WR250RとKLX250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

WR250RとKLX250の違いを比較

 

ヤマハ WR250Rの歴史

2007年11月16日に「WR250R」が新登場。型式は、JBK-DG15J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1、イエローストロボ)の設定。
2008年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。
2009年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ゴールド仕上げのフロントフォークアウターチューブと新グラフィックを採用。
2010年9月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEには、競技用の2011年モデルYZシリーズのイメージを反映した新グラフィックを採用。
2011年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEにはスプラッシュをイメージした新グラフィックとシルバーのマフラーカバーを採用。ヤマハブラックにはWR250Xで好評のカーボンパターンを織り込んだ新グラフィックとブラック&グレーのシートを採用。
2012年8月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEに2013年モデルのYZシリーズに共通する新グラフィックのエアスクープ、ホワイトリアフェンダーを採用。
2013年8月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。今回は燃料タンク側面のシュラウド部分の新グラフィックが特徴。
2014年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、ガソリンタンク側面のシュラウド周りに新グラフィックを採用。リアフェンダーを車体色と同一とした。WRのロゴもYZシリーズに共通するがっちり感のあるボールド系の書体を採用。その下側にはレーサーのテクニカルスポンサーをイメージするロゴを配置。パープリッシュホワイトソリッド1は、継続設定。

2015年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、2016年モデルのYZシリーズをイメージしたこれまでの流れをくむグラフィック。ディープパープリッシュホワイトソリッド1は、ビッグロゴグラフィックを大胆に採用した印象的なボディグラフィックとなる。
2016年9月12日にカラーチェンジ。これが最終モデル。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、2017年版のYZシリーズを彷彿させる「Simple & Bold」デザインにクール感を取り入れた新グラフィックを採用。パープリッシュホワイトソリッド1は、継続設定。
2017年に生産終了。
2017年9月から平成28年排出ガス規制が継続生産車にも適用されるのを前に、販売を終了した。

 

 

カワサキ KLX250の歴史

1998年2月に「KLX250」が新登場。型式は、LX250E
1999年2月にカラーチェンジ。
2001年2月にマイナーチェンジ。型式は、BA-LX250E
二次エア導入システムなどで構成されるカワサキの排気ガス浄化システム「KLEEN」を搭載。平成11年排出ガス規制をクリア。一次減速比も変更。
2002年2月にカラーチェンジ。
2003年2月にカラーチェンジとバッテリーを変更。
カラーチェンジと標準搭載バッテリーをユアサ製から古河電池製に変更。
2004年4月にカラーチェンジ。
2004年12月にマイナーチェンジ。
シュラウドやメーターバイザーのデザインを変更。
2005年12月にカラーチェンジ。
2006年12月にカラーチェンジ。
2008年4月にフルモデルチェンジ。型式は、KLX250S8F
フューエルインジェクションを装備してフルモデルチェンジ。前年モデルまでのオフロードバイクらしいスクエアヘッドライトがV字タイプに変更され外観イメージが一新。ここでKLX250のモタードモデル、Dトラッカーは、DトラッカーXに車名を変更。
2009年2月にマイナーチェンジ。
一部仕様を変更して、価格変更した。

2009年12月にカラーチェンジ。型式は、JBK-LX250S
2010年9月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2011年9月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ファイアクラッカーレッド)の設定。
2012年11月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2013年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)の設定。
2014年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)の設定。
2015年8月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2016年5月15日に 特別・限定仕様「KLX250 Final Edition」。
KLX250シリーズの最後のスペシャルカラーモデル。90年代前半のオフロードバイクっぽいカラーリング、ボディ同色のフレーム、紫のシートなどを採用。車体色は、ライムグリーン。

 

 

ここでは、
2016年9月12日発売のヤマハ WR250R(JBK-DG15J)と
2015年8月1日発売のカワサキ KLX250(JBK-LX250S)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

WR250R

KLX250

発売年月

2016年9月

2015年8月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2190

2200

全幅 (mm)

810

820

全高 (mm)

1235

1190

軸間距離 (mm)

1425

1430

最低地上高 (mm)

300

285

シート高 (mm)

895

890

車両重量 (kg)

132

136

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

77

72

行程(ピストンストローク)(mm)

53.6

61.2

圧縮比(:1)

11.8

11

最高出力(kW)

23

18

最高出力(PS)

31

24

最高出力回転数(rpm)

10000

9000

最大トルク(N・m)

24

21

最大トルク(kgf・m)

2.4

2.1

最大トルク回転数(rpm)

8000

7000

燃料タンク容量 (L)

7.6

7.7

燃料(種類)

ハイオクガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EK

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.5

1.3

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.12

2.8

2次減速比

3.307

3

変速比

1速 2.6420/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0400/5速 0.8880/6速 0.7850

1速 3.0000/2速 2.0000/3速 1.5000/4速 1.1900/5速 1.0500/6速 0.9520

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

13

14

スプロケット歯数・後

43

42

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

108

106

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

27°20

26°30

トレール量 (mm)

113

105

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

34

40

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

-

29.5

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

80/100-21

3.00-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

51

51

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

4.60-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

63

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

1.6

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

テールライトタイプ

LED

-

メーター表示

時計 有
ツイントリップ 有

エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

メーカー小売価格

721,440円(税抜き 668,000円)

554,040円(税抜き 513,000円)

 

WR250RとKLX250の違いを比較

 

WR250RとKLX250の比較の口コミ

 

 

WR250Rが発売されて乗ってみたら驚いた!戦う4ストは、WR250Rに取られたから、もうKLX250は戦う4ストではない。

 

 

2018年1月時点でもWR250Rの中古は、まだ高いね。その価格でKLX250の新車が買えるから迷う。

 

 

エンジンの内径×行程 比較
WR250R 77.0mm×53.6mm
KLX250  72.0mm×61.2mm

 

 

2006年モデルのKLX250と比較したら、WR250Rのが足つきがいい。

 

 

どちらも同じガルル2008年5月号の実測で
新KLX(インジェクション) 表示24PS→実測20.1PS 138.3kg
旧KLX(キャブレーター) 表示29PS→実測20.5PS 132.8kg
WR250Rが表示31PS→実測26.0ps
昔のスペック競争のバイクはみんなこんな感じ。XR250なんか表示28PSで実測が20PSに届いてないから。

 

 

その人の財布次第だが買えるなら、WR250Rをおすすめする。。

 

 

2010年5月時点では、どちらも新車の2010年モデルで比較すると、KLX250の方が乗りだし価格が20万円ぐらい安い。

 

 

20万円かけてKLX250をイジってもWR250Rと同等にはならないぞ。後悔しないように選んで。

 

 

2010年式のKLX250の排気系統をイジってもWR250Rのトルクには、ならないと思うし、下手するとWR250Rを買える金額を超えることにもなりそう。

 

 

デザインはWR250Rの方がカッコイイ。
KLX250のマスクは、カッコ悪い。

 

 

手軽に瞬発力を求めるならWR250Rかな。

 

 

KLX250の方向性はWR250Rと似てるけど、かなりレベルの差がある。

 

 

KLX250は、パンチは無いけど、倒立サスと高剛性フレームのおかげでマシン任せで乗れる部分がある。WR250Rはパンチはあるが、ある程度マシンをアクセルワークで操ってやらないといけない印象。だから林道ツーリングではKLX250のが楽な気がする。

 

 

普段、キャブのKLX250(29ps)に乗りでWR250R(31ps)に乗ることがあったけど、2ps差しか無いとはとても思えないぐらいWR250Rの方が良かった。おそらく、2007年を境に、パワーの測定方法か、表記方法が下方修正する方に変更されたんだと思う。乾燥重量の表記が装備重量の表記に変わったのもこの頃だし。

 

 

実際に両方跨ってから買った方がいい。跨ってみて心が負けたバイクを買っても楽しくないぞ。

 

 

WR250RよりKLX250が優れてる点は、中古部品いっぱいあるし、サイドゼッケンが貼りやすいし、値段が安くて丈夫なところかな。

 

WR250R・・・ある程度の技量を持ってる人 or スペック厨向け
KLX250・・・オンとオフのベストバランス
セロー・・・ 近くに低速林道がある人向け or 足付きが良いのがいい人向け
CRF250L・・・オフ車の形をしたオンロードバイクが欲しい人向け

 

 

俺がKLX250の方が優れてると思うのは、カラーとライト、ライトカウルの形状だけ。他は、WR250Rの方がいい。

 

 

身長とお金に恵まれてる人は、WR250Rにした方が満足できるよ。やはり、レーサーと2stを除けば、クラス最高の性能だから満足度が高い。

 

 

同じ林道でも路面や走り方で違ってくるからWR250RとKLX250のどっちがいいと言われてもなんとも言えない。性能差が出ないスピードを出さない走り方では、価格が安い分KLX250の方がおすすめ。ケツを流すような走り方(一瞬ではなく車体を倒したままカウンター当てる感じ)だとKLX250では、フレームがねじれるのがわかる。一方WR250Rならその状態でもアスファルトの上を走ってるかのように車体がしっかりしてる。自分は、下手だから飛んだり跳ねたりでの明確な差はわからないが、加減速でも差は出る。ただし、最も差が出るのは乗り手の腕だからね。

 

 

KLX250は、ガレ場ではセロー250に負けるし、林道では、WR250Rに負けるし、値段では、CRF250Lに負けるしとどこか秀でた部分があるわけではないが、凄くまとまりがあるどのジャンルで平均点が取れるバイクだよ。

 

 

KLX250を買った後で改造にお金かける予定なら最初からWR250Rを買った方がいいよ。差額だけではどうにもならないぐらい差があるよ。

 

WR250RとKLX250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら