ZZR250の前期(EX250H)と後期(BA-EX250H)の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ZZR250の前期(EX250H)と後期(BA-EX250H)の違いを比較

 

カワサキ ZZR250の歴史

1990年3月に「ZZR250」が新登場。型式は、EX250H
車体色は、3色(キャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラ、メタリックオパールシルバー×メタリックソニックブルー、エボニー×パールコスミックグレー。
1991年11月にカラーチェンジ。
車体色は、3色(キャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラ、エボニー×メタリックソニックブルー、メタリックバイオレットロイヤル×メタリックイーブンタイド)。
1992年12月にカラーチェンジ。
車体色は、変更無しの3色。デカールの色仕様を変更。
1993年にカラーチェンジ。
3色(キャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラ、メタリックブルーバイオレット×ルミナスローズオペラ、エボニー×ルミナスグレーマイカ)。
1994年2月にマイナーチェンジ。
ヘッドライトが常時点灯タイプになった。メンテナンスフリー・バッテリーを採用。車体色は、3色(キャンディカーディナルレッド×ルミナスローズオペラ、メタリックバイオレットロイヤル×メタリッソニックブルー、キャンディパーシモンレッド×メタリックグレーストーン)。
1995年3月にカラーチェンジ。
車体色は、一新した3色(キャンディパーシモンレッド、ルミナスピーコックブルー、パールパープリッシュブラックマイカ)。デカールによるグラフィックが追加。
1996年3月にカラーチェンジ。
車体色は、変更無しの3色。デカールによるグラフィックが廃止。
1997年2月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディパーシモンレッド、メタリックメドウミストグリーン)。

1998年2月にカラーチェンジ。
車体色は、一新された2色(エボニー×キャンディカーディナルレッド、ギャラクシーシルバー×パールコスミックグレー)。
1999年にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディワインレッド×パールコスミックグレー、ギャラクシーシルバー×ールコスミックグレー)。
2002年2月にマイナーチェンジ。型式は、BA-EX250H
平成11年排出ガス規制の対応。浄化システム「KLEEN」を搭載。1速・4速と最終減速比を変更。馬力・トルクともに微減少。重量が2kg増加。車体色は、一新された2色(パールミスティックブラック、ギャラクシーシルバー)。
2003年1月にカラーチェンジ。
これまでの日本生産(明石工場)からタイ生産に変更。車体色は、変更無しの2色。
2004年2月にカラーチェンジ。
これまでの「ZZ-R」と「ZZR」の表記が「ZZR」に統一。車体色は、一新された2色(キャンディパーシモンレッド、メタリックコメットブラック)。
2005年1月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディサンダーブルー、メタリックコメットブラック)。
2006年2月にカラーチェンジ。
車体色は、変更無しの2色。
2006年12月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディプラズマブルー、メタリックコメットブラック)。自動車排出ガス規制のため、2007年8月末で生産終了。2008年発売の同系統のエンジンを受け継ぐNinja250Rが後継車種の位置づけとなった。

 

 

ここでは、
1999年発売のカワサキ ZZR250(EX250H)と
2002年2月発売のカワサキ ZZR250(BA-EX250H)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

ZZR250

ZZR250

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

マイナーチェンジ

発売月

1999年

2002年2月

型式

EX250H

BA-EX250H

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2050

2050

全幅 (mm)

700

700

全高 (mm)

1125

1125

軸間距離 (mm)

1405

1400

最低地上高 (mm)

135

135

シート高 (mm)

760

760

乾燥重量 (kg)

146

148

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

248

248

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

62

62

行程(ピストンストローク)(mm)

41.2

41.2

圧縮比(:1)

12.4

12.4

最高出力(kW)

-

26

最高出力(PS)

40

35

最高出力回転数(rpm)

12500

12000

最大トルク(N・m)

-

22

最大トルク(kgf・m)

2.4

2.2

最大トルク回転数(rpm)

10000

9500

燃料タンク容量 (L)

18

17

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8HSA

CR8HSA

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.9

1.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.5

1.5

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.9

1.9

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.086

3.086

2次減速比

3.357

3.142

変速比

1速 2.6000/2速 1.7890/3速 1.4090/4速 1.1600/5速 1.0000/6速 0.8920

1速 2.8570/2速 1.7890/3速 1.4090/4速 1.1200/5速 1.0000/6速 0.8920

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

47

44

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

108

106

フレーム型式

アルミツインチューブ

アルミツインチューブ

キャスター角

26°30

26°30

トレール量 (mm)

88

88

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

-

42

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

100/80-17

100/80-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

52

52

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

140/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.15

2.15

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

メーカー小売価格

499,000円

509,000円

 

ZZR250の前期(EX250H)と後期(BA-EX250H)の違いを比較

 

ZZR250の前期(EX250H)と後期(BA-EX250H)の比較の口コミ

 

 

マイナーチェンジでクリーン搭載で5psダウンしてるね。

 

 

キャタライザーを付けざるを得なくて、馬力が減ってる

 

 

新型と旧型は、スプロケの歯数も違う。

 

 

俺は、2002年のZZR250を買ったけど、規制前のZZR250と規制後の俺のZZR250では、規制前の方がエンジンの始動性が良いし、エンジン回転も安定してて、パワーもあるからすごく快適だった。だから買った2002年のZZR250を規制前の仕様にしたくて自分で調べたら、「キャブ、CDI、マフラー、ハーネス」が違うみたいで、ハーネスの変更がかなり大掛かりになりそう。多分CDIのカプラー形状が規制前後で違うみたいだからハーネスを入れ替えなきゃCDIも付かない気がする。

 

 

カタログにかいてある排ガス規制前後の出力曲線を比べると全域でパワーダウンしてるし、特に6,000回転までと11,000回転以降のトルクが下がってる。排ガス規制前の方がフラットトルクってこと。

 

 

排ガス規制や騒音規制で最高出力が40psから35psに下がったし、デチューン失敗で酷いエンジンになった。やればできる子なのに。

 

 

規制後モデルは、パワーの出方が若干違うので違和感があるけど、1速の出来が良いから楽。

 

 

排ガス規制対策前と後を比べるとギヤ比やスプロケの歯数が見直されたから、排ガス規制対策前のオーナーからよく聞いた「1速、2速はエンジンが唸ってるだけで加速しない」っていう感覚がなくなって前に進むようになった。

 

ZZR250の中古車価格と買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら