF-R25ABS」を追加発売。
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年7月20日に特別・限定仕様。「YZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」を400台限定発売。
車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2016年2月1日に「YZF-R25」と「YZF-R25ABS」をカラーチェンジして発売。
2016年7月20日に特別・限定仕様。「YZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」を400台限定発売。
車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2017年3月15日に「YZF-R25」と「YZF-R25ABS」をカラーチェンジして発売。
どちらも新色3色(マットブラック2、ホワイトメタリック6、ディープパープリッシュブルーメタリックC)の設定。
2017年10月13日に「YZF-R25」Movistar Yamaha MotoGP Editionを発売。
MotoGPマシン“YZR-M1”のカラーイメージを再現した限定モデルでYZF-R25は、国内400台の限定販売。車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2018年1月20日に「YZF-R25」と「YZF-R25ABS」をカラーチェンジして発売。2018年モデルから型式が変更。型式は、2BK-RG43J
車体色は、新色3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ホワイトメタリック6)の設定。
2019年3月28日に「YZF-R25」と「YZF-R25ABS」をマイナーチェンジして発売。

LEDヘッドランプが組み合わされた新型のフロントカウルとスクリーン、乗りやすさとサーキットでの扱いやすさを両立させた新デザインのタンク周り、倒立式フロントサスの採用で快適でスポーティな走りにフィットするよう変更されたライディングポジション、メーター周りは視認性が高いフル液晶メーターを採用。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2、マットディープレッドメタリック)の設定。
2019年10月20日に「YZF-R25 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition」を発売。
スタンダードモデルをベースに「YZR-M1」をイメージさせるモンスターエナジーヤマハのグラフィックとカラーリング。ゴールドカラーの音叉エンブレム。ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー。イエロースプリングの専用リアサスペンションなどを採用。車体色は、1色(ブラックメタリック12)。
2020年2月14日に「YZF-R25」と「YZF-R25ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、一新された3色(マットシルバー1、ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2)。
2021年1月15日に「YZF-R25ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(シアンメタリック6(新色)、マットダークグレーメタリック8(新色)、ディープパープリッシュブルーメタリックC)。2021年モデルから「YZF-R25」は ABS搭載車両のみのラインナップとなった。
2022年5月25日に「YZF-R25ABS」をマイナーチェンジ。型式は、8BK-RG74J
エンジンが平成32年排ガス規制に対応し、LED式の前後ウインカーを採用。オプションには、クイックシフターが用意された。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリック12、ビビッドオレンジメタリック2)
YZF-R25の「型式 2BK-RG43J」と「型式 8BK-RG74J」の違いの比較は、こちら。
2022年7月12日に「YZF-R25 ABS WGP 60th Anniversary」を発売。
ヤマハによるWGP参戦60周年を記念した特別カラーモデルを240台限定で発売。1980年のレーシングマシン「YZR500」をモチーフとしたグラフィックとカラーリング(シルキーホワイト)を採用。

 

 

カワサキ Z250の歴史

2013年4月15日に「Z250」が新登場。型式は、JBK-ER250C
スポーツツアラーとしてのNINJA250に対して、Z250はストリートファイター系のパフォーマンスモデル。248ccの水冷4スト並列2気筒DOHCエンジンやフレームなどのシャシーを同年発売のNINJA250と共有。車体色は、2色(フラットエボニー、パールスターダストホワイト)の設定。
2014年3月1日に「Z250」がカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールスターダストホワイト×メタリックフラットスパークブラック、キャンディバーントオレンジ×メタリックフラットスパークブラック)の設定。
2015年5月15日にマイナーチェンジされ「Z250 ABS」が発売。
ABSとアシスト&スリッパークラッチ付きの「Z250 ABS」を発売。価格は553,500円で2014年モデルより65,250円アップ。
車体色は、2色(キャンディプラズマブルー×メタリックスパークブラック、メタリックムーンダストグレー×メタリックフラットスパークブラック)の設定。
2016年2月1日に「Z250 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック)の設定。
2017年5月15日に「Z250 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(メタリックグラファイトグレー)の設定。
2017年5月15日に「Z250 ABS Special Edition」を発売。
Special Editionは、「キャンディフラットブレイズドグリーン×メタリックスパークブラック」の専用色とゴールドホイールの採用とZパターンの表皮を持つフロントシートを採用。
2019年2月15日にフルモデルチェンジされ「Z250」が発売。型式は、2BK-EX250P
エンジンは全回転域での出力向上した新設計のパラツインエンジンを搭載。前のモデル比最高出力が4kW向上。Ninja H2からインスパイアされたトレリスフレームを採用し車重が6kg軽くなった。ホイールベースは40mm短くなったがスイングアームは、長くなった。足回りは、φ41mm正立フォークを採用。ブレーキもZ1000と同径のφ310mmセミフローティングペタルディスクを採用。アシスト&スリッパークラッチは、引き継ぎ、ヘッドライトはLED化された。ETC2.0車載器はオプション設定。車体色は、2色(パールスターダストホワイト×メタリックスパークブラック、キャンディカーディナルレッド×メタリックフラットスパークブラック)の設定。
Z250の「JBK-ER250C」と「2BK-EX250P」の違いの比較は、こちら。

2019年11月1日に「Z250」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(メタリックマットグラファイトグレー×メタリックスパークブラック、キャンディスチールファーニスオレンジ×メタリックスパークブラック)の設定。
2020年11月6日に「Z250」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールナイトシェードティール×メタリックフラットスパークブラック、キャンディカーディナルレッド×メタリックフラットスパークブラック)の設定。
2021年9月10日に「Z250」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(メタリックスパークブラック×メタリックマットグラフェンスチールグレー)の設定。

 

 

ここでは、
2014年12月15日発売のヤマハ YZF-R25(型式 JBK-RG10J)と
2014年3月1日発売のカワサキ Z250(型式 JBK-ER250C)
の違いを比較しました。

 

 

YZF-R25とZ250のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

YZF-R25

Z250

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

型式

JBK-RG10J

JBK-ER250C

発売日

2014年12月15日

2014年3月1日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2090

2015

全幅 (mm)

720

750

全高 (mm)

1135

1025

ホイールベース (mm)

1380

1410

最低地上高(mm)

160

145

シート高 (mm)

780

785

車両重量 (kg)

166

168

最小回転半径(m)

2.7

2.4

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

33.5

38

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

26.2

25.7

原動機型式

G401E

EX250LE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

248

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

60

62

行程(ピストンストローク)(mm)

44.1

41.2

圧縮比(:1)

11.6

11.3

最高出力(kW)

27

23

最高出力(PS)

36

31

最高出力回転数(rpm)

12000

11000

最大トルク(N・m)

23

21

最大トルク(kgf・m)

2.3

2.1

最大トルク回転数(rpm)

10000

8500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

14

17

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

3

-

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

469

646

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9E

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

YTX9-BS

バッテリー容量

12V 7.0Ah 10HR

12V-8Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

2.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.8

2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.1

2.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルト呼び径(mm)

12

-

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.043

3.086

2次減速比

3.071

3.142

変速比

1速 2.665/2速 1.881/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.036/6速 0.920

1速 2.599/2速 1.789/3速 1.409/4速 1.136/5速 1.000/6速 0.892

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

43

44

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

112

108

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

26°00

トレール量 (mm)

95

82

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントフォーク径(φ)

41

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

リアサスペンションストローク(mm)

45

-

タイヤ(前)

110/70-17

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

140/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライト定格(Hi)

55W

55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

H7

テールライトタイプ

LED

-

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

556,200円(本体価格515,000円、消費税41,200円)
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/シルバー)、
ブラックメタリックX(ブラック)、
ビビッドレッドカクテル1(レッド/ホワイト)

488,250円(本体価格465,000円、消費税23,250円)
パールスターダストホワイト×メタリックフラットスパークブラック(WHT)、
キャンディバーントオレンジ×メタリックフラットスパークブラック(ORG)

生産国

インドネシア

タイ

 

YZF-R25(型式 JBK-RG10J)とZ250(型式 JBK-ER250C)の違いの比較

 

YZF-R25とZ250の違いの比較

 

 

高速によく乗るならYZF-R25。高速でZ250だと明らかに劣るかと言えばそうでもないけど。下道メインなら見た目で選べばいい。

 

 

Z250は排気量の割に車体が大きいね。実際に見たら最初は400か大型かと思った。YZF-R25は、少し小さめに見えた。

 

 

YZF-R25に跨ってきたけどZ250より若干足つきがいいね。身長165cm体重60kgで少し踵が浮く程度。シートもZ250よりクッション性が良かった。

 

 

YZF-R25とZ250の買取相場と中古車価格

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら